港区南部の几号水準点
芝鹿島神社

地図:東京南部
地理局雑報:本芝四丁目鹿島社狗石臺石

鹿島神社はJR田町駅の東で三菱自動車本社の南東にあたります。本殿の左に狛が二基ありますが奥にある方の台座の「若者中」(赤で右書き)と刻字のある下に几号がみられます。

「不」の字の横棒は7.5センチメートル、縦棒は9.5センチメートル、地上高は40センチメートルあります。

三田綱坂

地図:東京西南部

三田の「綱の手引坂」(俗称、綱坂)を上がったところの三叉路で三井倶楽部の東、簡易保険局の南にあたる路上にあります。「不」の寸法は横、縦とも9センチメートルです。このあたりには内務省地理局が1876年(明治9)に設置した三角点がありました。旧所在地は「芝區三田綱町十番地」になっています。[東京都:東京市史稿市街篇 67 1975 p674]

この几号は、位置が旧仁礼邸に設置された地理局の「三角點」の近傍であること、水平配置であること、1886年(明治19)内務省地理局発行の五千分一「東京実測図」には水準点として掲載されていないこと、などを勘案すると水準点ではなく「三角點」の「附属豫備點」であったとする説もあります。

高輪大木戸

地図:東京西南部
地理局雑報:高輪元大木戸石垣

地下鉄泉岳寺駅から北へ200メートルで第一京浜国道に面した東側にあります。この場所に似合わず長さ7.3メートル、高さ3.6メートルの石垣がありますが、これが高輪の大木戸跡といわれるもので国の史跡として指定されています。江戸の南の入り口として旧東海道の両側に石垣を築き高札場(こうさつば、お上の布令書を掲げる)が設けられ「札ノ辻」ともいわれていました。ここには七軒茶屋とよばれる茶店があり旅人でにぎわったそうです。夜は通行止めにして治安の維持をはかりました。江戸時代の中期に築造されましたが現在地には移設されたらしく、その時期は諸説あるようです。現在の所在地は港区高輪二丁目19になっています。[池波正太郎:江戸切絵図散歩 新潮文庫 1993 p161−164]

几号水準点は石垣の最北端、最下段中央にあります。荒削りの石垣を几号のところだけ磨いて刻印されおり極めて美しい状態で保存されています。「不」の字の寸法は横7センチメートル、縦9.5センチメートル、地上高22センチメートルになっています。この位置は交通量が多く歩道が途切れており危険です。石垣の北側歩道で待機しさらに北側の信号が赤になり車が途絶えたときの20秒間ほどを何度か繰り返し出動して写真を撮ったり寸法を測ったりしました。この几号を見られる場合は交通に十分気をつけてください。またこの几号の位置については几号水準点研究家の角田篤彦さんに懇切なご教示をいただきました。

白金台覚林寺

地図:東京西南部
地理局雑報:白金村二十番地覺林寺

白金台一丁目の明治学院大学の北にある覚林寺の門前で桜田通りに面するところに「清正公大神儀」の石碑がありますがその台座の左下に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8センチメートル、縦棒は9.5センチメートル、地上高は35センチメートルあります。

白金西光寺

地図:東京西南部

白金二丁目、三光小学校筋向い、三光坂下の信号のところに西光寺があります。「南無阿弥陀佛」の石碑の「渡陸尺」(右書き)と刻字された台座の左側面に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8センチメートル、縦棒は9センチメートル、地上高は85センチメートルあります。


■Top of this Home Page
■Next Page