一里塚

古代から東海道、東山道(とうさんどう)、北陸道、山陽道、山陰道、南海道、西海道(さいかいどう)などの官道が政治の中心と地方(国府)との迅速な情報連絡を目的として構築されており、645年(大化1)の「大化の改新」と701年(大宝1)の「大宝律令」では駅制や伝馬制などの交通制度が定められていました。江戸時代には江戸、京都、大坂を中心に各地の城下町をつなぐ街道が整備されました。東海道、中山道(中仙道とも)、日光街道、奥州街道、甲州街道の五街道が日本橋を起点として整備され幕府直轄となり道中奉行が置かれました。これらの五街道だけでなく脇街道(脇往還とも)も整備され重要な場所には関所や宿駅がおかれました。

「一里塚」は街道に設置された路程標で、一休さんで親しまれている一休宗純(いっきゅう・そうじゅん 1394〜1481、室町時代の僧)作の狂歌「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」にも詠まれています。しかし全国的な整備は1604年(慶長9)頃からで徳川家康が諸街道の修理とともに日本橋を起点として一里塚築造を命じました。一里塚は全国の街道の両側に一里ごとに旅人の目印として設置され9メートル(5間)四方の土盛りの塚です。塚上にはエノキやマツが植えられ旅人には位置や距離がわかり、木陰で休息がとれました。明治以降、道路拡幅や農地、宅地へなどの転用でほとんど消滅しています。もともと街道の両側にあった一里塚も片側だけが残存している例もあります。一里塚はこの頃、出現した諸国の国絵図に描かれており、一里塚の位置が絵画的な表現でなく記号に置きかえられ道路上のところどころに朱色の線を挟んで黒い2点が記載されています。しかしこの一里記号が必ずしも一里塚の設置ヶ所ではないという説もあります。[川村博忠:江戸幕府撰元禄日本図の内容とその切写図について 「人文地理」第60巻 第5号 2008 p9]

東京板橋区 志村一里塚

地図:赤羽

都営三田線志村坂上、A1、A2出口で志村一里塚交差点に見られます。国道17号をはさんで南北に2ヶ所あります。それぞれの塚にエノキの大木が残っています。この一里塚は本郷森川宿、板橋宿平尾宿につづく中山道3番目のものです。1922年(大正11)国の史跡に指定されています。1933年(昭和8)から行われた新中山道の工事で周囲に石積がされました。宿場の数は東海道五十三次にたいして中山道は六十九次ありました。中山道は東海道にくらべ大河がないのが特徴です。

三重県関町 関宿一里塚

地図:亀山

関は東海道47番目の宿場町で古代は畿内周辺に設けられた関所のうち特に重視された三関(さんかん)のひとつ、鈴鹿関が置かれていました。三関は不破関(美濃国)、鈴鹿関(伊勢国)、愛発関(あらち、越前国)の三ヶ所でしたが9世紀はじめに愛発関は逢坂関に代わりました。旅籠跡などのある歴史的な街並みが美しく保存されています。1973年(昭和48)関町教育委員会で設置された一里塚の標柱は東端「東追分」の鳥居の傍にあります。

滋賀県守山市 今宿一里塚

地図:草津

滋賀県守山市JR守山の西1キロメートルにあります。守山駅から北東の商店街を通り過ぎると旧中山道(なかせんどう)に出会い、それを左に曲がり旧街道に沿って約600メートルの左側、今宿二丁目4になります。塚は2.5メートル程度の土盛りでエノキの巨木が植えられています。

今宿一里塚は五街道のひとつである中山道の一里塚で江戸日本橋から128番目にあたる塚です。滋賀県内では、この中山道のほか東海道、北国街道などに設置されていましたが、ほとんど消滅し現存するものはこの一里塚だけになりました。それも街道をはさんで南北にあったものが南の塚だけ残っています。エノキは昭和中頃に枯れましたが脇芽が成長して現在にいたっています。滋賀県指定史跡になっています。

守山市駅前総合案内所でもらった案内書によれば、この一里塚は中山道67番目の宿場である守山宿に隣接してあります。また「京発ち守山泊り」といわれたように京を発った東下りの多くの旅人は守山宿で一日目の行程を終えるため旅籠が軒を連ねて賑わいのある宿場であったようです。当時の宿場の家数は415軒、住人1700人、本陣2軒、脇本陣1軒、旅籠は30軒ありました。一里塚近傍には往時の面影を忍ことができる家なみも残っています。

1702年(元禄15)の元禄国絵図や1838年の(天保9)天保国絵図に街道を挟む形で描かれている黒丸は一里塚の表示です。今宿の位置にも載っています。この国絵図は国立公文書館所蔵のもので複写掲載の承認は得ていますが転載はできません。

京都山科 大宅一里塚跡

地図:京都東南部

京都市山科区大宅(おおやけ)甲ノ辻町にある一里塚跡です。地下鉄椥辻(なぎつじ)の東南800メートルに名神高速道路と奈良街道が立体交差する地点があります。その東にある信号の西側、駐車場に見られます。東海道の追分から分岐した奈良街道の一里塚で石で囲まれた高さ1.5メートル程度の塚にエノキの巨木が植えられています。1985年(昭和60)に京都市の史跡として登録されました。「おおやけ一里塚跡」の標柱は1982年(昭和57)に地元で建てられました。「追分」は街道の分岐点のことです。


■Top of this Home Page
■Next Page