千代田区の几号高低標
日比谷公園亀石

地形図:東京首部
地理局雑報:牛込門枡形石垣

日比谷公園の亀石に几号高低標があるというこを聞いていましたが、まず亀石がどこにあるかわかりません。亀のように見える石はいくらでもありますが几号は見つかりません。山の中とちがい街にあるものは聞く人がいますから助かります。結局、公園事務所が開業するのを待って亀石のありかを聞きました。心字池という池の辺です。亀は水の中にいるという発想があればもっと早く見つかっていたでしょう。

日比谷交差点の交番横から公園にはいると大きな池がありますが、それが心字池です。北側中央部の岸に亀石といわれる亀の甲羅の形をした長さ2メートル、幅1.5メートル、高さ20センチメートルほどの大きい石があるのですが亀石という案内表示はなにもありません。几号はその石の上面に刻印してあります。「不」の横長辺は8センチメートル、縦の棒は9センチメートル程度です。

水平面に刻印しているのはロシア大使館前の几号と同様ですが、もともと垂直にあったものが池の造成時に平らに置かれたのではないかと思われます。江戸城の石垣に使われていたようです。日比谷公園は1903年(明治36)、日本最初の洋式公園として開園されましたが、この時点では内務省の几号高低標にかわり、陸地測量部の球分体のある角柱の標石が水準点としてつかわれていますので、どこからか運ばれたことはまず間違いないでしょう。江戸城牛込門石垣を移設したという説が有力です。

日比谷公園烏帽子石

地形図:東京首部
地理局雑報:市ヶ谷門枡形石垣

日比谷公園の南東角、内幸町の交番の裏にあるわかりやすいところです。烏帽子石といわれる大きい石の中央下部に几号が見られます。「不」の横長辺は7.5センチメートル、縦の棒は9センチメートル、地上高20センチメートルです。

烏帽子石は江戸時代に江戸城外郭市ヶ谷御門の石垣にあったもので、形が烏帽子(えぼし)に似ているため烏帽子石と呼ばれていました。明治時代に道路拡幅のため石垣が取り壊された際、日比谷公園に移されました。

赤坂見附

地形図:東京首部
地理局雑報:赤坂門石垣

赤坂見附の弁慶橋の東に江戸城外堀が残っていますが、それに沿った石垣の西端に几号高低標があります。赤坂御門跡の標柱のすぐそばにあたります。「不」の横長辺は7.5センチメートル、縦の棒は10センチメートル、地上高70センチメートルです。江戸城の門は敵の侵入を発見する目的でつくられており「見附」とも呼ばれました。

市ヶ谷新見附橋東

地形図:東京西部
東京市基標:麹町区新見附内

市ヶ谷と飯田橋の中間にある新見附橋の東にあります。橋の南東にある石垣前の歩道のそばに几号が水平配置でみられます。「不」の寸法は横、縦とも10センチメートルで歩道上にしては摩滅が少なく鮮明です。舗装もこの個所は意識的に避けていますが。不の刻字が何を意味するのか、わかってのことでしょうか。

ニコライ堂主教館

地形図:東京首部
地理局雑報:駿ケ臺東紅梅町祭司ニコライ氏邸礎

お茶の水にある日本ハリストス正教会には、重要文化財になっているニコライ堂といわれる礼拝堂がありますが、この西隣の主教館の北側出入口近くに正体不明の礎石のようなものがあります。几号高低標はその隣の壁下で地上高23センチメートルにあるのですが、上からモルタルが塗られており不の刻字は鮮明ではありません。「不」の横長辺は7センチメートル、縦の棒は8センチメートル程度で、ほかによく見られる几号にくらべて、やや小ぶりです。見つけるのに、てこずりました。

ギリシャ正教の神父さんにおそるおそる尋ねたところ、几号があるということは、まったくご存知ありませんでしたが、この建物を主教館といい1874年(明治7)頃の建設ということを教えてもらいました。几号があちこちに設置された頃と一致します。因みに有名な礼拝堂のほうは、1891年(明治24)に建設されています。

靖国神社大燈篭

地形図:東京西部

靖国神社境内の大きな木造の「神門」をくぐると巨大な燈篭が左右にあります。本殿の方に向かって左にある燈篭の本殿側基台下、地上40センチメートルのところに見つかりました。「不」の横長辺は8センチメートル程度で縦の棒は9センチメートル程度です。燈篭には「明治十三年五月竣功奉警視局命也」の刻字がありました。燈篭の工事と同時に高低標が設けられたとすると、1880年(明治13)になります。独立した標石ではなく、多く不動の構築物に几号のしるしがありますが、よく将来のことを考えたものだと思います。


■Top of this Home Page
■Next Page