海上保安庁海洋情報部・気象庁地磁気観測所

海上保安庁海洋情報部の地磁気観測

地図:東京南部

海上保安庁海洋情報部では旧水路部時代から船舶の安全航行のため海底火山や火山島の重力とともに地磁気観測も行っています。調査結果は地震予知連絡会や火山噴火予知連絡会にも報告されます。

水路部の全国的な地磁気観測は1912年(大正1)頃からはじまり当初は田中館愛橘(たなかだて・あいきつ 1856〜1952)が開発した磁気儀が使用されました。そのご1922年(大正11)頃からは水路部渡辺技師考案の「大正11年型電磁式磁気儀」が採用されました。写真の水路部型磁気儀は1927年(昭和2)に水路部の村元技師が従来の電磁式磁気儀を改良したものです。地磁気の三要素(偏角、伏角、水平分力)の同時測定が可能となり1932年(昭和7)から1960年(昭和35)まで使用されました。写真中はプロトン磁力計、写真下はフラックスゲート型磁力計(英バーティントン社製)でいずれも現在使用されています。

海洋情報部の地磁気観測は陸上各地の水路観測所だけでなく測量船による海上や航空機によっても行われます。海上地磁気の測定では鉄でできた船体の影響をさけるため船体から300メートル程度離した曳航式プロトン磁力計を用います。また航空機からは 航空機尾部にテールスティンガーといわれる棒状の突起があり、なかに装着されたポタシウム磁力計(光ポンピング磁力計)で計測します。

気象庁地磁気観測所

地図:柿岡

日本における地磁気定常観測は1882年(明治15)から翌年にかけての第一回国際極年観測を契機に1883年(明治16)内務省地理局と工部省電信局により東京赤坂の臨時観測所ではじめられました。1897年(明治30)には旧本丸北桔橋門の中央気象台構内で地磁気、空中電気の本格的観測を開始しました。当時の絶対観測室では北側の小窓から駿河台のニコライ堂の金の十字架が見通せられて方位標となっていたそうです。

その後、茨城県石岡市柿岡に移転し地磁気観測所として1913年(大正2)から現在まで約100年の間継続して地磁気観測を行っています。1925年(大正14)には現在の本庁舎が竣工し、ほかに記録室、絶対室、空中電気室、宿舎などが新築されています。 1972年(昭和47)には新標準磁気儀カスマー(KASMMER)が整備され、その後部分更新されながら現在にいたっています。

現在は気象庁に所属する機関として柿岡に本部、北海道女満別と鹿屋市に出張所を置き世界各国の観測所と連携しながら地磁気、地電流、空中電気の定常的な観測を行っています。また父島にも無人観測点を設置し地磁気を観測しています。地磁気観測所では観測データをもとに観測に使用するの測器の改良や観測技術の開発、超高層物理現象の解析、火山噴火、地震予知などを目的とする調査、研究を行っています。 

JR常磐線の旧型車両の普通列車では取手駅とつぎの藤代駅の間で夜間なら電灯が、夏なら空調が30秒ほど止まります。地磁気観測所の観測に影響を与えない交流電源に切り替えるためです。

地磁気観測所の設備は大正時代後期に竣工したドイツ風の本館、通称「石室」と呼ばれる第一変化計室、「新室」と呼ばれ暗室造りの第二変化計室、空中電気室、実験室などあり地磁気の変化を精密に測定するため建物の材料は鉄にかわり非磁性の銅や真ちゅうがつかわれています。第一変化計室(石室)は1912年(大正1)に建てられた、かまぼこ型の石造ですが室温を一定に保つため全体を土盛りして、かつては萱(かや)葺きの屋根で覆われていましたが萱の入手が困難になり1961年(昭和36)からスレート屋根に改修されました。

現在の主設備である地磁気観測システム(カスマー KASMMER=Kakioka Automatic Standard Magnetometer)は広大な芝生の広場に5棟の観測施設と比較校正設備室があり別に離れたところに計測室と比較校正に使用するため真北を示す子午線標があります。地磁気の変動は3台のオーバーハウザー磁力計で偏角D、水平分力H、鉛直分力Zの各成分を、またプロトン磁力計で全磁力を常時観測しています。わたしの訪問した当日は46,413.4ナノテスラ(nT)でした。第一変化計室や第二変化計室には古い形の磁力計の残置されています。

構内には桜並木のほか樹齢90年の、ゆりの木、野生の日本タンポポが見られます。なお当地はJR常磐線石岡からバスで20分、内宿(うちじゅく)下車、徒歩15分程度で到達できます。見学は事前許可が必要です。


■Top of this Home Page
■Next Page