旧京北町、美山町、和知町方面の三角点

鴨瀬谷山
点名:鴨瀬
地図:上弓削

京北町の奥にある秘境の地でしたが、いまは丹波広域林道がこの山のすぐ南を通っています。近くには百間滝といわれる大きな滝があり、また林道を東に進むとコシキ峠を経て八丁川本流に出られ遡ると廃村八丁へ到達できます。鴨瀬谷山は砥山ともシライシともいわれ砥石を産出しました。三角点は林道から急坂を登ること10分で達せられますが周囲は潅木に囲まれて展望は得られません。このあたりは熊が多く生息しており捕獲の檻も仕掛けてあります。

品谷山
点名:佐々里村
地図:中

廃村八丁の北にある山です。八丁からはスモモ谷をつめ品谷峠から東北方向に尾根を辿りますが、この山だけ目指すならば佐々里峠から尾根伝いに1時間で到達できます。登り降りの少くはっきり踏み跡のある快適な尾根筋で途中からダンノ峠を経て広河原菅原へ降りることもできます。三角点のある頂上は広々しており展望は八丁、広河原、佐々里の山なみが得られます。

ソトバ山
点名:祖母谷
地図:上弓削

廃村八丁の南にある山で「タキノタニ」ともいいます。八丁への東入口であるソトバ峠から南西に尾根を辿りますが、建設中の丹波広域基幹林道を横断します。峠から30分程度で到達できます。山頂からの見通しは得られませんが新緑のブナ林やアシウスギに囲まれイワカガミが咲いていました。

掛橋谷山 (かやんだにやま)
点名:掛橋谷
地図:中

周山の北、深見トンネル手前の男鹿谷(おとげだに)を詰めると丹波広域林道上の男鹿峠に到達します。かつては丹波の南北を結ぶ交易通路でしたが、いまや峠手前では踏み跡さえ定かでありません。峠から東へ50メートルほどの林道から尾根の北側へ踏み跡に沿い回り込み第1のピークを過ぎたあたりの尾根に上ります。あとは山頂まで容易に到達できます。男鹿峠から50分要しました。三角点のある山頂はスギ、ブナに囲まれ展望は得られません。

千谷山 (せんだんやま)
点名:上弓削村
地図:上弓削

府道61号の井戸峠から北1キロメートルにある山です。峠からほぼ尾根にそった広い道を北上し途中の植林地帯から西に入ります。峠から約1時間で到達できます。山頂はマツ、モミ、潅木が茂り展望は僅か南の方に城丹国境の山を望めるだけです。三角点の傍には新しい境界杭がありました。

京北筒江
点名:筒江
地図:上弓削

周山から国道162号を北上すると「京北ふるさとバス」筒江口バス停の近くに熊野神社があります。三角点は本殿西の広場の隅にありコンクリート枡の中ですが草に埋もれていました。No103891の刻字がある金属標です。

京北鳥谷
点名:鳥谷
地図:四ッ谷

周山の北、下中から府道佐々江・下中線を西に1.5キロメートルほど入ると船越峠があります。この峠を越えた北側に田貫配水池がありその傍に送電線巡視路があります。急な階段を登り尾根に出て巨大な鉄塔を過ぎたところの道の東側に三角点の軽量標識が見られます。標示杭から1.5メートルほど南で落ち葉にすこし隠れていましたが標識番号103890は確認できました。

下弓削
点名:下弓削
地図:上弓削

周山の北、下弓削の清田から東の狭間峠への道を50メートルほど入ったところの北側に灯篭があり、ここから金刀比羅宮への急な参道がついており徒歩15分程度で山頂の神社に到達できます。軽量標識の三角点は山頂広場の南西角に見られます。神社には「天保十年」と刻された手水鉢や「万延元年」の灯篭がありました。

京北五本松
点名:五本松
地図:上弓削

国道162号に沿った弓削川にかかる五本松橋の南(周山側)に熊田と塩田への道が分岐しています。塩田側へ3軒目の住宅裏が断崖でこの上に三角点があるのですが、僅かな距離ながら、ここからは登れません。熊田方面に100メートル、周山保育所がありこの前から倒木の多い山林を入り到達することができます。三角点は軽量標識でコンクリート柱に金属標が貼り付けられたものです。No104089を確認しました。この位置から弓削川を望むことができます。

姑棄野山 (こきのさん)
点名:姑棄山
地図:上弓削

周山の五本松の東にある山で南側から見ると富士山の形をしており「山国富士」とも呼ばれます。標高は430メートルと高くはありませんが登るのは困難です。五本松と下集落間の道は上部が廃道になっているようです。下集落から登りましたが峠付近はかなり急峻で山頂の三角点の東にでてしまいました。訪れる人もないようで標石も欠損がなく美しい状態でしたが刻字がかなり薄くなっていました。帰途は西の尾根を降りもう一つのピーク手前から五本松へ降りました。

京北鳥居
点名:鳥居
地図:上弓削

周山から黒田方面へ桂川沿いに京北ふるさとバスの鳥居停留所があります。これを西にはいり突当りの郵便ポストを南へ50メートル、西側の畑と杉林の間にあります。三角点標石と標示杭は笹と枯葉に埋もれていましたが、お出会いした地主さんに見つけていただきました。

常照皇寺北
点名:吹ヶ谷
地図:上弓削

常照皇寺の裏山は自然観察路として快適な道がついています。その尾根の西端まですすみピークを巻いて三角点のある主稜線に入ります。踏み跡があり三角点まで難なく到達できますが、この三角点はピークにあるのでなく、ほぼ平坦な尾根上で見逃すおそれがあります。常照皇寺から50分を要します。三角点のある尾根はヒノキや雑木で展望は得られません。

京北比賀江
点名:比賀江
地図:上弓削

京北運動公園の入口から南東の高台に登った神社(琴平神苑)境内の鳥居の傍にあります。標石は上面が地面すれすれまで埋設されています。このあたりは公園として整備され遊歩道があります。

京北大野
点名:大野
地図:上弓削

京北ふるさとバスの大野停留所から田圃に沿う道を真っ直ぐ南に入ったところの、あぜ道にあります。標石は地中に埋もれ上面と保護石のみ見られます。ちょうど田植えの終わった時期に探訪しました。

京北熊田北東
点名:井崎
地図:四ツ谷

熊田の天理教分教会の裏から林道があり終点から階段を登り峠の広場に出ます。東の塩田町からも林道がありますが京北町と京都市の「合併記念の森」の工事中です。峠の広場から塩田へ降りる階段の手前から尾根をマツタケ山の境界ロープに沿って山頂に到達できます。三角点標石は傷もなくICタグもなく美しい状態でした。山頂は開けていますが展望は得られません。

京北矢代中
点名:矢代中
地図:四ツ谷

矢代中の集落北東にある山で、わずかな距離ですが登り難い山です。民家で登り口を尋ね府道標識「E443A120起点」のところから谷を入りましたが主尾根近くはかなりの急こう配で難渋しました。三角点標石は最高所から数メートル東寄りです。標識番号「051 754」の刻字を確認しました。山頂は開けていますが展望は得られません。

黒尾山
点名:周山
地図:殿田

まず京北町の中心である周山の西に明智光秀の周山城跡でいまも石垣や井戸などが残っている城山があります。ここから尾根筋をすすみ、いったん未舗装の車道にでますが車道が尾根を右にまく直前の急坂を登ったところが黒尾山です。周山から2時間程度、要します。山頂の三角点からの展望は南に開けており一等三角点のある地蔵山が正面に雄大な姿を現しています。山頂から急な踏み跡をくだり柏原への林道に降りることができます。

周山中学校
点名:周山東
地図:周山

旧京北町役場から大堰川ぞいに国道477号を東へ500メートルすすんだ周山中学校の校内、入口近くにあり、四等三角点ですが立派な説明板が立っています。三角点のすぐ近くには白鳳・天平時代の寺院跡があり「周山廃寺跡」として礎石などその一部が残されています。

京北 (電子基準点)
名称:京北
番号:021003
地図:周山

旧京北町役場(現京都市京北合同庁舎)の大堰川に面した駐車場南にあります。2003年(平成14)に設置された新しい電子基準点です。受信アンテナの柱(ピラー)の下正面には直径15センチメートルのステンレス製の付属標があります。

京北町は2005年(平成17)、京都市右京区に合併されました。京都市街中心部から峠をいくつも越えて車で1時間かかります。

京北永野
点名:永野
地図:殿田

京北町栃本から約1時間、碁石坂を登り送電線に沿って尾根筋の踏み跡を東にたどると山頂の三角点に到達します。山頂には「森ヶ谷ノ頭」、「少林寺山」といった山名板が見られました。どの谷が「森ヶ谷」か不明、「少林寺」は、この山のすぐ南で古い五万分の一地形図にある小林寺のことと思われます。また「碁石」と書かれたガイドブックもあります。山頂は杉、アセビが茂り展望は得られませんが東の切開きをすこし降りると桂川周辺の集落が望めます。点名の永野はこの山の南の集落、長野のことと思われます。

京北弓槻 (ゆづき)
点名:弓槻
地図:殿田

桂川に沿った弓槻橋のすぐ南にあります。右岸道路上から標示杭は見えましたが、標石は杭から1.5メートル北にあり土と草に埋もれていました。軽量標石の上面だけ見ることができ「四等三角点 基本 No103888 建設省国土地理院」と刻字がある金属標が確認できました。

栗尾峠南
点名:西谷
地図:周山

京都市街から高雄をへて周山へ至る周山街道はいくつかの峠を越えますが、最後の峠が栗尾峠です。峠のバス停の北から西へ林道がありこれを500メートルほど入ったあたりの開けた場所から送電線を目指して尾根筋を登ります。若狭幹線里側152号の超高圧送電鉄塔をへて防獣ネットに沿って踏み跡があり容易に三角点のある山頂まで到達できます。バス停から30分要しました。山頂周囲はマツ、ヒノキ、潅木が繁っていますが西方向は周山方面の展望が得られます。

栗尾町東
点名:長谷
地図:周山

栗尾峠を北へ降りたところが周山の入口、栗尾町になります。栗尾町バス停から東へ余野へ向かう舗装林道があり800メートルほど入った北側に小祠があり、この対岸から南へ未舗装林道がついています。車の通行はほとんど不可能な廃道のようですが主尾根まで容易に到達でき林道東端、防獣ネットの山側に三角点が見られます。このあたりの最高点は三角点から東へ50メートルのところで周山の街並みが眺められます。

井戸山
点名:長子
地図:上弓削

井戸集落の南にある山で井戸山とも小祖父谷山ともいいます。井戸から標高点478メートルをへて尾根筋を登りました。獣道か踏み跡かが微かについていますが主稜線の直下はかなりの急坂で山頂まで1時間半を要しました。山頂の西はスギの植林、東はブナなど雑木で展望は得られません。帰途、稜線でエビネを見つけました。

三角点標石の東2メートルの位置にコンクリート柱の境界標がありました。

東股山
点名:余野
地図:周山

京都市北区の大森から茶呑峠を経て南西方向に尾根をつたうと1時間で到達できます。山頂の位置は京北町になります。三角点からの展望は丹波の奥深い山波が望めますがすぐ南に京都府の射撃場の音が聞こえ興ざめです。

灰屋山
点名:宮
地図:上弓削

灰屋(はいや)の段の木橋から谷の左岸に道がありフキ谷峠をへて約1時間で到達できます。フキ谷は相当荒れており、かつて黒田からの送電線が通っており撤去後の碍子屑などが残っています。峠から山頂までの稜線は明瞭なふみ跡があり途中のピークは比良山系などが見通せます。灰屋の古老の話では戦争中ここに空襲の監視所があったそうです。頂上は開けているものの背の高い広葉樹に囲まれ展望は得られません。

この灰屋山は洛北高校山岳部の北山五十山では「蕗ヶ岳」になっています。また点名の「宮」はこの山の北側を流れる大堰川沿いの集落名です。灰屋は現在14,5軒あり、町営バスも通ってますが過疎化が進んでいます。灰屋よりさらに奥の芹生は4、5軒ありますが常住されている家は一軒だけです。

雲取山
点名:川上
地図:花背

別所中の町(花背高原)バス停から旧スキー場横をとおり、寺山峠、雲取峠を経て1時間半で到達できます。展望は桟敷ヶ岳をはじめ北山の山並みが望めます。京都北山の代表的な山ですが山よりも周囲の谷が美しく地元では親しまれています。

大段谷山
点名:芦生
地図:中

芦生研究林にある廃村灰野から佐々里峠への中間地点西にあり、どちらからでも2時間程度で到達できます。踏み跡が山頂までついていますが熊の足跡が多くみられます。山頂はブナなど雑木が茂り展望は得られません。稜線は快適ですが灰野谷からの登りはかなり急勾配です。芦生研究林の近傍で、この大段谷山から3、4キロメートルの範囲にある奥ノ谷5235−75−7601とブナノ木峠5235−75−8901もおなじ点名「芦生」になっています。

芦生 ブナノ木峠
点名:芦生
地図:中

芦生演習林(現在は研究林といいます)のなかにあります。演習林は1921年(大正10)に京都大学が99年間の約束で地元から借地をしているものです。須後の演習林事務所から林道(一般車通行不可)を経て徒歩2時間でケヤキ坂峠へ、さらに尾根つたいに30分ほどで到達できます。ブナノ木峠は山のピークになりますが昔から「峠」と呼ばれています。山頂は開けており周囲のスギ、クリ、トチなど木のあいだから美山町の山なみが望めます。

演習林は植林地もありますが原生林のまま残されているところが、かなりあり他に類例をみない自然に接することができます。初期の点の記の順路の欄には「人家ヨリ弐里以上ニシテ達ス人跡無ト云テ可ナリ」と載っており選点に苦労されたことがわかります。

美山町 白尾山 (しらおさん)
点名:北村
地図:島

由良川に沿った美山町大内の集落から青谷川を遡り、途中から急坂の尾根筋に取り付き約2時間で到達できます。三角点の周辺は開けていますが雑木が茂り展望はありません。

点名の「北村」は白尾山の山麓にある美山町北の集落ですが主道路の北は茅葺きの民家が30棟ほど集中して建っており文化庁の重要伝統的建造物群保存地区です。

和知 天蓋山
点名:天ガイ山
地図:和知

JR和知駅の西北に「わち山野草の森」というのがありますが、そのなかの最高点にあたるところです。三角点の標石は忠魂碑のまえで広場になっています。山野草の森ではツバキの花がおわりシャクナゲが咲きかけていました。

長老ヶ岳
点名:長老ヶ岳
地図:和知

丹波の名山です。JR和知から仏主(ほどす)行きの町営バスに乗り、終点から徒歩2時間で到達できます。山頂の無線中継所用車道がありますが一般車は通れません。山頂には大きな岩、和知町の記念碑、あずま屋などがあり丹波の山なみの向こうに日本海が望めます。三角点は山頂の岩から5メートル北で最高所ではありません。わたしが、はじめて登った40年前の山頂は無線施設などなく石灰岩がいたるところに露出し、その間はヤマツツジで埋まっていました。

和知町仏主
点名:川原
地図:和知

長老ヶ岳の帰途に立ち寄りました。仏主(ほどす)の公民館の前の道を南へ30メートル入った行き止まりの家屋前にあります。

標石は転倒していましたが傷はありません。写真は立てかけて写したものです。北面には「642 784」の刻字が見られます。

鶴ヶ岡念仏
点名:鶴ヶ岡村
地図:島

旧美山町(現南丹市)鶴ヶ岡の西にある山です。小浜への街道にある砂木の集落から入り安井谷をへて送電線の巡視路にそってブナ林の新緑のなかを登りました。尾根筋には関西電力の反射板があります。山頂はアセビやブナの林に覆われていますが、その間隙から「地蔵杉」を望むことができます。地蔵杉へは尾根筋ルートが不明瞭で時間切れのためあきらめました。帰途は林道にそって鶴ヶ岡へ下山しました。

地蔵杉
点名:地蔵杉
地図:島

和知の名峰、長老ヶ岳の北東にある山で地形図には名前がありません。以前「念仏」からチャレンジしましたが時間切れで果たせず今回は地蔵杉の西にできた林道から試みました。この林道は仏主(ほどす)の集落から1.5キロメートル先で進入禁止、終点まで1時間あまり、そこから支尾根に微かな踏み跡があり主尾根に達し、あとは快適な広い尾根筋を山頂まで林道終点から約1時間を要しました。山頂は落葉の絨毯で名残の紅葉が見られました。

櫃ヶ嶽 (ひつがたけ)
点名:櫃ヶ岳
地図:村雲

京丹波町須知(しゅうち)の西、兵庫県篠山市との境界にある山です。山頂は地形図では兵庫県に位置しますが点の記では京都府船井郡瑞穂町(現京丹波町)になっています。須知の西、最奥の集落南谷(みのたに)から1時間程度で到達できます。山頂の潅木の間から京丹波町や篠山市の山なみが望めます。この山頂から西へかすかな踏み後をたよりに急坂の登り降りを繰り返すと広葉樹林の中、巨岩の点在する雨石山(あまいしやま)へ到達できます。

胡麻新町
点名:新町
地図:胡麻

JR胡麻の北西6キロメートルの地点にある三角点です。山陰線より北の新町集落の農地に見られます。付近は、くり林や牛舎跡などあり長閑な田園風景が広がっています。標石は欠損もなく北面に「040 899」の刻字が確認できました。山陰線を挟んですぐ南にある広野集落には「水分(みずわかれ)の路、胡麻分水界・海抜約210m」の標識がありこの位置から東は淀川から太平洋へ、西は由良川から日本海へ水が流れます。


■Top of this Home Page
■Next Page