台東区の几号水準点
浅草 鳥越神社

地図:東京首部
地理局雑報:鳥越神社石華表(浅草元鳥越町)

蔵前橋通りに面した神社で西門鳥居の左下に几号水準点があります。「不」の字の横棒は8センチメートル、縦棒は10センチメートル、地上高50センチメートルあります。

上野 東照宮

地図:東京首部

上野東照宮本殿の南、不忍池方面への石段下にある鳥居から西へ2メートルの石垣隅に見られます。独立した標石で「不」刻印は標石上面に水平になっています。標石の大きさは22センチメートル角、高さ15センチメートルですが四辺が欠損しています。この標石は一辺60センチメートルのコンクリート基台に載っています。「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒は9センチメートル、地上高22センチメートルあります。

谷中 浄名院

地図:東京首部

上野の東京芸術大学の北で言問い通り(ことといとおり)に面したお寺にあります。このあたりは谷中(やなか)といい寺院や墓地の多いところです。正面入口の内側東、本堂に向かって右手に几号水準点が見られます。この几号水準点は独立した標石で「不」刻印が標石上面に水平になっています。「不」の字の横棒は9.5センチメートルで、ちょうど標石中央南北方向にあり、縦棒は7センチメートルあり標石中央の東西方向になっています。標石の上部は一辺24センチメートル、厚さ15センチメートルの角柱で上面までの地上高は60センチメートルです。

この位置に1875年(明治8)ころに内務省が行った大三角測量の三角点があったとか、現在の標石は近くの路上から移設されたとかの説がありますが決め手となる文献は見当たりません。[角田篤彦:「不」の石の謎 地域雑誌「谷中・根津・千駄木」54 谷根千工房 1998.7 p28]

この寺院は1667年(寛文6)、圭海により上野寛永寺の一坊として開かれ1734年(享保8)、浄名院に改称され明治になってから八万四千体の石地蔵が建立されました。

谷中 天王寺前

地図:東京首部

JR日暮里の南口から、わずかな坂を登ると天王寺の山門にでます。この南は谷中の墓地がひろがっており中央南北方向に「さくら通り」という車道があります。山門を背にして右側歩道50メートルの地点に独立した花崗岩の標石が見つかります。

形状は谷中浄名院のものとほぼ同じで水平面に几号が刻印されており几号の「不」の字の横棒は8.5センチメートルで、ちょうど標石中央南北方向にあり、縦棒も8.5センチメートルあり標石中央の東西方向になっています。標石の上部は一辺23センチメートル、厚さ15センチメートルの角柱で上面までの地上高は16センチメートルです。標石の東辺と北西角は欠損しています。谷中浄名院とともに1875年(明治8)ころに内務省が行った大三角測量の「日暮里」として西日暮里の養福寺前に設置された三角点の附属予備点であるかもしれません。

正確な所在地は谷中七丁目9番地です。この位置から少し南には鬱金桜(うこんさくら)の案内板があり淡黄緑の花の八重桜が咲くそうです。さらに南、交番所の手前には幸田露伴の小説で有名な天王寺の五重塔跡地があります。天王寺は鎌倉時代後期の創立といわれ明治初期には広大な境内の大部分は東京府に移管され共同墓地の谷中霊園になりました。

下谷 三島神社

地図:東京首部
地理局雑報:下谷金杉三島神社玉垣石柱

台東区下谷(したや)三丁目、金曽木小学校交差点の南一筋目東側角にある神社です。北門の敷石上に几号水準点がありますが通路の真ん中にある水平配置のためかなり磨り減っています。すぐ内側には「三島さま」で知られる石橋が埋まっています。「不」の字の横棒は7.5センチメートル、縦棒は9.5センチメートルです。この写真は刻印が磨り減り鮮明に写らないないので水ですこし湿らせ撮影しました。

橋場二丁目路上

地図:東京首部

白鬚橋から南へ100メートルの台東区橋場二丁目1−2、東側歩道中央にあります。アスファルト舗装で几号水準点の部分のみ露出した水平配置です。「不」の字の横棒は8.5センチメートル、縦棒9センチメートルで「不」の字が12センチメートル角の枠で囲まれています。標石の露出部分は23センチメートル角です。

今戸二丁目路上

地図:東京首部

台東区今戸二丁目26−12、今戸社会教育会館前の歩道にあります。橋場二丁目の几号水準点と同じ通りです。アスファルト舗装で几号水準点の部分のみ露出した水平配置で「不」の字の横棒は9センチメートル、縦棒9センチメートルで標石の露出部分は24センチメートル角です。


■Top of this Home Page
■Next Page