里程標・一里塚

古代から東海道、東山道(とうさんどう)、北陸道、山陽道、山陰道、南海道、西海道(さいかいどう)などの官道が政治の中心と地方(国府)との迅速な情報連絡を目的として構築されており、645年(大化1)の「大化の改新」と701年(大宝1)の「大宝律令」では駅制や伝馬制などの交通制度が定められていました。また都近傍を防御するため東海道の鈴鹿関、東山道の不破関(ふわのせき)、北陸道の愛発関(あらちのせき)が特に重視され、三関(さんげん、さんかん)といわれました。平安時代中期以後は愛発関に代わり逢坂関が三関になりました。江戸時代には江戸、京都、大坂を中心に各地の城下町をつなぐ街道が整備されました。東海道、中山道(中仙道とも、東山道から再編)、日光街道、奥州街道、甲州街道の五街道が日本橋を起点として整備され幕府直轄となり道中奉行が置かれました。これらの五街道だけでなく脇街道(脇往還とも)も整備され重要な場所には関所や宿駅がおかれました。

多賀城碑

地図:仙台東北部

多賀城は奈良時代の8世紀前半、蝦夷(えみし)の侵入に備え築かれた城であり碑はJR東北本線国府多賀城の北西600メートルの地点、多賀城南門跡近くにある小さなお堂(覆堂)の中に立っています。横幅90、厚さ50センチメートル、高さ2メートル程度の砂岩で文字のある正面は真西に向かっています。上部に「西」の一字があり、その下に碑文が彫られています。

碑文の前半は「多賀城」、「去京一千五百里」、「去蝦夷國界一百廿里」、「去常陸國界四百十二里」、「去下野國界二百七十四里」、「去靺鞨國界三千里」と多賀城までの距離が刻字されています。「京」は当時の平城京(奈良)であり「靺鞨國」(まつかつのくに)は中国東北部、沿海州を意味しています。「里」は当時の距離単位で、現在の540メートルに相当します。常陸国の界を勿来(なこそ)関、下野国の界を白河関と考えると両国と多賀城との距離はほぼ等しい(直線距離で150キロメートル程度)はずであるため碑文の大きな差については古くから疑問視されており江戸時代の地図測量で有名な長久保赤水(1717〜1801)も指摘しています。[安倍辰夫、平川南:多賀城碑 その謎を解く 雄山閣出版 1989 p236−242]

靺鞨国については720年(養老4)渡島津軽司の諸君鞍男(もろきみのくらお)ら6人が同国に派遣され風俗を調査したと「続日本紀」にあり古くから交流がありました。また碑文では多賀城の位置の両極を京(平城京)と靺鞨国においていることがわかります。[森浩一:地域学のすすめ 岩波新書 2002 p149−151]

碑文の後半には多賀城が按察使兼鎮守将軍であった大野東人(おおの・あずまびと 生年不明〜742)によって724年(神亀1)に置かれ、藤原朝△(△:けものへんに葛、ふじわらの・あさかり 生没年不明)によって修復されたと記されています。最後に「天平宝字六年十二月一日」(西暦762年)と碑の建立年月日が刻まれています。この碑は「壺碑(つぼのいしぶ)」とも呼ばれ、江戸時代初めに発見され松尾芭蕉も旅の途中にこの碑を訪れ、深い感動をもって対面した様子が「おくのほそ道」に記されています。

壺の石ぶみは 高さ六尺余、横三尺ばかりか 苔を穿ちて文字幽(かす)かなり。四維(ゆい)國界の数里を記(しる)(中略)ここに至りて疑ひなき千歳の記念(かたみ)今眼前に古人の心を閲(けみ)す 行脚の一徳 存命の喜び 羇旅(きりょ)の労を忘れて涙も落つるばかりなり [角川書店編:おくのほそ道(全)角川書店 2001 p89−91]

多賀城碑は江戸時代中期に発見された石碑ですが、早くから偽碑説が唱えられていましたが近年、多賀城跡の発掘調査が進み遺構の変遷と時期が把握されるようになり碑文の記述が実証されて真碑と確認されています。1998年(平成10)重要文化財に指定されています。

一里塚

「一里塚」は街道に設置された路程標で、一休さんで親しまれている一休宗純(いっきゅう・そうじゅん 1394〜1481、室町時代の僧)作の狂歌「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」にも詠まれているので室町時代には局地的に存在していたと考えられます。しかし全国的な整備は1604年(慶長9)頃からで将軍、徳川家康(1543〜1616)が幕府の勘定奉行、大久保長安(おおくぼ・ちょうあん 1545〜1613)にたいして諸街道の修理とともに日本橋を起点として一里塚築造を命じました。一里塚は全国の街道の両側に一里ごとに旅人の目印として設置され9メートル(5間)四方の土盛りの塚です。塚上にはエノキやマツが植えられ旅人には位置や距離がわかり、木陰で休息がとれました。明治以降、道路拡幅や農地、宅地へなどの転用でほとんど消滅しています。もともと街道の両側にあった一里塚も片側だけが残存している例もあります。江戸時代に出現した諸国の国絵図には一里塚が描かれており、一里塚の位置が絵画的な表現でなく記号に置きかえられ道路上のところどころに朱色の線を挟んで黒い2点が記載されています。しかしこの一里記号が必ずしも一里塚の設置ヶ所ではないという説もあります。[川村博忠:江戸幕府撰元禄日本図の内容とその切写図について 「人文地理」第60巻 第5号 2008 p9]

道路に関する測量遺跡としては多賀城碑に見られるように、古くから標柱の設置地点から主要地点への距離を示す「里程標」や単に方向を示す「道標」(道しるべ)があり、また道路元標が明治初期から各県に、大正から昭和にかけ各市町村に設置されました。なお道路に沿って標高を示すため水準点が設置されたのは明治中期からです。

東京板橋区 志村一里塚

地図:赤羽

都営三田線志村坂上、A1、A2出口で志村一里塚交差点に見られます。国道17号をはさんで南北に2ヶ所あります。それぞれの塚にエノキの大木が残っています。この一里塚は本郷森川宿、板橋宿平尾宿につづく中山道3番目のものです。1922年(大正11)国の史跡に指定されています。1933年(昭和8)から行われた新中山道の工事で周囲に石積がされました。宿場の数は東海道五十三次にたいして中山道は六十九次ありました。中山道は東海道にくらべ大河がないのが特徴です。

神奈川県茅ケ崎市 茅ヶ崎一里塚

地図:藤沢

JR東海道線茅ヶ崎の250メートル北、駅前通りを北へ進み国道1号を東に曲がり「一里塚通り」の信号を渡ったところです。かつては道の両側にありましたが、現在は南側だけ残存しています。江戸日本橋から14里目にあたる位置になります。1961年(昭和36)に茅ヶ崎市史跡に指定されています。国道1号をはさんで向かいは「平成の一里塚」と称する小公園になっています。このあたりの国道沿いには松並木が見られます。

三重県関町 関宿一里塚

地図:亀山

関は東海道47番目の宿場町で古代は畿内周辺に設けられた関所のうち特に重視された三関のひとつ、鈴鹿関が置かれていました。旅籠跡などのある歴史的な街並みが美しく保存されています。1973年(昭和48)関町教育委員会で設置された一里塚の標柱は東端「東追分」の鳥居の傍にあります。

岐阜県垂井町 垂井一里塚

地図:大垣

垂井(たるい)の一里塚は江戸日本橋を起点とする中山道で107番目にあたります。いまは道路南側の塚だけが残存しており国の史跡になっています。JR垂井から国道21号を西へ1.8キロメートルのところです。この位置は1600年(慶長5)、関ヶ原の戦いで東軍の浅野幸長(あさい・よしなが 1576〜1613)の陣があったところです。

滋賀県守山市 今宿一里塚

地図:草津

滋賀県守山市JR守山の西1キロメートルにあります。守山駅から北東の商店街を通り過ぎると旧中山道(なかせんどう)に出会い、それを左に曲がり旧街道に沿って約600メートルの左側、今宿二丁目4になります。塚は2.5メートル程度の土盛りでエノキの巨木が植えられています。

今宿一里塚は五街道のひとつである中山道の一里塚で江戸日本橋から128番目にあたる塚です。滋賀県内では、この中山道のほか東海道、北国街道などに設置されていましたが、ほとんど消滅し現存するものはこの一里塚だけになりました。それも街道をはさんで南北にあったものが南の塚だけ残っています。エノキは昭和中頃に枯れましたが脇芽が成長して現在にいたっています。滋賀県指定史跡になっています。

守山市駅前総合案内所でもらった案内書によれば、この一里塚は中山道67番目の宿場である守山宿に隣接してあります。また「京発ち守山泊り」といわれたように京を発った東下りの多くの旅人は守山宿で一日目の行程を終えるため旅籠が軒を連ねて賑わいのある宿場であったようです。当時の宿場の家数は415軒、住人1700人、本陣2軒、脇本陣1軒、旅籠は30軒ありました。一里塚近傍には往時の面影を忍ことができる家なみも残っています。

1702年(元禄15)の元禄国絵図や1838年の(天保9)天保国絵図に街道を挟む形で描かれている黒丸は一里塚の表示です。今宿の位置にも載っています。この国絵図は国立公文書館所蔵のもので複写掲載の承認は得ていますが転載はできません。

京都山科 大宅一里塚

地図:京都東南部

京都市山科区大宅(おおやけ)甲ノ辻町にある一里塚跡です。地下鉄椥辻(なぎつじ)の東南800メートルに名神高速道路と奈良街道が立体交差する地点があります。その東にある信号の西側、駐車場に見られます。東海道の追分から分岐した奈良街道の一里塚で石で囲まれた高さ1.5メートル程度の塚にエノキの巨木が植えられています。1985年(昭和60)に京都市の史跡として登録されました。「おおやけ一里塚跡」の標柱は1982年(昭和57)に地元で建てられました。「追分」は街道の分岐点のことです。

仙台 芭蕉ノ辻道標

地図:仙台西北部

青葉区一番町三丁目の芭蕉ノ辻といわれる場所には古い道標があります。現在は商店街になっていますが、もと仙台城からの幹線道路と奥羽街道が交差するところで津軽三厩や江戸日本橋までの里程が刻字されています。1971年(昭和46)に安田生命によって復元されたものです。芭蕉の辻はもともとバショウの木があったのでそのように呼ばれており奥の細道の松尾芭蕉とは関係ないそうです。

滋賀県 草津宿道標

地図:草津

草津は江戸時代から 東海道と中山道の宿場町として栄え現在は草津宿(くさつじゅく)の本陣をはじめ街並みが保存されています。かつては街道そいに本陣2軒、脇本陣2軒、旅籠70軒があったそうです。

JR草津の南500メートルに草津川の下を潜るトンネルがあり南にでたところの草津市民センター前に草津町道路元標(現草津市)があります。道路元標は1919年(大正8)以降、道路法によって設置されたものですが、これとはべつに古い道標は3ヶ所にあり、うち一基は道路元標から南西600メートルの立木神社境内に見られますが、もともと草津宿街道中央部の追分にありました。1680年(延宝8)に建てられた高さ2メートルの石柱で西面に「ひだりは中せんたうをた加みち」(「をた加」は「お多賀」で多賀神社か)南面は「みぎハたうかいとういせミち」などの刻字があり、東海道と中山道の分岐に建てられていたことがわかります。

もう一基は道路元標の向かい草津川トンネルの南にあり、高さ4.5メートルの大きな灯篭になっています。1816年(文化13)に建てられましたが火袋(灯篭部分)は銅製でたびたび取り替えられています。道標(石の部分)は「左中仙道美のじ 右東海道いせみち」と刻字が見られます。さらにもう一基は道路元標から東に600メートル進み草津川の遊歩道にでる手前にあります。トンネル南の灯篭と同じ形状です。刻字は「左東海道いせ道 右金勝寺志がらき道」とあり東海道と信楽方面への分岐であることがわかります。

草津川は現在の大津市桐生町の山地を源流として琵琶湖に注ぐ河川ですが長年の花崗岩質の土砂堆積のため河床が周囲の平野面より高い代表的な天井川になっていました。近年、下流に草津川放水路が開削され2002年(平成14)旧河道の一部は廃川となりましたが旧河道跡には築堤などが現存しています。JR東海道線や国道1号も明治中期からこの河川をトンネルで抜けています。


■Top of this Home Page
■Next Page