荒川区・足立区の几号水準点
素盞雄神社 (すさのおじんじゃ)

地図:東京首部
地理局雑報:千住南組素盞男神社石華表

千住大橋の南300メートルのところに日光街道に沿ってある神社で小塚原、三ノ輪(みのわ)などの鎮守さんとして知られています。南門(正面)鳥居左下に几号水準点があります。「不」の字の横棒7.5センチメートル、縦棒9.5センチメートル、地上高70センチメートルあります。

南千住 円通寺

地図:東京首部
地理局雑報:下谷新道通リ町円通寺百觀音石

この寺は千住大橋の南の素盞雄神社から南へ500メートルの日光街道沿いにあります。境内入口南側の百観音碑の台石に几号水準点があります。「不」の字の横棒7.5センチメートル、縦棒9.5センチメートル、半分地中に埋まっています。

この寺は792年(延暦10)開創といわれ1868年(明治1)上野で戦死した彰義隊の墓所にもなっており1907年(明治40)に帝室博物館から下賜された上野黒門が残っています。また三十三体の観音が安置されており一回で百回の参拝のご利益があるといわれています。

千住大川町 氷川神社 

地図:草加
地理局雑報:千住北組五丁目鎮守八幡社内石碑

JR北千住の北西800メートルの地点にあり徒歩15分程度で到達できます。北千住周辺には氷川神社が3社ありますが足立区千住大川町12、千住新橋の南西にある神社です。本殿の向かって右に地上高さ1.8メートルの「紙すき碑」があり、その台座正面の中央よりやや左寄りに几号が見られます。

「不」の字の横棒8.5センチメートル、縦棒10.5センチメートル、地上高48センチメートルあります。「紙すき碑」のそばにある足立区教育委員会の説明板によると、この一帯は江戸時代から紙すき業が盛んで1843年(天保14)幕府に紙を献上したときの記念碑で荒川放水路開削のため1917年(大正6)に移設されたとのことです。地理局雑報には千住北組五丁目鎮守八幡社とあることから現在の千住五丁目にあった神社が元位置であったと思われます。

境内には1957年(昭和32)に架け替えされた旧千住新橋の標柱石も残存されていました。


■Top of this Home Page
■Next Page