城下町の測量・太閤検地

戦国時代以降、大名は計画的な政治支配のため築城と都市建設をはじめました。都市の中心は政治と軍事の拠点である城郭です。城下町には家臣の住居が建てられ経済の中心として商業、手工業も発達しました。都市建設や道路整備にともなう測量の際、基準となる目印が残存しているところもありますが、これも伝承によるもので根拠は乏しい状態です。

萩城下街割

地図:萩

萩城下街割原標石は萩市大字江向の萩市役所となり、市民館北西角に見られます。地上高さは52センチメートル、横幅27センチメートル、厚さ最大22センチメートルの玄武岩で表面は平ら、背面は丸みがあり、たがね跡のような痕跡がありますが刻字は見当たりません。

1962年(昭和37)に萩市指定文化財(史跡)になっています。また1967年(昭和42)に道路拡張のため現在の位置に移設されました。元位置は現在地の北西10メートル地点にあり道路上に花崗岩の表示があります。[萩市史編纂委員会:萩市史 第1巻 萩市 1983 p195−198]

現地の説明板によれば江戸中期の「鳥田智庵記」という文献に「萩の正中石」として載っており藩士長富佐兵衛が命を受けて石を立て、萩の城下町をつくるときの測量の起点にしたと伝えられています。しかし、この文献は現在、所在不明になっており萩市では文化財指定のさい安藤紀一著の「萩史料」にある「鳥田智庵記」の引用を根拠にしているようです。[安藤紀一:萩史料 安藤芳彦 1935 p4]

「萩史料」には萩城下建設時の町割りに関する明確な記述がなく後年、拡大解釈され町割りの際に測量の起点として、この標石が設置されたという説が定着しているようです。萩城下の真ん中を示した標石には違いないようですが測量に用いられたかは定かではありません。また標石の設置は18世紀前半と考えられます。[樋口尚樹:萩市指定文化財「史跡萩城下街割原標石」再考 萩市郷土博物館研究報告 第9号 萩市郷土博物館 1999 p1−5]

京都の六角堂には「へそ石」と呼ばれる礎石があり京都の中心といわれています。[林屋辰三郎:京都 岩波新書 1962 p163]

ついでながら萩城跡に明治中期の几号水準点があるとの噂あり、調査したところ毛利氏の家臣、柳沢氏の家紋で「傘」の略字(内側が「十」)が上下2文字つながり「人」「木」「T」を縦に並べたような刻印が南門右手裏石垣にあり、この刻印真ん中が「不」の字に読めることから誤認したのではないかと思われました。

歌舞伎にあらわれた測量

丸橋忠彌(まるばし・ちゅうや 生年不明〜1651)は江戸で槍術道場を開いていましたが1651年(慶安4)、由井正雪(ゆい・しょうせつ 1605〜1651、兵学者)の浪人を集めた倒幕計画に加担し決行寸前、幕府に露見して処刑されました。この事件は三代将軍、徳川家光の死去にともない、これまでの大名の改易や転封により将軍の権力集中をはかろうとする武断政治への反感といわれていますが、幕府はこれに対処するため法の整備や儒学の普及による文治(ぶんち)政治への転換をはかりました。

この事件をもとにした歌舞伎「慶安太平記」が1870年(明治3)に河竹黙阿彌(かわたけ・もくあみ 1816〜1893)によってつくられました。丸橋が江戸城攻撃の準備のため堀の幅、水深、石垣の高さを測りに出かけ老中の伊豆守に見とがめられたのが計画露見のきっかけといわれています。まず堀に石を投げ込み水深を推定して、つぎに煙管と自分の腕の長さを三角形の高さと底辺につかい「規矩術」(きくじゅつ)の応用で石垣の高さを測ったようです。いまも本郷一丁目にある丸橋の道場跡ちかくには忠弥(彌)坂というのがあります。

犬  わんわん
忠彌 又吠えやァがるか。
    ト堀の中へ石を打ち込み、水音を聞く思入
(おもひいれ)、犬は下手へ入る。此の時冠(かぶ)りし笠ずるずると落ち、忠彌懐から煙管(きせる)を出し、間數を計る思入。 [河竹黙阿彌著、河竹繁俊校訂:黙阿彌名作選 第二巻 慶安太平記 丸橋忠彌 創元社 1952 p122 丸橋忠彌を演じる二世市川左團次の写真が冒頭にあります]

わざと犬に吠えさせ水音を他人に気づかれないようしました。引用文中に「思入」とありますが無言で感情をあらわす演技のことです。規矩術は三角法を応用した測量術でオランダから17世紀半ばに伝えられました。「規矩」(きく)という言葉は、孟子の「離婁(りろう)上」から引用されたもので、物事の基準(転じて倫理的なルール)となるものを「規矩準縄」(きくじゅんじょう)と表しています。「規」は渾発(コンパス)、「矩」は物差し、「準」は水盛り、「縄」は墨縄(すみなわ)のことです。

目測

1733年(享保18)、江戸時代の兵法家、測量家であった村井昌弘(1693〜1759)が著した「量地指南」には測量を始めるまえに平常から「空眼」(くうがん)を鍛えなければならないと説いています。村井は空眼を「俗に目ばかりと云」としていますが要するに目測のことです。規矩術をつかって長距離を測量する際でも、まず目測でだいたいのところ見当をつけておけば大きな間違いをすることはなく器具ばかりに頼ってはならないという戒めです。同書には「空眼の圖」が載っていますが目標を凝視する目つきです。歌舞伎役者も「思入」でこのように演じたであろうと想像できます。[村井昌弘:量地指南、復刻 江戸科学古典叢書 9 恒和出版 1978 p27−30]

目測に関連してずっと昔、鎌倉時代のことですが当時の歴史書「吾妻鏡」の1200年(正治2)12月3日のところに「大輔房源性(源進士左衛門尉整が子)といふ者あり。無双の算術者なり。しかのみならず、田頭の里坪(りひょう)を見て、眼精のおよぶところにおいては段歩(だんぶ)を違えず云々」とあり優れた目測の能力をもった人がいたことがわかります。ところがこの記述のすぐあとに陸奥国で地元の僧から算術の試合に挑まれ相手は算木を源性の座のまわりに置いたところ四方が暗くなり、方丈は大海になり源性の負けとなりました。この時代は算術も妖術も一緒に考えられていたようです。[貴志正造:全譯 吾妻鏡 第二巻 新人物往来社 1976 p394−395]

検地

1582年(天正10)、豊臣秀吉(とよとみ・ひでよし 1537〜1598)が全国規模の検地をはじめました。現在の地籍調査にあたり「太閤検地」と呼ばれ山城国からはじめられ1598年(慶長3)頃までつづきました。対象地域は陸奥から薩摩まで全国に及び朝鮮も含まれています。以前にも戦国時代の大名が支配地を対象にして検地を行っており、これは指出(さしだし)検地と呼ばれる方式で大名が家臣や寺社、村などに農耕地の面積、年貢、耕作者などを報告させたものでした。以前は土地に重層的な権利関係があり土地は戦国大名のものでありかつ家臣などのものでもありました。また検地は検地竿(物差し)で農地を測量し枡(ます)で収穫量をはかり年貢を決めていましたが検地のしかたや竿、枡などは各大名の間で統一されていませんでした。

これにたいし太閤検地では一様の基準で全国的な検地を行い近世社会の基礎となる石高制を定めました。秀吉の部下であった石田三成(1560〜1600)や増田長盛(1545〜1615)を検地奉行として直接、現地で行われました。土地の測量単位である度量衡についても一辺が1間(6尺3寸)の正方形を1歩(ぶ)とし1段は300歩(律令では360歩)と定められ全国統一の同じ長さの検地竿、枡が採用されることになり、また土地の経済的な価値は農地としての善し悪しを4段階に分け予想される米の収穫量を石高で表しました。当時の検地実施にさいし検地条目という朱印状による規則がつくられています。朱印状は武家社会での公的文書であり戦国時代のころから朱印が押されました。朱印状にもとづき耕作者の登録と農地の測量を正確に行うことにより年貢の徴収の合理化がはかられました。耕地だけでなく山野も検地の対象となった場合もあります。これにより、いままでの複雑な土地権利が整理され土地制度が一新され荘園制度は完全に崩壊しました。検地の調査結果をもとに村単位で検地帳(水帳)が作成され1冊は村の庄屋が保管し、他の1冊は幕府の御勘定所で保管されました。1591年(天正19)には秀吉から各大名に検地帳と国絵図の提出を命じています。大名は支配地の石高を把握され石高に見合った軍役も課せられます。太閤検地は1595年(文禄4)に完了しその結果を編集して「文禄國繪圖」といわれる日本全図が作成されました。太閤検地と石高制は豊臣秀吉が天下統一を成功に導いた重要な事績です。

興福寺多聞院の僧、英俊(えいしゅん 1518〜1596)の「多聞院日記」1591年(天正19年)7月29日のところには、つぎのように記録されています。

日本國ノ郡田ヲ指圖繪ニ書キ、海山川里寺社田數以下悉注上ヘキ由御下知云々、禁中に可被籠置之用云々、異ナル事也 [辻善之助編:多聞院日記 第四巻 三教書院 1938 p306]

鹿児島市の尚古集成館には「太閤検地尺」が国の重要文化財として残存しています。1594年(文禄3)から翌年にかけ薩摩島津家の太閤検地がありました。そのとき用いられた基準尺で1尺(約30センチメートル)の長さを示すため「×」が太く墨で2ヶ所に記され検地奉行、石田三成が「石田治部少」と署名、花押があります。裏面には「此寸を以(もって)六しやく三寸を壱間ニ相さため候て五間ニ六十間を壱たんニ可仕候也」とあります。「五間ニ六十間」は300坪で一反になります。「間」と「反」は検地丈量の基準となりました。この検地で島津家の領国は578、733石と算出されました。展示されている検地尺は複製品ですが撮影はできません。長さ45.5、幅6センチメートル、厚さ5ミリメートル程度(厚さは図録に記載なし)のヒノキ板です。これによって直接、田畑の測定をしたのではなく基準尺、いまでいう検定尺としてつかわれたようです。

江戸前期の和算家、吉田光由(よしだ・みつよし 1598〜1673)が1628年(寛永5)に著した「塵劫記」(じんこうき)は図を多用した算術書で「検地の事」という章を設けて不整形地の計算方法などを多数載せていますが明(中国)の「算法統宗」を模倣したもので実用性は低いといわれています。吉田光由の師である毛利重能(もうり・しげよし 生没年不明)は江戸前期の和算家ですがその著書通称「割算書」は当時を代表する貴重な和算書で土地測量についても述べています。[吉田光由著、大矢真一校注:塵劫記 岩波文庫 1977 p113−128]

江戸時代になってからの検地の様子はかつて幕吏であった安藤博(生没年不明、明治維新後大蔵省勤務)による「徳川幕府縣治要略」(縣治は地方行政のこと)に詳しく載っています。用地の四隅に細見竹(さいみだけ)を立て、そのほぼ中間に梵天竹(ぼんてんだけ)を立て対辺の梵天竹間に水縄(みずなわ、麻縄に伸縮を防ぐため渋汁を塗ったもの)を張ります。この際、水縄の交差点には十字木(じゅうじぎ、長さ1尺2寸〜5寸程度を十字形に組み合わせ)を置き縦横が直角になることを確かめます。縦横の水縄の長さの積を面積としますが不等辺の四角形など不整形地であれば目分量で実際の形状面積に近いところまで梵天を移動します。これは田畑一面(各筆)ごとの検地ですが、隣接した田畑など複数面全体周囲の把握のためには「廻り検地」といわれ屈曲点には見盤(量盤とも)、小方儀などを置き方位と距離(間数)を測り全体の形状を地図に表しました。閉合した多角形の土地を測量するという現在のトラバース測量に近い方法です。検地竿は太閤検地では6尺3寸でしたが江戸時代からは6尺に短縮されています。

検地に独特の用語があります。「一筆」(ひとふで)は地籍の基礎になる検地帳(水帳)一廉に記載される田畑、屋敷などの不動産です。「地引帳」(じびきちょう)は検地すべき土地を検地奉行に提出する帳簿で「地引繪圖」を添付します。「隠田」(おんでん)は検地をのがれるために、その土地を隠蔽することで厳罰に処せられます。一両年に自首した場合は没収されますが罪は問われません。「折」(おり)は屈曲した田畑の境界を一直線に見通し出入の面積を平均することで「折を見る」といいます。「抜歩」(ぬきぶ)は田畑のなかに大石などがあれば除外して検地することです。「石盛」(こくもり)は耕地、屋敷の好悪により石高を定めることです。「縄心」(なわごころ)または「餘歩」(よぶ)は農民の疾苦を考慮し役人の裁量により実測値より少なくすることです。「朱間」(しゅけん)は実測した縦横の間数を手帳から野帳(のちょう)に移記し縄心を朱書きすることで「朱間を切る」ともいいます。「大縄反別」(おおなわたんべつ)または「大縄」は測量の成果から「反別」(面積)を算出することです。[安藤博:復刻・徳川幕府縣治要略 柏書房 1965 p152−211]

江戸時代も享保の年代(1720年前後)になると幕府による大掛かりな検地はすくなくなりましたが、小規模な地押検地は各所でありました。地押検地とは争論地などを、その部分に限って検地をやり直すことです。幕府による最後の検地は1841年(天保12)近江三上山周辺の検地です。かなり厳しい検地のやり方で検地竿は5尺8寸で見かけの面積、石高を多くし強制的に承諾させるものでした。このため地元の農民は蜂起し庄屋を襲ったり本陣を取り囲み延期をさせました。[北島正元:土地制度史U 山川出版社 p71]

庄屋は藩から村に割り当てられた年貢を家ごとに割ってゆくと職権ををもち、また村の共同所有(入会)の山林の管理や水の配分の責任などをもち、管下の家々の暮しの監督までする場合がありました。庄屋は一村で実力をもつ農家が世襲しましたが、数軒のまわり持ちになる場合もありました。庄屋がとくに富裕な場合、苗字帯刀の身分をもつことができました。

地方測量之圖 (じかたそくりょうのず)

地方(じかた)というのは農村のことで、これにたいして町は町方(まちかた)また漁村は浦方(うらかた)といいます。地方測量之圖(じかたそくりょうのず)は葛飾北齋(1760〜1849)が1848年(嘉永1)に和算家で陸奥盛岡藩士、梅村徳兵衛重得の依頼により描いた江戸時代の測量風景です。図の左下に「応需 齢八十九歳 卍老人筆」とありますが北斎のことで北斎89歳、最後の版画作品と言われています。国立国会図書館所蔵であり同館HPから転載承認を得ました。(国図企090701001−1−315号 平成21年8月31日)原図は縦38、横53センチメートルです。

この図(錦絵)は検地のための測量風景を描いていますが、梵天や間棹、小方儀、大方儀などを使って作業をしている場面は当時の測量の実態です。全員が大小の刀を帯びています。図中には「土地を量りて遠近広狭高低曲直等をくハしう知るハ国家有益の要務にして・・・」などと文章が書かれています。梅村重得の測量術の師、長谷川善左衛門(初代と二代目)を称え初心者に測量の実態を伝授するため作成されたようです。千葉県九十九里町小関の伊能忠敬記念公園内にある伊能生誕地記念碑にはこの地方測量之圖がタイル絵で描かれていますが伊能の測量がこの絵のモデルになっているわけではありません。

2012年(平成24)2月〜3月、京都文化博物館で「北斎展」がありホノルル美術館所蔵の北齋作「地方測量之圖」の展示がありました。画面、左端中央の山の中腹、2人の人物のところに据え付けられた大方儀(大方儀は右下にも描かれています)から中央の樹の下の梵天(假標)の上部まで視準線がキラ(雲母)で薄く描かれています。よほど注意しないと見えませんが視準線が当時のまま残されている貴重な遺存例です。


■Top of this Home Page
■Next Page