栃木県の三角点

那須三本槍岳
点名:三倉山
地図:那須岳

那須連山の主峰です。なだらかな高原状の山で山頂は広々しています。点名は三倉山ですが三倉山は三本槍岳の西6キロメートルの位置にあります。三本槍というのは、かつて那須、黒羽、会津の国境界になっていたことによるものです。

那須基線南端
点名:南区(なんく)
地図:矢板

栃木県大田原の那須基線南端点には市の教育委員会が設置したモニュメントがあり、この2メートル右横に三等三角点があります。基線とは三角測量をするために現場で長さを正確に測った三角形の一辺で那須基線は1878年(明治11)に内務省により設置されたものですが北端点は10キロメートルはなれた西那須野町にあります。この三角点は那須基線と直接の関係はありません。那須基線南端点の遺跡はモニュメントの中に埋められています。

塩原旧御料林
点名:塩ノ湯
地図:塩原

旧塩原御料林の標石探索の途上にあったものです。塩原ビジターセンターから南の尾根が旧御料林になっており遊歩道をへて40分でこの三角点のあるピークに到達できます。ピークの30メートル手前には御料局三角点の標石があります。周囲は雑木林で展望はありません。

宇都宮八幡山
点名:八幡山
地図:宇都宮東部

JR宇都宮の北西1.5キロメートルに位置する八幡山(はちまんやま)にあります。南側の車道から山頂の広場にでたところの小山に鳥居、祠跡、三角点、天測点がところ狭しと建っています。山頂からの眺めは宇都宮市街から栃木県北部の山々が望めます。

この三角点は1892年(明治25)に選定、測標(櫓)は翌年に建てられましたが1906年(明治39)、宇都宮市集英堂発行の「宇都宮市真景圖」には櫓が載っています。また、三角点が設置される前に内務省が1878年(明治11)この位置で経緯度測量を行い同年設定された那須基線南端点の位置を決定しました。

晃石山 (てるいしさん)
点名:晃石山
地図:栃木

JR栃木から車で15分、太平(おおひら)神社に到達します。ここから晃石山山頂まで徒歩で50分かかります。快適なハイキング道がついており木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を主祭神とした富士浅間(せんげん)神社のある太平山や木立にかこまれた、ぐみの木峠を通過します。山頂は鳥居と祠があり、そのまえに三角点標石がありますが周辺の樹木で展望は得られません。頂上直下の晃石神社からは南に栃木市の平野が開けています。余談ですが大平神社の直下にある茶店「あづまや」の「たまご焼」は名物です。

三角点標石は一等三角点ですが柱石部の一辺が21センチメートル、柱部分の高さは18センチメートルあります。一等三角点の規格は一辺18センチメートル、高さ21センチメートルが標準になっていますからほかの三角点よりも上面が広く座り心地も快適です。明治後期に設置されたとき、辺長と高さを取り違ったのかもしれません。

初期の点の記によれば旧標石は内務省地理局測量課により1880年(明治13)に埋定されました。地上標は截頭方錐形の黒花崗岩で南面に「全国原三角點」、東面に「明治十三年内務省地理局」、西面に「東経百三十九度四十分五十三秒 北緯三十六度二十一分三十五秒」と刻字されていました。また地中標は 「地上五尺余ニアリテ五寸方形ノ花崗岩面ニ對角交叉点ヲ以テ該中心ヲ表示シ...」 とあり、その後1902年(明治35)に元位置で改埋されています。旧地上標石は 「富山村駐在巡査ニ保管ヲ托シ置ケリ」 とありますが、まさか重い標石が交番に運び込まれたのではないでしょう。

一辺21センチメートルの三角点標石はほかにもあるそうです。いわき市小名浜にある一等三角点5540−37−2301「下神白」も該当例です。


■Top of this Home Page
■Next Page