新宿区・渋谷区の几号水準点
神楽坂善国寺

地図:東京西部
地理局雑報:牛込神楽坂善国寺毘沙門堂虎石臺

JR飯田橋から神楽坂を500メートルほど上がると左側に毘沙門天で有名な善国寺があります。本堂右側の虎石の基台中央に几号水準点が見られます。社寺に奉納される彫刻は狛犬か獅子が多いのですが虎は珍しいと思われます。

「不」の字の横棒は8センチメートル、縦棒は9.5センチメートル、地上高は1.6メートルあります。

市ヶ谷八幡宮

地図:東京西部
地理局雑報:市ヶ谷八幡宮唐銅手水鉢臺石几号

JR市ヶ谷の西北にあり徒歩5分で八幡宮の石段に到達できます。本殿右側の手水鉢台石北側の下に几号水準点が見られます。手水鉢の几号の手前には支柱があり写真はうまく撮れません。

「不」の字は横棒8センチメートル、縦棒9.5センチメートルで基盤から「不」の上部まで12センチメートルあります。

千駄ヶ谷

地図:東京西部

JR千駄ヶ谷から東のガードをくぐり外苑西通りにそい新宿御苑に向います。一つ目の信号を左(西)へ入って6メートルの南側に標石が見られます。創価国際友好会館の裏にあたり、新宿区と渋谷区の境界上になります。

「不」の字の横棒、縦棒とも8センチメートル、標石は一辺24、地上高35センチメートルの花崗岩角柱です。地理局雑報によれば34番目の「青山六道辻甲賀町壹番地新設石柱」の近傍で、1886年(明治19)内務省地理局発行の五千分一「東京実測図」にも几号が表示されていますが水平面刻字の几号では「雑報」に記載された例がないので該当しないと思われます。[内務省:地理局雑報 第拾號 1879 p5]

渋谷宝泉寺

地図:東京西南部

広尾中学校の西に氷川神社がありますがこの神社の参道(中学校と反対側)の西南に宝泉寺があります。近くにはよく似た名前の室泉寺というのもあり間違いやすいところです。境内の「常盤薬師堂」碑の台座下部に几号があります。

「不」の字の横棒は8センチメートル、縦棒は9.5センチメートル、地上高は40センチメートルあります。


■Top of this Home Page
■Next Page