几号のルーツ、英国の水準点と外国の水準点

日本の内務省が明治初期に設置した几号水準点は英国の水準点がモデルになっています。初期の水準測量もお雇い英国人技師の指導によっておこなわれました。英国では現在でも日本に残存する几号水準点と同様のものが見られます。几号のルーツを調べるため英国の現地で水準点を探訪しました。記録は別途「英国の測量」に掲載します。

几号の原型は英国貴族の家紋です。しかしこの紋章は几号のように単純なマークではなくV字型をした「戻り」(二つの斜めブレード)の中央に楔(くさび)が割り込んだ図柄になっておりフェオン(Pheon)と呼ばれています。シドニー家(Sidney)、コーツ家(Coates)の紋章ですが、いまでも大学(Sidney Sussex College, Cambridge)の紋章として見ることができます。のちには軍でもつかわれるようになりました。軍需局(Office of OrdnanceのちBoard of Ordnance)は16世紀半ばに発足しましたが1693年に就任した長官のHenry Sidneyが同家の家紋を導入したのです。

この紋章が簡素化されV字が逆さまの形で広幅の上向き矢印(Broad Arrow)になっているのが几号の横棒を外した形状で1870年代から英国政府の所有物(国有財産)を表わすようになっています。たとえば軍隊の銃剣、水筒、ライフル銃、かつては囚人の衣服までつかわれました。1875年の法律(Public Stores Act 1875)により許可なくこの矢印をつかうことは禁止されています。以上はHPや英国人に聞いたことなのですが文献が得難いので未確認です。

ベンチマークの語源

英国で最も権威あるブリタニカ百科事典で"Bench Mark"(水準点)をしらべたところ語源とおもわれることがわかりました。

BENCH MARK   The name is taken from the "angle-iron" which is inserted in the horizontal incision as a "bench" or support for the levelling staff. The mark of the "broad arrow" is generally incised with the benchmark so that the horizontal bar passes its apex. [Encyclopedia Britanica 1958 p393]

ベンチマークというのは不の字の横棒に取り付ける標尺支持の金属板が座るベンチのようだからです。不の字から横棒を除いた下の部分も「広幅の矢印」とうまく表現されています。

英国の古い水準点

英国測量局(Ordnance Survey)では19世紀なかばから水準点にカットマーク(Cut Mark)といわれる刻印が使用され現在も数多く残存しています。これが日本に伝わった原形です。建物、橋、里程標、門柱などの垂直面に彫られ大きさは、おおむね10センチメートル四方に収まっており彫りの深さは1センチメートル未満です。これより大きいものもありますが一応日本でみられる几号とサイズは同じでしょう。測量時には横棒にスタッフ(標尺)の支持金具を取り付けます。中央の棒下端は左右の「ハ」の字の開きの下端よりも低くなっています。しかし日本の場合は同一水平線上になっているものが多いようです。また横棒と「ハ」は中央で接合せず2〜4センチメートル離れているものもあります。そのほか横棒の中央や右にボルトが埋め込まれている場合があります。

英国測量局では1910年頃からカットマークに替わりブラケット(Flush Bracket)といわれる金属板が採用されました。1970年のなかば以降、水準点の維持が困難になり従来のカットマークやブラケットなどの水準点は使用されずGPS(GNSS)計測に替わってきています。GPS計測では測定値は地球楕円体からの高さを表す楕円体高になります。

アイルランドの古い水準点

アイルランドもかつて英国が統治していましたから古い水準点には英国と同じカットマークが刻印され現在も古い教会の壁や城跡などに残存しています。これらは19世紀半ばから20世紀半ばに設置されたものです。数ヶ所、探訪しましたがカットマークに加えて文字や数字が刻字されているケースがあります。英国と同様、現在は使用されていません。

オーストラリアの水準点

もともと几号水準点の発祥の地は英国ですから英連邦内にもあるのではと思っていたところ東京のMさんからの知らせでオーストラリアにあり、それもシドニーのオペラハウス前の分かりやすい位置で見られるとのこと。わたしは2005年(平成17)1月に現地で確認してきました。

設置場所は港に面した有名なオペラハウスの南真向かいの丘が公園になっており、石造りの階段をのぼると公園に隣接した旧州総督官邸への道につながっています。この階段の北側の2本の柱のうち東(向かって左)の柱基盤石に几号があります。

この位置から西へ徒歩30分程度のところの高台に、いまは使われなくなったシドニー天文台があり子午儀をはじめ古い三角点や子午線標を見ることができます。

几号の大きさは縦棒が9センチメートル、地上高さは21センチメートルありますが横棒の位置で、ちょうど段になっており横棒そのものは見られません。縦棒と「ハ」の字の交点には金属のボルトが打ち込まれていました。また几号の上の柱側面には「BM386」の刻字があります。「386」の数値が標高を表すのか位置を示す番号なのかはわかりません。英本国でも几号が水平面に設置される場合は横棒がなく中央にボルトが打ち込まれています。

ケニアの水準点

アフリカ東部のケニア共和国も元英国の保護領であり几号の名残りがあります。写真は国際協力事業団(現国際協力機構JICA)の専門家としてケニア測量局におられた宮崎清博さんから提供していただきました。(写真の転載不可)「不」が「BM」とともに白い表示板に描かれており、この表示板のすぐ上の突起に標尺を載せて観測します。3946.86の数値はフィートで標高を表しています。この水準点は鉄道の駅にあり道路には日本のプロジェクトで設置されたものもあります。(以上宮崎氏談)[宮崎清博:ケニアでの暮らし 「地図中心」404号 日本地図センター 2006.5 p22]


■英国の測量
■Top of this Home Page
■Next Page