北海道北部の三角点

礼文岳  
点名:礼文岳
地図:礼文岳

礼文島の内路(ないろ)から急坂を30分ばかり登るとあとは山頂まで高原状のなだらかな丘がつづきます。山頂まで1時間半を要しました。あいにくガスがかかり眺望は得られなかったのですが晴れていれば利尻山が正面に見えるはずです。この三角点は1899年(明治32)測量師の館潔彦(たて・きよひこ)さんにより選点されました。館さんはもと桑名藩士で1871年(明治4)に工部省測量司に任官、その後、内務省、陸軍参謀本部にうつり一等三角点だけでも263選点されました。[豊田友夫:100年前の足跡(一等三角点)陸地測量師館潔彦の場合 「測量」 日本測量協会 2002.2 p59]

利尻 ペシ岬
点名:鴛泊
地図:鴛泊

利尻島の鴛泊港の西にあるベシ岬展望台にあり観光客がたえず来ています。鴛泊の街はもちろん利尻山の展望にも絶好の場所です。この三角点も館潔彦さんが選点したものです。鴛泊港は稚内との連絡船の発着場所でもあり、また漁港にもなっています。港にある漁業組合に併設された食堂では新しいイカや生ウニが食べられます。

利尻 長官山
点名:利尻山
地図:鴛泊

利尻山の鴛泊登山コースの八合目にあたります。展望は利尻山が目近にそびえ鴛泊や沓形方面の街、礼文島が望めます。点名は利尻山になっていますが利尻山の三角点名は利尻絶頂で二等三角点ですがいまは亡失しています。九合目から長官山へ少し下ったあたりでリシリヒナゲシを見つけました。この花はわが国ではただ一種類の野生のヒナゲシで利尻島の特産種です。標高1000メートル以上の砂礫地で7月に開花します。利尻富士町の町花にもなっています。

長官山の名称は1932年(昭和7年)に北海道長官(現在の知事に相当)佐上信一がこの地点まで登ったたのを記念して付けられたもので 「利尻岳登り登れば雲わきて谷間はるけく駒鳥の鳴く 佐上信一」 の歌碑も建っています。

利尻山
点名:利尻絶頂
地図:鴛泊

わたしは1959年(昭和34)に初めて登頂してから42年ぶりになりましたが三角点標石はなくなっていました。当時かなり露出した三角点標石のそばで撮った写真がまだ残っています。今回は頂上の祠の裏で昔の三角点の盤石と思われるものを見つけました。約30センチメートル四方の御影石で中央に+印があります。頂上からは礼文、稚内方面、樺太が望めます。沓形見返台から登り5時間、鴛泊へ下り5時間を要しました。

ノッシャップ岬
点名:野寒布岬(のさっぷみさき)
地図:野寒布岬

稚内の北に突き出たノシャップ岬は利尻島が眺められる観光地で市街から車で15分、便利な位置にあります。岬突端、灯台の手前にある青少年科学館前の芝生南端に三角点標石が見られます。芝生に埋もれて見つけ難い標石です。

紋別公園
点名:公園
地図:紋別

紋別市街の北にある小高い丘陵地は紋別公園といい市民の憩いの場所になっています。公園の東寄りに「流氷展望台」がありそれを囲む芝生の南東端に三角点があります。地下に設置されており軽いコンクリート蓋があります。刻字は読めません。


■Top of this Home Page
■Next Page