岩手県の三角点

盛岡城跡
点名:岩手公園
地図:盛岡

JR盛岡から徒歩20分、市街東部の盛岡城跡にあります。本丸広場の北西、一面苔に覆われた地面すれすれに標石上面だけ露出しています。保護石もなく気づかず通り過ぎるような位置です。    

八幡平 (はちまんたい)
点名:八幡平(はちまんだいら)
地図:八幡平

八幡平アスピーテラインという車道の最高地点から安山岩を敷きつめた、なだらかな歩道をへて半時間で山頂に到達できます。三角点標石は山頂木製展望台の前にあります。この標石は1995年(平成7)に改埋され新しいものです。

展望台から四方はアオモリトドマツの樹海がひろがっています。大小の沼や池溏の間に敷設された木道を歩き群生する満開のニッコウキスゲやハクサンチドリを楽しみました。     

早池峰山 (はやちねさん)
点名:早池峯
地図:早池峰山

早池峰の山は淡く霞み、山の形は菅笠のごとく、また片かなのへの字に似たり [柳田国男:遠野物語 角川書店 2002 p6]

岩手県大迫町(おおはさまちょう)の岳集落から河原坊をへて小田越まで車道があります。小田越から蛇紋岩の多い急坂になり徒歩2時間半で山頂に到達できます。山頂は神社の祠や避難小屋がありますが、すぐ下の東の尾根筋は平らになっておりお花畑がひろがっています。三角点標石は最高点ではなく祠の数メートル下にあります。頂上から条件がよければ太平洋まで望めるそうです。わたしの登ったときは晴れていましたが周辺の山々が雲海からのぞいているだけでした。

早池峰山はヨーロッパアルプスで見られるエーデルワイスに最も近い種とされるハヤチネウスユキソウで有名です。8月上旬で最盛期はすぎていましたが名残の花を見ることができました。茎の高さは10〜20センチメートルで葉は綿毛で覆われています。白い花びらのように見えるのは葉の一部で総包葉といいます。中心部のうす黄色いところが花で頭状花といいます。よく似た花にミネウスユキソウというのもあります。         

栗駒山
点名:酢川岳
地図:栗駒山

紅葉の名所、栗駒高原の最高所の山です。一関市の須川温泉から名残ヶ原の湿地帯、昭和湖をへて約2時間で到達できます。ちょうど紅葉の季節でもあり大勢の登山者でしたが山頂付近は見頃でした。三角点標石はセメントの補修跡、ICタグもありました。   

大船渡 松島
点名:松島
地図:大船渡

大船渡市の漁港南にある小島で陸続きで行くことができます。小島の中央には小祠があり、その裏に三角点が見られます。標識番号「050 649」の刻字は確認できました。美しい三陸海岸が望めますが防潮堤や道路など2011年(平成23)東日本大震災の復旧工事が行われていました。


■Top of this Home Page
■Next Page