あとがき

このホームページを立ち上げたのは2000年(平成12)1月で、いつのまにか20年を越えました。はじめは測量史跡や測量標石の探訪記録が主でしたが、興味は徐々に派生し、測量から測地学の歴史まで間口が広がってきました。当時はHPを作成するためのツールがなく、HTML言語の初歩的な使い方ではじめましたが、メンテナンスの利便性を考え、いまも変わっていません。このためHPのデザインや見やすさに、まだ多くの改善の余地はありますが、それよりも内容の充実と、どなたにもお分かりいただける説明に一層力を入れたいと思っています。

このHPでは測量の歴史を裏付ける遺跡や標石を訪ね、それらを紹介しています。測量の成果である地図についての文献は多く見られますが、測量そのものの歴史については史料が少ないことから、わたしは測量の事績を可能な限り現地で調べることにしております。几号高低標とそのルーツを辿るため英国の水準点探訪(2010年、2016年)、剱岳の登頂(2002年)、黒法師岳の×印三角点(2003年)、北海道の小三角点(2004年)、外国人遊歩標石の発掘(2006年以降)、沖縄の印部石(しるべいし、2006年以降)、愛知棚山の岩に刻まれた御料局三角点(2006年)、エストニアのストルーヴェの観測遺跡(2011年)、オランダの海洋博物館にある航海測量機器(2016年)など、思い出に残る探訪も多くあります。

日本の測量は日本書紀などに記録のある範囲では三世紀頃から、はじめられていましたが以降、江戸時代後期の伊能忠敬による測量までの間、測量に関する記録は荘園や検地に関する資料がわずかに残されているだけで空白が多くあります。日本で本格的な測量がはじまったのは明治初期からで、すでに150年以上を経過しました。この期間でさえ当時、重要であったはずの測量標石や観測機器、文書記録などが喪失している事例が多くあり、測量のいきさつが不祥なところもあります。今後の遺跡の発掘、資料の発見と公開が待たれます。一方、古い測量標石や測量史跡が国や地方自治体の文化財とされているのをよく見かけます。一種の権威づけという意味でしょうが、多くの人はそれを無条件に受け入れており疑義があっても、検証をあきらめている場合が少なくありません。十分な調査により、だれもが納得できる根拠と現地保存が望まれます。

これからは宇宙技術や情報技術の発展とあいまって測量・測地学の分野でも技術開発が急速に進展していきます。宇宙から地球を観察し測量をすることも容易になりました。このことによって正確で最新の地図作成から、地震などの自然災害の予知や復旧支援が一層期待できます。これらの技術についても、できるだけ分かりやすく解説していくつもりです。

このHPを作成するにあたり、多くの皆さまにご教示いただいております。国土地理院、林野庁、海上保安庁海洋情報部、気象庁、地方自治体からは多くの情報を、また国立天文台、国立国会図書館、国立公文書館、各県地方都市の公文書館、博物館、図書館、教育委員会をはじめ、北海道大学、東京大学、京都大学、同志社大学などの大学、研究所、日本地理学会、日本測地学会、日本山岳会、海外の多くの測量機関、個人からも資料を提供いただいています。とりわけこのHPをご覧いただき、測量遺跡の情報提供や現地までもご案内いただいた皆さまには、たいへんお世話になりました。ひとりびとりのお名前は、ご迷惑をおかけすることもあり例外をのぞき公表しませんが、ご支援いただいた皆さまに厚く感謝しております。ひきつづきお世話になりますが、よろしくお願い申し上げます。




■Top of this Home Page 総目次
■Next Page "Overview: History of Surveying in Japan"