あとがき

2000年3月

2000年の正月に思いたち、とりあえずホームページのレイアウトを一気に作りました。内容はこれから徐々に充実していくつもりです。みなさんにご覧いただくためには、いろんな資料を集め理解して、できるだけ間違いのないようにしたいと思います。三角点の探訪は標石を見つける宝探しのような楽しみもありますが、どうして、この位置を選定したか、そのためにはどのような苦労があったかなどと想像しながら三角点に到るまでの道のりを辿ることも楽しいものです。それにしても、わたしは40年以上も前から全国の山登りをしているのに昔の三角点の写真がほとんどないのは残念です。

いま三角測量はほとんどGPSにとって替わっています。しかし三角点が国土の基準であり地図をつくるにしても地表の歪みを測量するにしても必要不可欠であることは明治時代の設置当初の目的と何ら変わっていません。先人が苦労され設置された三角点をいつまでも大切にしたいものです。

2001年1月

このホームページを立ち上げ1年が経過しました。三角点は現地へ行くより関連情報を知ることのほうが大変でした。とくに、つくばの国土地理院で明治初期の測量標石を見てから最初に予期していなかった古い標石に興味をもち残存している現地へいったり資料をしらべたり楽しく探索をすることができました。この間、国土地理院のかたがたをはじめ同好の皆さまとお知り合いになり、なにかとご助力をいただきありがとうございました。またこのホームページをみていただいた皆さまにもメールや資料をいただき厚くお礼を申しあげます。

2002年1月

昨年は三角点から派生して明治初期の水準点である几号(きごう)水準点に興味を引かれ調査研究に時間を割きました。几号水準点は山の頂などよりも道路に面した場所や建造物に設置されていることが多く現在では水準点としての役目を終えているのですが都市開発などにより年々消滅していくのは残念です。明治維新後、日本の測量はオランダ、米国、英国、フランス、ドイツから技術導入されましたが几号水準点は英国の技術が形として残る唯一の遺産です。当時の文献などは少なく設置場所や利用方法にも疑問もありますが、いままでの調査研究をできるだけこのホームページで取り上げました。

また昨年わたしにとって思い出になったのは千葉の一等三角点「房大山」(ぼうのおおやま)の探訪です。この三角点の上面は+でなく○が刻印されている変わりものの標石として知られていましたが、わたしの見たところやはり+は刻印されていて中心がすこしずれて鋼管の断面とみられる痕跡がありました。几号水準点も同じことなのですが測量標石は文献も少ないので自分の目で確かめることが必要であることを痛感しました。

 

2003年1月

2002年4月に新測量法が施行され、このホームページでも日本経緯度原点の説明や各所の緯度、経度を世界測地系に変えたり、注釈をつけたりで、たいへん手間がかかりました。

昨年9月には念願の剱岳に登り柴崎測量手はじめ明治時代の陸地測量部の活躍とご苦労の一端に触れることができました。また40年ぶりの八ヶ岳では、いまも残っている旧御料局の三角点を探索することもできました。比較的新しい測量標石としては地磁気や重力の定点観測位置を示す重力点や磁気点をはじめて目のあたりにしました。いずれも国家基準点として地殻変動や地震予知にも活用されるものです。とくに磁気については、わたしの専門分野にも近いため非常に興味をもつことができました。昨年も多くの皆さまに情報をいただいたり測量方法の説明をしていただいたり、たいへんお世話になりありがとうございました。

2004年1月

昨夏の黒法師岳はいつまでも思い出に残ることでしょう。南アルプス最南端近く、黒法師岳の一等三角点は上面が+でなく×印で知られています。これを見るために往復12時間歩き通しました。なにしろ不便なところに位置するのと前週の集中豪雨の影響で歩行にたいへん苦労したのですが、それでも山頂ちかくの尾根筋から間近に富士山が見えたときは感激しました。

もうひとつ変わりものの三角点とされている長野の陣場平山へも秋に行ってきました。こちらのほうは上面の+印の各端が矢羽になっています。腐葉土で隠れていた刻印を洗いながすと、きれいに矢羽が現れてきました。そのほか明治後期の農商務省山林局の「主三角點」や「次三角點」なども探索しました。まだまだ珍しい測量標石の探訪はつづけますが測量全体について歴史的背景なども引きつづきしらべたいと、思っています。

2005年1月

北海道には明治後期に設置された小三角点というのが残存しています。昨年6月に函館の西、木古内町に赴き、これをなんとか探すことができましたが標石の刻字はなにもありません。果たしてこれが設置当初の標石か改埋されたものか知る由もありません。また北海道では勇払基線、函舘助基線の史跡を見てきました。当時、活躍された函舘出身の測量技術者、福士成豊の業績の一端を知ることができました。

京都の自宅近くでは、測量関係の皆さんに教えられ琵琶湖疏水、建設当時の測量標石を、あらたに数点みつけることができました。当時の三角網図を探し出し、これと照合したり、さらに同種の探索をしてみました。

2006年1月

昨年1月にはシドニーで几号水準点を見ることができました。几号のルーツは英国ですからオーストラリアにあっても不思議ではありません。また3月には小田原近傍の外国人遊歩規程標石の調査をしましたが埋没した標石の発掘は初めての経験でした。

2007年1月

昨年1月に愛知県棚山で見た御料局三角点ほど奇想天外な標石はありません。落ちれば奈落の底といった断崖絶壁の巨岩にじかに+印や「御料局三角點」などが刻字されており、しかも角柱を平面に投影したように見えます。ご案内いただいた地元の皆さんに厚くお礼申し上げます。

昨年は、古代の測量遺跡の探訪をきっかけに、このホームぺージを編集し直し上巻では主に現在使われている三角点など国家基準点について、下巻では「史跡と標石で辿る(たどる)日本の測量史」ということにし今後一層充実したものに仕上げたいと思っております。

2008年1月

古い測量標石が忘れ去られたように放置されているのが見られます。永久に保存されることが望ましいのですが、文化財として指定されると多くの人はそれを無批判に受け入れます。またその場に不釣合いな説明板が設置されることもあります。文化財としての価値を十分評価したうえでお願いしたいものです。まず管理者や土地所有者などを探し出し現状維持をしていただく必要があります。測量標石ばかりは、移動してしまったり、向きを替えてしまうと、どのように測量につかわれたか分らなくなります。東京、一石橋の几号水準点はレプリカが江戸東京博物館にあります。また宮城県大崎市の几号水準点は元位置にレプリカがあり交通事故で壊れた本物は修復して教育委員会で保存、公開されています。どちらも状況に配慮された好事例といえます。

昨年は原点に戻り三角測量のはじまりについて調べてみました。いままでオランダのフリシウスやスネルがその元祖のようにいわれてきましたがデンマークの天文学者ティコ・ブラーエが地図作成のため実用化した最初であることを文献上、確認しました。また富士山の標高測量に役割を果たした白山岳(富士白山)の三角点や、鬼怒川上流の初期の二等水準点、瀬戸内海弓削豊島の刻字が縁取りされた二等三角点などを探索しました。

2009年1月

昨年は多くの測地観測でつかわれた標石や観測台の史跡を訪ねました。宮津市に残る震災予防調査会の設置した地磁気観測点、測地学委員会が津山市で観測した重力観測台、これらはいずれも明治後期のものです。また昭和初期に寺田寅彦の提唱で大陸移動説の検証のため飛島とその周辺に設置された天測点も訪れました。

また明治中期に滋賀県に設置された饗庭野基線に標高を与えるため大阪天保山から京都伏見、大津経由、今津まで二等水準測量が行われましたが、その遺跡を調べたところ灯篭などの構築物に十字が刻印されものが数ヶ所見つかりました。そのほか鉱山の鉱区測量のために使われた鉱山監督署が設置した三角点も各所で見ることができました。

2010年1月

この一年間、海洋(水路)測量の調査に力をいれました。3月には海上保安庁下里水路観測所では測地衛星「あじさい」を利用したレーザー測距観測を、4月には岡山県玉野市にある水路部測点を、また5月には海上保安庁の測量船「明洋」の見学もしました。そのほか旧海軍の基本水準標も探索しました。

このホームページの大幅な改訂をし、従来の上巻、下巻を統合し歴史の流れに沿う形に編集しなおしました。全体目次の変更はありませんが各項目のURLは変更しております。

2011年1月

昨年は一昨年に引き続き海洋測量の調査をしました。水俣市袋浦や三浦市諸磯の水路部の標石を探訪しましたいずれも明治から大正にかけて設置されたものです。

英国の三角点、水準点を探訪しました。水準点は日本の几号水準点の元祖といわれるカットマークが多数残存していました。また日本では、北海道ではじめての几号水準点を探訪してきました。網走の測候所に設置されていた北海道庁の天測点に几号が刻されたもので現在は北海道立北方民族博物館で保管されています。

2012年1月

昨年は台湾に旅行し日本統治時代の測量標石と現在の測量標石の両方を探訪することができました。また東欧のエストニアにも旅行し世界遺産になったストルーヴェの測地弧の中心地であるタルトゥ天文台を探訪し170年前に使用された経緯儀などの測量機器を見ることができました。当時、日本ではまだ精度のよい測量機器がなかった頃です。国内では山梨県の恩賜林境界標や日本一の低山とされる徳島市の「弁天山」へ行ってきました。

測量に関する郵便切手が各国から発行されています。地図や天文を図案にした切手は非常に多くありますが「測量」ということになれば限られてきます。このHPにはわたしが所有する実物の切手のうち主として測量機器、測地学者など測量・測地に関するものを取り上げ関係の深い本文の所に掲載しました。

2013年1月

前年にひきつづき測量関係の切手収集に力を入れました。エクアドルの切手でフランス遠征隊による南米赤道直下の子午線長測定200周年と250周年を記念した1936年と1986年発行の全14種をバラバラで全部入手できました。

夏にはアイルランドへ旅行しましたが、かつて英国が統治した国であり几号水準点も見つけることができました。几号だけでなく文字数字が付刻されているものが多いようでした。

長崎で内務省地理寮が1876年(明治9)に設置した測点を発掘しました。この測点は地上の表示標存在だけが以前から知られていましたが今回は地中の本体を見つけました。2006年(平成18)2月に初探訪についで昨年4月に掘削予備調査、11月に本体測点発掘となりました。現地の皆さまに大変ご尽力をいただきました。

2014年1月

昨年は標石の探索はほとんどやっていませんが測量史跡のほうは国内あちこちを探訪してきました。柏崎市にある北方探検家、松田伝十郎の顕彰碑、佐渡市宿根木にある幕末の地理学者、柴田収蔵の生家、北海道別海町西別川河口の伊能忠敬が到達した最端地点、稚内市声問にある松浦武四郎の宿営地跡などを訪ねました。そのほか文献によって江戸時代以前の測量について調べこのHPを充実しました。

2015年1月

昨年は安城市にある江戸末期に矢作川用水路開削に尽力した都築弥厚(つづき・やこう)の史跡、上野の日本学士院で陸地測量部の「三五会会報」の閲覧、神戸大学海事博物館、東京海洋大学、江田島の海上自衛隊第一術科学校で航海用測量機器の調査、新潟村上市、広島神石高原、高知香南市、銚子市マリーナ、南九州市番所鼻にある伊能忠敬の史跡を探訪しました。現地の皆さまには大変お世話になりました。

そのほか、几号高低標の残存状況について日本地理学会の「地理評論」に発表、愛知県のI博物館から六分儀についての依頼稿など執筆、講演も多くありました。また測量切手の収集もドイツの測量切手収集家で測量業の人との情報交換でコレクションが充実し、同時にドイツの測量事情も分かってきました。世界中で発行された測量をテーマにした切手は、ほとんどすべて収集済みです。

2016年1月

昨年3月に南フランスへ旅行し多くの水準点を探訪することができました。6月には小浅間山に残る昭和初期に設置された火山変動測量のための水準点を探索しました。寺田寅彦随筆集のなかの「小浅間」には「コンクリート柱の頂上のまん中に径一寸ぐらいの金属の鋲を埋め込んで、そのだいじな頭が磨減したりつぶれたりしないように保護するために金属の円筒でその周囲を囲んである。その中に雨水がたまっていた。自分はその水中に右の人差し指を浸してちょっとその鋲の頭にさわってみた。 」とあります。わたしが訪ねたときも前日の雨でやはり雨水がたまっていました。寺田とおなじように指を浸して金属標にさわってみました。

2017年1月

前年につづきヨーロッパの測量史跡を探訪しました。日本の明治維新前後の測量技術は、陸地測量については英国から、水路測量、航海測量はオランダから、お雇い外国人によって導入されました。英国、オランダは何度も行ってますが今回は5月に測量史跡の探訪のみで列車による一人旅でした。オランダではアムステルダムの水準原点、海洋博物館、それに三角測量の元祖といわれるスネリウスの遺跡をライデンに訪ねました。英国では既に三角点、水準点数ヶ所の調査をしていましたので、今回は英国で最初の三角測量基線を探訪しました。ヒースロー空港近くで両端点とも記念碑の大砲の筒が立ててありました。またグリニッジの旧天文台や同天文台の子午儀の整置につかわれた子午線標を探訪しました。子午線標は天文台の真北20キロメートルのロンドン郊外、チングフォードという美しい住宅地の小高い丘にあり、地下鉄、郊外列車を乗り継いで行ってきました。


■Top of this Home Page 総目次
■Next Page ライブラリー