港区北部の几号水準点
赤坂氷川神社

地図:東京西南部

氷川神社は赤坂六丁目の都心にありながら、わかり難い位置で広大な米国大使館宿舎の裏に参道入口があります。社殿は1730年(享保15)八代将軍吉宗が建立したといわれる簡素な建築です。

几号水準点は東向きの本殿前にある鳥居の左足基盤にあり正面を向いています。「不」の字の横棒は7.5センチメートル、縦棒は10センチメートル、地上高は40センチメートルあります。

ロシア大使館前

地図:東京西南部

飯倉交差点の西にあるロシア大使館の西角、狸穴坂の入り口に警察の見張所がありますが、この直下の歩道上にあります。この標石は道路の水平面に埋め込んでいますが水準点の目的からすれば垂直面に標示すべきでしょうから後年、移設したものと思われます。大きさは桜田門とほぼ同じです。見張りの警察官は足元の標識のこと何も知りませんでした。

神谷町八幡神社

地図:東京西南部

地下鉄神谷町から飯倉交差点へ200メートルほどのところ西側に鳥居と石段があります。これが八幡神社で石段を登ると、また鳥居があります。この鳥居の左側の足に不の字がはっきり読み取れます。「不」の字の横棒は8センチメートル、縦棒は8.5センチメートル、地上高は65センチメートルあります。この神社には西久保八幡貝塚というのがあり東京都指定史跡になっていますが不の字は何の指定もされていません。

芝愛宕神社

地図:東京南部
地理局雑報:芝愛宕山安永八年二月ト記シタル碑ノ臺石横面T符ヲ彫ル

東京のど真ん中にある標高26メートルの愛宕山はかってNHKがここで放送を開始したことで有名ですが山頂には古くから愛宕神社があります。徳川家康は愛宕信仰が厚く江戸幕府を開いたときにこの地に勧請(かんじょう)したといわれています。神社の境内には三等三角点がありますがその近くに几号水準点を見ることができます。

本殿のすぐ近く、東北寄りの桜の木の下に「起倒流拳法碑 安永八年二月」と刻字のある(「法」は難しい古字で刻字)の石碑がありますが、台座の南(右)側面下に几号が見られます。この几号は非常に珍しいもので「不」の字形でなく「T」の字形になっています。現場ではTの字の横棒が地面すれすれのところに出ていましたが少し掘って見るとTの縦棒も現れてきました。Tの横棒は6.5センチメートル、縦棒は写真にも見られるように細長い三角形になっており長さ7センチメートル、底辺1.5センチメートルになっています。この几号の見られる場所にはヤマブキが茂っており几号を掘り出すのも写真を撮るのも、かなり難渋しました。

この几号は1879年(明治12)の地理局雑報によれば

安永八年二月ト記シタル碑ノ臺石横面T符ヲ彫ル 二六、二三六一メートル [内務省:地理局雑報 第拾號 1879 p10]

とあり測量の成果(当時は高距といいました)も記録されています。ちなみに、すぐ近くの現行三等三角点の標高は25.69メートルです。愛宕神社は6月23、24日に「千日詣り」があり賑います。「ほおづきの丸薬を売る愛宕山」という句が神社に置いてある栞にありました。

愛宕神社をはじめ都内の几号については東京の古い標石を調査しておられる角田篤彦さんにご懇切な数々の情報をいただきました。


芝東照宮

地図:東京南部

芝の東照宮は地下鉄芝公園駅の最北の出入口近くにあります。几号は石の鳥居の本殿に向かって右の柱の下にあります。このあたりは駐車場にもなっており鳥居の柱は保護枠で囲まれています。

「不」の字の横棒は7.5センチメートル、縦棒は9.5センチメートル、地上高は40センチメートルあります。

南青山七丁目

地図:東京西南部

南青山七丁目で首都高速一号渋谷線の南にヒトデのような六叉路がありますが、その東への最も細い道を入ると200メートルほどで三叉路になっており郵便ポストがあります。所在地は七丁目13ー29です。このポストの裏が民家になっていますが塀の基礎に几号が見られます。「不」の字の横棒は7.5センチメートルで縦棒は見えている部分で5.5センチメートルありますが、それから下はコンクリートに埋まっています。また「不」の字画の交点の左下に小さい穴があいています。

民家に残っている几号はここだけではないでしょうか。たまたま家人が外へ出てこられたので、お聞きしましたが昭和の初期にここに住まれて以来現状のままということです。


■Top of this Home Page
■Next Page