栃木南部の几号水準点
野木町 野木神社

地図:古河
地理局雑報:野木驛字二丁目七五三引稲荷華表

JR野木から南西へ3キロメートルの野木神社境内にあります。本殿奥の稲荷社の鳥居左脚下に几号が見られます。「不」の記号の横棒は9センチメートル、縦棒は11センチメートル、地上高25センチメートルです。

この神社は国道4号から離れていますが旧日光街道には面しています。しかし几号は日光街道に面した位置から、かなり奥まった現在地へ移設されたようです。

野木町 法音寺

地図:古河
地理局雑報:友沼村法音寺門内供養塔

JR野木から北へ1.5キロメートル、国道4号沿い野木町友沼の法音寺にあります。山門を入った前庭に弘法大師の碑がありますがその台石に几号が刻まれています。碑の正面は「高祖弘法大師行○圓満塔」(○は文字不明)、裏面は「天保五季甲午三月廿一日」と刻字されています。「不」の記号の横棒は9.5センチメートル、縦棒は11センチメートル、地上高46センチメートルありました。

内務省地理局雑報では供養塔と記載されていますが、もともと供養塔の台座に几号が刻印されていたものを、その台座だけ弘法大師の碑の台座として転用したものと思われます。

小山市 龍昌寺

地図:小山
地理局雑報:間々田驛南口住正寺門前十九夜塔

小山市(おやまし)のJR間々田(ままだ)から北へ800メートル、間々田一丁目の龍昌寺にあります。境内の鐘楼の西に石碑が2基ならんでいますが右のほう十九夜塔の台座中央に几号が刻まれています。十九夜塔は正面に「十九夜」左側面には「下町女人講中」と刻字されており「不」の記号の横棒は8.5センチメートル、縦棒は11センチメートル、地上高30センチメートルありました。

内務省地理局雑報では住正寺門前と几号の位置が明記されていますが、現在の住正寺が龍正寺と改名されたのかもしれません。いずれにしても旧日光街道からすこし離れているので後年移設されたと思われます。

小山市粟宮

地図:小山
地理局雑報:粟宮村字東道上觀世音塔

JR小山(おやま)から国道4号を3.5キロメートル南下すると粟宮(あわのみや)の集落があり、その東側の粟宮上公民館に隣接して墓地があります。墓地入り口近くの「観世音」と刻字された碑の台座に几号が見られます。台座中央でなく左下部に刻印されています。「不」の記号の横棒は9センチメートル、縦棒は11.5センチメートル、地上高15センチメートルありました。

公民館前には現行の国土地理院の一等水準点2035号が地中に設置されています。ハンドホールの鉄蓋が堅く、開けて確かめていません。

小山市 須賀神社

地図:小山
地理局雑報:小山驛須加神社石造幟枠

JR小山(おやま)の西700メートル、旧国道4号沿いに須賀神社があります。旧国道を横断する歩道橋の西(駐車場の東南)に旗棹の台座とおもわれる大小の柱石が2基ならんでいますが小さいほうの柱石の北西面に几号水準点があります。

柱石の大きさは几号がある側の幅23、奥行き35、高さ65センチメートルで頂部は丸みがあります。地表すれすれに見えている「不」の字は横棒が8センチメートル、縦棒は半ば基礎に埋もれていますが露出している部分は4センチメートルあります。

この標石はもともと国道(日光街道)きわにあり現在地に移設されたときに几号の下部がコンクリート基礎内に埋もれてしまったものと推察されます。

小山市喜沢

地図:小金井
地理局雑報:喜澤村字溜端陸羽結城分角新設

JR小山の北6キロメートル、国道4号と県道33号(日光、結城方面)が交差するの羽川(はねかわ)交差点を東へ(右)向かい道路がJR新幹線と東北本線を立体交差する下をくぐり出たところを線路方向に戻るように小道を回りこみます。鉄道線路きわにはJRの小さな建屋がありこの線路側に几号水準点の標石があります。ちょうど県道33号の真上にあたり東北本線の線路東側に「不」の字が西向きにあるのが見られます。

この几号水準点は既存の構築物に彫られたものではなく水準点のために設けられた独立した標石です。標石の大きさは「不」の面の幅30、奥行き24、高さ40センチメートルで幅40、奥行き36、地表からの厚さ14センチメートルの台座に載っています。「不」の字の横棒は9、縦棒11、台座表面から「不」の上部まで34センチメートルあります。

1879年(明治12)に発行された地理局雑報には、この位置は喜澤村字溜端陸羽結城追分角とありますが1885年(明治18)大宮、宇都宮間の鉄道敷設のため移設され、さらに1987年(昭和62)に立体交差工事のため線路敷地に移設されたものと思われます。[藤貫久子:小山市内に残る明治水準点 小山市立博物館紀要 8号 小山市立博物館 2003 p58−64]

国分寺町小金井

地図:小金井
地理局雑報:小金井上町十九夜塔

JR東北本線自治医大の南1キロメートル、国道4号の東側に面した上町(かみちょう)公民館敷地内の南にあります。薬師如来などの石碑が4、5基ありその最右端の十九夜塔台座西南面に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒11センチメートル、「不」の下部は地表すれすれです。

石橋町 愛宕神社

地図:壬生
地理局雑報:石橋驛南口字花ノ木妙法供養塔

JR東北本線石橋の南500メートル、国道4号の西側に面した愛宕神社にあり、関東バス停留所の上三川街道入口にあたります。神社境内の薬師如来堂の西にケヤキの大木がありますが、その下の供養塔台座に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8.5、縦棒11、地上高さ56センチメートルです。中央の花瓶に隠れていて見つけるのに、すこし手間がかかりました。

宇都宮市台新田

地図:宇都宮東部
地理局雑報:臺新田字堀越妙法供養塔

JR宇都宮駅前から石橋駅行きのバスで約20分、台新田神社(菅原神社)前で下車するとすぐです。このバス停から国道4号沿いに北100メートルの地点にトヨタレンタリース、その北に「マンション島」があります。このマンションの塀の内側に高さ170センチメートルの「南無妙法蓮華経」と刻字のある供養塔があり最下段台石、東向き正面に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8、縦棒12、地上高さ30センチメートルです。マンション所有者のOさんの話では、この供養塔は1970年(昭和45)頃に国道4号の拡幅にともない移設され向きも西向き(道路に面して)から現在の東向きに置きかえられたそうです。

宇都宮市花房

地図:宇都宮東部
地理局雑報:宇都宮南口蒲生君平里

国道4号を南から宇都宮市街へ北上すると西原というところで左の日光街道に入ります。JR日光線と東武宇都宮線を越えるとすぐ右手に蒲生君平(がもうくんぺい)の碑があります。宇都宮市の指定史跡になっており碑には屋根がけがあり碑のまわりには植え込みや説明板もあります。几号水準点は屋根がけのある古い碑の台座裏面(北面)に見られます。

碑には「忠節蒲生君平里」と刻字があり君平の里であるという意味ですが、ほかの刻字から1869年(明治2)に設置されたことが読み取れます。「不」の字の横棒は9、縦棒11、地上高さ70センチメートルです。

蒲生君平(がもう・くんぺい 1768〜1813)は江戸時代に歴代天皇の御陵を調査して「山陵志(さんりょうし)」を著し御陵修復の必要性を説いたといわれています。

宇都宮市海道町

地図:宝積寺
地理局雑報:海道新田十三當地供養塔臺石

JR宇都宮の北5キロメートルのところです国道119号の北、下川俣交差点から北へ白沢街道を入り2キロメートルほどで海道町(かいどうまち)交差点があり、これを200メートルほどすぎた西側に地元の小林清次郎の水田開拓事業を顕彰した「感恩報徳碑」がありその台座中央に几号がみられます。この碑は1866年(慶応2)に建てられたものです。几号は自然石の台座に刻印され地面にたいして斜め面上にあります。「不」の字の横棒は9、縦棒10、地上高さ25センチメートルです。

氏家町上阿久津

地図:宝積寺
地理局雑報:上阿久津村字大坂二十三夜塔

宇都宮市から鬼怒川のすぐ東にあたる阿久津大橋を東に渡り旧国道4号を500メートルほど北上した歩道橋北東の高台にあります。もともと歩道橋北のバス停付近にあったものを移設したようです。「文化十二年」建立の二十三夜塔がありますがその台座の裏(北面)に「不」の字がみられます。「不」の字の横棒は9センチメートル、縦棒は地下にはいっているのでわかりません。この高台には鬼怒川に近いことからか水神を祀る高尾神社があります。

氏家町狭間田

地図:喜連川
地理局雑報:挟間田村彌五郎坂下一ノ堀橋際大黒塚

JR東北本線氏家(うじいえ)の北東5キロメートルの地点ですが氏家町から国道293号が喜連川町に入る手前の松山、上組という在所にセブンハンドレッドゴルフ場の入口があります。その直前の大きくカーブした国道の右側(南側)に佐藤自動車工場があります。工場の前には大黒天が2体並んでいますが左の方の石像の台座下、正面よりやや左よりに几号が刻印されています。

「不」の字の横棒は8.5、縦棒11センチメートルですが横棒の下まで埋没しています。横棒はほかの字画よりも太く幅1センチメートル程度あります。大黒天2体は柵で囲まれ「明治時代の水準点」という標題の説明板が立っています。だれが設置されたのかわかりません。

喜連川町下河戸

地図:佐久山
地理局雑報:下河戸村字引田御野立場(新設)

喜連川町から大田原市佐久山へ下河戸(しもこうと)で県道25号と分かれ引田へ向かう途中のゲートボール場にあります。老人施設「逢愛会」の南隣になります。入口には「史蹟明治天皇引田原御小休蹟」の石碑があります。

独立した標石で一辺25センチメートルの角柱で上部は低い角錐になっています。高さは70センチメートルあり全部地上に露出しています。石柱の色のかわり具合から底辺から40センチメートルは地中にあったようです。「不」の字は上辺から6センチメートル下に長さ9センチメートルの横棒があり、縦棒も9センチメートルです。


■Top of this Home Page
■Next Page