福島北部の几号水準点
本宮町 仁井田

地図:三春

JR東北本線本宮(もとみや)の南2キロメートルに位置しますが非常にわかりにくいところです。二万五千分の一地形図で五百川と下ノ原の文字の中間で奥羽街道をバイパスする形で一筋西の細い道に面しています。この道が旧奥羽街道かどうかは確認しておりませんが、いずれにしても庚申塔などの石碑が13基ほど集中して保存されています。このうち南側中央の「勢生尊」の碑の台座正面の左よりに几号が見られます。

「不」の字の横棒は9センチメートル、縦棒11センチメートル、地上高は36センチメートルあります。

本宮町 安達太良神社 (あだたらじんじゃ)

地図:岩代本宮

JR東北本線本宮の北東1キロメートルにある安達太良神社です。1146年(久安2)に安達太良山からご神体をこの地に移したとのことです。道路に面した門柱が2基あり常夜灯になっていますが「壬子二月吉日」と刻字された右側の門柱の右側面下に几号が見られます。常夜灯の電気配線に隠れていましたが写真を撮るときだけ、すこしずらしました。

「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒11センチメートル、地上高は36センチメートルあります。

二本松市 薬師堂

地図:岩代本宮

JR東北本線杉田の南1.5キロメートル薬師の集落にあります。このあたりは「おくのほそ道自然歩道」といわれ案内標識もでています。旧街道に面した狭い石段は薬師堂へつづいていますが登り口近くの左側灯篭の台座に几号が見られます。この灯篭の奥は霊泉といわれている水場があります。

「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒11センチメートル、地上高は16センチメートルあります。

二本松市亀谷 観音堂

地図:二本松

JR二本松の北東1キロメートルの地点、鏡石寺のあたりから亀谷(かめがい)坂という急坂がつづきます。亀谷町と竹田町の境界の手前に観音堂がありますが「千臂尊」と記載された地図もあります。観音堂の石段を上った右手に高さ3.5メートル、横幅1.8メートルの巨大な「馬頭尊」の石碑があり、その右下に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8.5、縦棒10センチメートル、台石からの高さ24、地上高は50センチメートルあります。

二本松市亀谷 観音堂石垣

地図:二本松

亀谷の観音堂には「馬頭尊」石碑の下に几号がありますが、もうひとつ別の場所にもあります。正面石垣南側の左下端から5段目、左から4列目に逆さになった几号が見られます。「不」の字の横棒は8、縦棒10センチメートル、横棒までの地上高は122センチメートルあります。

この石垣の石がどこからか移設され、この位置に逆さまに置かれたものと思われます。東京・塩竃間の水準測量に使用されたものか、まったく別の系統のものか解明の手掛かりが得られません。

安達町渋川 鹿の鳴石

地図:二本松

安達町と二本松市の境界にあたる渋川の円東寺の北300メートル、陸羽街道沿い西側の草地に「鹿の鳴石」という高さ1メートル、幅2メートル程度の自然石があり、この石の南面に几号が見られます。「不」の字の横棒は8、縦棒10、地上高は28センチメートルあります。

鹿の鳴石については、そばにある安達町教育委員会の説明板によると近くの沼の竜神が沼が決壊したときに相手とはぐれてしまい鹿に化身し、この石の上で鳴いたという伝説があるそうです。

福島市 奥洲八丁目天満宮

地図:二本松

JR東北本線松川の西2キロメートル向町集落の天満宮にあり正面鳥居の右脚下に几号が見られます。奥洲八丁目がどのような意味かわかりませんが現在の所在地は福島市松川八丁目でやはり八丁目であることには変わりありません。

「不」の字の横棒は9センチメートル、縦棒11センチメートル、地上高は14センチメートルあります。

福島市 出雲大神宮

地図:福島南部

福島市南部の清水町西裏に位置します。出雲大神宮は約800年前に「金売り吉次」の父親、藤太がに築いたとされています。街道に面した常夜灯の右側のほうの台石に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8センチメートル、縦棒11センチメートル、地上高は36センチメートルあります。

福島市伏拝 共楽公園

地図:福島南部

JR南福島の南東1キロメートルの地点に小高い丘があり共楽公園という自然公園で南北に旧陸羽街道の車道が通っています。この坂道を北側から入り中ほど、最高所へ上るコンクリートの階段のすぐ南に横幅80センチメートル程度の自然石がありその下部に几号が見られます。

「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒10.5センチメートル、横棒のすぐ下まで埋まっています。

福島市 文知摺観音 (もちずりかんのん)

地図:保原

福島市中心部から阿武隈川を越え東5キロメートルのところに岡山小学校がありますが、その南のセブンイレブン福島山口店駐車場前の花壇のなかに高さ2メートルくらいの道標が建っています。「信夫毛ち摺觀世音」、「嘉永二巳酉」と刻字されており近年、青く着色されていますが正面左下に几号がみられます。東へさらに800メートルのところに文知摺観音があり、受付の人の話ではこの道標はもともと信夫山々麓、奥州街道沿いの五十辺(いがらべ)村いあったものを何度か移転の末、現在地に落ち着いたとのことでした。

「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒10センチメートル、地上高は30センチメートルあります。

国見町藤田 大千寺

地図:桑折(こおり)

JR藤田の南東400m、街のなかにある大千寺の境内、入り口右手のへいの際に地蔵菩薩像の碑がありこの台石正面左に几号が見られます。「不」の字の横棒は9センチメートル、縦棒11センチメートル、地上高は33センチメートルあります。

この碑は1952年(昭和27)建立のもので几号の刻まれた台石とはまったく別の時代であり、もともと陸羽街道沿いから移設されたものと思われます。


■Top of this Home Page
■Next Page