そのほかの標識

礼文島スコトン岬の漁業標石

地図:船泊

礼文島の最北端スコトン岬で写真のような標石をみつけました。コンクリート製で周囲には「元標+鰊定583」の刻字がありました。地元の漁業協同組合の話では鰊漁全盛の頃(昭和20年代)建網を敷設する際の指標とされたようです。現在このような標石はつかわれていません。建網は固定式さし網ともいわれ平面状の網を魚の通り道に仕掛け網目に魚類が刺さる状態で捕獲します。

能登半島見附島の漁業標石

地図:松波

能登半島の東側、珠洲市宝立町の海岸にある標石です。すぐ向かいには、ほとんど陸続きになった軍艦のような形の見附島が見られます。標石は一辺15、地上高さ31センチメートルの花こう岩で刻字は西面(陸側)「漁場基点標」、北面「石川県」、東面「第三十九号」、南面「昭和五十一年」とありました。

和歌山友ヶ島の漁業標石

地図:加太

和歌山市加太から汽船で20分のところにある島で明治後期から第二次大戦終了まで大阪湾防衛のため陸軍の由良要塞の一部になっていました。この島の友ヶ島灯台の敷地内で灯台の根元から南東5メートルのところに直径10センチメートルの金属標があり「漁業基点 + 第370号」の刻字がありました。灯台は1872年(明治5)竣工しましたが1890年(明治23)砲台築造のため移設されました。

西郷漁港基準点

地図:西郷

隠岐島、西郷漁港にある気象庁の検潮所の南西10メートルのところにあります。一辺12、高さは上部14、下部地上高さ25センチメートルの花崗岩角柱で刻字は上部南側面に「3」下部南側面には「西郷漁港基準点」とあり上面には全面に十字の刻みがありました。漁港整備のための基準点と思われますが詳細は不明です。検潮所の水準点は別の位置にあります。

高砂港西防波堤の標石

地図:高砂

高砂港の西防波堤の付け根に見られます。カネカ工場の東から堤防まで自由に入れます。標石は一辺12、高さ7.5センチメートルで一辺30、堤防上面からの高さ35センチメートルのコンクリート基礎上にあり標石上面は+の刻印があります。東面には「海」か「港」と読める刻字があり、そのほか刻字はありそうですが判読不明です。港湾工事のため使用されたものと思われます。

高砂港西防波堤の多角点

地図:高砂

高砂港の西防波堤にある金属標で2点見つかりました。ともに金属標で「多角点」、「加土東(高)港標」の刻字があり突端の灯台の手前の金属標には「No9」の刻字が、堤防付け根には「No7」の刻字があります。設置目的は不明です。

東京麻布台のキロポスト

地図:東京西南部

キロメートルポストは道路や鉄道などの起点からの距離を表示しています。道路の場合は「地点標」といい国道、県道の道路脇に100または500メートルまたは1キロメートル単位で起点から先に向かって道路の左側、路肩部に設置されています。写真は麻布台の日本経緯度原点近くにある飯倉交差点南にある国道1号のキロポストです。

東京憲政記念館向かいのキロポスト

地図:東京西部

国会議事堂と国会図書館の間の広い道の曲がり角で憲政記念館の向いに面しています。道路側に6という数字が読めました。

奈良のキロポスト

地図:奈良

写真はたまたま奈良の春日神社鳥居前でみつけたキロポストですが粗雑なコンクリート製です。


■Top of this Home Page
■Next Page 測量・測地を題材にした切手