潮位観測

潮位観測は海水面を観測することですが測量分野での目的は平均海面により標高の基準を設定することでした。このため明治後期から陸地測量部により各地で験潮場が設置されました。しかし、そのご標高の基準以外の目的でも各地でさまざまな機関が験潮を行うようになりました。海岸の隆起、沈降を検出して地震予知にも活用する測地分野や船舶の航行、港湾設備の維持、潮干狩りなどレジャーの分野でも役立っています。

2011年(平成23)末現在、国土地理院の「験潮場」25ヶ所のほか気象庁が津波や高潮などの観測をする「検潮所」72ヶ所、海上保安庁が船舶の水路を確保するために潮位を観測する「験潮所」20ヶ所などの設備もあり所管がかわれば「験潮場」、「検潮所」、「験潮所」など呼称もまちまちです。そのほか国土交通省港湾局や都道府県でも独自に観測所があります。霊岸島水位観測所、油壺験潮場など初期の験潮場は水準原点のところで紹介しました。ここでは近年に建設された国土地理院所管の験潮場も含めて掲載します。

国土地理院 飛島験潮場

地図:酒田北部

山形県酒田市飛島字勝浦にあります。酒田市から定期船により1時間半で飛島勝浦港に到着します。港のすぐ北の突堤に三角屋根の験潮場が見られます。この験潮場は1995年(平成7)に設置されました。

国土地理院 焼津験潮場

地図:焼津

静岡県焼津市中港にあります。JR焼津の約1キロメートル東になりますが。漁港の北側を迂回しなければなりません。特徴のない建屋ですが屋上のGPS受信アンテナが目じるしです。この験潮場は1977年(昭和52)に設置されました。

国土地理院 海南験潮場

地図:海南

和歌山県海南市冷水(しみづ)にあります。JR冷水浦の北西400メートルで諏訪崎の突端になります。この験潮場は1953年(昭和28)に設置されました。験潮場の建物の北にある岩礁には「天巳大神」という祠がありすぐそばに験潮場附属水準点が見られます。

気象庁 東京検潮所

地図:東京南部

中央区晴海埠頭の客船ターミナル西側は埋立地の公園になっており岸壁には水産庁はじめ桟橋が数ヶ所あります。それらの並び北端に気象庁の検潮所があり表札は「東京管区気象台 東京検潮所」とあります。検潮所建屋の陸地側が工事中で近よれませんでしたがフェンス手前に水準点が見られました。地中設置でコンクリート枡内にあり蓋はベニア板の粗末なものでした。標石は10センチメートル角で球分体の直径は3センチメートルありました。

この水準点は海上保安庁海洋情報部の「平均水面、最高水面 及び 最低水面一覧表」(HPで公開)によれば同部でも使用されており水面を計測する基本水準標になっています。最低水面はこの水準標の4.21メートル下になります。また最近の観測は2009年(平成21)であることもわかります。

気象庁 西郷検潮所

地図:西郷

定期船船着場から北西へ橋を渡ると港町に入ります。西郷湾に面した漁港になっておりほぼ中央の通路東側に松江地方気象台(元は西郷測候所)が管理する西郷検潮所の建屋があります。標札は海と反対側にあるので気づかずに通り過ぎてしまいそうです。無人ですがリアルタイムでデータの伝送はやっています。

この建屋の北にある空き地の草むらのなかに固定水準点があり「気象標石 1982年7月 西郷測候所」と刻字された29センチメートル角のコンクリート蓋を開けると水準標石が見られます。一辺15センチメートル角、球分体は直径5センチメートルで花崗岩製です。

気象庁 境検潮所

地図:境港

JR境港から「水木しげるロード」をへて東にすすむと木造の古い灯台が残置されている台場公園に入ります。そのすぐ海側の角に鳥取地方気象台が管理する境検潮所が見られます。海中に張り出している典型的な検潮所です。

検潮所から南東へ30メートルの草むらに「昭和62年3月 水準標石 気象庁」と貼り札のあるフェンスで囲まれた水準点があります。コンクリートの蓋石は見えましたが立ち入り禁止になっていました。このすぐ東隣、フェンスの外には国土地理院の二等水準点265号がありました。

海上保安庁 厳原験潮所

地図:厳原

厳原港の国際ターミナル傍に合同庁舎があり海上保安庁も入居していますが構内の海寄りに験潮所が見られます。1947年(昭和22)に開設されました。取付水準点は厳原市街、八幡神社前の国土地理院水準点「対1」になります。

熊本県 潮位観測所 水俣港

地図:水俣

水俣港の明神船だまりの堤防を先へ30メートルの位置に熊本県の潮位観測所があり、この建屋ドアの前に標識が見られます。直径5センチメートルの金属鋲で中央に直径1センチメートルの突起があります。傍には横10、縦4センチメートルの金属板が張り付けられ「熊本県潮位局 BM DL+5.756」の刻字がありました。この観測所の手前(堤防付け根)には海上保安庁水路部(現海洋情報部)所管の基本水準標HBMの金属標があります。

験潮儀

験潮場は断面80センチメートル四方、深さ大干潮面下1メートルの井戸を掘り井戸底の上部30センチメートルの位置に外海に通ずる導水管を設け井戸内の水面を験潮儀で連続して測定します。験潮場内に設置した標高が決められている固定点を基準として測っています。べつに験潮場の近傍には附属水準点を埋設します。

験潮儀は「浮き」を用いるものと水圧を利用するものがあります。写真はいずれも「浮き」を滑車にかけ他端に錘をつるし海面の変化にともなう「浮き」の昇降を自記記録します。ケルビン型験潮儀は1956年(昭和31)から使用されていましたが1966年(昭和41)からGSI型験潮儀に置き換わっています。[測量・地図百年史編集委員会:測量・地図百年史 日本測量協会 1970 p100]

潮候(潮汐予報)推算機

海上保安庁海洋情報部の海洋情報資料館では潮候(潮汐予報)推算機と呼ばれる古い計算機が見られます。潮の干満は月と太陽の一日周期、半日周期、月の一ヶ月周期、太陽の一年周期などいろいろな周期のものが合成されています。観測値を計算によってそれぞれの周期に分解(調和分解)して分潮を得ることができます。各分潮の値を潮汐調和定数といいこれを使って潮汐の予報ができます。1914年(大正3)から英国製ケルビン式15分潮候推算機により潮汐予報の推算をしました。その後1957年(昭和32)に英国製の42分潮潮候推算機(写真)を導入しましたが、やがて電子計算機に役割を譲ることになりました。[朝尾紀幸:観測機器が伝える歴史 潮候推算機 季刊「水路」156号 2011.1 p25−27]

木下順二作 戯曲「子午線の祀り」

平家物語によると源氏、平家の最終決戦は狭い関門海峡で行われましたが潮流が速く、かつ潮の干満によって流れが逆転するので、その時刻を計算した作戦が要求されました。潮流は、合戦の前半は平家に、後半は源氏に有利であったといわれています。[角川書店:平家物語 角川文庫 2001 p237]

木下順二の戯曲「子午線の祀り」は平家物語、壇の浦の戦いが描かれていますが、「書き上げたあとで」として木下さんはつぎのように述べています。

関門海峡の潮は、一日に二度、東へ向かって激しく走り、西に向かって激しく走る。(中略)七九三年前、現行グレゴリオ暦でいえば五月二日の午後三−四時頃、この檀の浦で平家が敗れた大きな理由の一つはこの潮の流れであった。(中略)遠く地平の北から大空に昇って遥かに天の北極をかすめ、遥かに天頂をよぎって遠く地平の南に降る無限の一線、大宇宙の虚空に描かれるその天の子午線の大円を、平家滅亡その日の朝七時、月齢二三・七日の下弦の月が、三八万四四〇〇キロのかなたで、南中時約七〇度の高さ、角速度毎時一四度三〇分で通過したゆえに(ゆえに?)、そのあと−水路部の「同時潮図」によれば−約九時間たつとこの海峡の漲(は)り潮は落ち潮へと変わり始め、潮は激しく西へ流れていた。 [木下順二:子午線の祀り・沖縄他一篇 岩波文庫 1999 p315]、[木下順二:「子午線の祀り」を書き終えて 毎日新聞 1978.2.6夕刊 学芸欄]

「同時潮図」は海上保安庁の「潮汐表」の巻末にあり同じ時刻に満潮(または干潮)になる位置を表したものです。


■Top of this Home Page
■Next Page