中央区・江東区の几号高低標
一石橋迷子石

地形図:東京首部
地理局雑報:一石橋迷子知ルヘ石

東京駅八重洲口前の外堀通りを北にすすみ、呉服橋交差点を越えると、すぐに一石橋があります。橋の西南角にフェンスで囲まれた高さ2メートル程度の迷子石があり、正面下部に几号が見られます。寸法などはフェンスの中でわかりませんでした。迷子石は「迷い子知るべ石」といい迷子や尋ね人のために1857年(安政4)に設置されました。正面には「満よい子志るべ」、右面は「志らする方」と張り紙用の窪み、左面は「たづぬる方」と窪み、裏面は「安政四丁巳年二月 御願濟建之 西河岸町」とあり日本橋の家主17人が拠金して設置されたものです。東京都指定有形文化財になっています。[長谷川渓石画、進士慶幹、花咲一男注解:江戸東京実見画録 岩波文庫 2014 p90]

この石碑のレプリカが両国の江戸東京博物館にあり、几号まで正確に模造されています。英文の説明では"Stone maker at Ikkokubashi for lost children"とありました。また「東京都第一建設事務所 原資料管理」という掲示もあり現物の所管を表しています。迷子石の右隣は本石町(ほんこくちょう)の「時の鐘」で江戸城から日本橋本石町へ1626年(寛永3)に移転したものです。

深川富岡八幡宮

地形図:東京首部
地理局雑報:深川八幡宮石華表

地下鉄「門前仲町」の東にある富岡八幡宮の西参道で、朱塗り鳥居の内側で資料館の裏にあります。もともと火消し「二組」により奉納された鳥居の柱に、几号が刻印されていましたが、現在は解体され横倒しになっており「二」「組」と大きく刻字された鳥居の台座とともに残置されています。

「不」の字の横棒は7.5、縦棒は9.5センチメートルで横倒しの石柱の端から30センチメートルのところに刻印されています。富岡八幡宮の境内には伊能忠敬像や美しいデザインの保護石に囲まれた三等三角点があります。

深川洲崎弁天

地形図:東京南部
地理局雑報:洲崎辨天門前碑

地下鉄「木場」の南にある、洲崎神社境内の波除碑(なみよけひ)の台石にあります。「不」の字の横棒は台石の縁にあたり磨耗して見られません。が縦棒は8センチメートルあり、地面すれすれになっています。この碑の裏が石垣に接近しており、うまく写真が撮れません。「不」の字の縦棒と「ハ」の開きは何とか写っています。

1791年(寛政3年)に高潮により深川、洲崎一帯に家屋損壊、死者多数がでたため、1794年(寛政6)頃、幕府は洲崎弁天から西を買い上げ、空き地にし、その境界にあたるところ二ヶ所に、波除碑を建てたといわれています。東京都指定有形文化財になっていますが、砂岩でもろく1923年(大正12)の震災、1945年(昭和20)の戦災で破損がひどくなっています。[江東区教育委員会:波除碑に刻まれたもう一つの歴史 「下町文化」209号 2000.4発行]


■Top of this Home Page
■Next Page