茨城県の三角点

筑波原点
点名:筑波原点
地図:上郷

茨城県つくば市にある国土地理院の構内にある原点です。原点は東京にありましたが国土地理院の本院が東京から、つくば市に移転された機会、1979年(昭和54)に設置されました。この点の位置と原方向(真北との間の角)は天文測量と人工衛星の観測などにより極めて精密に決定されました。東京の原点はもはや高層ビルなどで視界に限度があったので、あらたな原点が設けられたわけですが、測量法では全国各地点の経緯度は東京の旧原点(日本経緯度原点)を基準にしています。しかし近年VLBI(超長基線電波干渉法)などにより絶対的な経緯度の測定技術が進歩してきたので筑波原点も東京と同じく、いまやモニュメント化しています。

国土地理院の正門を入り右側の駐車場からこの三角点の高さ約45メートルのコンクリート造りの恒久的な測地観測塔が見えます。この三角点には標石はなく観測塔のま下に直径11センチメートルの金属標が埋め込まれていて「筑波基準点 + 建設省国土地理院」と刻字されています。

国土地理院構内北東端 (電子基準点)
名称:つくば1
番号:92110
地図:上郷

つくば市の国土地理院の構内にあります。同構内には電子基準点が2個所あるうち北東端のものです。電子基準点としては初期のもので1994年(平成6)に設置されました。

国土地理院構内駐車場 (電子基準点)
名称:つくば3
番号:960627
地図:上郷

つくば市の国土地理院の構内にある駐車場に隣接して設置されています。同構内にある「つくば1」とアンテナ頂部の形状が異なっています。背景にあるパラボラアンテナはVLBI(超長基線電波干渉法)につかわれるもので電子基準点と関係はありません。

筑波山
点名:筑波山
地図:筑波

筑波山ロープウエーのつつじヶ丘駅から女体山へ上がります。山頂駅から徒歩5分のところに女体山の本殿が岩山に建っていますが三角点の標石はそのすぐ南に位置します。この三角点の最初の設置は非常に古く内務省地理局で1878年(明治11)に設置されました。

その後、陸地測量部によって再建されましたが亀石といわれる亀の甲羅のような岩に穴をあけ短くした標石を入れてコンクリートで固定しているようです。[田邉 正:国土地理院の標石 「地図中心」437号 2009年2月号 日本地図センター 2009 p8]

初期の点の記で標石の欄には「山頂固有ノ大石(黒花崗岩)ニ定規ノ十字形ヲ彫刻セシモノナリ 明治十一年度内務省地理局ニテ設置ノ場所」とあります。現在の一等三角点標石の南5メートルにある断崖上の自然石に×印が刻られています。一辺9センチメートル四方が平らに近く削られ一辺8センチメートルの×印ですが、これは初期の点の記に記載されている内務省のものではなく旧山林局の界標のようです。1899年(明治32)には現行の三角点標石が設置されており岩盤にあった十字刻印のところを掘削して埋設されたと思われます。

国土地理院は1978年から著名な山について三角点より高い地点の標高を調査し地形図に表示をしていますが筑波山は三角点から東側2.4メートル離れた岩盤のほうが約1メートル高い(標高は877メートル)ことが明らかになり1999年11月刊行の二万五千分の一地形図「筑波」には三角点の標高875.9メートルとともに表示されています。

三角点のある女体山から30分ほどで男体山山頂へ到達できます。男体山には三角点はありませんが標高は871メートルになっています。ケーブルで宮脇まで下山し筑波山神社に参拝することができます。

牛久市 清水台の方位標
点名:清水台の方位標
地図:牛久

JR常磐線佐貫から北東へ4キロメートルの地点ですが佐貫駅前から土浦龍ヶ崎線のバスで久保台一丁目下車、徒歩15分のところです。龍ヶ崎市と牛久市の境から北東へ斜めに入り1キロメートル、Tさん宅前の路上にあります。道路西側に「基準点」と牛久市のものと思われる「牛」の記号がある直径62センチメートルの鉄蓋が見られます。このなかに縦22、横40センチメートル程度のコンクリートの基台があり直径6.6センチメートルの陶器標が埋め込まれています。陶器標には「方位標 + 基本 建設省国土地理院」の文字が青色で焼き付けていました。

森林地帯又は広大な平野にある三角点又は多角点において、他の三角点又は多角点との視通がない場合に、方位の基準を与えるために設置する標石である。 [川口京村:測量法解説 全国加除法令出版 1963]

方位標についてはこの説明のとおりです。国土地理院のデータベースでは四等三角点になっており地籍測量のため設置したもので四等三角測量(実際は多角測量)で視通が得られなかったため設置されたものです。四等三角点「清水台」5340−71−2401は方位標と同じ道路で700メートル南西にありますが、この位置が土捨場になっており大量の土が路上にはみだし見つけられませんでした。方位標と同じように鉄蓋がありますが内部は標石になっているようです。


■Top of this Home Page
■Next Page