大分県の三角点

一尺八寸山 (みおうやま)
点名:三尾山(みおやま)
地図:裏耶馬渓

大分県の北部にある山で日田市と中津市の境界にあります。JR中津から日田行きのバスで大石峠で下車、徒歩2時間で往復しました。登山口まで30分、そこから平坦に近いなだらかな山道や車道(林道三尾線)を経て40分を要しました。山頂はヒノキ林とササで展望は得られません。

この山は難読日本一として有名で山頂には多数のモニュメントが立っています。二等三角点標石は大きな石造の碑の南にありますが、よく見ると刻字がペン習字のように細く弱々しい字体でした。もともと1894年(明治27)に設置された三角点ですが1982年(昭和57)に改埋されています。

「みおうやま」という名称ですが伝承によると、この山に住むキツネを捕らえたら尾が一尺八寸あったとか三つの尾をもつ蛇がいてその尾の長さの合計が一尺八寸あったなどといわれていると登山口に中津市教育委員会が設置した説明板にありました。

由布岳
点名:由布山)
地図:別府西部

由布院温泉の北にそびえる名峰です。別府と由布院を結ぶ途中にある正面登山口から3時間程度要します。山頂は火口の周囲に西峰と東峰があり三角点は西峰にあります。鎖場も数ヶ所ありかなり登り難いところです。6月初旬、ちょうどミヤマキリシマが満開でした。三角点標石には多くのセメント補修跡が見られました。

鶴見岳
点名:鶴見岳
地図:別府西部

別府の市内になりますが由布岳の東に位置します。ロープウエイがあり楽に山頂に達することができます。三角点は山頂のマウンドの上に見られます。標石はかなり破損していますがICタグも埋め込まれていました。

平治岳 (ひいじだけ)
点名:平治岳(へいじだけ)
地図:大船山(だいせんざん)

久住山系の山です。長者原(ちょうじゃばる)から雨ヶ池、坊ガツルをへて大船山北の峠までなだらかな登山道で約4時間、ここから平治岳山頂まで急登で40分、この斜面と山頂はミヤマキリシマの群落があり満開の花を堪能しました。山頂は双耳峰で北のピークに三角点があります。

久住山
点名:久住山
地図:久住山

九州の最高山は屋久島の宮之浦岳ですが九州本土では久住山になります。ところが近年、地元の新聞記者の指摘により久住山三角点の東北にある中岳が最高点で4米ほど高いことがわかりました。[荒井寅雄:九州本島最高峰測量始末記 「測量」 日本測量協会 1980.9 p12−14]

わたしは牧ノ戸峠から久住山、中岳を往復しました。写真に白い煙が少し見えていますが星生山(ほっしょうざん)方面の噴煙です。また三角点の標識が傾いていますが、これは写真の撮り方ではなく、どうも実際に傾いているようです。またこの標石の側面の角は面取りされています。

大分本神崎 (ほんこうざき)
点名:佐賀関(さがのせき)
地図:坂ノ市

JR日豊本線幸崎(こうざき)の北700メートルに神崎(こうざき)小学校があり、同校運動場の北西角に電子基準点が見られます。1996年(平成8)に設置されています。付属標は直径15センチメートルのステンレスです。学校の周囲は古い市街地で、その北は別府湾になります。


■Top of this Home Page
■Next Page