戦後の水準点標石

水準点は水準路線にそって設置されますが使用目的や設置場所によって多種にわかれ、それぞれ名称があります。国土地理院で公表されているデータベース上は

0:基準  1:一等 2:二等 3:三等 4:道路 5:準基準 6:交点 7:渡海 8:験潮場附属 9:無号・固定点 

などに分類されていますが、どの種類も一等、二等、三等のいずれかの等級に属します。

水準点標石は1890年(明治23)に制定され、1915年(大正4)に二等水準点標石の形状が、また1916年(大正5)には一等水準点、一等水準交叉点、小型水準点の規則が定められましたが1949年(昭和24)になって測量法施行規則第1条(測量標の形状)で形状と寸法が新たに制定されました。寸法は「おおむね次の表のとおりとする」となっており、とくに古い標石はこのとおりなっていない場合が多く見られます。重量は一等水準点で139キログラム、一等水準交差点の場合は154キログラム、二、三等で約60キログラムあります。 また三角点と同じように標石以外に金属標もあり1958年(昭和33)には一、二等水準点金属標が、1968年(昭和43)には三等水準点金属標が制定されています。

水準点が標石の場合は周囲に保護石を置いたり市街地や道路わきに設置する場合には地中に埋設されることがあります。地中に埋設された場合は石や金属などの蓋石(がいせき)で保護されます。また水準点標石には三角点標石のように盤石がありません。三角点の盤石は柱石が万一消失したときに復原するためにあります。水準点の場合は0.1ミリメートルまでの精度で標高値が定まっているため標石に異常があった場合は技術的に復原ができません。このような場合は前後の水準点を既知点として、あらたな測量が必要になります。盤石はありませんが基礎は強固にできており標準では地下1メートルのところに60センチメートル四方、厚さ36センチメートルのコンクリート基礎に標石の根元を埋めます。なお水準点標石が道路にそった地上に埋設される場合は道路に面した側に水準点の刻字が見えるように設置されます。

刻字はバリエーションが多く初期のものは縦書きで「水準點」裏面に番号、その後は縦書きで「一等水準點」「二等水準點」、戦後は横書きで「一等」または「二等」に加えて縦書きで「水準点」などがあります。

以下、国土地理院の現在の分類によりましたが各種類を比較するため戦前に設置された標石も含まれます。

基準水準点

一等水準路線に沿って100から150キロメートル毎に地盤がとくに強固なところを選び全国に83点設置されており一等水準路線の定期観測(検測)で局地的な基準とするものです。また地盤沈下調査で固定点(不動)として変動量を検出ために利用する場合もあります。標識は一個の柱石と地中標から成り立っており埋設物は恒久的に保存できるよう堅固な構造になっています。地中標は2個の半球体で柱石が何らかの原因で壊れた場合に再現するためにあります。この2つの半球体の名称は、硬石標と(クローム製)金属標と呼ばれており、それぞれの、ぜい弱性と腐食性の欠点を補っています。構造は測量法施行規則で決まっていますが基本水準点と一等水準点との距離は特に規定されていません。

一等水準点

全国の国道などの主要道路に沿って設置された水準点で一等水準路線を構成します。およそ2キロメートル間隔で設置されています。かつて道路路肩の近傍などに設置された水準点標石は近年、交通量増加のため街の厄介者扱いをされることが多いようです。道路工事で破壊されたり通行支障のため移設されたりします。また古くからある国道(旧一級国道)では標石が金属標に変更されていることもあります。新しい国道では道路水準点として設置されています。

一等水準交差点

一等水準路線の交差する地点に設置されており交点ともいいます。標石は一等水準点よりも大型で球分体を保護するために上部の窪みに球分体があり球分体の頂点が標石上面から出ない形状のものがつかわれます。このような標石を交差点以外の水準点につかっている場合もあります。

二等水準点

一等に準じて県道などの主要道路に沿って設置された水準点で二等水準路線を構成します。およそ2キロメートル間隔で設置されています。戦前は三角点の標高を定めるために設置され二等水準点の位置から間接水準測量(高度角観測)により標高を定めました。

三等水準点

二等に準じて県道などの主要道路に沿って設置された水準点で三等水準路線を構成します。水準点間隔1〜2キロメートルごとに設置されています。

準基準水準点

一等道路水準点の間隔7〜10キロメートルごとに設置されています。

一、二等道路水準点

地方建設局(現在は地方整備局)などが行う公共測量のために1962年(昭和37)から一級国道の路肩に間隔1キロメートル(二等では2キロメートル)ごとに設置されています。単独の金属標やキロポスト(地点標)と一体になった標識もありますが、いずれの場合も一等水準点金属標(二等では二等水準点金属標)と同じものを使用しています。従来の一等水準点は全国一連番号がつけられていますが道路水準点は3桁の道路番号と起点からの3桁の距離(キロメートル未満は省く)で構成される番号がついています。たとえば国道2号の起点から128.5キロメートルの地点に設置される場合は002−128になります。[小川幸夫:道路基準点について 「測量」 日本測量協会 1964.7 p5−7]

一等験潮場附属水準点

各地にある国土地理院所管の験潮場の近傍に設置された水準点で一等水準路線を構成します。

験潮場固定点

験潮場内にある固定点です。国土地理院の験潮場では定期的にこの固定点と海面の高さを測っています。

一等、二等渡海水準点

海峡や河川を隔て水準測量を行う場合に設置する水準点であり一等水準路線を構成します。測量は経緯儀を使用したり相手点にも水準儀を置き同時に観測するなど特殊な方法で精度向上をはかります。一等と二等では測量方法が異なります。

無号水準点

初期の水準測量の際など特別の事情があり設置されたものですが現在は一等水準路線を構成します。


■Top of this Home Page
■Next Page