高度基準点測量・地域基準点測量


一等三角測量は三角点が新設された1883年(明治16)から1915年(大正4)までで以来、第二次大戦終了までは地震などの復旧測量で局部的に実施されただけで全国的な規模での繰り返し測量は行われませんでした。戦後、1946年(昭和21)の南海道沖地震の翌年から5年がかりで復旧測量が行われましたが地震による地殻変動を明らかにし二等三角点以下の復旧測量のための既知点としての成果を得ることができました。

全国を対象とした第1回目の一等三角点の繰り返し測量は「第一次基本測量長期計画」にもとづいて1953年(昭和28)から1967年(昭和42)まで行われました。その結果、約半世紀間の日本列島の地殻変動が明らかになりました。戦後、第2回目の繰り返し測量は1968年(昭和43)から開始されましたが1973年(昭和48)までは明治から踏襲された方式による測量(三角測量)で、これが最後になりました。

1974年(昭和49)からは「第三次基本測量長期計画」にもとづく「精密測地網一次基準点測量」に移行しています。当時、長距離用の高精度光波測距儀が開発され測量方式は従来の角度を測定する三角測量から直接、距離を測定する三辺測量(辺長測量)にかわりました。また二、三等三角点の全国規模での繰り返し測量も行うことが計画されました。一、二等三角点、6,000点、平均辺長8キロメートル(のちに20キロメートルに変更)の「一次基準点測量」を5年周期で繰り返し、三等三角点、32,700点、平均辺長4キロメートルの「二次基準点測量」を10年周期で繰り返す計画でした。一次基準点測量は1984年(昭和59)に第1回目の測量が終了し1993年(平成5)には第2回目の測量が終了しています。二次基準点測量は地殻変動、都市開発などにより再測量を必要とする地域から1993年(平成5)まで行われました。

一次基準点測量は1989年(平成1)までは光波測距儀が使用されましたが1990年(平成2)からはGPS測量機が導入され1993年(平成5)からはすべての場所でGPSが使用されています。1994年(平成6)の「第五次基本測量長期計画」からは一次基準点測量に替わり「高度基準点測量」が実施されています。この測量は一等三角点と二等三角点の一部で構成される約2000点の三角点を全国に設置されている電子基準点を既知点としてGPS観測によって高精度な測地学的位置を求めるものです。この高度基準点測量を5年周期で繰り返し実施することにより日本列島の地殻変動を検出することができ地震予知、火山噴火予知の基礎資料となります。2002年(平成14)には第1回目の測量が終了しています。二次基準点測量の方は1994年(平成6)から「地域基準点測量」に名称が変更されました。[国土地理院:三角点の設置と繰り返し測量「国土地理院時報」100集 2003 p9−10]

以上、繰り返し測量の名称などが変更になり複雑になりましたがまとめると、一等三角点についてはつぎのとおりです。

1883年(明治16) 三角点新設時の測量、1915年(大正4)まで
1953年(昭和28) 一等三角点第1回繰り返し測量、1967年(昭和42)まで
1968年(昭和43) 一等三角点第2回繰り返し測量開始
1974年(昭和49) 精密測地網一次基準点測量に移行、光波測距儀による三辺測量の採用
1994年(平成 6) 高度基準点測量に移行、電子基準点とGPS観測の採用

現在はGPS(GNSS)による測量技術が進歩し従来の三角測量が行われることはありません。狭い範囲の細部測量では光波距離計を内蔵したトータルステーションによって三辺測量が行われています。しかし「三角点」という名称は残っています。水準点などとあわせ位置座標が定められた点を「基準点」とも呼ばれ基準点を設置する測量を「基準点測量」といいます。近年の工業高校の測量の教科書につかわれる用語では「三角点」はまだありますが「三角測量」はなくなり「基準点測量」になっています。測量方法がどのように進歩しても三角点は地球上に位置を特定するため必要不可欠な標識です。


■Top of this Home Page
■Next Page