京都市街周辺の三角点

花背 (電子基準点)
名称:京都左京1
番号:950330
地図:花脊

京都市でもかなりの山間部にあります。京都市街から車で1時間、花脊の大布施という集落にある京都市立花脊第二中学校のグランドに設置されています。わたしの探訪したときは日曜日でグランドでは町内のみなさんがゲートボールを楽しんでいました。こんな山のなかでも、ちゃんと受信できるのがGPSの特徴です。

静原北 裏ノ谷
点名:裏ノ谷
地図:大原

静原神社の東から北の谷を詰めたところにあり神社から30分程度で到達できますが道は不明瞭です。山頂でなく樹木の多い尾根筋の見通しが少ないところに設置されています。この尾根筋は15世紀末に山本対馬守が築いたとされる静原城跡で三角点の上部、標高480メートル地点は本丸、三角点の下部は東城郭になっており石垣などが僅かに残っています。2000年(平成12)にはじめて探訪し、13年ぶりに再訪しました。

静原 谷ヶ市
点名:谷ヶ市
地図:大原

静原から鞍馬へ抜ける薬王坂の入り口にあたり林道水谷線の起点となっているところで木工所裏(南)の石垣下にありますが、わかりにくい位置です。標識はコンクリート桝中の直径8センチメートルの金属標で「四等三角点 基本 No110093 国土地理院」の刻字があります。この三角点は2002年(平成14)に新設されました。わたしの探訪したときには、すぐ隣で耕地整備工事をやっていました。

静原 相田
点名:相田
地図:大原

静原小学校の北50メートル、用水路の桝のそばにあります。標石は地中桝ですが狭いので刻字は読めません。周囲は畑とそれにつづく丘陵です。この三角点は2002年(平成14)に新設されました。

静原南 五郎谷
点名:五郎谷
地図:大原

静原から箕ノ裏ヶ岳へ行く途中の峠の手前から東の谷に入りますが道らしい道はありません。谷の入口から20分で到達できます。標石には049 111の刻印がありました。杉木立の間から東北方向に焼杉山が見えます。

釈迦谷山
点名:釈迦谷山
地図:京都西北部

鷹ヶ峰の光悦寺から杉坂へ抜ける道を半時間くらい登ったところの山のなかにあります。三角点の位置は最高地点ではないので地図をよくみて行かないと到達に手間取ります。国土地理院のホームページによると、この三角点の情報表示の現況欄には「柱石亡失」とありましたが、わたしの見たかぎりでは、ちゃんと立っていました。

岩倉
点名:東山
地図:京都東北部

京都地下鉄の最北端「国際会議場」駅から北へ岩倉川に沿って徒歩5分、二つ目の八ノ坪橋のところです。川の堤防と同志社高校のグランドの間にあります。この三角点は1994年(平成6)に設置された極めて新しいもので、そのせいか損傷は見受けられません。点名は「東山」となっていますが、ここから東山の連山がよく見えるので東山と名づけたのではありません。もともと宝ヶ池の南にある東山に1903年(明治36)に設置されていたものを移設したものです。当時の標高は186.5メートルでした。

下鴨 (電子基準点)
名称:京都左京2
番号:960643
地図:京都東北部

わが家の近くにある電子基準点です。国際会議場のある宝ヶ池の南入り口に運動公園がありますが、その前庭に建っています。このあたりは風致地域であるため環境にマッチするようステンレスのむき出しではなく茶色に塗装されています。背景は五山の送り火で知られる「妙法」の山です。

下鴨あおい公園
点名:下鴨
地図:京都東北部

左京区葵小学校の東にある児童公園の中にあります。住宅地なのですが、この公園のそばを泉川という美しい川が流れており下鴨神社の境内に入っています。もともと三角点は府立大学の東南で疏水分流のそばに1903年(明治36)設置されました。(標高70.1メートル)その後近くの洛北高校に移設され(標高85.3メートル)さらに1996年(平成8)に現地点に移設されています。初期の三角点は今西錦司(人類学者、元京都大学教授)の1919年(大正8)の著作「箕裏岳登山記」にでてきます。

鞍馬街道の泥濘を蹴り、疏水支流北岸の三角点を征服。(中略)「そんなところ、歩いてもらうと困りまっせ。」と金切声。なんじゃ三角点を自分とこの庭石だと心得ていやがる。 [今西錦司著、斎藤清明編:初登山 今西錦司初期山岳著作集 ナカニシヤ出版 1994 p17]

京都御所
点名:御苑
地図:京都東北部

京都御所内の九条邸庭園にあります。東京に遷都されるまで京都御所の敷地には近衛家や鷹司家などの宮家や公家の邸宅が200ほど建ち並んでいました。現在敷地西南にある旧九条家別邸の拾翠亭(しゅうすいてい)茶室はいまもつかわれています。三角点は旧九条家の庭園にあたり厳島神社のある九条池の橋まではいつでも行けるのですが、あと10メートルというところで厳重な柵があります。環境省京都御苑管理事務所に事前にお願いしなければなりません。

わたしが探訪した時点の成果表ではこの三角点の標高は45.829メートルになっていますが小数以下3桁の測量値があるのは最寄の水準点から直接三角点の標高を決める測標水準測量(直接水準測量)によるものと解せられます。また古い成果摘要で調べると、この三角点は1903年(明治36)に設置されましたが「準三角点」になっています。等級に(V)と記載があり巻初の緒言にはつぎの説明があります。

(V)ヲ以テ示セルハ準三等三角點ニシテ其ノ精度ハ三等三角點に次クモノトス [陸地測量部:三角及水準測量成果摘要 第六巻 1917 p45]

準三等三角点は三角点設置時に前方交会法といいその三角点上で観測を行わずに他の三角点からの観測により位置を求めた三角点です。この三角点の設置当初の点の記には、覘標欄が「樹上串字形」となっており通常の「尋常方錐形」ではありません。敷地欄には「標石地ノミニシテ覘標敷地ヲ包容セス」とあり、さらに備考欄に「本点ノ覘標ハ宮内省主殿寮ト交渉ノ結果命ニ依リ撤去シタリ」とあるところから当地点での観測にかなりの制限を受けた結果、準三等三角点となったものと思われます。当時の成果表によると「吉田山」「鹿ケ谷」「清水山」「西院村」「舩岡山」(かぎ括弧内は点名)から視準されたことになっています。また「平均シタル方向」という欄には「御苑」から、これらの既設点への方向を計算によって求めたものが記載されています。(数値の左に×印があるのは、その点において観測していない印です)また「観測シタル方向」という欄は当然のことながら空欄になっています。

西院
点名:西院
地図:京都西南部

四条中学西の西院野々宮神社のうす暗い境内にある四等三角点です。標石の四等刻字部分には「京都市精密基準点1級 No.0810401」という金属プレートが貼り付けられていました。このような四等三角点は国土庁の委任により国土地理院が設置しますが市町村はこの三角点を利用して地籍測量をします。

地籍調査とは一筆ごとの土地について地番、地目、境界の確認とあわせて面積の測量をおこない公図や公簿を正確なものにする事業です。国土地理院の基準点と地方自治体の1級基準点が同じ標石で併用されていることは稀ですが前者の測量成果が異常な場合に地方自治体が実施する公共測量で同点を未知点として成果を求める場合もあるようです。

西院野々宮神社は平安時代に伊勢神宮の斎王に選ばれた皇女がここで心身を清めたとのことです。

九条
点名:九条
地図:京都東南部

大通りの歩道にある三角点です。JR京都駅で待ち合わせの時間があったので、その間に見てきました。地図も持たずに多分その辺にあったかなーという程度の覚えで探したものですから、うろうろし結局は近鉄の東寺駅近くまで歩きました。九条通りと堀川通りの交差点の東南にあります。案外、標石は美しい状態で残っていました。車に乗っている人も歩道を歩いている人も気づく人はまずいないのではないでしょうか。

上桂堤防
点名:上桂
地図:京都西南部

桂川右岸の堤防にあります。阪急電鉄嵐山線上桂の1キロメートル北にあたり西芳寺川が桂川に合流する地点に北河原人道橋が架かっていますが、その橋から70メートル東(下流)の堤防上です。三角点標石は舗装車道のきわですが芝草に覆われて見つけ難いところです。写真のトラロープの側が車道です。保護石と周囲のコンクリート、芝草が混在し標石の刻字は見ることができません。この位置から桂川上下流、嵐山方面の美しい景観が得られます。

嵯峨
点名:嵯峨
地図:京都西北部

宇多野から高雄へ行く街道に梅ケ畑という場所がありますが、ここから丘を越え大覚寺へ抜けました。ちょとハードな嵯峨野の散歩です。道らしい道はないのですが踏み跡はいたるところにあり難なく山頂の三角点に達することができました。この辺り秋には松茸山になるらしくビニールのひもが踏み跡に沿って張ってあります。山頂からの展望は樹々の間から愛宕山方面を望むことができます。

双ヶ岡
点名:御室(おむろ)
地図:京都西北部

地名は双ヶ岡ですが正式には雙ヶ岡と書きます。京都は東、北、西と三方山に囲まれ、さらに市街の三方向に三つの低い丘陵があり雙ヶ岡はそのうちの一つです。雙ヶ岡自体も三つの丘からなり全体が公園になっています。山頂近くには1980年(昭和55)に発掘調査された横穴式石室の古墳がありますが6世紀後半から7世紀にかけ豪族首長のため築造されたものです。この三角点の設置は明治後期ですが2000年(平成12)に改埋され新しい標石になりました。刻字は南面に左書きで「三等」縦書きで「三角点」、西面は「国地院」、東面は「基本」になっています。また標石の東南角が欠損しています。

船岡山
点名:船岡山
地図:京都西北部

市街北西にある丘陵で大徳寺の南にあたります。船を伏せた形の丘なので船岡山と呼ばれます。全山公園になっていますが明治時代に建設された織田信長を祭る建勲神社が東半分を占めています。三角点は山頂の展望台にあります。

船岡山は794年(延暦3)桓武天皇の平安京造営にあたって基準点とされました。また1467年(応仁1)から10年間つづいた応仁の乱ではこの地に砦が築かれたそうです。現在の三角点の標石の周りにも新しい「砦」が築いてあります。

神山
点名:神山(こうやま)
地図:京都東北部

この山は名前のとおり上賀茂神社のご神体になっているそうです。上賀茂柊野にある立命館大学のグラウンドから竹やぶの中を登ります。道が不明瞭なのと急坂で骨が折れますが半時間程度で頂上に到達できます。当日、5月も下旬でしたがまだヤマツツジが沢山咲いていました。三角点の標石は破損していましたがセメントで補修されていました。(補修部分も壊れかかっています。)山頂には三角点標石とは別にご神体のしるしでしょうか名前のない石碑がありました。

吉田山
点名:吉田山
地図:京都東北部

市街東にある丘陵で京都大学の東、節分で名高い吉田神社の上にあります。徒然草の吉田兼好もこのあたりに住んでいたので吉田と名乗ったそうです。点の記によれば三角点は1903年(明治36)に設置されました。わが家に近い三角点なので以前から、この標石を探していたのですが亡失したのか地図には載っていても実存していませんでした。現在の標石は1994年(平成6)に埋設された新しいものです。

三角点は丘の最も高いところではなく南の広場にあり吉田神社からの急な石段を上りそのまま登りつめたところです。吉田山も近年、遊歩道など整備されましたが、だんだん荒れています。わたしの母が子供のころの大正初期には松茸も採れたそうです。

吉田山の三角点は昭和初期に改埋されましたが、そのとき放置された古い標石を1931年(昭和6)10月8日の夕刻、旧京都一中(京都府立京都第一中学校)山岳部の連中がザイルをつかって担いで持ち帰ったというエピソードがあります。

山岳部のルームには三角点のほんものがおいてあった。 (中略) 吉田山の三角点がほりだされてころがっていたのを、何年かまえの先輩たちがひろってきて学校にもってきたのだそうだ。 [梅棹忠夫:北山そだち 梅棹忠夫著作集16巻 中央公論社 1992 p20]

この三角点は洛北高校時代にもルーム前に埋設されていて、毎朝、部員たちが三角点に挨拶していた。 [京都一中山岳部史編纂委員会:行手は北山その彼方 北山の会 2003 p43]

下鴨の今西邸にはT等三角点がある。ただし、これは国土地理院とは関係がない。今西の還暦祝いに、山のグループが石屋に造らせたコピーである。どなたのアイディアかは存ぜぬが、今西にふさわしい、気の効いた贈り物である。 [同上 p163]

京都一中の山岳部は今西錦司、西堀栄三郎、桑原武夫、川喜多二郎、梅棹忠夫など有名な登山家を輩出しましたが京都北山を本拠とした三角点指向の山行がを伝統となっていました。京都一中はその後、洛北高等学校になり吉田山の三角点標石も同山岳部に引き継がれたのですが同山岳部元部員の談によれば最終的には国土地理院に回収されたそうです。また今西邸の三角点は貴船奥の北山荘近傍に移設されました。

2003年(平成15)ころに地形図上121メートルの標高点(標石なし)のある最高所の展望台そばに基準点とおもわれる直径5センチメートルの金属標が設置されましたが+印のみで刻字がなく、どの組織で設置されたものか不明です。この位置にはもともと京都市により設置された基準点があったようです。1922年(大正11)測図の京都市都市計画図(都市計画京都地方委員会刊、京都大学蔵)には124.70メートルの三角点記号が載っています。


■Top of this Home Page
■Next Page