福島南部の几号水準点

1879年(明治12)に発行された内務省地理局雑報には「高距第弐報 従東京至陸前鹽竈」の表題で几号水準点の位置と実測値が載っています。東京から栃木、福島県境で終わり「以下次号」と書いてありますが地理局雑報がその後廃刊になったため福島以北の分は公表されていません。しかし福島県についても何人かの標石研究家が実地に調査され、貴重な報告書が作成されています。[箱岩英一、関義治:奥羽街道と明治水準点追跡 「測量」 日本測量協会 1996.3 p30]、[浅野勝宣、畠山未津留:宮城の標石 4集 浅野勝宣 2005 p27−34]

また福島県歴史資料館には福島縣権令から内務郷宛の公文書「山野路傍等散在之石碑処分之儀ニ付伺 明治十年十月四日」の「調書」に几号水準点9ヶ所の所在が記述されています。[福島縣權令から内務郷宛の公文書 1877 明治十年従十月至十二月 官省指令留 記録科 七十一号 福島県歴史資料館蔵 F−243]


白河市白坂 馬頭観音

地図:白河
福島縣文書:第十區白河郡白坂村馬頭觀世音大菩薩臺 臺自然石

白河市白坂字愛宕山にある白河南部中学校から東の国道294号を北へ300メートルの杉林の途切れた東側の地点に石碑が2基あり右の馬頭観世音大菩薩の自然石でできた台石正面に几号が見られます。「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒11センチメートル、地上高は50センチメートルあります。

馬頭観音の碑は1861年(文久1)に建立されましたが左にある牛頭観音の方は1982年(昭和58)に建立された新しいものです。地元の人たちの供花がありました。

白河市皮篭 (かわご)

地図:白河
福島縣文書:第十區白河郡皮篭村石地蔵臺石

JR東北本線白坂の東1キロメートル、白河市皮篭に「金売り吉次(きちじ)」の墓で有名な八幡神社があります。その北隣の皮篭集会所のさらに北隣に地蔵があり台座中央右寄りに几号が見られます。「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒11センチメートル、地上高は40センチメートルあります。

白河市九番町 権兵衛稲荷神社

地図:白河

JR東北本線の南1.5キロメートルの国道294号に面して西側に権兵衛稲荷神社がある。正面の石段を上った鳥居の奥、左側に灯篭の形をした数段の台石の上に石づくりの祠があります。この台石正面に几号が見られます。

「不」の字の横棒は9センチメートル、縦棒10.5センチメートル、地上高は20センチメートルあります。台石の不等沈下のためか「不」の字のちょうど中央から右下にかけ亀裂が入っています。

泉崎村踏瀬 (ふませ)

地図:矢吹
福島縣文書:第九區白河郡踏瀬村元愛宕神社石鳥居現今祠ナシ

JR東北本線の踏瀬と矢吹の中間にあたりに松並木があり旧奥州街道のおもかげが残っています。泉崎村踏瀬の愛宕神社に几号があるのですが神社といっても国道4号の西側に小さな鳥居が見えるだけです。その鳥居の右脚下正面に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒11センチメートル、地上高は30センチメートルあります。

矢吹町 下ノ地蔵

地図:矢吹

JR東北本線矢吹の北800メートルの地点で市街地にある「下ノ地蔵」です。地蔵の台座中央より、やや右寄りに几号が見られます。わたしが探訪したときには花活けに隠れていて見つけ難かったです。

「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒11センチメートル、地上高は80センチメートルあります。

鏡石町鏡沼 西光寺

地図:須賀川西部
福島縣文書:第八區岩瀬郡鏡田村豎通三東横祐九居臺石

JR鏡石の北東2キロメートルの西光寺境内にあります。本堂裏の墓地に1679年(延宝7)に建立された「豎通三界横括九居」(福島縣文書は誤字あり)と刻字のある2.5メートル程度の供養塔がありその最下段台石正面、左よりに几号が見られます。「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒11.5センチメートル、地上高は28センチメートルあります。

西光寺のご住職と、たまたま墓参にこられた近所の人の話では、この供養塔はもともと寺の南200メートルくらいのところにあったものを1955年(昭和30)頃、現在地に移設されたとのことです。境内には天然記念物の「たらよう」という樹齢250年のめずらしい樹があります。なお供養塔は個人の墓地にあり、ご住職に案内いただきました。

須賀川市森宿

地図:須賀川西部
福島縣文書:第八區岩瀬郡森宿村奉納太乗妙典供養塔臺石

JR須賀川の北1.5キロメートルの地点、森宿の旧陸羽街道に白石坂という坂道があり道路西側に「サンライズ白石坂」の集合住宅があります。この裏の高台に1830年(文政13)に建立された供養塔が2基あり左の大きいほうの最下段台座、正面右寄りに几号が見られます。「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒10.5センチメートル、地上高は30センチメートルあります。

この供養塔に到達するのは、ちょっと厄介で集合住宅の裏の溝から雑草に覆われ、じめじめした急斜面をよじ登らなければなりません。奥には大きな沼があり裏からは回れません。碑には「奉納大乗妙典供養塔 日月天下泰平國家安全萬民快楽」などの刻字が見られました。もともと街道沿いにあったものが移設された高台に移設されたと思われます。

大乗妙典供養塔とは講などで法華経を百回とか千回の一定回数を読んだことを記念して建てる石碑で江戸時代多く造られたそうです。[須賀川市:広報すかがわ 2007.4 p23]

郡山市 阿邪訶根神社 (あさかねじんじゃ)

地図:郡山

JR郡山駅北西700メートルのところにある阿邪訶根神社裏口(病院の向い)の鳥居左柱下に几号が見られます。「不」の字の横棒は9センチメートル、縦棒11センチメートル、地上高は36センチメートルあります。

この神社のすぐ近くにある商店街の三叉路には二つ道標があり1825年(文政8)設置のものには「従是三春道」とあり、もう一つは1914年(大正3)設置のものには「左會津街道」「右奥州街道」と刻字されています。いづれにしても交通の要所であったことには違いありません。

郡山市 本栖寺 (ほんせいじ)

地図:三春

郡山市の北、富久山町福原の本栖寺境内にあります。中門右手の「南無阿弥陀佛」碑の正面右下に几号が見られます。この碑には「文政十三年」の刻字があり1830年に建立されたようですが碑石そのものは新しそうで近年、再製されたのではないかと思われたのですが後日、確かめたところ文字は2年前に塗りなおしたが碑石そのものは建立当時のままとのことでした。

几号の刻印については筆書き文字の感じで、ほかの几号の刻印(マーク)とは異なっています。「不」の字の横棒は10.5センチメートル、縦棒12センチメートル、地上高は37センチメートルあります。

郡山市日和田 蛇骨地蔵 (じゃこつじぞう)

地図:三春

蛇骨地蔵はJR東北本線日和田のすぐ東の西方寺にあります。まずこの奇妙な地蔵の名前を尋ねたところ福島地方の伝説のなかに現れる妖怪のようです。境内には「郡山市の樹木」として選定されている傘松があり、その幹に添うようにして二本松藩の書家である荒井貞立(あらい・ていりつ 1733〜1790)の石碑が建てられ天明六年(1786)の刻字もあります。

几号は石碑の正面下中央に見られ「不」の字の横棒は9センチメートル、縦棒11センチメートル、地上高は20センチメートルあります。

郡山市日和田 西方寺

地図:三春

JR東北本線日和田のすぐ東の西方寺にあります。駅からは蛇骨地蔵の裏をへて西方寺本堂裏に出るのが近道で10分で到達できます。奥州街道に面した正面入口右端の二十三夜供養塔に几号が見られます。塔の高さは180センチメートルで下の台座は高さは33センチメートルです。この石柱は中ほどで折損しており接いだ跡がわかります。また塔と右隣のへいとの間は40センチメートルと狭く入り込んで写真は撮り難い状態です。几号は石碑北面下の寄進者7名の氏名の上から彫られています。「不」の字の横棒は9、縦棒10.5センチメートル、地上高は約45センチメートルです。

南面には「八月」とは読めますが年は不明、北面には「宝暦十三 癸 郡 山室村」と部分的に読めます。施主として6名の氏名も彫られています。問題はこの几号が東京・塩竃間の内務省測量でつかわれたかどうか、そうであれば、この位置から南へ200メートルしか離れていない蛇骨地蔵の几号はどうなのかという謎があります。西方寺の几号については地元の新聞に最近、安積疎水開設時の測量に利用されたものではないかという説が載っていますが確証はありません。[松宮輝明:安積疎水と明治の標石 「あぶくま時報」 2007.11.16〜12.3]


■Top of this Home Page
■Next Page