宮城県の三角点

石巻 トヤケ森山
点名:金山
地図:石巻

JR石巻から北へ4キロメートルにある丘陵です。石巻専修大学の北東から山頂直下まで車道があり容易に到達できます。山頂は草原で旧北上川、石巻市街、石巻湾が望めます。三角点の北5メートルのところに宮城県が設置した「三角標」が見られます。

石巻 日和山
点名:日和山
地図:石巻

石巻市街にある小高い丘で山頂には鹿島御児(みこ)神社が鎮座しています。日和山の名は石巻港を出航する船の船頭がこの山に登って天候を観察したことによるものです。1689年(元禄2)には松尾芭蕉も訪れています。三角点は山頂にはなく神社の北にある日和山公園の東屋南20メートルの地点、遊歩道そばに見られます。

松島 大高森
点名:大高森
地図:小野

大高森は松島の展望地点として有名です。JR仙石線(せんせきせん)野蒜(のびる)の南4キロメートルの宮戸島(みやこじま)にある小高い丘で松島側の登山口から徒歩15分で到達できます。三角点のある山頂は展望台があり美しい松島湾、石巻湾、野蒜海岸が望めます。この山頂には三角点標石とはべつに「測點 第八号 宮城縣」と刻字された標石がマウンド上にあります。どのような目的でいつ設置されたかわかりません。

大崎市石幌山
点名:貝抜沢
地図:鹿島台

石幌山は小牛田(こごた)の南西10キロメートルの丘陵ある山です。鳴瀬川を南に渡り次橋から絹掛牧場を経て石幌地蔵を過ぎた三叉路を東に数十メートルの山頂直下まで林道があります。

この四等三角点標石aとは別に南東に御料局二等三角点bと南西に宮城県の標石cが僅かはなれて見られます。ab間160、ac間70、bc間122センチメートルです。四等三角点北面には「613 414」の刻字がありました。

周囲は薄暗いスギ、ヒノキの人工林で見通しは得られません。山頂直下には車の離合場所があります。

名取市 ゆりが丘
点名:大森山
地図:仙台西南部

JR南仙台の西5キロメートルの地点です。仙台市から南へ名取川を渡った西の丘陵地帯にあり付近は「みどり台」や「ゆりが丘」の住宅地、尚絅(しょうけい)学院大学がある広大な開発地になっています。三角点は最高地点にある「海の見える丘公園」の直径10、高さ0.6メートル程度のマウンド上、ツツジの植え込みの中にあります。公園はテニスコートもある芝生の展望広場になっていますが探訪当日は雨で周囲の住宅地が望めただけでした。

名取市 雷神山古墳
点名:雷神
地図:仙台空港

仙台空港から北西3キロメートルの名取市雷神山古墳にあります。わたしが訪れたときは薄暮でしたが三角点のある小高い丘の上から名取市の市街が望めました。測量作業中であるのか、ぼろぼろの測旗が掲げてありました。

蔵王刈田岳
点名:刈田岳
地図:蔵王山

蔵王山の主峰ですが最高所は、ここではなく熊野岳(山形県)になります。山頂の駐車場から広い道を10分ほど登ると刈田神社があり神社南の石垣の外側に三角点が見られます。周囲には多数の碑が建っています。


■Top of this Home Page
■Next Page