多角点・図根点・方位標・標旗など

測量標識は数々の種類があります。国土地理院の所管する「国家基準点」でも三角点とならび高さの基準点として水準点があります。現在、1949年(昭和24)に定められた測量法(測量法第十条、測量法施行規則第一条)では「永久標識」としては三角点標石、図根点標石、方位標石、水準点標石、磁気点標石、基線尺検定標石、基線標石などが定められています。「三角点標石又はこれに代る標識」としては天測点標識、子午線標、電子基準点標識なども含まれますが現在つかわれていないものもあります。また測量法では「永久標識」以外には測標、標杭を「一時標識」といい測量作業終了後も数年間は保存され、標旗、仮杭を「仮設標識」といい保存期間はおよそ作業期間にかぎられます。[測量法研究会:逐条解説 測量法 大成出版社 2005 p63]

多角点

地図測量には三角測量だけでなく多角測量とよばれる方式も採用されています。多角測量はトラバース測量ともいわれ経緯儀、巻尺(近年は電波測距儀)などをつかい既知点から、つぎの未知点への方向と距離を求め、つぎつぎ繰り返して離れた2地点間の位置を求める方式です。閉合点(ループの終点)に着いてみなければ測量結果の合否の判定がし難いという欠点があります。地方自治体などが行う公共測量では多角測量のほうが三角点測量よりも普及しています。多角測量をやって位置を求めた点を多角点といいますが基本測量として国土地理院が設置したのは1951年(昭和26)以降、二等多角点だけで、一等も三等もありません。かつては標石も使用されましたが現存するのは金属標が多いようです。また位置精度は四等三角点よりもやや低下します。二等多角点は1978年(昭和53)まで設置されましたが以降はは四等三角点に一本化されています。二等多角点は全国の主として平地部に多く設置され1967年(昭和42)時点では約8400点あったといわれていますが廃点が多くなり近畿地方では現在は1点もありません。[武田通治:測量学概論 山海堂 1968 p135]

図根点

図根点は図等三角点ともいわれ周囲の三角点から観測し実際の三角点上では観測しないという前方交会法により位置を決定したものです。これは無線鉄塔などで構築物上で測量することができない場合につかわれますが精度は低くなります。本来、図根点は三角測量のあとの細部の測量につかい標石の埋設はせず、その位置が測量によりはっきりすると、すぐ測板上の図面に移してしまいます。標石として設置されるのは重要な場所や再現が必要な場所に限られますが盤石は埋設されません。図根点標石の設置は1940年、50年代が多かったのですが現在はありません。

方位標

方位標は一般的に方位観測のための補助的な基準点ですが森林地帯や広大な平野にある三角点や多角点で他の三角点や多角点との視通が得られない場合に方位の基準を与えるために設置する標石です。[川口京村:測量法解説 全国加除法令出版 1963 p113]

ここにあげた事例は茨城県牛久市女化(おなばけ)(地形図:牛久)にある四等三角点「清水台の方位標」5340−71−2402です。鉄蓋の中に直径6.6センチメートルの陶器標がコンクリートに埋め込まれ「方位標 + 基本 建設省国土地理院」の文字が青色で焼き付けられています。

地籍測量のため四等三角点を設置する場合は、あらかじめ三角点の点間距離などにより地域毎に新設点の数が決められています。この地域は多角測量で行われましたが平野部で見通しがきかず多くの節点を設けられました。測標(櫓)を設置するには経済的な問題があるからです。通常、四等三角点を多角測量で設置する場合、節点の数は四等三角点1点に対して2点程度ですが事例とした牛久市清水台の地域では10点程度必要で、そのため四等三角点「清水台」5340−71−2401の隣接節点(同じ道路上で700メートル北東)に方位標石が設置されました。方位標であっても四等三角点と同じ測量のやり方です。

標旗(測旗)

三角点の新設時に位置が確定したり、測量をする場合に目印の旗をたてます。1890年(明治23)の陸地測量標条例(法律第二十三号)では「測旗」と呼ばれていましたが現行の測量法第10条(測量標)では「標旗」といい仮設標識になっています。現在も測旗、標旗とも同一用語としてつかわれます。旗は赤,白と上下に二分されているのでインドネシアやモナコの国旗と同じです。逆さにするとポーランドの国旗にもなります。標旗の形状は測量法施行規則第1条(測量標の形状)で定められています。また内規では大きさにより大標旗(130×140)、中標旗(80×85)、小標旗(40×50)があります。かつては最大標旗(180×250)が一等三角点撰点の際につかわれたこともあります。( )内寸法の単位はセンチメートルです。[陸地測量部:三角測量法式草案 1901 p61]

近年は「基本」「国地院」という標示が黒字ではいります。また標旗の四辺は紐がはいり布地は縦横斜めにミシンがはいり補強されおり、まるで風呂敷でできた雑巾(ぞうきん)のようです。1946年(昭和21)からおこなわれた東京の戦災復興測量では資材不足から小標旗を四分の一に切って使用したこともあります。[測量・地図百年史編集委員会:測量・地図百年史 日本測量協会 1970 p183]

標旗をつかうときには必ずしも赤が上、白が下とは限りません。複数の測量点に掲げる場合は与点(既知点)と求点(新設点)を区別するために求点の方は白が上、赤が下にすることもあります。要するに与点はインドネシアかモナコで求点はポーランドの国旗ということになります。その逆もあるそうです。わたしは滋賀県にある比良山系南端の霊仙山頂上の三角点で一度この旗がつかわれているのを見たことがあります。

標旗の形は国土地理院の旧組織である陸地測量部当時から変っていませんが文字は1909年(明治42)から大、中標旗には「陸軍」とはいっていました。[陸地測量部:陸地測量部沿革誌 1922 p231]明治初期の工部省測量司のころは対角線の両側に赤白が塗り分けられており左下白い部分に「工」の文字が入っていました。内務省地理寮の所管になってから「工」の文字は削除されました。[太政官:測量標旗其他器械等保護ヲ地方官ニ命ス 明治五年六月四日 太政類典第二編」、[太政官:地理寮測量標旗改訂 明治八年三月八日 太政類典第二編]そのごの御料局の測量にも同様のものがつかわれています。また海軍水路部の測量では左右に赤白に塗り分けられたものも、つかわれました。[海軍省告示第十六號 明治23年 1890]

幾尺竿頭、紅白旗の翩翻たるを見れば児童走卒も直ちに測量と謂ふ [陸地測量部:陸地測量事業の梗概と測量標保護の必要 1917 p11]

赤と白に染め分けられた四角な測量旗が生田の手によって岩の上に立てられると他の三人はその棹の根元に、その辺の石を寄せ集めた。 [新田次郎:劔岳点の記 文藝春秋 1977 p230]

畑の中の一本の大きな花桐には測量の為であろう紅白の旗が竿の先に翻っていた。 [木暮理太郎:山の憶い出 下巻 秩父のおもいで 平凡社 1999 p256(昭和3年の作品)]


■Top of this Home Page
■Next Page