文京区の几号水準点
湯島天神

地図:東京首部
地理局雑報:湯島天神社華表石礎

湯島天神は春日通りと反対側(南側)が正面入り口です。春日通りから入って神社の前で道は直角に曲がり御茶ノ水の方へ続いています。湯島天神の真正面にある銅の鳥居の本殿に向かって左側(西側)基台中央に几号水準点が見られます。

「不」の字の横棒は7.5センチメートル、縦棒は9センチメートル、地上高は40センチメートルあります。

小石川 宗慶寺

地図:東京西部
地理局雑報:小石川久堅町八拾五番地極楽水碑臺石

小石川植物園の南、千川通りに面した共同印刷社屋から西へ吹上坂を100メートルほど入った北側に宗慶寺があります。門前に極楽水碑がありその台石に几号水準点がありますが完全に土に埋まっています。植え込みの裏の狭いところを掘り出して写真を撮りました。「不」の字の横は7.5センチメートル、縦9センチメートルあります。

この寺は1415年(応永22)の創設といわれ極楽の泉で知られていましたが現在地の西、数百メートルのところから移設されました。現在は小石川七福神の寿老人の寺として有名です。

小日向 (こびなた) 本法寺

地図:東京西部
地理局雑報:小日向水道端本法寺鐵水鉢臺石

水道端図書館前のお寺にあります。もともと本堂前にあった天水受けの台石が現在は庫裏前に移設されています。「尾」という字の台石の左側面奥に几号水準点がみられます。「不」の字の横7.5センチメートル、縦9センチメートル、地上高24センチメートルで「不」の字の中央字画の集合点がまるく窪んでいます。

本法寺はもともと近江国(滋賀県)堅田に創建されましたが1705年(宝永2)に現在地に移転されました。夏目漱石の「坊っちゃん」にでてくる「小日向の養源寺」がこのお寺のようです。夏目家の菩提寺になっています。

巣鴨旧大原町

地図:東京西部

JR巣鴨の南800メートル文京区千石三丁目37にあります。近傍の説明板によると、かつて大原町と呼ばれていました。不忍通りから北西に入った一つ目の四つ角、北西の電柱1メートル手前に几号が見られます。

几号は路上平面に刻印され24センチメートル角の窪みに横棒9、縦棒8.5センチメートルの「不」の字があります。横棒は道路と並行で南西、北東方向になっており「不」の字は道路側が下、家屋側が上になります。このあたりは古い商店や住宅が多く旧街道の趣が残っています。

西片二丁目

地図:東京首部

東京大学の西、西片二丁目13の路上にあります。東大農学部正門の向いで本郷通りは斜め西の旧中山道と分岐します。北西角には「高崎屋」という江戸時代からの酒店があり、かつて中山道最初の追分一里塚があったことを示す掲示も見られます。中山道(国道17号)を200メートルほど入ると本郷税務署がありますが、その手前、南西の道を入った一筋目の駐車場前、横断歩道に几号が見られます。

几号は舗装された路上平面に刻印され可視部分で22センチメートル角のなかに横棒9、縦棒9センチメートルの「不」の字があります。横棒は道路と並行で「不」の字は歩道側が上、車道側が下になります。このあたりは武家地でしたが1872年(明治5)中山道をはさんで両側が町になり街道の東側を東片町、西側を西片町と名づけられました。現在は閑静な住宅地になっています。

内務省が1874年(明治7)頃に設置した大三角点「丸山」はこの近傍にあり、几号は大三角点の「附属予備点」か「補助点」であることも考えられます。


■Top of this Home Page
■Next Page