佐賀県の三角点

馬渡島 (まだらじま)
点名:馬渡島(またらしま)
地図:波戸岬(はとのみさき)

佐賀県馬渡島(まだらじま)の番所ノ辻にあります。呼子から船で50分(名護屋に寄港のため正味30分程度)で「宮の本」の港に着き、そこからは直線距離で1.5キロメートルですが曲がりくねった舗装林道を徒歩で70分要します。山頂近くの駐車場から、さらに狭くなった舗装道が山頂展望台まであります。一等三角点標石は展望台の手前(西)にありますが展望台の北に隣接して1889年(明治22)に設置された水路部緯度測定標があります。三角点標石の方は1891年(明治24)に埋設されています。

この標石は戦前に設置された一辺18センチメートルの標準の一等三角点ですが上面+刻印の北東象限に直径1センチメートルのICタグが埋め込まれていました。標石に固着するシリコンボンドが少しめくれていました。佐賀はICタグ採用が最も早い地方です。

馬渡島は4平方キロメートル、人口500人たらずの離島です。江戸時代のキリシタン弾圧を逃れ長崎からきた人々が多く定住されました。島内には立派なカトリックの教会も見られます。迫害を逃れるため住居は分散して建てられたそうですが、いまもその名残が見られます。島内には多くの舗装林道がありますがバス、タクシーなど公共の交通はありません。

大詫間 (おおだくま)
点名:大詫間
地図:佐賀南部

JR佐賀の南4.5キロメートル、早津江川と筑後川に挟まれ有明海に面した輪中で大詫間集落にあります。川副大橋を渡り大詫間小学校を過ぎ集落南端の県道140号前に土地改良記念碑2基に隣接してフェンスで囲まれています。一等三角点では北海道の「野付崎」についで最低標高になっています。


■Top of this Home Page
■Next Page