測量機器の検定

鋼巻尺、光波測距儀、GPS測量機などの測量機器が目的とする精度を有しているかどうかを検定するために比較基線場があります。つくば市の国土地理院本院のほか各地方測量部の管内にもあります。比較基線場の基線長は、きわめて正確に測定されその両端点(必要に応じ中間点)には基線標石や比較基線測点金属標が設置されています。

つくば比較基線場

地図:上郷

つくば市の国土地理院本院には構内に広大な比較基線場があるほか構外の約12キロメートル地点まで基線が延びています。目的によっていろいろな基線場がありますが写真右下は鋼巻尺の比較基線端点です。コンクリートの蓋石の内部にグリスカップ状の金属がありその中には+のついた標識があります。写真右上の測標(やぐら)は経緯儀、回照器、電磁波測距儀、光波測距儀などを載せます。

GPS測量機比較基線場

地図:上郷

国土地理院構内にあるGPS測量機比較基線場と比較基線測点標識(端点)です。これを利用してGPS測量機の検定をします。白い帽子状のものはレードームといいGPSアンテナの保護覆いです。ステンレスの柱のなかにはGPS受信機がはいっています。

つくば距離標準比較基線場

地図:常陸藤沢

光波測距儀の比較基線場の設置条件としては各端点が一直線上にあり、かつ各端点がおなじ標高または、おなじ勾配線上にあることが必要です。この条件に適した基線場として土浦市高岡から、つくば市国松間の桜川土浦自転車道(元筑波鉄道路線)が選定され1キロメートル間に10基の基線端点が1995年(平成7)に設置されました。各ピラー間の距離は高い精度で決められておりピラー上部に測量機器を設置し測定結果と決められた値を比較して点検します。ここで点検できる測量機器は測距議、GNSS測量機などです。従来から検定で利用されているGPS比較基線場とあわせ「つくば距離比較基線場」と呼ばれています。[成田次範:国土地理院つくば距離比較基線場 「測量」 日本測量協会 1998.3 p27−30]

枚方比較基線場

地図:枚方

枚方市山田池北町にある国土交通省近畿地方整備局近畿技術事務所内の構内にあります。本館南の透水性試験舗装テニスコートの南側フェンスと植え込みの間に全長30メートルの比較基線場が設定されています。北西から南東にかけて3個の標識があり鋼巻尺の比較基線端点になっています。基線場へは事務所の許可なく入ることはできません。

標識は北西端、5メートル地点とさらに25メートル先の南東端にあり、それぞれ32センチメートル角のコンクリート台石の上に保護カバーとして外径4、内径3、高さ2.5センチメートルのグリスカップ状の金属円筒があり、その中には上面直径5ミリメートルで+が刻印された標識があります。

淀川比較基線場

地図:大阪西北部

国土地理院の淀川比較基線場は測距儀やGPS測量機の比較検定をする所です。大阪市福島区淀川左岸の河川敷にあります。新十三大橋から1キロメートル下流までの細長い場所なのですが、べつに表札や設備がある訳でもなく、ただの川原です。しかし注意深く芝生の中などを探すと、さまざまな標識が見つかりました。

新十三大橋の真下に「基本」の標示がある金属標が見つかります。端点1といわれ、この中心の+印に測距儀をあわせて観測するのですが250、500、1000メートル先にも端点2〜4があり、それぞれ位置は厳密に定まっています。わたしの見た端点3は芝生上にコンクリートのふたには「水準点」、中の金属標には「比較基線測点」と標示がありました。

GPSに関しては測距儀用の端点1から120メートルほど下流の芝生にGPS用の端点G1がありますが、ふたが固くて中が覗けませんでした。さらに下流にすすみJR線、阪神高速池田線の横断から200メートルほどのところにG2の表示があり四角いコンクリートのふたをとるとグリスカップ状の金属がありその中には+のついた標識がありました。すぐ隣のG3の標識は「人工衛星観測点」とまるい金属標に刻字されていました。残りのG4からG6までの3点はみな同じで単に「端点」の表示がありました。G7もあるそうですが、わたしは見ていません。

東京麻布 方位標

地図:東京西南部

東京麻布にある日本経緯度原点の敷地、東南角のマウンドの下にあります。地中に設置された30センチメートル角のコンクリートの枡の中に直径7センチメートルの陶器でできた標識(陶器標)が入っています。

この方位標は日本経緯度原点のすぐ近くにあるのですが原点とも天測点とも無関係で2、30年まえに国土地理院内部で光波測距儀の検定のために設置されたようです。正式な基準点ではありません。

地中枡のコンクリートのふたをとると、なかには蟻の大群が巣をつくっており写真を撮るのに閉口しました。このような陶器標を見るのは初めてでした。


■Top of this Home Page
■Next Page