絵図・地図の発展

日本での測量の成果としての地図の歴史をまとめると、まず局地的な地図としては7世紀から条里図、荘園図といった絵図がつくられています。これらは地形を科学的に描写することなく、土地の所属と収穫高を明示するにとどまり公租(国税、地方税)を目的としたものでした。16世紀後期の豊臣秀吉(とよとみ・ひでよし 1537〜1598)による統治時代には国家事業としての検地が行われ検地帳には農耕地の面積、年貢、耕作者などが明示されています。明治以降は地籍調査による「公図」が作成されましたが現在にいたるまで継続され「地籍図」として国家で管理されています。

広範囲の地図としては7、8世紀以降、「行基図」(ぎょうきず)に見られるような日本列島全体の輪郭を形成している絵図が作成されましたが国(地方)の位置関係を表した稚拙なものでした。また城下や寺域全体を表す絵図、宗教的な絵図なども作成されています。

京都では、古くは927年(延長5)に完成した律令の施行細則集といわれる「延喜式」(えんぎしき)に平安京の街路の様相が記載され、九条家本「延喜式」の追記古図には左京図、右京図が見られます。印刷刊行図としては、1626年(寛永3)頃に刊行された「都記」(みやこのき)の京都図があり、最古の刊行都市図といわれています。また1637年(寛永14)の「洛中絵図」は手書き図で1625分の1相当です。大きな屋敷の敷地は間口、奥行の寸法が記入されているので実測図といえます。[金田章裕:古地図で見る京都 平凡社 2016 p27−34、p114−123]

江戸時代からは国家事業として各地方(国)の「国絵図」の整備が行われ日本全体の地図も編集されました。国絵図からは縮尺や図式の科学的手法も取り入れ現在の日本地図にかなり近い形になってきていますが、測量技術や地図編集の技術が不十分であり正確性を欠くものでした。これらに見られる欠陥は実測による「伊能図」ではかなり改善されています。しかし広範囲の地図は印刷、出版されたものではなく、一枚ずつ筆で描かれたものであり幕府内部や藩主の所蔵にとどまり、ほとんど利用されることはなかったようです。明治中期以降は国絵図、伊能図は陸地測量部の実測による地形図へと発展します。伊能図関連については項をあらため説明します。

一方、民間でも利用できる日本全図や地方図が作成されました。これらは多くの利用者に供するため印刷、出版されたもので「流宣図」(りゅうせんず)や「赤水図」(せきすいず)が見られます。印刷技術もすすみ17世紀初期は木版手彩色の印刷でしたが、後に浮世絵などと同様に色ごとに刷り重ねる手法を用いた多色刷りが出現しました。18世紀末には高橋景保による「新訂萬國全圖」のように銅版印刷の地図が刊行されています。[京都大学文学研究科地理学教室・京都大学総合博物館編:地図出版の四百年 2007 p6−7]

国絵図

1600年(慶長5)、関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康が開いた江戸幕府は1604年(慶長9)、諸国の主要大名に命じて国ごとの絵図と土地台帳(郷帳)を作成し提出するように命じました。旧国単位の地図を国絵図(くにえず)といい作成開始時期によって慶長國繪圖(1604〜、徳川家康の時代)、寛永國繪圖(1633〜、家光の時代)、正保國繪圖(1644〜、家光の時代)、元禄國繪圖(1697〜、綱吉の時代)、享保國繪圖(1719〜、吉宗の時代)、天保國繪圖(1835、家斉の時代)と呼ばれています。このうち嘉永國繪圖は1637年(嘉永14)の島原の乱の前と後にそれぞれつくられ、また正保の國繪圖にも焼失にともなう再製があり製作時期の異なった2種類のバリエーションがあるようです。[高木菊三郎:一里塚と水準点 「測量」 日本測量協会 1959.8 p32]、[上杉和央:地図から読む江戸時代 筑摩書房 2015 p65]

初期は西日本だけが対象とされましたが正保年間で範囲は全国へ広がります。それぞれの国の絵図は郡ごとに色分けされ石高が記されました。各村は一つずつ小判形に囲まれて村名が記され国境を越える道も記入されています。山地の表現は山の側面の形を並べて描く方法が採用されていますが実際の景観を表したものではありません。「正保國繪圖」調製の布令では縮尺について「道法六寸一里にいたし繪圖に一里山を書付 一里山無之所三十六丁一里に間を相究 繪圖に一里山書付候事」とあります。「六寸一里」は二万一千六百分の一に相当します。

国絵図は各藩ごとに作成された絵図でしたが正保國繪圖以降、幕府では調整が企画され、まず幕府から派遣された巡見使によって国情が把握されました。ついで収集された各藩の国絵図を接合して集成した縮尺約四十三万分の一の日本総図「正保日本圖」が編集されました。これには北條氏平(ほうじょう・うじひら 1637〜1704、安房守)が関与していたと見られます。17世紀末には「正保日本圖」の修正、調整も行われました。ついで17世紀末から18世紀のはじめには日本総図として「元禄日本圖」が作成されましたが地形の正確さにおいては「正保日本圖」より後退しているといわれています。しかし国の領域間境界は当事者間で調整が行われたもので国境は厳密になっています。また蝦夷地(北海道)や千島は松前藩による正保國繪圖以降に現れますが、かなり実際とは異なっています。

ついで徳川吉宗の指示により享保日本図が編集されましたが1718年(享保3)から2年間、3回にわたって全国一斉に見当山(みあてやま、めあてやま)の望視調査を実施しました。北条氏如(ほうじょう・うじすけ 1666〜1727 幕臣)、建部賢弘(たけべ・かたひろ 1664〜1739、和算家、関孝和の高弟)の指導によりました。隣国の目当山2、3ヶ所が自国のどの地点から見通せるかの報告を求めたものです。1727年(享保12)に作成された望視調査記録「諸国見通目録」(国立公文書館蔵)によると全国203ヶ所の望視地点と86ヶ所の見当山、測定された方位が記載されているようです。たとえば山城国(京都)の愛宕山は6ヶ国、9ヶ所から望視、比叡山は近江国(滋賀)、3ヶ所から望視されています。離島も同様に望視調査が行われています。[川村博忠:現存した享保日本図の見当山測量原図 「歴史地理学」56巻3号 270 歴史地理学会2014 p23−36]

国絵図は幕府に提出された権威のある地図として領地争いなどの評定にあたって役割を果たすこともありましたが、ほとんど紅葉山文庫に収められ保管されているだけでした。しかし控えや写しが各地方に残存しています。明治維新後も各府県で手入れされ、地方独自のいわゆる「官版府縣圖」(府県管内図)として発行されているものもあります。

国絵図の測量

国絵図作成の具体的な方法は清水貞徳(1645〜1717)が1694年(元禄7)に著した「國繪枢要」や清水の弟子、河原貞頼が1727年に著した「國圖要録」があり、後者は前者を補充したものです。はじめに「程量」といい、その国の広がりと図形を察知し広狭によって絵図作成に必要なおおよその日数を見積もります。ついで「時察」といい測量に適した時期を考慮して作業計画を立てます。絵図には「真図」、「行図」、「草図」があり図示する内容の精粗によります。真図はすべての地物を忠実に描写し、山の植生までも図示しますが国の大小によって「真」の程度は異なります。真、行、草のどれにするかを決めて適当な縮尺を定めます。

測量に必要な人数は一班に6名として景観の写生、距離、方向の測量をはじめ棹立て、野帳(のちょう)記入などの役目を分担します。行程は一日、3里程度とします。地元に案内を乞う場合は検地を思わせる質問はしないなどの注意もあります。絵図を仕立てるための用紙の準備もしなければなりません。測量の開始にあたっては奉行所から関係地域へ人馬の提供など先触れをしてもらいます。

測量はまず外周を測量してその後、内側の測量をします。起点に棹(初棹)を立て1、2町先で初棹と視通のあるところに、べつの棹を立てます。方角と距離を測定し、これを繰り返します。測量の道筋からよく見える高山などの目標の方角を測り、さらに離れた他地点からも同じ目標を遠望して方角を測ることを「遠的」といいますが遠的によって棹間の測量や野帳の記入誤りを確認することができます。また遠的と同時に高山などの高さを求めておきます。国絵図が完成した後、山の高さを目録に記載するすることがあります。この場合は城下からの高さになります。

測量が終われば野帳にもとづき製図をすれば絵図ができあがります。絵図は狩野派の絵師による清書もあるようです。測路ばかりの写図によって折本に仕立てることを「道作」(どうさく)といいます。絵図ができあがると分間(縮尺)、地物の詳細などを記載した目録とともに藩主に提出します。[川村博忠:近世絵図と測量術 古今書院 1992 p165−191]

正保山城國繪圖

宇治市歴史資料館には正保國繪圖のうち山城国の絵図が所蔵されています。1646年(正保3)頃に作成され京都所司代の板倉重宗(いたくら・しげむね 1586〜1657)、代官奉行の五味豊直(ごみ・とよなお 生年不明〜1660)、山城長岡藩主であった永井直清(ながい・なおきよ 1591〜1671)が絵図元になっています。縮尺は「七寸一里」で一万八千四百分の一に相当します。洛中は非常に詳しく、東に加茂川、南西に桂川が流れ、鹿苑寺(金閣寺)は三層の楼閣と池まで描かれ、東山には多数の社寺を配し、たとえば五条大橋であれば「五条石橋長七十六間広三間二尺」というように橋の規模がわかるような添書きもあります。[国絵図研究会:国絵図の世界 柏書房 2005]

滋賀湖北 山本山の見当杭

地図:竹生島

山本山は滋賀県湖北町にあり琵琶湖の最北部湖岸に接している標高324メートルの山です。この山は山本城跡になっており10世紀中頃、山本義定一族によって築城されたようです。山頂の本丸跡の北端に「見当杭」(けんとうぐい, めあてぐい)といわれる一辺14センチメートルの角木柱が立っており、説明板によれば江戸時代の測量の基準とし高さ一丈四尺(4.62メートル)の柱を立てたのがはじまりと伝えられ以後20年ごとに立て替えられているそうです。交会測量の目標点とされたことも考えられます。目当杭の「目当」は「けんとう」とも「めあて」とも読まれます。「目的」(めあて)と書かれている文献もあります。

「見当杭」の設置根拠は地元「山本区」(旧朝日村大字山本、明治初期は山本村)の伝承からで文献などによるものではないという湖北町教育委員会の話でした。現在のものは2000年(平成12)に山本山保勝会によって設置されました。現地には地中に差し込めるよう花崗岩の切石で約20センチメートル四方の囲いがあります。山本山は田中山とも朝日山ともいいます[東浅井郡私立教育会:東浅井郡誌 1901 p255、265]

かつて越後高田城には積雪を測るため「雪竿」といい長さ一丈の木を角に削り尺を刻んで建っていたそうです。琵琶湖北部も豪雪地帯であり、あるいは積雪を測ったのかもしれません。[鈴木牧之:北越雪譜 岩波 2006 p26]

この見当杭は2012年(平成24)4月、5年ぶりに再訪したときには根元が朽ち、倒されていました。差し込むための切石は正常ですが説明板もなくなっていました。

流宣図 (りゅうせんず)

行基図(行基式日本図)は江戸時代初期には木版図として刊行されましたが17世紀後期には浮世絵師、石川流宣(いしかわ・とものぶ 1661〜1721頃)が作成した、いわゆる「流宣図」(りゅうせんず)が行基図にとって代わりました。石川は「見返り美人」の絵画で著名な菱川師宣(ひしかわ・もろのぶ 1618〜1694、江戸時代初期の画家、浮世絵師)の弟子であったようです。流宣図は民間、庶民レベルまで江戸の社会広く利用されました。なかでも1691年(元禄4)初版の「日本海山潮陸圖」は30回以上改版され、最終と思われる改版は1778年(安永7)に行われています。流宣図はもととなる測量の稚拙さもあり実際の地形もデフォルメされていますが図面上で余白の少ないバランスのとれた美しい芸術性を重視した地図になっています。

森幸安

森幸安(もり・ゆきやす 1701〜没年不明)は京都出身の地図・地誌製作者で江戸中期に大坂で活躍しました。1751年(寛延4)に作成した「日本志輿地部 地球天合線度圖」では地球上の日本の位置をあきらかにしています。1754年(宝暦4)に作成した「日本志輿地部 日本分野圖」には方格状の経緯線が引かれています。経緯線の入った日本図としては最初のものであり、それまでの絵図と異なり地形の正しさと詳しさを目指しています。1755年(宝暦5)の「日本尚古圖」は歴史地図で過去の日本を考証しています。この時期、伊勢松坂では小津栄貞(おづ・よしさだ 1730〜1801)が若い頃に詳細な日本図を作成しています。小津は後の本居宣長(もとおり・のりなが)です。

長久保赤水

地図:高萩

長久保赤水(ながくぼ・ せきすい 1717〜1801)は常陸国多賀郡赤浜村(現在の高萩市)出身の地理学者、漢学者です。1777年(安永6)には水戸藩主徳川治保の侍講となっています。1779年(安永8)出版図として「改正日本輿地路程全圖」(かいせいにほんよちろていぜんず)、通称「赤水図」を刊行しました。この地図はそれまでに刊行された地図や資料をもとに編集され、実測によるものではありませんが地形を重視した地図になっています。民間による地図の利用は流宣図から赤水図に移りました。赤水図からは図面としての美しさよりも地形の正確さを重視する地図に替わってきています。[堀淳一編:地図 作品社 1994 p92(織田武雄:女人国物語)]、[上杉和央:地図から読む江戸時代 筑摩書房 2015 p174]

赤水図では緯線は等間隔の平行直線で表され経線とされるものは緯線に直交して描かれています。緯線には緯度が記載されていますが、経線には経度は記載されていません。経緯度線は森幸安の「日本志輿地部 日本分野圖」の影響を受けているとの説もあります。しかし長久保と森との交流については確認されていません。[上杉和央:地図史における森幸安の再布置「歴史地理学」248 歴史地理学会 2010.1 p56−68]

赤水図は10里を1寸として縮尺は約130万分の1となっています。6色刷で、蝦夷地、琉球を除く日本全土が表されています。赤水図には柴野栗山(しばの・りつざん 1736〜1807、讃岐出身の儒者、湯島聖堂で学ぶ)の序文があり長久保による20年あまりの研究の結果、この図が完成したことが記され、また図の下部には長久保による説明文が載せられ縮尺、方位などが科学的に考察されていることがわかります。赤水図は伊能忠敬の地図より約40年前に出版され、明治初期までの一世紀間に長久保の死後も含め1840年(天保11)まで8版を数えました。実測による伊能の地図には劣りますが伊能図は市中にでまわることはなく、この赤水図が江戸後期の印刷、出版図として明治時代まで一般に広く使われました。1823年(文政6)にオランダから来日したシーボルト(Philipp Franz von Siebold 1796〜1866)も赤水図に注目し本国に持ち帰っています。

長久保は日本図のみでなく「地球萬國山海輿地全圖説」、「△蘭(おらんだ)新訳地球全圖」(△は渦のさんずいのかわりに口)などの世界図の作成、出版にも関わっています。これらは当時、日本の政治、社会の海外への関心が高まってきたことが背景にあるようです。

長久保の生誕地である高萩市赤浜には1987年(昭和62)に建てられた記念碑があります。JR常磐線高萩から北へ国道の赤浜信号を東にはいり旧街道に面し北側です。「長久保赤水誕生地」と彫られ経緯度線のはいった日本地図も描かれています。この生誕地碑から旧街道を北へ1キロメートル、東側に松林の砂丘が見られますが北端に長久保一族の墓地があります。墓地の入口には「從是東 贈從四位 長久保赤水之墓」と彫られ高さ3メートル程度の石柱があり目印になります。墓地の中央には長久保赤水の墓碑があり「水戸前講讀官 赤水○○翁碑」(○は判読不明)と彫られています。また長久保の旧宅はこの墓地からさらに北へ200メートル、国道にでる手前にありますが非公開です。この位置からJR常磐線南中郷まで徒歩10分です。

箕作省吾

地図:水沢

箕作省吾(みつくり・しょうご 1821〜1846)は水沢出身、幕末のの蘭学、地理学者です。江戸に上がり津山藩江戸詰の蘭学者、箕作阮甫(みつくり・げんぽ 1799〜1863)のもとで地理学者として大成し阮甫に望まれ箕作家の婿養子となりました。箕作阮甫は幕臣としてペリー来日時に米大統領国書を翻訳また蕃書調所の首席教授に任ぜられています。著作「地殻図説」のなかに日本で初めて「地質学」という言葉が登場します。また阮甫の門下生にはわが国の近代測量に欠かせない人物、荒井郁之助(1836〜1909)がいます。 [泊次郎:プレートテクトニクスの拒絶と受容 東京大学出版会 2008 p58]

箕作省吾は24歳のとき「坤與図識」を著しました。この著書は日本人の立場から体系化した世界地誌として省吾によって作成された世界地図「新製輿地全図」とともに幕末期の人々に大きな影響を与えました。同郷同時代の人に高野長英(1804〜1850がいます。箕作省吾が作成した地図のうち数点は国土地理院所蔵であり省吾が結核に犯されたとき無理を押して血痰を抑えながら作成した壮絶な地図が存在するそうです。

奥羽市水沢の乙女川のそばに「箕作省吾先生誕生之地」の碑があり、近くの乙女川公園には山崎為徳(やまざき・ためのり1857〜1881)と一緒になった碑があります。山崎も水沢出身ですが開成学校(現東京大学)から同志社英学校に入学、創立者新島襄の後継者とも嘱望されていましたが若くして病死しました。山崎の墓は新島の墓とともに京都市若王子の同志社墓地にあります。山崎は地理学者ではありませんがシーボルトが持ち帰った伊能図を原図として米国で1855年に出版されたコルトン社版の地図を翻訳筆写しており、この地図は山崎が設立に尽くした日本基督教団水沢教会で所蔵されています。また「乙女川先人館」には箕作省吾、山崎為徳、と北海道開拓の先駆者吉川鉄之助(1859〜1931)の業績が展示されています。

北浦定政

地図:大和白石

北浦定政(きたうら・さだまさ 1817〜1871)は現奈良市古市の出身で幕末の歴史地理学者です。藤堂藩古市(城和)奉行所に出仕するかたわら陵墓、平城京はじめ大和国一帯の条里(北浦は条里のことを班田と記しています)の調査研究を行いました。陵墓は蒲生君平(がもう・くんぺい 1768〜1813、宇都宮出身)の「山陵志」に自己の見解と異なるものを見出したのがきっかけです。

1852年(嘉永5)に作成された「平城宮大内裏跡坪割之圖」、「大和國班田略圖」は村名、字名などの古記録と現地を照合し地割(条坊)を復原したものです。北浦は測量、地図作成にあたって独自に考案した測量車(一回転で一間の量程車のようなもの)も利用しました。現地を踏査の野帳は「松のおち葉」(5冊残存)と名づけられ、これをもとに条里図を作成しています。携帯用の小さな野帳には方位は北を上に採り、条里の交点に○じるし、境界に△じるしなどの図式記号を使用しています。[岩本次郎・木全敬蔵:平城京研究の先覚者 北浦定政に関する基礎的研究「奈良国立文化財研究所年報」1989 奈良国立文化財研究所 1990 p53]、[木村芳一・奈良県史編集委員会:北浦定政の条里制研究 奈良県史 第四巻 条里制 名著出版 1987 p15−18]

平城京は長岡京への遷都のあと1200年間、地上には跡かたもない農地になっていました。現在は宮跡の大部分は国有地になり国立文化財機構奈良文化財研究所によって発掘調査が行われています。北浦による平城京の調査以来、大化改新にはじまった班田制のうえに平城京の条坊制が施行されたか、その逆であるかは異なる学説が論争になりました。[岩本次郎:平城京と京東条理 直木孝次郎先生古希記念会編「古代史論集」上 塙書房 1988 p351]

奈良市の東端、日笠町に北原の顕彰碑があります。奈良市街から奈良交通バスで50分、日笠バス停から県道を北西へ徒歩15分ほどで光仁天皇田原東陵(こうにんてんのう たはらのひがしのみささぎ)に到達します。北浦は同陵の調査、補修に功績があり墓守も勤めました。顕彰碑は御陵の手前、三叉路の東南にあり北浦の没後、当時の田原村民によって建立されました。碑は刻字が薄く判読不能ですが碑の左手前に1976年(昭和51)に建てられた北浦定政顕彰会の説明石板でわかります。北原の墓所は奈良市古市町にあります。

柴田収蔵

地図:宿根木

柴田収蔵(しばた・しゅうぞう 1820〜1859、柴田は新發田とも表記)は現新潟県佐渡市宿根木(しゅくねぎ)の出身です。江戸に出てシーボルトに学んだ蘭学者、伊東玄朴(1800〜1871)の門人として医学を修めた後、佐渡に戻り蘭方医になりましたが、ふたたび江戸で山路諧考(やまじ・かいこう 1777〜1861、江戸幕府天文方)の門に入りました。地理に興味をもちイタリア人マテオ・リッチ(Mateo Ricci 利瑪竇 1552〜1610)の「坤輿萬國全圖」(こんよばんこくぜんず)に刺激を受け日本列島を世界地図に位置づけるかたちで「新訂坤輿略全圖」を作成しました。この地図は卵形の世界地図で1852年(嘉永5)に江戸春草堂から出版されました。「日本海、左度、相川、シュク子ギ」の文字も記入されています。洋学者、古賀謹一郎(1816〜1884 のち蕃書調所頭取)に評価され1858年(安政4)に柴田は蕃書調所(ばんしょしらべしょ)に出仕することになりました。1859年(安政6)死去、墓地は宿根木の称光寺にあります。[田中圭一:柴田収蔵日記1 平凡社 1996 p28−31]

司馬遼太郎の「胡蝶の夢」は松本良順(1832〜1907、松本良甫の養子)、司馬凌海(しば・りょうかい 1839〜1879)、関寛斎(せき・かんさい 1830〜1912)の活躍について描かれています。ともに長崎奉行所西役所医学伝習所でポンぺ(Johannes Lijdius Catharinus Pompe van Meerdervoort 1829〜1908、オランダ海軍軍医)に学び西洋医学を導入しました。この小説の冒頭「恋が浦」では司馬凌海(当時は島倉伊之助)が柴田収蔵を訪ね地図を見せてもらう場面があります。

収蔵の学問は、物好きと天才的な器用さから出発した。洋学は晩学というべきで、二十代のおわりに江戸に出て伊藤玄朴に学ぶのだが、しかしかれの好奇心はむしろ地理学にかたむき、幕府の天文方の山路諧孝(やまじ・かいこう)の門に入った。

収蔵はこの地図の功で江戸によばれ、絵図出役に採用された。一介の佐渡の農民が地理学の造詣によって幕臣になるという、以前の江戸期には考えられないふしぎな時代がはじまるのである。 [司馬遼太郎:胡蝶の夢 文藝春秋 司馬遼太郎全集 第40巻 1983 p12−14]

佐渡市宿根木は小さな集落ですが古くから廻船業、船大工などが盛んで、いまもその家並み(伝統的建造物群保存地区)から昔の風景がしのばれます。柴田の生家は石畳の敷かれた世捨小路(よすてこうじ)にあり「松平」(まつへい)という屋号で残っています。無人で内部を見ることはできません。柴田家の墓所は集落の入口から十王坂を降りたところの称光寺本堂の裏にあります。柴田収蔵墓碑の刻字は磨耗が著しく、すべて判読困難ですが側面に「安政六未年」と読めます。宿根木には「佐渡国小木民俗博物館」があり往時の民具、漁具、千石船模型などを見ることはできますが柴田関連の資料はありません。

また佐渡市小木の「海運資料館」には柴田収蔵の夏羽織、「新訂坤輿略全圖」の複製、、日記などが展示されており日記からは出雲崎への出航待ち、天候悪く寺泊に着いたことなどをうかがえます。佐渡市八幡の佐渡博物館には「柴田収蔵の地球儀」があります。直径8センチメートル程度のもので球の表面はこげ茶色で図はなく球は蝶番で半分に割れ内部に世界図らしい図と多くの文字(アルファベット、オランダ語か)が描かれています。天球儀にならって地球の内側から外側を見たものでしょうか、小さくてよくわかりません。柴田自身が作成したものではなく柴田が所有していたもののようです。

江戸後期の地方図

江戸後期には各地で「分間絵図」が作成されています。分間(ぶんけん、分見とも)とは縮尺のことで、たとえば実測した距離、1間(けん)とか10間を1分(ぶ)として表すことですが、転じて「測量」の意味もあります。明治時代の土地境界図(地籍図)を分間図とよばれることがあります。また分間と同様の使い方として土地の測量(術)を「町見」(ちょうけん)または「町見術」、測量図を「町見図」とよんでいました。「町見師」という測量技師もいたようです。右の国絵図、町見図は国立公文書館所蔵のものです。

国絵図は幕府の命により各藩で作成されましたが、ほかに各藩の行政上、多くの絵図が作成されています。これらは総称して地方図(じかたず)といわれています。地方図には村絵図、郡絵図などの一般図、目的によって田畠絵図、道中絵図、川絵図、山絵図、海辺絵図、論所絵図などがあり一般図に対して現在での主題図に相当します。これらのうち田畠絵図は検地の結果だけでなく屋敷地、道路、堤防などの土地の状態が図示されました。海辺絵図は海岸防備の目的で幕府に提出されました。また論所絵図は村の境界争い(境論)が決着すると境界線を絵図面に描き双方の村役人が捺印し取り交わしました。

絵図作成のための測量も放射法、廻り分間法、導線法、交会法などがありました。放射法は測量対象地域の中央に基点を設置し、基点から四方の測点を視準して方向と距離を求め各測点の位置を図面に落とす方法で村絵図の作成などで用いられました。廻り分間法や導線法は現在のトラバース測量に近い方法で検地にもつかわれました。交会法は位置の確定した複数の測点から同一の目標を視準した方向線の交わりによって図上の位置を決める方法です。測量の成果を絵図にして刊行するため「絵図師」という職業も盛んになってきました。京都では江戸中期、後期の絵図師として矢野長兵衛(やの・ちょうべえ 生没年不明)と同次男、矢野夜蝶(やの・やちょう 1782〜1829)が活躍しています。初代、矢野長兵衛は1778年(安永7)に出版された「山城州絵図」の版元の一人です。[京都市歴史資料館:絵図のまなざし(テーマ展図録)2015]

道中絵図は藩主の参勤交代に利用され往還道筋に見える地物が描かれ携帯の便もはかられましたが江戸時代、世情が安定してくると庶民の間で伊勢参りなどの旅行が盛んになります。このため官民によって各種の道中絵図が作成されました。道中絵図は陸路や海路を表した絵地図であり現代の道路地図と観光案内を組み合わせたようなものです。したがって正確に地形を表したものではありませんが宿場や名所の位置関係は明らかで旅行に便利なように構成されています。1690年(元禄3)、遠近道印(おちこち・どういん1628〜1710頃、絵図師、本名は藤井半知か)と菱川師宣(1618か〜1694、浮世絵師)が製作した「東海道分間絵図」は代表的な道中絵図で、一万二千分の一図に河川、橋梁、宿場、名所などが描かれています。右の分間絵図は国立国会図書館所蔵のものです。

そのほか江戸時代には地形よりも目的に合った情報を織り込みデフォルメされた案内図、観光図なども作成され庶民の旅行にも活用されています。江戸時代には鍬形恵斎(くわがた・けいさい 1764〜1824、恵は、くさ冠がつきます)による鳥瞰図があり芸術品として珍重されました。鳥瞰図は明治以降も吉田初三郎(よしだ・はつさぶろう 1884〜1955、京都市中京区出身)などにより作成されています。

林子平の地図と国境

林子平(はやし・しへい 1738〜1793)は江戸時代後期の経世論(政治経済論)家です。仙台藩医であった兄のもとに身をよせ、儒学者などと親交を結びます。蝦夷、長崎、江戸などの各地で見聞を広め、外国に関する知識も得ました。1786年(天明6)には朝鮮、琉球、蝦夷地の三国の地理を図示、解説した「三國通覧圖説」を出版し、軍事上、近隣国の地理を知ることの重要性を説いています。さらに、1787年(天明7)から逐次、「海國兵談」を出版し海防の必要を説きました。しかし林の論説は斬新で過激な主張であったため、人心を惑わすとして幕府から発禁処分、版木没収になりました。「三國通覧圖説」に描かれた地図は林の見聞によるもので正確さを欠いていました。

例えば蝦夷地は南北に細長く松前など南部の僅かな地域を除き本州とは別の色で彩色されています。また「クナジリ」、「ヱドロフ」と表記された国後島、択捉島や千島列島も描かれてはいますが位置や広さは実際とはかけ離れています。カムチャツカは「加模西葛杜加」とあり「カムシカツトカ」の振り仮名が見られます。しかしこの地図は長崎を経て西欧に渡り、各国が作成した日本周辺の地図にも取り入れられました。同書は後年、国境問題で取り上げられることが多くありました。

小笠原諸島は16世紀末、徳川家康の家臣であった小笠原貞頼(おがさわら・さだより 生年不明〜1625)が初めてこの島を発見して家康がその島を領有することを命じ小笠原島と命名したといわれています。1674年(延宝2)幕府は島谷市郎右衛門(生没年不明 長崎出身か)に命じ下田から往復し調査をさせました。この後、漂着した日本の漁船も多く無人島として広く知られていました。1827年(文政10)には英国測量艦ブラッサム号が来航しビーチ艦長(Frederick Beechey)はビーチ島と命名、英国領と刻した碑を建立しましたが、1853年(嘉永6)には米国ペリー艦隊が日本に赴く途中で寄港して米国領であることを宣言し、英米両国間に領有権をめぐる紛争が生じました。1861年(文久1)、幕府は外国奉行、水野忠徳(みずの・ただのり 1810〜1868、筑後守)を巡見使として咸臨丸で派遣し、既に居住していた各国の者に島が日本領であることを確認させました。このとき随員の小野友五郎(おの・ともごろう 1817〜1898、廣胖とも)などにより測量が行われ、その成果は「小笠原嶋総圖」としてまとめられています。同年、八丈島から30人が移民しました。その後、諸外国の承認を得て日本が領有し、1880年(明治13)、東京府に属することとなりました。

小笠原諸島は「三國通覧圖説」では日本領の「無人嶋」(ぶにんとう)と記載されており、また幕府巡見使による「小笠原嶋総圖」とともに同諸島領有に関する日米交渉の際に日本固有の領土とする根拠になりました。小笠原諸島は現在でもボニン諸島(Bonin Islands)と呼ばれることがありますが、これは江戸時代の無人嶋(島)に由来します。

竹島は隠岐島の北西160キロメートルの海上にある島で女島(東島)、男島(西島)と呼ばれる2小島とその周辺の37岩礁からなりたっています。無人島でしたが古くから鳥取、島根地方の貴重な魚場になっていました。現在の竹島は20世紀初期まで松島またはリャンコ島と呼ばれて、また日本では韓国の鬱陵島(うつりょうとう)を竹島と呼んでいました。林子平による「三國通覧圖説」には現在の鬱陵島が「竹嶋」として描かれており朝鮮と同色で彩色されています。しかし現在の竹島は描かれていません。1840年(天保11)、シーボルト(Philipp Franz von Siebold 1796〜1866)が幕府天文方の高橋景保(たかはし・かげやす、1785〜1829)から提供された日本図をもとに編集した"KARTE JAPANISCHEN REICHE"にも現在の竹島がシーボルト図のMatsusima(松島)、現在の鬱陵島が同図のTakasima(竹島か)と記載されています。

1867年(慶應3)、土佐の岩崎彌太郎(いわさき・やたろう 1835〜1885、三菱財閥の創業者)は竹島(じつは鬱陵島)に渡り「奉大日本土藩之命 岩崎彌太郎発見此島」という標柱を立てようとしましたが、すでに朝鮮人が居住していることがわかり引き返しました。岩崎の日記には「竹島ノ行」とあり、司馬遼太郎の歴史小説「竜馬がゆく」でも「竹島」としてとりあげられていますが、岩崎が渡航した時代は「三國通覧圖説」のように現在の鬱陵島を竹島とされていたためであり、岩崎が上陸したのは現在の鬱陵島のことです。標柱は土佐藩参政、後藤象二郎(ごとう・しょうじろう 1838〜1897)の示唆により準備されたものです。近藤重蔵が択捉島に標柱を立てたことを模倣したのかもしれません。[白柳秀湖:岩崎彌太郎傳 偉人傳全集第十二巻 改造社 1932 p218、鬱陵島(竹島)と記述]、[岩崎家傳記刊行会:岩崎彌太郎傳(上)東京大学出版会 1967 p430−431、「竹島ノ行」と記述]、[田中惣五郎:岩崎彌太郎傳 日本財界人物傳全集第二巻 東洋書館 1955 p69−72]、[大町桂月:伯爵後藤象二郎 冨山房 1914 p779]、[司馬遼太郎:竜馬がゆく 八 文春文庫 1998 p222−224]

1905年(明治38)日本が閣議決定で竹島を正式に領有しました。第二次大戦後は一時、連合国最高司令部の訓令で日本から政治的、行政的に分離されましたが、1951年(昭和26)のサンフランシスコ平和条約では日本固有の領土とされています。ところが1952年(昭和27)、韓国はこの島の領有権を主張し実効支配をしてしまいました。韓国では「独島」(トクト)と呼ばれています。(「実効支配」の用語については、いろいろな解釈があるようです。)日本が正式に竹島を領有していたのは1905年(明治38)から1946年(昭和21)までの41年間です。すでに韓国が実効支配している期間のほうが長くなってしまいました。国土地理院では2007年(平成19)に二万五千分の一地形図「西村」(にしむら)に分図(挿入図)として竹島が表示されました。2017年(平成29)には電子版「地理院地図」に小島や湾の名前が追加されました。竹島は島根県隠岐の島町所属になっています。[山田吉彦:日本の国境 新潮新書 2005 p158−165]

尖閣諸島は東シナ海上の魚釣島をはじめ8ヶ所にある小島の総称です。石垣島の北北西170キロメートルに位置し台湾からもほぼ同じ距離にあります。1970年(昭和45)頃から近海に海底油田がある可能性が高いことから台湾、中国も注目しています。「三國通覧圖説」のなかの琉球三省其三六島之図では魚釣島が「釣魚臺」と表され、中国本土と同じ紅で塗られていました。この図はかなり精度の低いものでしたが、日本の領土とする根拠には不利になってしまいました。尖閣諸島は1884年(明治17)頃から福岡県出身の民間人が探検、開拓に乗り出し、アホウドリの羽毛採取を行っていましたが、1895年(明治28年)には日本政府は尖閣諸島を日本の領土に編入する閣議決定を行い、翌年、沖縄県八重山郡に編入しました。事前に同諸島が無人であり清国の支配が及んでいないことが調査されています。以前は鰹節工場などもあり200人を越える人々が生活をしていました。現在、尖閣諸島への立ち入りは禁止されています。[山田吉彦:日本の国境 新潮新書 2005 p55、p122−131]


■Top of this Home Page
■Next Page