鹿児島県の三角点

大浪池
点名:大浪
地図:霧島温泉

九州、韓国岳の麓にある大浪池の東には三等三角点があることになっていますが点の記は作成されていません。韓国岳は宮崎県ですがこの三角点の位置は鹿児島県になっています。韓国岳の一等三角点を探訪した帰りに探したのですが、この三角点「大浪」の位置と思われるところには標石はなく対空標識がありました。国土地理院に問い合わせたところ1999年(平成11)に建設省が発注した公共測量で、この付近の写真撮影を行っていますが当該三角点の不明報告が提出されているそうです。現在の対空標識がどのような目的で設置されたかはわかりません。

開聞岳
点名:開聞岳
地図:開聞岳

薩摩半島の南端に位置する独立峰で「薩摩富士」の別名もある円錐形の休火山です。登山口は二合目で山頂まで二時間半かかりました。頂上には御嶽神社があり最高点の岩場から数メートルさがったところに三角点標石があります。眼下に池田湖、枕崎、東シナ海方面が望めます。

開聞岳は(中略)「ピーク・ホーナー」と英国製の海図には、最初の測量船の船長が命名したかと思われる名称がついている。開聞岳のすがたが、角(つの)細工に似ているからに相違ない。 [司馬遼太郎:胡蝶の夢 第二巻 新潮文庫 2004 p63]

桜島湯ノ平
点名:湯ノ平(ゆのひら)
地図:桜島北部

桜島港から車で15分、桜島の中腹にある湯ノ平展望台の前に見られます。軽量標識で上面は金属標が添付されています。この位置からは桜島の山が間近に見え、また鹿児島市街も遠望できます。周囲は灰色の火山岩が降り積もっています。

西之表市わかさ公園
点名:西濱伏(にしはまぶし)
地図:西之表

種子島の西之表港の南、約1.5キロメートルの高台、わかさ公園にある三角点です。公園の南、運動場の北にあたる駐車場から東の階段を登った東屋の前に見られます。標石には「060 935」と標識番号が彫られていました。探訪したのは2月半ばでしたがミツバツツジが咲いていました。

種子島熊野
点名:上大久保
地図:西之表

西之表港から国道58号を南下し、熊野(よきの)集落から東へ折れ、古田集落への道を1キロメートルほど登ると無線鉄塔が見えます。この無線鉄塔への道を辿ると道路際に一等三角点が現れます。鉄塔下の無線中継局手前50メートルの地点にあり、向いはサトウキビ畑になっています。初期の点の記によれば標石は1910年(明治43)年埋定で石質は「薩摩産古賀下石」となっています。現状も花こう岩ではなく黒っぽい石です。1983年(昭和58)に南西25メートルの位置から移転されていますが標石はそのまま移設されたようです。

種子島空港北
点名:瀬戸
地図:浜津脇

種子島空港から北へ3キロメートル、県道76号に面した「十三番」という小集落から西へ僅か入ると、気象庁中種子気象レーダー観測所があります。観測所建屋の南、柵外側に三角点が見られます。この場所は回峰(まわりのみね)といわれ種子島の最高峰になっています。周囲の草は刈られていますが展望はあまりよくありません。

宮之浦岳
点名:宮之浦岳
地図:宮之浦岳

宮之浦岳は九州の最高峰で屋久島にあり、淀川(よどごう)登山口から花之江河(はなのえごう)をへて5時間たらずで登頂できます。38年ぶりの再訪でしたが当時は小杉谷まで営林署のトロッコではいり花之江河で天幕を張りました。山頂付近は開けており巨岩がヤクササの中に露出しており展望は緑に覆われた屋久島全体と周辺の海が望めます。三角点標石は石材が柔らかいのか落書きが彫られていました。三角点の位置から5メートル東の大岩が最高点で1936メートルになっています。


■Top of this Home Page
■Next Page