利根川上流左岸の基準点

利根川上流の左岸にある測量標石もほとんど神社境内にあります。埼玉県に位置する標石の形式は右岸の埼玉県のものと同じ形です。群馬県側は埼玉県と異なり典型的な形としては一辺15、高さ30センチメートル程度の花崗岩の角柱で上面には球分体があり側面には「(地名、右横書き)基標 」「No.××」(×は数字)、「群馬縣」の刻字と几号の刻印が見られますが、この例によらない標石も多数あります。各県によって設置されたものと思われますが確証はありません。

群馬県の公文書で1919年(大正8)の記録として「利根川筋測量基標及測標設置」がありますが前橋方面が多く、わたしの探訪した標石には該当ありません。

埼玉県北川辺町麦倉 八坂神社の水準点

地図:古河

東武日光線新古河の西南3キロメートルの地点にある利根川にかかる埼玉大橋の北西、八坂神社の本殿西にあります。

標石の大きさは一辺15センチメートルの角柱で地上高は20センチメートルです。南面は「BM」、東面は「基標 No.8」北面は「埼」(「埼玉縣」か)、西面は几号の刻印、と刻字されています。几号の大きさは横棒9、縦棒12センチメートルになっています。

埼玉県北川辺町麦倉 鷲神社の水準点

地図:古河

麦倉下耕地の河川跡南にある鷲神社本殿の南西20メートルにある伐採された木の株にもたれていました。

標石の大きさは一辺15、角柱の高さは30センチメートルで丸くなった上面の球分体は直径5センチメートルでした。標石は傾斜折損しており元位置での向きが不明です。左回りに「埼玉縣」、几号の刻印、「BM」「Y No.2」と刻字されています。几号の大きさは横棒8、縦棒11.5、下端からの高さ24センチメートルになっています。「Y]は文字でなく分岐を表す記号かもしれません。Yの上下幅は6センチメートルありました。

本殿中央の白壁には鷲の紋章が描かれていました。鷲神社は利根川対岸の大利根町佐波と砂原にもまったくおなじ名称の神社がありいずれも古い水準点が残っています。

埼玉県北川辺町柏戸 日枝神社の水準点

地図:古河

東武日光線新古河の北西500メートル、下柏戸集落の北端で鉄道線路の北に位置する神社です。標石は社殿の向かって左に隣接してあります。

標石の大きさは一辺15センチメートルの角柱で地上高は31センチメートルで丸くなった上面の球分体は直径5センチメートルでした。南面は几号の刻印、東面は「B.M」、北面は「基標 No.3」、西面は「埼玉縣」と刻字されています。几号の大きさは横棒9.5、縦棒12、地上高20.5センチメートルになっています。

群馬県板倉町海老瀬 大日堂の水準点

地図:古河

渡良瀬第一貯水池(谷中湖)西側道路に沿った間田(あわだ)集落の北に権現沼がありますが、その東端に位置するお堂の北側に標石が見られます。大きなイチョウの木が目印になります。お堂のなかは暗くてよくわかりませんが大日如来と描かれた提灯があることから大日如来が祀られているのでしょう。

標石の大きさは一辺14センチメートルの角柱で整形部の高さは28、全体の地上高は42センチメートルです。上面の球分体は直径5センチメートルになっています。南面は「No.11」、東面は「群馬縣」、北面は刻字なし、西面は「海老瀬 基標 No.3」(「海老瀬」は右横書き、「基標」は縦書き)と刻字されています。

群馬県板倉町海老瀬 賀茂神社の水準点

地図:古河

渡良瀬第一貯水池(谷中湖)北西端、北海老瀬集落の賀茂神社で本殿から20メートル手前の参道東側、松の木の下にあります。

標石の大きさは一辺15センチメートルの角柱で地上高は28センチメートルです。上面の球分体は直径5センチメートルになっています。南面は「No.12」、東面は不明(「群馬縣」か)北面は刻字なし、西面は「海老瀬 基標」(「海老瀬」は右横書き、「老」以外は判読不可、「基標」は縦書き)と刻字されています。

群馬県板倉町大高島 高鳥天満宮の水準点

地図:館林

板倉ゴルフ場の南に位置する大高島の集落中央の高島天満宮本殿裏(北)に標石が見られます。

標石の大きさは一辺15センチメートルの角柱で整形部の高さは29、全体の地上高は40センチメートルです。上面の球分体は直径5センチメートルになっています。南面は「群馬縣」、東面は刻字なし、北面は「大高島 基標」(「大高島」は右横書き微かな刻字で判読困難、「基標」は縦書き)、西面は「No.3」と刻字があります。

群馬県板倉町板倉 長良神社の水準点

地図:館林 板倉ゴルフ場の北に位置する稲荷木集落にある長良神社の境内、荒れた本殿に向かった右の碑「拝沼埋立完成記念碑 昭和十八年一月建之」の前に標石が見られます。

標石の大きさは一辺15センチメートルの角柱で地上高は17センチメートルです。上面の球分体は直径5センチメートルになっています。南面は「板倉 基標」(「板倉」は右横書き、「基標」は縦書き)、東面は「No.4」、北面は「群馬」、(「縣」は埋没か)と刻字があります。西面の刻字はありません。

館林市館林IC近傍の水準点

地図:館林

東北自動車道、館林インターチェンジのすぐ南で高速道路をくぐる「加須45」トンネル東から谷田川堤防にいたる農道北側に見られます。隣接してジャガイモ畑があります。

標石の大きさは一辺14.5センチメートルの角柱で整形部の高さは30、全体の地上高は47センチメートルです。上面の球分体は直径4センチメートルになっています。西面は「群馬縣」、東面は「2」「−」「18」と縦にならんだ刻字があります。南面は刻字がなく北面は不明(BMか)です。

「2−18」の刻字は2里18町(約10キロメートル)のことと思われます。谷田川は東へ流れますが渡良瀬川との合流地点までの距離を表しているようです。

群馬県明和町大輪 長良神社の水準点

地図:館林

利根川に架かる昭和橋の北端から川俣の信号を西へ1キロメートル、大輪集落にある長良神社境内参道の東、イチョウの木の下に標石が見られます。

標石の大きさは一辺12センチメートルの角柱で地上高は20センチメートルあり一辺50センチメートルのコンクリート面の基礎に載っています。上面の球分体は直径4センチメートルになっています。刻字は南面に「水準点」(「点」は「占」に「大」)、北面に「群馬県」(「縣」ではない)とあります。「点」や「縣」の字体から察すると戦後設置された標石のようです。

群馬県大泉町古海 児島神社の水準点

地図:妻沼(めぬま)

利根川に架かる刀水橋(とうすいばし)の北端から下流へ堤防に沿って2キロメートルの地点にある古海(こかい)松塚集落があり北西端の児島神社、社殿前南西20メートルの位置に標石が見られます。すぐ西は児童公園になっています。

標石の大きさは一辺15センチメートルの角柱で地上高は17センチメートルです。上面の球分体は痕跡のみあります。南面は「古海 基標」(「古海」は右横書き、「基標」は縦書き)、東面は刻字なし、北面は「群馬」(「縣」は埋没か)と刻字があります。西面も刻字はありません。

同神社境内、社殿東の林の中に三等三角点「古海」5439−23−7201があります。

前橋市 新堀神社

地図:高崎

前橋市の南西、北関東自動車道前橋南ICの南、利根川のすぐ東、新堀町にある新堀(にいぼり)神社にあります。境内の正面、鳥居右奥の1915年(大正4)に建設された「御即位記念碑」の裏に設置されています。

標石の大きさは一辺15センチメートルの角柱で地上高は17センチメートルです。上面の球分体は直径5センチメートルになっています。西面は「新堀 基標」(「新堀」は右横書き、「基標」は縦書き)、北面は刻字なし、東面は「群馬」(「縣」は埋没か)と刻字があります。南面も刻字はありません。

この標石は「利根川筋測量基標及測標設置」の表に「基標(Z) 勢多郡下川淵村大字新堀字赤石二五八 新堀~社」として所在が明示されています。[栃木縣:栃木県告示第百七号「利根川筋測量基標及測標設置」1919]


■Top of this Home Page
■Next Page