地図にない三角点・水準点

国土地理院、本院の展示用三角点

地図:上郷

つくば市の国土地理院「地球ひろば」にある展示用の三角点です。一等三角点と二等三角点があります。地図には記載されていませんが、さすがに国土地理院の構内だけあって非公式ですが経緯度、標高はちゃんと測量してあります。三角点とは、どのようなものか一般市民に知っていただくには好材料です。この標石の上にはモデルの櫓があります。(二等三角点の櫓は2002年11月時点ではなくなっていました)ついでながら標石の周りにある4つの自然石は保護石と呼ばれています。

一等三角点は北緯36°06′03″、東経140°05′23″、標高28.0メートル、二等三角点は北緯36°06′04″、東経140°05′21″、標高28.0メートルで2002年(平成14)3月以前の日本測地系によるものです。

国土地理院の「地図と測量の科学館」にも一等三角点のモデルが展示されています。盤石の下には下方盤石があるはずなのですが展示は省略されています。

比較基線場の三角点

地図:上郷

測量機器の目的とする精度について検定をするために、つくば市の国土地理院にはいろいろな比較基線場というのがありますが、その基線場の一箇所に遠くから視認するための目標を設置する測標(櫓)があります。測標の下には二等三角点が埋設されています。「二等」の意味合いはないと思われます。

教育実習用の三角点

地図:上郷

国土地理院のVLBI基線観測アンテナの近くにある四等三角点です。なにしろこの辺りには、いろんな標識が乱立しています。VLBIと関係あるのかどうかもわかりません。地形図には記載されていませんが、ほんものの三角点そっくりです。保護石も金属標の周りのコンクリート枠の外側に4つあります。後日お聞きしたところによれば国土地理院に来られた外国の研修生が実習で設置されたもので正式な三角点ではないそうです。

横浜鶴見の標石

地図:横浜東部

横浜鶴見区のJR国道の近く、国道15号の下野谷町入口交差点の南東角でみられます。一辺14〜15センチメートル角の標石で上面中央には+印があります。上面だけ残し柱石が埋もれているため刻字はわかりません。二、三等三角点の規格に合致するようです。現行の地形図にはありませんが古い地形図に載っているかもしれません。

水準原点近傍の水準基標

地図:東京首部

国会議事堂前にある日本水準原点の近傍には多くの測量標石があります。原点の付属点としての水準点も5ヶ所ありますが、このほかに水準原点の建屋から西南に50メートル地点と西に50メートル地点にそれぞれ「水準基標No.1」と「水準基標No.2」があります。No.1は1970年(昭和45)に営団地下鉄8号線(有楽町線)の工事に、またNo.2は1972年(昭和47)、同8,9号連絡側線(保守用トンネル)の工事に際しトンネルから30メートル離れた日本水準原点への影響を監視するために設置されたものです。[原田健久:水準原点基標 「測量」 日本測量協会 1971.6 p16−18]、[大滝修:日本水準原点逍遥「地図中心」533号 日本地図センター 2017年2月 p4]

水準基標は花崗岩でできた蓋石があり50センチメートル角で縦方向に傾斜があり上部での厚さは18センチメートルになっています。「水準基標No.1」(No.2)と「国土地理院」の刻字があります。内部はともに金属標でNo.1のほうは「一等水準点 基本 No.(なし)建設省国土地理院」の刻字がNo.2のほうは「水準基標 No.2 建設省国土地理院」と刻字されています。地表から30メートル下まで鋼管を打ち込み上端に金属標を固着してあるそうです。

国土地理院構内の水準点

地図:上郷

国土地理院本院の構内にはさまざまな標識があります。ほとんどが実用に供されていると思いますが二万五千分の一「上郷」の地形図に載っているのは三角点「筑波原点」と水準点11231号だけです。構内の駐車場からVLBIのアンテナの方へ通路を歩いて行くと得体の知れない標識が眼につきます。ここでは、水準点だけとりあげました。

上の写真は国道のキロポスト(地点標)に併設された水準点で道路基準点といわれます。構内には国道がありませんから、やはり展示用です。うす黄色いキロポストは006−180番で国道6号(東京仙台間)の180番目(180キロメートルのところ)に設置される予定でつくられたものですが、設置場所が、いわき市のちょうど橋の上にあたり地形上設置できなかったため欠番となってしまったものを展示してあるそうです。要は余り物です。キロポストと水準点が一体化した道路基準点は1964年(昭和39)から設置され標識番号の上3桁が道路番号、下3桁が道路起点からの距離になっています。

広い芝生の中にはかずかずの形状の水準点がありますが、なかには海外の研修生の実習で設置されたものもあります。

富山合同庁舎前の展示用水準点、三角点

地図:富山

JR富山の北側には富山合同庁舎があり国土地理院北陸地方測量部の事務所もあります。この庁舎前庭には三角点と水準点のモデルが設置されています。標石そのものは一等水準点(番号刻字なし)と三等三角点の実物です。「この標石は、測量成果を有していません」と表示がありました。この意味、一般市民には理解できるでしょうか。

京都大学理学部数学教室

地図:京都東北部

京都大学北部構内にある理学部数学教室の裏庭で見つけました。21センチメートル角の花崗岩ですから基準または一等水準点の標石と思われます。残念ながら表面の等級と「水準點」の「水」の刻字は欠損していました。また裏面には「二〇一号」とその下に横棒(数字の一かもしれない)が刻字されています。現行の水準点で番号の入っているのは、ほかに見たことがありません。 一等水準点201号は現行の点の記で調べると滋賀県豊郷町の八幡神社境内に、また同201−1号は愛知川町の石部神社境内にあることがわかりました。

数学教室の北隣は地球物理学教室で国際的な測定重力点として京大構内に3箇所(図書館、地質学教室、地球物理学教室)ありますが、これとは関係ないようです。

和歌山友ヶ島

地図:加太

和歌山市の友ヶ島は沖ノ島、虎島、神島、地ノ島からなる4つの島の総称ですが沖ノ島の西端にこの水準点が見られます。旧要塞の第二砲台の北になります。金属標で「一等水準点 基本 No.KITA2−2 国土地理院」の刻字がありますがKITAの文字は手彫りのようです。この水準点は淡路島由良町(282号)との間で行ったGPS渡海水準測量のため設置されましたが試験観測で使用されたため国土地理院の成果、点の記は公表されていません。標高は地形図の読みで約25メートルです。

京都市北区の三角点

地図:京都西北部

京都市北区金閣寺近傍の民家の角で見つけました。標石の大きさは一辺18センチメートルで一等三角点ですが等級の部分は削除されています。廃棄された一等三角点の標石と思われます。


■Top of this Home Page
■Next Page