雑録
三角点の設置点数

三角点には一等から四等までの4種類あります。2015年(平成27)4月1日現在の点数はつぎのとおりです。

     一等三角点    975点(うち補点約560点、現在は本点、補点の区別なし)
     二等三角点  5,045点           
     三等三角点 31,927点           
     四等三角点 71,819点           
     合計     109,766点        

このうち一〜三等三角点はほとんど明治、大正時代に設置されています。三角点の最も多い府県は北海道で全国の13パーセント、約14,000点もあります。ついで岩手県になります。最も少ないのは大阪府で約500点です。一等〜三等三角点は必要にして十分な点数が既に設置されているので新設は稀で、むしろ維持困難な場所など廃止の傾向にありますが四等三角点は近年、地籍調査などのため増えています。

一等三角点の36パーセントは標高500メートル以下の低地に設置されています。[志村迪吉:一等三角点ものがたり 「山と渓谷」468 山と渓谷社 1977.9 p114]

日本さい果ての三角点

日本のさい果ての三角点は2007年(平成19)末でつぎのとおりです。


最北端:北緯 45度30分 宗谷岬  四等「大岬」   6841−27−1501
最南端:北緯 20度25分 沖ノ鳥島 三等「北小島」  3036−50−0501
最東端:東経153度59分 南鳥島  一等「南鳥島」  3653−37−3901
最西端:東経122度56分 与那国島 四等「アデヌ屋敷」3622−57−3501
最高点: 3775.63米 富士山  二等「富士山」  5338−05−2801
最低点:   −4.43米 秋田大潟 三等「大瀉」   6040−00−1001

等級のつぎは点名と基準点コードです。このうち三等三角点「北小島」(旧名「北露岩」)3036−50−0501のすぐ近くに1989年(平成1)に設置された一等三角点「沖ノ鳥島」(旧名「東露岩」)3036−50−0601が、また1992年(平成4)に設置された一等三角点「南鳥島」3653−37−3901の西北1.1キロメートルのところに三等三角点「マーカス」3653−37−4801があります。


水準点の設置点数

水準点には基準水準点のほかに一等から三等水準点の4種類あります。2015年(平成27)4月1日現在の点数はつぎのとおりです。三等水準点は統計が得られませんので不明です。

   基準水準点     84点
   一等水準点 13,825点
   二等水準点  3,141点
   合計      17,050点

水準点の最も多い府県は北海道で全国の15パーセント、約2,600点以上もあります。最も少ないのは佐賀県の約120点です。 三角点の数はおおよそ面積に比例しますが水準点は主要道路に沿って設置されることが多いため、その路線長に比例します。

最高・最低所の水準点

日本で最高所と最低所にある水準点はつぎのとおりです。

最高所:2,172メートル
(群馬県志賀高原渋峠 二等水準点第10809号)
最低所:−256,5674メートル
(青函トンネル作業坑 一等水準点第11379号)

一等水準点の最高所は岐阜県野麦峠は国道上にある第971号で標高は1,672,4739メートルで容易に見ることができます。野麦峠は乗鞍岳の見える景色のすばらしい峠です。

かつては野麦峠よりも高い標高の水準点がありました。福島、栃木の県境で尾瀬沼の東にある引馬(ひきま)峠には二等水準点「徳24号」、1895.460メートルがあり、いまは廃点になっていますが2007年(平成19)8月栃木県在住の中村宏さんによって残存が確認されました。上面に球分体がなく刻字は「二等水準點」と縦書き一行で珍しいものです。[陸地測量部:三角及水準測量成果摘要 第十一巻 1917 p202][中村宏:日本最高所の水準点 引馬峠水準点「徳24号]発見 「岳人」 724 中日新聞東京本社 2007.10 p187]

2009年(平成21)には浅間山と草津白根山の火山活動による地殻変動監視のため長野県軽井沢町から群馬県六合村(くにむら)間に二等水準路線63.5キロメートルが新設されました。六合村の渋峠に設置された二等水準点10809号は標高2170.6メートルで現存する水準点としては最高所となります。

北海道で最高所の水準点は一等水準点第8462号、1037.8860メートルで浜益町雄冬(おふゆ)の東、浜益・増毛間の集落を結ぶ増毛山道(ましけさんどう)上で浜益御殿山頂直下にあります。増毛山道は集落間の航路が整備されたり海岸沿いに国道ができたりで1960年(昭和35)ころから廃道になり地形図からも消滅しましたがこの水準点は残存しているようです。[高桑信一:北海道増毛山道 「岳人」 677 東京新聞出版局 2003.11 p69−76]

特殊な事例では浅間山(2568メートル)での火山活動観測のための水準点があります。1935年(昭和10)頃、東京大学地震研究所の委託により陸地測量部が水準測量路線を設定し測量を実施しています。この路線は軽井沢の峰の茶屋、一等水準点第10823号から分岐し前掛山(2493.4メートル)の三角点付近を越して小諸から軽井沢まで環状になっていました。この路線の標識は標石、金属標、岩石またはコンクリート柱取付けの円頭鋲、などがあり、すべては残存していませんが、わたしは小浅間山の「馬返し」で金属標の一点だけ確認しました。この路線の一部は現在、立入り禁止になっています。[小宮豊隆編:寺田寅彦随筆集 五巻 小浅間 岩波文庫 1948 p216(東京朝日新聞 1935年9月 掲載)][土橋忠則:浅間山ふんせん記 「測量」 日本測量協会 1973.9 p20]

問題は最低所なのですが2003年(平成15)に青函トンネル内に水準点が設置されるまでは関門トンネル門司立坑の一等水準点第2−534号、−47.8929メートルが最低でした。関門トンネルは上が車道、下が歩道の2階建になっています。門司側の歩道入り口からエレベーターで入りましたが水準点は車道にあるので行けません。あらためて車で入りました。水準点は料金所から1.5キロメートル地点で非常電話のそばにある金属標であることはわかっているのですが車を止めることができず結局、通過するだけになりました。なお2003年(平成15)に青函トンネル内に水準点が設置され翌年、測量成果が公表されました。最低点は一等水準点第11379号で−256.6メートルです。わたしは2004年(平成16)6月にJRの見学コースで竜飛海底駅近くの一等水準点第11371号をみましたが−134.3メートルで最低点よりはるか高い位置でした。

基準点の番号

近年はすべての三角点に基準点コードというのがついています。基準点コードは国土地理院のデーターベース上のコードでつぎの13桁です。

{等級種別コード}3桁+{標準地域メッシュコード}8桁+{当該メッシュ内の連番}2桁

まず等級種別コード3桁はEL0:電子基準点、EL1:電子基準点付属標、TR1:一等三角点、TR2:二等三角点、TR3:三等三角点、TR4:四等三角点、TR5:五等三角点、TR6:図根点、TR7:復興基準点、TR8:小等三角点、TR9:二等多角点になっています。そのほか日本経緯度原点などには固有の記号がつけられます。

つぎに標準地域メッシュコード8桁+連番2桁は1234−56−7890の形式で数字10桁で表されています。標準地域メッシュコードの最初の4桁は二十万分一地形図(1度ごとの経線と40分ごとの緯線による区画)を表す1次メッシュコードといわれる数値です。そのうちの最初の2桁は二十万分一地形図の下辺の緯度を1.5倍した数値です。つぎの2桁は二十万分一地形図の左辺の経度から100を引いた値です。

その後の−以下の2桁は2次メッシュコードで二万五千分一地形図は二十万分一地形図の中のそれぞれ下(南)から、および左(西)から何番目にあたるのかを示しますが二十万分一の範囲は二万五千分一が64面分の大きさであり8×8となるのですが0から数えるので00から77の範囲となります。以上の6桁の数字は、ひと昔前の二万五千分一地形図には右上に4桁−2桁として記入されています。

残りの−以下4桁の数字ですがはじめの2桁は3次メッシュコードで二万五千分一を縦横10等分した値で00から99の値が入ります。最後の2桁は一番最後の枠の何番目の点かを表します。

標準地域メッシュコード8桁の算出に日本測地系の座標値を用いられていましたが2011年(平成23)4月からは世界測地系の座標値を用いて算出しなおされました。これにより約5割の基準点コードが変更されました。

標準地域メッシュコード以下10桁をまとめると、つぎのようになります。

1〜2桁目 :二十万分一地形図の最南緯度を1.5倍
3〜4桁目 :二十万分一地形図の最西経度からマイナス100

5桁目   :二十万分一地形図で南から何番目の二万五千分一地形図か
6桁目   :二十万分一地形図で西から何番目の二万五千分一地形図か

7桁目   :二万五千分一地形図を10等分し南から何番目か
8桁目   :二万五千分一地形図を10等分し西から何番目か
9〜10桁目:7、8桁目できまる枠内で何番目の点か

基準点コードは三角点が移設されても、そのまま継承されるのでルールに合致しない場合もあり得ます。廃点になった場合はそのコードは欠番扱いになります。

なお水準点の13桁のコードは最初の3桁が等級種別コード(L00:基準、L01:一等、l02:二等、L03:三等、L04:道路、L05:準基準、L06:交点、L07:渡海、L08:験潮場附属、L09:無号・固定点)で残りの10桁は固有番号になり地形図の位置とは関係ありません。

標準地域メッシュコードは1973年(昭和48)に行政管理庁告示第143号で制定され国勢調査、環境調査などにも利用されます。


■Top of this Home Page
■Next Page