千葉県の三角点

銚子地球展望台
点名:高神村(こうじんむら)
地図:銚子

犬吠崎の西1キロメートルの地球展望台にあります。標石の周囲はは説明盤もあり美しく整備されています。地球展望台は「地球の丸くみえる丘」といわれているだけに太平洋、九十九里浜、西方向にあたる三崎の風力発電所などが一望のもとに見渡せます。

この三角点の近くには方位標や銚子市の水準原点などの測量標石があります。

片貝漁港
点名:片貝(かたがい)
地図:上総片貝

伊能忠敬生誕地から南東2.5キロメートルの片貝漁港にありますが、道路からは見えない子安神社の鳥居の南で、かなりひどい竹やぶのなかにあります。

鹿野山
点名:鹿野山
地図:鹿野山

JR佐貫町から車で20分のところに国土地理院鹿野山測地観測所がありますが本館建屋裏に見られます。この三角点は1879年(明治12)に内務省地理局で選定されましたが2002年(平成14)4月の新測量法施行までは東京の日本経緯度原点からの方位角の基準になっていました。

初期の標石は1883年(明治16)田坂虎之助陸軍工兵大尉によって埋定されています。田坂は1871年(明治4)からドイツに留学し測量技術を習得しましたが1882年(明治15)に帰国後この技術をもとにして、これまでの内務省のやり方を変更し一等三角測量から開始し下位の二、三等三角測量にいたる方式に体系化しました。現在の標石は1958年(昭和33)に改埋されたものですが、この際に二見鏡三郎(陸軍省参謀本部所属、准奏任御用掛)の記した文書が出土されており鹿野山測地観測所で保管されています。

三角点標石の近くには偏心点測標(櫓)が2基あり、ほかに本館屋上にも偏心点とされた四等三角点金属標があり「No101972」の刻字が見られます。わたしは2001年(平成13)11月の中旬に訪れましたが冠雪した富士山がよくみえました。鹿野山測地観測所は地磁気の測定、重力測定など自然現象の観測を行っています。ここで得られたデータは地震予知や地球物理の研究などにも活用されています。

鹿野山 (電子基準点)
点名:鹿野山
地図:鹿野山

国土地理院鹿野山測地観測所の構内にある電子基準点です。本館の西、平坦な場所に見られます。受信アンテナの柱(ピラー)の下正面には直径15センチメートルのステンレス製の付属標No.93045Aがあります。測地観測所にありますが特段、変わった仕様の電子基準点ではなさそうです。

富津市布引海岸
点名:渚(なぎさ)
地図:富津(ふっつ)

富津岬の南側は布引海岸と呼ばれ砂丘と防風林が見られますがこの三角点は浜田集落の西に見られます。砂丘上にあり標石はコンクリート枡の中です。この位置から浦賀水道方面が望めます。このあたりで1881年(明治14)、参謀本部測量課が試験的に三角測量を実施しました。当時の遺跡はなさそうです。

富津岬
点名:富津
地図:富津

富津岬の突端から東へ2.5キロメートル、元洲集落南のキャンプ場の奥にあります。砂丘のような地形で三角点はマツ、クリなどの樹木で囲まれ展望は得られません。すぐ下に住宅が見えました。

君津市人見神社
点名:人見
地図:大堀

君津市内でJR線路と小糸川が交差する地点の500メートル北東の高台、人見神社の境内南端にあります。眺望はよく東京湾とそれを取り巻く工業地帯を望むことができます。

安房鋸山
点名:鋸山
地図:保田(ほた)

富津市にある鋸山は全山が岩山で主尾根の南側は日本寺の境内、北側は採石場跡になっています。日本寺の山頂まではロープウエイで登れますが三角点のある山頂までは日本寺の北口ゲートから外にでて採石場跡を大きく迂回します。急峻な上り下りの多い石段がつづく作業道で、いくつもの採石跡を見ることができます。山頂からは東京湾が望めます。また三角点のすぐそばに菱形基線測点が併設されています。

房大山
点名:房大山(ぼうのおおやま)
地図:館山

地元では単に「大山」といいます。館山市の洲崎(すのさき)灯台の手前にある坂田(ばんだ)から半時間で登れますが登り口が非常にわかり難いのです。バス停のところから真っ直ぐ山に入ると「庄次郎」という民宿に突きあたりますがここから左の薮にはいると背丈をこす篠竹の林のなかに踏み跡がありこれをたどると、まもなく尾根にはいり、まともな山道が山頂までつづいています。展望は館山湾、相模灘などみえ最高です。

じつはこの三角点が「変わりもの」の標石ということで国土地理院のホームページなどで紹介されていたので自分で確かめにいってきました。上面はかすかに一辺6センチメートルの+印が残っていますが中心からすこしはずれて○が刻印されています。内径34、外径43ミリメートルです。+の中心には標柱の跡とみられる穴があいています。「変りもの」というのはこの○印なのですが、もともと+だけであったところに何かの機器を標石上に置いた跡形ではないかと思われます。最初から意図して○を刻印したものではないようです。

佐倉市麻賀多神社
点名:佐倉
地図:佐倉

JR佐倉の北1キロメートル、小高い丘陵地で佐倉城跡に向かう道に面した神社なかにあります。本殿に向かって左の倉庫裏に見られます。麻賀多神社(まかたじんじゃ)は1843年(天保14)、堀田正睦(ほった・まさよし、江戸時代末期の老中、佐倉藩主)によって造営されました。


■Top of this Home Page
■Next Page