皇居の几号高低標
桜田門

地形図:東京首部
地理局雑報:櫻田門石垣

皇居桜田門の北側の扉の下で、積み石に不の字の形が刻印されています。「不」の横長辺は8センチメートル程度で縦の棒は9.5センチメートル程度です。また横棒位置は地面から15センチメートルの低い位置にありますから注意しないと見落とします。

大手門

地形図:東京首部

皇居東御苑の入口にあります。東御苑は一般に公開されていますが、月、金曜は不可です。門の正面向かって右下(北)の石垣に几号が刻印されています。横棒7.5センチメートル、縦棒9センチメートル、地上高約40センチメートルです。警察の詰所が前にありますので、ひと言ことわりましょう。

天守台跡

地形図:東京首部

東御苑にある天守台跡の北東角にあたる城壁下にあります。近づいてゆっくり見ることができます。「不」の字はすこし小ぶりで横棒7.5センチメートル、縦棒9センチメートル、地上高約30センチメートルになっています。この天守台跡には、石垣の上面に陸地測量部と刻字された現行の三等三角点や、明治初期の三角点と思われる×が彫ってある標石などありますが、この天守台跡には1882年(明治15)に内務省地理局の天文台が設置されたことがあり測量とは縁の深いところです。

田安門

地形図:東京首部
地理局雑報:田安門枡形石垣

北の丸公園の入口にある田安門なのですが、門が内外二つあります。江戸城の門は、だいたいどの門も二重になっています。二つの門は直角に配置されており、その間の広場を枡形といい外敵が侵入する勢いを鈍らせるようになっています。千鳥ヶ淵に近い方の門の外側から向かって右下に几号があります。この几号は「不」の字の上半分が破壊されていて3本足だけになっています。破壊された跡にはパイプか釘のような金属片が突き刺さっています。「不」の刻印は推定で横棒8センチメートル、縦棒8センチメートル、地上高約30センチメートル程度です。

竹橋

地形図:東京首部

一ツ橋側から竹橋を渡った西詰、紀伊国坂のかかりの石垣の右側面下にあります。背景に毎日新聞社の社屋が見えます。「不」の字の横棒は7.5センチメートル、縦棒は9.5センチメートルありますが、土が盛り上がっており下のほうが隠れています。


■Top of this Home Page
■Next Page