関西の几号水準点
大津市 道路元標

地図:京都東北部

大津市で昔から「札の辻」という場所なのですが交差点の西南角にある大津市道路元標の台座に几号のしるしが彫られているのを見つけました。台座の東面下で不の字の横、縦棒とも8.5センチメートル、地上高15センチメートル程度です。わたしにとっては関西でそれもなんら資料によらず偶然発見したので、おおいに気をよくしているのですが、ちょっと問題があります。几号水準点は1877年(明治10)頃、関東の方に多く設置されています。一方、道路元標は1921年(大正10)頃全国の市町村に一斉に設置され、この道路元標が設置された時点ではすでに現在使われているような水準点が存在しており几号は使われていなかったのではないかと思われます。そうするとこの不の字は単なる飾りとして彫られたのでしょうか。あるいは先に不の字が彫られていた台座だけ流用したのでしょうか。ミステリーです。

地元の人の話では、この道路元標は昔からこの位置にあり、旧東海道と北国海道の接合点にあたり初期の大津市役所もここにあったとのことです。

大津市 小関墓地

地図:京都東北部

大津市小関にある等正寺墓地の入口にあります。南無阿弥陀佛の石碑の下にある石垣に刻印されていますが石碑には安永八年七月と刻字があり水準点とは関係がありません。不の字の横、縦棒とも9センチメートル程度で横棒まで地上高39センチメートルありました。この墓地はわたしの先祖の墓があり毎年、彼岸とお盆にはおまいりするのですが最近まで60年間気がつきませんでした。わたしもこの墓地に入ることになっていますので死んでも几号水準点と係わることになりそうです。

大津市藤尾 普門寺

地図:京都東北部

大津市藤尾にありますが京都市との境界にあたる位置です。京都の山科から琵琶湖疏水に沿って東北へすすむと大津へ抜ける小関越があり昔は幹線でしたが、いまはハイキングコースになっており、この下に琵琶湖疏水の第一隧道が通っています。山科方面からこの小関越(旧道)に入るところに普門寺がありますが几号水準点はこのお寺の境内、ちょうど本堂裏の山の斜面にある石垣で小関越の道からも低い土塀の内側に見ることができます。

石垣のなかで、もっとも大きい一辺50〜60センチメートルの自然石に几号があり、「不」の字の横棒、縦棒ともに9センチメートル、地上高さは33センチメートルあります。「不」の刻字が少し傾いていることと、小関越の路から10メートルほど離れていることから元位置から移設されたのではないかと思われます。

この位置は琵琶湖疏水第一隧道の工事縦坑に接近しており、標石が疏水の初期工事と関係あるのか、あるいはまったく別のもので大津市の小関墓地にあるものと連接しているのか不明です。

後日わかったことは、この標石は現在地脇を通っている小関越の道でガス管工事があったため1965年(昭和40)頃に移されました。また元位置の近傍には測量機器を載せる台石もありましたが現在は不明です。普門寺は疏水工事当時には技術者の宿舎になっていたそうです。

大津市藤尾 寂光寺

地図:京都東北部

琵琶湖疏水第一隧道の出口(西側)近くの黄金塚にコンビニがあり、ここから小関越のルート沿い北へ200メートルの東側に寂光寺があります。正面駐車場の北には藤尾磨崖仏の建屋がありますが、その南東石垣下、南東角から2.5メートルのところに几号が見られます。

「不」の字の横棒9.5、縦棒10、横棒までの地上高さ18センチメートルになっています。この位置は普門寺の几号と400メートル程度しか離れていませんので同一水準路線上であるとすれば近すぎ移設された可能性もあります。また琵琶湖疏水の工事と関係があるものかも不明です。

京都市今出川通寺町

地図:京都東北部

京都市内、今出川通寺町(上京区表町)の交差点北東角の歩道には昔から道標があります。地上高さ160センチメートル、一辺40センチメートルの角柱です。各面には行き先と距離が刻字してありますが、西面中央にはには「金閣寺三十丁 御室一り十丁」とありその真下に几号があります。不の字の横棒7センチメートル、縦棒は歩道のアスファルトにめり込んでいますが5センチメートル程度は露出しています。東京方面で見られる几号にくらべて少し小ぶりです。

北面には「上賀茂三十丁 慶應四辰年四月」など刻字がみられます。慶應4年(1868年)、薩摩・長州などの江戸城開城の要求に対し同年3月に幕府代表の勝海舟は西軍代表の西郷隆盛と品川宿に近い三田で会談し、その結果、同年4月には江戸城は明渡されました。江戸は東京と改称、年号は明治と改元され、同年10月天皇は京都から東京に移られました。この標石の几号は明治になってから追加刻印されたのでしょう。

2005年(平成17)、道標の西側に「史跡 大原口道標」と表示された金属の標示杭が建てられました。1987年(昭和62)に京都市登録文化財になっています。[伊東宗祐:京都石碑探偵 光村推古書院 2004 p69]

京都市東山二条 妙傳寺

地図:京都東北部

京都市左京区、東大路通二条(東山二条)の南東角に妙傳寺があり境内の北西角の碑の下に几号がみられます。この碑は50センチメートル角、高さ2メートル程度の花崗岩で四面とも「南無妙法蓮華經」が刻され、地上高さ計2メートルの三層の基台の上に載っており几号は碑の北西面下、「法界」(実物は右書き)と刻された基台の上にあります。「不」の横棒は8、縦棒は7、横棒までの高さは基台から2センチメートル上(地上高さは約2メートル)に位置します。

基台の南西面には「明治十四年 十一月 爰轉致 六十祠法 日眞 代」(縦書き)とあり1881年(明治14)にこの地に移転されたようです。几号の位置が地上高さ2メートルと水準点としては異常な高さなので、移設前に碑本体に几号が刻まれ、それが移設され基台上に載せられたようです。しかし、その後も東大路通の整備や境内北西角の隅切りなどで、何度か移転され最終的に現状のように三層の基台上に載せられた可能性があります。

この位置は琵琶湖疏水の近傍にあたり、疏水建設当時には多くの水準点が設置されたので、その一つであることも考えられます。疏水工事の着工は1885年(明治18)であり、当時の記録によれば、

ペンチマークヲ沿道各所ニ設置ス蓋シ一部分ノ工事成ルニ随ヒ當初布設スル所ノ測量杭ハ撤棄スルモノナレハ重テ高低ヲ量リ成蹟ヲ檢スルニ此ペンチマークヲ以テ最モ緊要トナス起工以來本線路ニ沿フテ設置スル(コト)十三ヶ所枝線路ニ在テハ十九ヶ所之ヲ左ニ表ス
(左表の一部には)
第十一號 廣道二條通 百十尺三寸八分八厘
第十二號 二條通寺裏 百廿五尺三寸九分九厘

[京都市参事會:琵琶湖疏水要誌 巻三 1890 p18]

数値は琵琶湖面からの高低差(低下)を表しています。第十一號の「廣道」は現在の平安神宮東側から動物園にかけての道であり現在の妙傳寺からは600メートル東になります。また第十二號の「寺裏」はどの位置かわかりませんが、番号から察すると廣道よりは西になります。当時、東大路通は名前もなければ現在のように整備もされていませんでした。この標石が疏水工事のものとすれば第十二號の可能性が考えられます。

妙傳寺は日蓮宗の寺院で1477年(文明9)に創建されました。京都市中で何度か移転し現在も四条西洞院に妙傳寺町の名称が残っています。しかし碑の基台の刻字「明治十四年」の時点に寺と碑がどこにあったかは不明です。

京都市 御香宮神社 ごこうのみや

地図:京都東南部

京都市伏見区の国道24号に面した御香宮神社東門の燈篭に几号水準点が彫られています。鳥居の南側にある燈篭の基台最下部で西南角にあります。不の字の横棒は8センチメートル、縦棒は10センチメートル、横棒までの地上高は15センチメートルです。ほかの几号水準点より、すこし縦長に思われます。また不の字の4字画が集まる中心部はすこし空間があり横棒とつながっていません。燈篭は永代常夜燈、文化十三年九月吉日と彫られていますが、この燈篭はもともと神社南側の大手筋にある朱塗りの鳥居あたりにあったものを明治天皇の桃山御陵が築造された1912年頃大手筋拡幅のため一たん移設され、そのごまた移設(時期不明)されたという宮司さんの話でした。

京都の几号水準点を直接記述した文献はみあたりませんが水準測量について内務省年報にはつぎの記録が残されています。御香宮神社の几号はこのときに利用されたかもしれません。

同年(明治9)十月三等網紀高低測量ヲ起シ底點ヲ淀小橋量水尺...ニ要メ几號ヲ市街ニ施キ同年十二月ニ至ツテ卒業ス是月三角測點ノ所在ヲ後来ニ示サンガ為メ洛外八箇所洛中一箇所ヘ石標ヲ建設ス... [内務省:内務省第二回年報 1877 p434]

御香宮神社は近鉄桃山御陵駅のすぐ東にあります。伏見全町の総氏神で主祭神は神功皇后ですが平安時代に香のよい水が涌き出たとのことで清和天皇から「御香宮」の名を受けました。また1868年鳥羽伏見の戦いではここに新政府軍が陣を敷いたとのことです。旧伏見城の大手門を移築した表門、徳川家康の再建と伝えられる本殿などが城下町の面影と桃山時代の華麗さを伝えています。御香宮神社の名水は「御香水」といわれ1985年環境庁により名水百選に選ばれています。このあたり伏見はかって「伏水」と書かれ質の高い伏流水に恵まれました。金明水、銀名水、白菊水など多くの名水が涌き現在、33もの銘柄の酒が醸造されています。酒倉も多く散策にはよいところです。

大阪市 大阪城大手門

地図:大阪東北部

大阪城の西側、大阪府警察本部の前にある大手門の入口にあります。大手門は大阪城の外壕の堰から内部へ入る通路になっており堰(橋に相当)の手前左側(北西角)に不の記号が刻字してあります。不の字の横棒は9センチメートル縦棒は9.5センチメートルで地上高約40センチメートルの位置にあります。この几号の手前に2006年(平成18)頃、保護柵が設置されたため左半分が見えなくなりました。

大手門は1620年(元和6)創建されましたが1848年(嘉永1)に大規模な補修が行われています。

大阪市 大阪城桜門

地図:大阪東北部

外壕を渡り大手門を入り天守閣の方へ向かって進むと間もなく内壕に到達しますが内壕の水のない部分(空壕)のところが大手門前と同じく堰(橋状の通路)になっていて内部の天守閣につながっています。入口にあるのが桜門です。几号水準点はやはり堰の手前左側(南西角)にあり不の字のサイズや位置も大手門前と同じです。刻字の前に植え込みがあり、ちょっと手で除けないと見難い位置です。

大阪城は広大な敷地のなかに莫大な量の切石があり、それぞれの石に産地や寄進した大名の印が彫られているものもあります。これだけ広い敷地からまだまだ几号水準点は見つかるかも知れません。ただ天守閣は昭和になってから築造され直していますから、明治時代の測量標石を見つけるのは難しいでしょう。

和歌山市 友ヶ島

地図:加太

和歌山市の加太から渡船で20分、友ヶ島(沖ノ島)の北側にある野奈浦桟橋に到着します。ここから遊歩道を東へ800メートルで蛇ヶ池に、さらに池の南側から友ヶ島灯台に向かってなだらかな坂道を100メートル登ると左鋭角の曲がり角がありますがこの30メートルほど手前、西側の木立のなかに撤去されて基礎部がついたままの標石が横倒しで残置されているのが見つかります。

標石は花崗岩で17〜18センチメートル角、基礎上の高さは46センチメートル、基礎部は約40センチメートル角、深さ30センチメートルのコンクリートです。一側面には几号が彫られており横棒7、縦棒12センチメートル、基礎上から横棒までの高さは38センチメートルあります。ほかの側面も上面も刻印、刻字はありません。

友ヶ島灯台は1872年(明治5)にお雇い英国人ブラントン(Richard Henr Brunton 1841〜1901)が作ったもので、附近には1890年(明治23)頃から旧陸軍が構築した要塞跡が見られます。これらと几号水準点の関係は不明です。明治初期の灯台は工部省燈台寮の所管でしたが当時の工部省測量司測量師長であったお雇い英国人マクヴィーン(Colin Alexander McVean 生没年不明)は当初、灯台建設に従事していたことから建設の際の水準点として設置した可能性も考えられます。


■Top of this Home Page
■Next Page そのほか測量関係標識