栃木北部の几号水準点
大田原市佐久山 観音堂

地図:佐久山
地理局雑報:佐久山驛南口百五拾番地觀音堂境内

JR東北本線矢板の東6キロメートルのところ、箒川の南に佐久山の集落があり奥羽街道の佐久山宿になっていました。喜連川町のほうから県道48号を北上して佐久山で同52号と合流しますがそのまま細い道を北へ下ると左手に観音堂が見当たります。本堂まえの石垣の中に長立方体の加工石が積まれており正面に几号が見られます。幸い地元の人によって几号を示す標示板が立てられています。

「不」の字の横棒は8、縦棒は11、地上高さ35センチメートルです。この石の位置、置き方から街道筋から境内に移設されたものと思われます。

残暑きびしい昼下がりとぼとぼ歩き、道を尋ねた路傍の菓子屋さんでは親切に教えていただき、おまけに饅頭を沢山頂戴し旧街道宿場の人情を感じました。

大田原市佐久山 正浄寺 (しょうじょうじ)

地図:佐久山
地理局雑報:佐久山驛北口淨正寺門前川越阿彌陀ノ女來石塚

几号の位置が記録されている1879年(明治12)の内務省地理局雑報、第拾四號の高距第弐報「従東京至陸前鹽竈」では「佐久山驛北口淨正寺」となっていますが、これはいくら探してもありません。「正淨寺」の誤記です。佐久山集落から北へ箒川のほうへ下っていく旧街道に面して左にあります。かなり大きいお寺ですからすぐにわかります。

また同雑報には「門前川越阿彌陀ノ女來石塚」とあり、たしかに山門の右側にその碑が見当たりますが几号の刻印された台座はなく境内の蓮如上人像の奥に庭石として移設されていました。住職の話では移設したのは戦前とのこと。「不」の字の横棒は8.5、縦棒は11、地上高さ35センチメートルです。

西那須野町 那須基線北端点

地図:関谷

栃木県西那須野町千本松にある畜産草地研究所の正門前には1878年(明治11)に設置された那須基線の北端点の遺跡が残っています。基線とは三角測量をするために現場で長さを正確に測った三角形の一辺で南端点は10キロメートルはなれた大田原市にあります。当時この位置は観象台と呼ばれてましたが現在は土盛りに芝生を貼りつけたマウンドになっています。

このそばに黒みがかった几号水準点を見ることができます。1876年(明治9)の内務省達にでている典型的な几号で水準点として独立した標石になっていますが、ほかの几号水準点は鳥居や城壁などの既存構築物に刻印されたものが多いのですが、このような独立した標石は珍しいものです。 現地の説明板によると、もともと50メートルほど南東にあったものが、ここに移設されました。

標石の寸法は幅30.5センチメートル、奥行き24.5センチメートル、地上高32センチメートルで上部は僅かに角錐体になっています。几号の「不」の字の横棒は9センチメートル、縦棒は10センチメートル、「不」の上部までの地上高は23センチメートルあります。

この几号標石について公的な記録は見あたりませんが1876年(明治9)内務省地理寮が東京と塩竃の海面高の違いを調査するため東京塩竃間の水準測量を行い、のちに那須基線にも連結したことは文献にみられるので、そのときに使用した標石であろうと思われます。[館潔彦:洋式日本測量野史 「三交會誌」二十一號(須磨漁史により掲出) 陸地測量部 1915 p282][佐藤p、師橋辰夫:明治初期測量史試論 「地図」18巻2号 日本国際地図学会 1980 p41]

大田原市 金灯篭

地図:大田原
地理局雑報:太田原上町金燈籠臺石

栃木県大田原市の中心部に金灯篭(かなとうろう)といわれる交差点があり、その西南にある米喜商店前に灯篭があり基壇の中ほどに几号が見られます。「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒は10センチメートル、地上高60センチメートルです。このあたりは旧奥州道で太田原宿といわれていました。

1879年(明治12)の地理局雑報第拾四號には測量成果が「太田原上町金燈篭臺石 二〇八、二八八六メートル」と載っています。

大田原市中田原 供養塔

地図:大田原
地理局雑報:中田原村蛇尾川北方黒羽道舊供養塔臺石

栃木県大田原市の中心部から東方向にある蛇尾川(さびがわ)を渡った中田原河原という集落にあります。街道筋に面した松本豆腐店の裏手に供養塔が3基あり中央にある塔の台石に几号が見られます。「不」の字の横棒は8.5、縦棒は10センチメートル、地上高20センチメートルです。

大田原市市野沢

地図:大田原
地理局雑報:市野澤村界標傍新設石標

JR那須塩原の東南4キロメートルの地点、県道72号とライスライン道が交差する市野沢交差点から北へ250メートルの道路西側で土地全体が少し盛り上がったところに残存されています。市野沢交差点から北へ1つ目の信号の手前、東京電力の電柱、練貫904が目標になります。那須基線北端点とおなじく独立した標石で小いので車で通過すれば見落とします。

標石全体の大きさは幅30、奥行き25、地上高28センチメートルで「不」の字の横棒は7.5、縦棒は9.5、地上高21センチメートルです。

この標石は土地所有者のご尽力により保存されてきましたが、最近宮城県の標石研究家Aさんにより、その存在が明らかにされました。わたしが探索したときは、この標石の南側は野菜畑ですが西側が造成準備中(道路工事か)でした。たまたま居合わせた地元の人には引き続き保存をお願いしました。地元のご年輩の人の話では、この地は江戸時代の処刑場あとで「首切り山」といわれていたそうです。近くには供養塔など几号が刻印できる構築物があると思いますが、あえて那須基線北端点とおなじ独立した標石にしたのは特別の事情があったのでしょうか。

大田原市練貫 十九夜塔

地図:大田原
地理局雑報:練貫村字下町觀音阪下十九夜塔

JR東北本線那須塩原の東3キロメートル、大田原市練貫(ねりぬき)長者谷の県道72号沿いにあります。「旧奥州道中 練貫」と書かれた近年設置された標柱のそばに4、5基供養塔が行儀よく並んでおり、そのなかで最も瀬の高い十九夜塔台座の右(東面)下に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8.5、縦棒は11、地上高さ20センチメートルです。車の多い道路脇ですが供養塔が整然と保存されています。

黒磯市鍋掛 馬頭観音

地図:黒磯
地理局雑報:鍋掛那珂川西岸馬頭觀音(石塚)

JR東北本線黒磯の東南3キロメートル、黒磯市鍋掛の那珂川にかかる昭明橋西岸で北西の薄暗い杉木立のなかにあります。「馬頭観音 安政六巳未年二月大吉日」と刻字された碑の台座下から2段目中央に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8.5、縦棒は11、地上高さ45センチメートルです。この場所は車道から少しはなれており見落としそうです。

黒磯市 浄泉寺越堀黒羽領境界石

地図:黒磯
地理局雑報:越堀那珂川東岸村界標

JR東北本線黒磯の東5キロメートル、黒磯市越堀の県道72号に面する浄泉寺境内にあります。境内の南奥に「従此川中東黒羽領」と刻字された黒羽(くろばね)領境界石があり台座中央左寄りに几号が見られます。

「不」の字の横棒は8.5、縦棒は11、地上高さ25センチメートルです。この境界石は黒磯市の指定文化財になっており説明板によれば黒羽藩主大関増業が1813〜14年(文化10〜11)に何箇所かに設置されました。高さ151、幅21センチメートルの花崗岩の碑は大阪でつくられ背面には「於摂州大坂作江西横堀小島屋石工半兵衛」と刻字されています。この境界石はもともと那珂川の左岸越堀宿(黒羽領)に建てられていましたが1918年(大正7)ころに現在地に移設されたそうです。なおこの碑の右隣には1929年(昭和4)に建てられた「明治天皇御駐輦之碑」と刻字された碑があります。「輦」(れん)という字は輿(こし)または人が引く車の意味です。

那須町芦野 地蔵堂

地図:伊王野
地理局雑報:蘆野驛奈良川高橋際石地蔵

JR東北本線黒田原の東南6キロメートル、那須町芦野の国道294号から東へ奈良川を渡ったところ北側の地蔵堂にあります。高さ2メートルあまりの地蔵の台座最下部左下に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8.5、縦棒は10センチメートル程度ですが下部はコンクリートに埋没し見えません。地元の人の話では、この地蔵は奈良川の氾濫でなんどか壊れかけましたが近年補強されたそうです。

那須町横岡 べこ石

地図:伊王野
地理局雑報:横岡村字峯岸地内牛石

那須町芦野の北1.5キロメートルのところ横岡の南端から国道294号と別れ車1台がとおれる程度の細い道が峯岸の集落中心へとついています。那須町営バス峯岸停留所前で道の西側に「べこ石の碑」とかかれた説明板があります。「べこ石」は薄暗い杉林のなかにあり右側面の左端下に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8.5、縦棒は11、地上高さ60センチメートルです。那須町教育委員会が設置した説明板によれば、この碑は1848〜54年(嘉永年間)に地元の人が設置したもので道徳を意味する3500文字が自然石に刻字されています。石の形が臥牛に似ており、牛を「べこ」と呼ぶことから「牛石」(べこいし)で通っています。

那須町寄居 県境

地図:旗宿
地理局雑報:寄居村両國界標石崖

国道294号の栃木県那須町と福島県白河市の県境にあたります。栃木県側には「境ノ明神」(玉津島神社)があります。わたしは、この県境をなんどか通過しましたが地理局雑報にある「両國界標石崖」というのがどれを示しているのか不明のままでした。最近、宮城県の標石研究家Aさんが古い県境標石の真下にある石垣の地中部分から几号の刻印をみつけられ、わたしも探索に行ってきました。

県境の道路西側に切り立った古い石垣が2段階に建設されていますが、その上の斜面に県境標石が見られます。「堺 福島縣西白河郡 栃木県那須郡」と刻字があり1928年(昭和3)に設置されたものです。この標石の真下で道路面からみて上段の石垣の石積みが地面と接するところ(上から7段目の石塊)は腐葉土がたい積していますが少し掘ると几号が現れます。「不」の字の横棒は10.5、縦棒は13.5センチメートルで他所で見られる几号のサイズより少し大きく横棒のところまでは土に埋まっていました。

上段の石垣は明治天皇の行幸の際、峠の道路が切り下げられ建設されたようです。1876年(明治9)の東北行幸の様子は井出孫六の「アトラス伝説」にも描写されており田畑や山林をぬって進む鳳輦(ほうれん天皇の乗り物)の列が目に浮かぶようです。[井出孫六:アトラス伝説 文春文庫 1981 p212]


■Top of this Home Page
■Next Page