山林の境界標石

山林の境界標石には標石をはじめ自然石に刻印されたもの、コンクリート標柱、木柱などがあります。初期の境界標識には土塚や石塚が築かれた例もあります。石塚については北アルプスの例では1902〜1904年(明治35〜37)に大林区署が境界査定と測量のためケルン状の標識が設置され槍ヶ岳から焼岳への稜線上に111ヶ所、そのほか石標、木標、固定岩石、樹木などを含め309ヶ所に測点が設けられていました。[農商務省山林局:山林局報 第二號附録 國有林野測量規程、國有林野測量内規 1901 p17−18 国立国会図書館蔵]、[上條武:孤高の道しるべ 銀河書房 1983 p150]

戦後に新設される国有林の境界標は「山」が刻印されたのものに統一されています。原則として「山」の字が入っている側が民地で、その背面は点名などが入り国有林側とする基準があります。

筑波山の山林局境界標識

地図:筑波山

筑波山には多数の登山路があります。今回は梅園の下から北西に延びる林道の最高所から男体山の南西稜を登りました。林道近くには山林局「補點」、頂上近くの自然研究路の直下には山林局「次三角點」があり、この間、数十箇所の自然岩に境界標識が彫られています。写真は「七一」、四角のなかに×印、「山」と刻字がありますが番号のないものなどいろいろな形式が見られます。

沼津多比口峠付近の境界標識

地図:韮山

沼津市多比(たび)の北で見られました。沼津アルプスの多比口峠と多比峠の中間にあり縦走路の真ん中の自然石が平らに削られており一画7センチメートルの+が刻印されていました。これほど鮮明ではありませんが同様の標識が縦走路に見られたので境界標識であろうと思われます。旧沼津御用邸も近くにあることから自然石に×印を三角点や境界標識にもつかった御料局のものかと思われましたが+と×の違いがあり、これは否定できそうです。

大津の官林境界杭

地図:京都東南部

大津市の小関越近くの三角点と菱形基線測点を探しに行ったときに見つけたものです。字体からかなりの年代ものと思われます。刻字の「別所官林」は琵琶湖疏水着工時1885年(明治18)の記録にあります。この辺り今も大津営林署の所管になっています。

宇治田原の官林境界杭

地図:朝宮

京都府宇治田原町と滋賀県信楽町の府県境でみつけました。裏白峠から黒山(510.1メートル)への尾根筋で518メートルの標高点付近です。このあたりは地元では飯尾山(いのおやま)と呼ばれています。標石の南面には「○津尾官林」(○は判読できず)北面は「界第壱号」(第の字は古字)の刻字があります。この尾根筋には同様の境界杭がもう一つとさらにプラスティックの新しい境界杭が多数ありました。

京都音羽山・千頭岳稜線の境界杭

地図:京都東南部

音羽山から牛尾山をへて千頭岳の稜線は京都・滋賀の府県境で幅広い山林防火帯になっており琵琶湖を眺めながら快適な山歩きができる東海自然歩道です。この間、多数の国有林界標がありますが牛尾山のパノラマ台から千頭岳の間で「音羽堺」と刻字がある高さ50センチメートル程度の美しい境界杭を見つけました。これは国有林の界標とも形式が異なりどの機関によりいつごろ設置されたものか不明です。

京都愛宕山の製紙会社境界標石

地図:京都西北部

愛宕山の月輪寺参道の月輪寺から山頂の間に同じ標石を2基見ました。一辺12、地上高さ20センチメートルの花崗岩で上面には直径3センチメートルの円が刻まれています。+や線でなく円が刻まれている珍しいケースです。南面には「十条」、北面には「境」の刻字がありました。製紙会社所有山林の境界と思われます。この標石、2ヶ所とも北の谷へ向かって切り分けされた踏み跡があります。

京都愛宕山個人所有林の境界杭

地図:京都西北部

山林の境界標には公的機関のもの以外に個人の山林を明示するために設置されたものが多数あります。写真の例は京都愛宕山大杉谷にあるものです。刻字は「浅野所有林」とありました。

京都小倉山個人所有林の境界杭

地図:京都西北部

嵐山渡月橋の西から嵐山(亀山)公園をへて稜線に沿って登ります。標高約160メートルの位置に平坦な場所があり道の中央に京都市が設置したと思われる三角点標石が見られます。さらに山頂に向かうとこの境界標石が散見されます。「常」と刻字のある美しい境界杭です。小倉山一帯は京都市の「小倉山歴史的風土特別保存地区」になっています。

京都東山の社寺保管林境界杭

地図:京都東北部

京都東山の知恩院の大鐘楼から将軍塚へ登る遊歩道上にある界標です。将軍塚駐車場より少し下に見られます。地上高さ60センチメートルで西面には「長楽寺保管林」、東面には「高台寺保管林」の刻字があります。現在、現地は高台寺国有林になっています。

社寺保管林は1871年(明治4)に「社寺上知令」(あげちれい、じょうちれい)により官林に編入された社寺領の山林を対象に伐採量の二分の一相当を社寺の分収として認められた森林で、1899年(明治32)に制定された「社寺保管林規則」(勅令第三百六十一号)が根拠になります。社寺側の義務として消防、盗伐などの防止のほか境界標の保存もあります。この制度は1947年(昭和22)に廃止になり、ほとんどが現在国有林になっています。[福田淳:社寺と国有林 日本林業調査会 2012 p21−43]

亀岡岩石峠の境界標石

地図:埴生

亀岡市の小和田山(611.7メートル)を加舎の里ゴルフ場西端の岩石峠から登る尾根筋でみつけました。亀岡市は1955年京都府南桑田郡の亀岡町と周辺15ヶ村が合併してできましたが、この標石の所在地は旧本梅町村と旧畑野村の境界にあたります。「堺」の字が鮮明で美しく刻字されていたので記録に留めました。

宝塚市北中山国有林の境界標識

地図:宝塚

宝塚市の中山寺から奥之院へ向かう北西の尾根は近畿中国森林管理局、兵庫森林管理署の北中山国有林になっており境界標識(界標あるいは図根点)が見られます。写真下段は三等三角点「中山寺」5235−12−8901の北80メートルの地点、道の右に見られます。自然岩に「二〇八」、+印、「山」が全長60センチメートルにわたり刻字があります。

写真上段は同尾根筋にある夫婦岩から北へ100メートルの地点、道の右に見られます。自然岩に「二」、+印、「山」が全長60センチメートルにわたり刻字がありますが「二」と「山」の文字の頭は+方向に向かい合っており標柱を真上からみて平面に投影したようになっています。

このあたり松林と雑木がつづきますがマツクイムシの発生により枯れ木が目立ちます。森林管理局が伐採をしていました。赤いスプレー塗装は最近、境界巡視をした証拠です。

西宮市ごろごろ岳近傍の境界標識

地図:宝塚

奥山貯水池の南東にある、ごろごろ岳山頂は芦屋市ですが北の観音山に向かうとすぐに西宮市になります。その尾根筋に境界標石があり上面には「境」と刻されていました。側面には金属標が貼られており現在も境界標識として使用されていることがわかります。


■Top of this Home Page
■Next Page