沖縄県の三角点

沖縄本島の三角点は(大正7)に設置され、わが国では新しい方です。戦争と戦後の米軍をはじめとする工事のため破損や亡失したものが多くありましたが1959年(昭和34)頃から復旧測量がはじめられました。標石は資材不足のため鉄筋入りのコンクリート製の標識になり柱石は一辺15センチメートル、高さ75センチメートル、盤石は一辺30センチメートル、厚さ10センチメートルで花崗岩の標石よりも若干小さくなっています。[原口昇:沖縄の復旧測量 測量 1960.5 日本測量協会]

沖縄の三角点探訪で、つぎのことに気がつきました。

1.四等三角点が非常に多いようです。戦後荒廃した沖縄の早期復興のために設置されたと思われます。
2.丘や山の頂上には、たいてい祠(拝所)があります。三角点のそばにも、大きなお墓や祠を見つけることができました。沖縄では祖先崇拝で神仏は少ないそうです。
3.琉球政府時代の標柱がかなり残っているようです。粗末なコンクリート造りですが、いろいろなタイプがありました。歴史的記念物です。


名護市宮里
点名:宮里(みやざと)
地図:名護

名護バスターミナル近く、21世紀の森公園内で駐車場の西端、野球場のそばの芝生の中にあります。設置されたのが1983年(昭和58)で傷みもなく健在でした。

名護市港
点名:港
地図:名護

名護市民会館近くの漁港に面して護岸の緑地帯の中に設置されています。北面には「039 665」の刻字が読めます。測量中であろうか白旗の標識が揚がっていました。

谷茶
点名:谷茶(たんちゃ)
地図:石川

恩納村谷茶を南北に国道58号線が貫いていますが集落南西方向の航空自衛隊訓練隊への分れ道を200メートルほど入ったところにあります。コンクリート柱で琉球の「琉」の字が「四等」の背面に彫られていました。点の記には「柱石、盤石は旧琉球政府のコンクリート標を使用」と書かれていました。旧埋標は1960年(昭和35)ですが現地点へ移設されたのは1973年(昭和48)、沖縄が本土復帰した1972年(昭和47)の直後です。戦争で荒廃した沖縄復興のため本土復帰前後とも測量にご苦労されたことを粗雑なコンクリート標柱から偲ぶことができます。

石川市ゴルフ場
点名:仲泊
地図:石川

一等三角点「妙山」からの帰途ロイヤルゴルフ場への入口道路の角でみつけました。この辺り街路樹に「一平」(いっぺい)という黄色い美しい花が咲いていました。

妙山
点名:妙山(みょうやま)
地図:石川

恩納村と石川市の境界にありゴルフ場の北側にあたる丘です。登り口に「ハブ咬症注意報発令中」の看板があり躊躇しましたが10分足らずで頂上の展望台に到達できました。沖縄本島でもこの辺りが最も狭いところで島の横断長が僅か3キロメートル程度です。曇り空でしたが東シナ海、太平洋の両方がよく見渡せました。一等三角点の標石のそばには御天福徳神というありがたい名前のついた祠がありました。

蛇に出会ったのですがハブかどうか判らないので「おまえ毒もってるのか」と聞いたところ「イエス アイ ハブ」とこたえたので大慌てで逃げ帰りました。蛇も国際化で英語を勉強しているのでしょうか。ハブの毒については小林照幸さんの著作「ある咬症伝」(いまはタイトルが替わって「毒蛇」第1回開高健賞奨励賞受賞作)に研究者沢井芳雄さんの大変なご努力が描かれています。

天久岳
点名:天久岳(あめくだけ)
地図:那覇

那覇泊港に面した高台にある天久台病院の裏手の墓地にあります。周りは墓ですが見晴らしはよく泊港や市街が見下ろせます。○○岳という名前では最低標高ではないでしょうか。○○山では大阪の天保山が最低標高です。


点名:泊
地図:那覇

那覇市街、県道29号沿いの商店街の歩道にあります。1995年(平成7年)に設置された新しい三角点です。「053 807」と刻字されていました。

那覇市夫婦岩公園
点名:夫婦岩
地図:那覇

那覇港に近い市街の公園にあり大きな四つの岩山のうち一つに三角点標石があります。標石といってもコンクリート柱で頭に小さな十字のついた金属標が埋め込まれています。すぐ近くには弁天さんが祭ってありました。

弁ヶ岳
点名:首里
地図:那覇

那覇の高速道路入り口近く首里鳥堀町四丁目にある小高い丘です。「弁ヶ岳」といい、かっての沖縄戦では首里城に陸軍司令部があった関係でこの弁ヶ岳も激戦地になりました。平和な時代に三角点探しが出来ることを幸せに思いました。登り口に石のゲートがあり、これをくぐり草むらを抜けるとすぐに頂上です。見晴らしはよく那覇市内が一望のもとに見渡せました。赤白の測量標柱の立った標石の近くには壊れかかったお墓のような祠が二ヶ所ありました。

この三角点は初期の点の記によれば1906年(明治39)に選点されましたが当時、標石は埋設されずコンクリートとレンガでつくられた70センチメートル角、地上高さ1メートル程度の観測台が設置されたようです。観測台の上面中心には十字を刻した銅標が埋められたようです。現在の三角点標石に替わったのは1977年(昭和52)のことです。

那覇市旭ヶ丘公園
点名:旭ヶ丘
地図:那覇

那覇港に面した高台の公園にあります。展望台すぐ横に設置されており市内や港を望むことができます。標柱は旧琉球政府のものでコンクリート柱ですが四等の字の反対側に縦に琉球と刻字されています。写真でおわかりいただけますか。

那覇市旭橋
点名:旭橋
地図:那覇

那覇バスターミナルのすぐ近くで沖縄県南部合同庁舎の西で旭橋のたもとにあります。保護石のかわりにコンクリートブロックが2段にして3方向に積まれていました。北面に「053 811」の刻字があります。

那覇市城岳公園
点名:城岳(じょうがく)
地図:那覇

沖縄県庁の南東600メートルの地点にある丘陵で周囲は住宅と墓地になっています。公園砂場のすぐ北側に三角点標石が埋まっているのが見えます。標石周囲はコンクリートで舗装されています。この標石の材質は花崗岩なのですが上面南東部分が石英ばかりで真っ白に見えます。

この位置から北へ市街の展望が開けています。第二次大戦中は城岳の山頂に通信基地があり首里を守る最後の砦となっていました。米軍は城岳に立てこもる日本軍を県庁方面から攻撃したそうです。

奥武山公園 (おうのやまこうえん)
点名:奥武山東
地図:那覇

奥武山公園は1959年(昭和34)に開設された運動公園です。この三角点は東南角のグラウンドの東にあります。「国土地理院沖縄支所」の標示杭がありました。標石本体は地中で上面だけ見えます。

那覇 (電子基準点)
名称:那覇城岳
番号:021096
地図:那覇

モノレール奥武山(おうのやま)公園の南600メートルの地点にある、ひよどり児童公園の南西入口近くにあります。金属の付属標は直径15センチメートルあり柱の下に埋まっています。

石垣島 石垣港
点名:浜崎
地図:石垣

石垣島の海の玄関、石垣港の貨物ターミナル北の前庭北西角にあります。上面だけ露出しており周囲はコンクリートで固めてあります。離島向けのターミナルと異なり観光客の姿はほとんど見かけません。

小浜島 大岳
点名:小浜
地図:小浜島

小浜島(こはまじま)は石垣島の西10キロメートル程度(港間)にある島です。島の最高峰大岳は展望台があり、島全体と西表島(いりおもてじま)など周囲の島々を見渡せます。大岳は山頂まで整備された300段の階段があり容易に登れます。


■Top of this Home Page
■Next Page 各地の水準点