京都・福井府県境、丹後の三角点

三国峠
点名:三国峠
地図:古屋

三国峠は美山町芦生にある京都大学農学部演習林の最奥にあたります。芦生から入るより滋賀県側の生杉からの方がアプローチが便利なので、いつも大勢の人が登ってきています。林道の終点にあたる地藏峠を少し下った枕谷から登りますが湿地帯で原生林のようなところもあり新緑の頃や紅葉の頃はすばらしい景観が得られます。

三国峠は京都、滋賀、福井の3府県境にあたり地図には三国岳と載っていますが東南5キロメートルの京都市の最北端に、もう一つ三国岳と呼ばれる山があります。これと区別するために演習林の方は昔から三国峠と呼んでいます。

八ヶ峰
点名:八ヶ峰
地図:久坂

日本海に流れ出る由良川の上流、知見から登りました。昔のスキー場跡を経由するルートと林道を五波峠まで登り尾根伝いに行くルートがあります。道は非常によく整備されており地元の人たちがハイキングに来ています。三角点の標石は鉄枠で囲まれていました。

依遅ヶ尾山
点名:一ヶ尾
地図:丹後平

丹後町矢畑から舗装された林道を経て登山口から徒歩約1時間で到達できます。山頂には役行者と不動尊が祀られている祠があり、その北側の最高地点に三角点標石があります。間人(たいざ)の集落や丹後半島周辺の日本海が望めます。6月下旬に探訪したときはヤマアジサイやホタルブクロが咲いていました。

太鼓山
点名:太鼓山
地図:丹後平

丹後半島の間人(たいざ)から弥栄町のスイス村へ丹後縦貫林道をへて行きます。スキー場の東端にあるリフトにそって、登り15分で簡単に到達できます。山頂からの展望は丹後半島の山なみを望めます。太鼓山は昔、地元の人たちが雨乞いのため山頂で太鼓を打ち鳴らしたことによるものです。点の記によれば1886年(明治19)に測量局の六等技師三原昌が選定、1888年(明治21)に六等技師関大之が観測したことになっています。三角点の設置当時は交通の便が悪く宮津から橋北汽船会社の定期発動機船で伊根村日出に上陸、徒歩により現地へ行ったようです。

磯砂山 (いさなごさん)
点名:磯砂山
地図:四辻

北近畿タンゴ鉄道の峰山駅から大成(おおなる)登山口まで車で半時間、そこから1010段の階段を登り山頂まで半時間で到達します。この山は日本最古の羽衣伝説発祥の地とされ中腹には羽衣が舞い降りた女池や山頂には碑があります。山頂は芝生で展望台もあり丹後半島、天橋立、大江山方面の見晴らしが最高です。

国土地理院のホームページにはこの三角点標石は四方にNSEWと方向が刻字され変わりものの三角点と紹介がありましたが、わたしの見た限りではありません。摩滅してしまったのか地中部分にあるのかもしれません。点の記によると1927年(昭和2)に改埋しているので、それ以前のことかもしれません。現在の標石は一等の刻字が右書きですから改埋時のものと思われます。

磯砂山は「比治山」「足占山」「真名井山」などの別名で呼ばれることもあります。松本清張の推理小説で北緯35度、東経135度の緯度か経度で連続した事件が起きるのがあり磯砂山もでてきますが小説では比治山(ひじさん)と表現されています。[松本清張:Dの複合 新潮文庫 1973 p79]磯砂山の山頂は北緯35度32分、東経135度02分です。

大江山千丈ヶ岳
点名:千丈ケ岳
地図:大江山

千丈ヶ岳は源頼光の鬼(酒呑童子しゅてんどうじ)退治で知られている大江山の主峰です。北近畿タンゴ鉄道の大江山口内宮から大江山の家をへて車道があり千丈ヶ岳と鍋塚をむすぶ稜線まで行け駐車場から1時間足らずで山頂に到達できます。山頂は草原で展望はよく丹波の山々、宮津湾が望めます。写真の背景は福知山市の三岳山です。

大江山鍋塚
点名:大江山
地図:内宮

大江山の千丈ヶ岳から尾根つづきで鍋塚まで快適なハイキング道があります。千丈ヶ岳とおなじく山頂は草原で宮津湾も望めます。リンドウなど秋の山草が色とりどりに咲き競っていました。

赤石ヶ岳
点名:赤石岳
地図:大江山

赤石ヶ岳は加悦(かや)町の南に位置し大江山連山の一つにあたります。麓の大江山憩いの広場まで車道があり、この広場からモノレーターという資材運搬軌道に乗れば歩かずに20分で山頂まで到達できます。頂上には展望台やパラグライダーの基地があり加悦町や天橋立方面が望めます。6月下旬に探訪したときには三角点周辺にはササユリがまだ咲いていました。

三岳山
点名:三岳山
地図:三岳山

福知山市の北部にあり丹波の名山といわれています。山麓の三岳山の家から整備された登山道がスギとブナ林のなかにあり三嶽神社をへて頂上へ1時間半程度で到達できます。頂上の無線反射板の手前に三角点標石が見られます。山頂からは丹後半島の山々を望むことができます。

綾部市栗町記念碑
点名:記念碑
地図:福知山東部

JR綾部の西北西3キロメートル由良川北側の栗町の集落で南北方向に府道9号と東西方向に同74号の交差する位置です。厳密には五差路になって、その南西に栗区集会所があり、この前の府道74号に面して用排水改良事業を記念した古い碑が建っています。五等三角点標石がその碑の上面中央に埋設されています。

碑は大小2基、上下にあり下の碑の大きさは基礎盤石や上盤石などあり多少凹凸はありますが中央部は一辺110センチメートル角、地上高さ170センチメートルになっています。さらに上盤石の中央に小さな碑が載っています。小さな碑の大きさは東西方向76、南北方向25、高さ45センチメートルのもので碑の底両端には碑を支える下駄状の石があり底面全体が下の碑に密着しないように3〜4センチメートル程度の隙間があります。このわずかな隙間の中央前寄りに一辺15センチメートルの三角点標石が埋め込んであり中央には+印も見られます。

下の大きな碑の正面(北面)刻字は「萬代不動 恒久和平 五穀豊饒 安穏楽土 昭和三十七年二月四日立春之建」、東面は用排水路工事関係者の名前、南面は細かい字の碑文で判読困難、西面は隣家の塀との間が横になって通れる程度の狭さですが「測点 北緯35°18′30″920 東經135°13′22″228 標高31m98 X=−76421m08 Y=−70663m26 眞北方向角0°26′57″」(実際は小数点が随所に入っている)「日本政府国土地理院測定」「暦年洪水位 慶應2年8月 H31m28 明治29年8月H31m53 明治40年8月H31m23 昭和20年10月H30m18 昭和28年9月H31m71 昭和34年9月H30m58」の刻字が見られます。上の小さな碑の正面刻字は「優霑 穀豊 明治四十四年三月竣工 何鹿郡長○○」(○○判読不可)などとあります。

当時の「五等三角点之記」によると1961年(昭和36)9月に選点されたことがわかります。もともと測量された時点では簡単な標識であったものが翌年2月の大きな碑の竣工とともに三角点標石がモニュメントとして埋め込まれ測量成果も刻字されたものと思われます。この三角点設置は地元から強い要望があったそうです。なお近傍の民家の人の話ではこの碑は15年ほど前に道路拡幅工事にともない現在の位置に移設されました。

綾部弥仙山南
点名:於与岐町(およぎちょう)
地図:丹後大町

綾部市と舞鶴市の境界にある山で山頂には金峯神社があります。麓の綾部市於与岐町の水分(みくまり)神社から急坂を1時間半ほどで到達できます。しかし三角点はこの山頂にはなくさらに尾根づたいの山道、南1キロメートルの地点にあります。このあたりは杉林で展望はありません。

由良ヶ岳
点名:由良ヶ岳
地図:丹後由良

JR丹後由良の西500メートルの高台にある国民宿舎、丹後由良荘の裏からかなりの急坂を登ること2時間程度で到達できます。この二等三角点は西峰のほうにあり開けた山頂からは天橋立を望むことができます。由良ヶ岳は森鴎外作「安寿と厨子王」の舞台になっています。

烏ヶ岳
点名:烏ヶ岳
地図:河守

福知山市街から北東に見える無線鉄塔が林立している山です。由良川に沿って北へすすみ池部集落の南にある庵我(あんが)小学校から山頂まで狭いながらも舗装車道が山頂までついています。山頂からは福知山市内をはじめ丹波の山々を望むことができます。山頂の大部分は無線中継所などが占めていますが一等三角点標石のそばには「秋葉神社」と表示のある小祠が建っています。

西舞鶴建部山
点名:舞鶴富士
地図:西舞鶴

建部山(たけべさん)は西舞鶴市街からみて北西方向にある富士山の形をした山で地元では丹後富士とも舞鶴富士ともよばれています。南北朝時代から山城が築かれていましたが明治後期には舞鶴軍港を守るため要塞(堡塁)が構築され、いまも砲台や弾薬庫の残骸が残っています。下福井の登山口から薄暗い九十九折りの山道は昔、砲車を通したのか幅が広く側溝も残っています。山頂まで約1時間を要します。

山頂の状況は西舞鶴から見て手前の東側が弾薬庫、北端の石段を登ると西側には大きな窪地をはさんで砲台跡があります。弾薬庫は地面を水平にならしてコンクリートとレンガ造で間口10メートル程度、奥行15メートル程度の広さで5棟、さらに附属建屋もつながり全部で南北50〜60メートルほどの幅で構築されています。砲台も麓から見ると隠れていますが砲台跡からは由良ヶ岳も望めました。

弾薬庫の上に掩蔽のため盛土がされ雑木林になっており、その最南東端に四等三角点の標石が見られます。標石番号「026 111」は確認できました。このあたり、ところどころに下の弾薬庫に通じる穴(空気抜きか)が開いています。

西舞鶴下福井
点名:下福井
地図:西舞鶴

建部山の帰途に寄った三角点です。下福井の舞鶴湾岸は貯木場や建材置き場が多くあります。喜多貯木場の南200メートル、三叉路の海岸より(東側)に四等三角点が見られます。標石番号「060 750」は確認できました。この位置からは富士山の形をした建部山が望まれます。

多祢寺山
点名:多祢寺山(たねじやま)
地図:青葉山

東舞鶴市の多祢寺の北1キロメートルにある山です。寺の裏を通る林道から数方向に遊歩道が整備されておりシデの森などを経て30分程度で登ることができます。山頂は広々した草原状で舞鶴港を見下ろせ砲台跡の窪地も残っています。ちょうどツツジが満開でした。三角点標石の3メートル南には天測点があります。西の瀬崎方面から舗装道が山頂まできていますが一般車は通行止めのようです。また多祢寺参拝には舞鶴自然文化園経由の舗装林道が利用されるため赤野集落から多祢寺までの旧道は相当荒れています。

久美浜 兜山
点名:甲山(こうやま)
地図:久美浜

日本海に面した京都と兵庫の府県境近く、京丹後市にある山です。兜山とも甲山とも書かれていますが山名は「かぶとやま」、北タンゴ鉄道の駅は「こうやま」になっています。麓にある甲山寺から30分程度で山頂の展望台に達することができます。三角点標石は展望台と熊野神社の中間にあります。わたしの探訪したときは、みぞれが降り海の展望はほとんど得られませんでしたが山頂直下の「人食い岩」からは久美浜や甲山の集落を望むことができました。


■Top of this Home Page
■Next Page