シーボルト事件

あらまし

シーボルト事件はオランダ商館の医師シーボルト(Philipp Franz von Siebold 1796〜1866)が1828年(文政11)、帰国に際し当時、国禁とされている日本地図などの持出しをはかり、シーボルトはじめ多くの幕府関係者や門下生が処罰された事件です。シーボルトに密かに地図を提供したのは幕府天文方の高橋景保(たかはし・かげやす、1785〜1829、通称作左衛門)です。

事件発生まで

シーボルトはドイツ人でウルツブルグ大学で医学を学んだのちオランダの外科軍医少佐としてジャワ島の蘭印政庁(オランダ領東インド、首都バタヴィア、現ジャカルタ)の医師になりました。生物学、植物学にも興味があり日本滞在を希望し1823年(文政6)、27歳のときバタヴィアからヘジュステルス号(de drie Gezusters)にて長崎出島のオランダ商館に新任商館長スチュレル(Johan Willlhem de Sturler 1776〜1855)とともに医師として着任しました。このときシーボルトはドイツ人であることを隠しオランダ人として入国しています。 長崎奉行、高橋重賢(たかはし・しげたか、1758〜1833、越前守、前松前奉行)はシーボルトに好意的で市内の鳴滝に塾を設け診療と講義をすることを許し、この鳴滝塾には全国から書生が集まりました。シーボルトの門人には高野長英(たかの・ちょうえい 1804〜1850 蘭方医、蘭学者)、二宮敬作(にのみや・けいさく 1804〜1862 シーボルトの娘であった楠本イネを養育)、伊東玄朴(いとう・げんぼく 1801〜1871 蘭方医、幕府奥医師)、石井宗謙(いしい・そうけん 蘭方医)らがいます。シーボルトは医師であって地理学者ではありませんが当時、来日した多くの外国人が極東の異国、日本の風物に興味をもったように民俗、地理にも関心をしめしました。シーボルトは動植物など自身の興味のほか日本の諸情勢を探る密命を受けていたともいわれています。滞在中は出島や鳴滝塾などの長崎以外は足止めされていましたが門人たちに宿題を課すということで情報を得ていました。シーボルトの上司は商館長スチュレルでしたが事実上、蘭印政庁のカペルレン(Goderd Alexander Gerard Philip van der Capellen、ドイツ語表記ではKapellen、1741〜1784)総督から直接の指示を受けていました。のちにシーボルトは関門海峡をファン・デル・カペルレン海峡(Van d.Kapellen Str.)と名付けています。

1826年(文政9)、4年ごとに行われるオランダ商館長の江戸参内に随行した際は関門海峡の水深測量や富士山の高さ測量などをしています。富士山(シーボルトはFusibergと述)については富士川左岸から六分儀をつかい位置と高さを測量したり、後年には門人、二宮敬作に登頂させ気圧計で測らせたりしています。しかしシーボルトは出羽国の鳥海山がもっとも高いと聞いており富士山が日本最高峰とは思っていなかったようです。またカメラのなかった時代、記録絵師として川原慶賀(かわはら・けいが 1786〜1860か、通称は登与助とよすけ、長崎洋画派)を採用し同行させています。

高橋景保との密約

江戸参内随行の当時からシーボルト事件がはじまります。1826年(文政9)4月から5月にかけシーボルトはオランダ商館長の江戸の定宿、長崎屋にほぼ一カ月間滞在していました。この間、蘭印政庁との貿易を望む元薩摩藩主の島津重豪(しまづ・しげひで 1745〜1833)をはじめ医師など多くの人たちに会っています。幕府天文方の高橋景保はシーボルトがクルーゼンシュテルン(Ivan Fedorovich Krusenstern 1770〜1846、当時海軍大尉のち海軍大将)の著書「世界周航記」(Reise um die Welt)を所有していることを長崎通詞の吉雄忠次郎 (よしお・ちゅうじろう 1787〜1833)から示唆されました。高橋景保は高橋至時(たかはし・ よしとき 1764〜1804、伊能忠敬の師)の長男であり、オランダ名でグロビウス(Globius)または蠻蕪子(Bambus)と名乗っていました。

高橋景保はクルーゼンシュテルンの「世界周航記」と蘭領東インドの地図を入手するため江戸に滞在中のシーボルトをたびたび訪ね国禁をおかし日本、蝦夷地の地図と交換に貰い受ける約束をしました。そのほか書物奉行も兼ねていた高橋はシーボルトを江戸城の紅葉山文庫に案内し「江戸御城内御住居之圖」などをみせシーボルトの要求する地図を模写して提供しています。シーボルトが江戸滞在中に多くの人たちに会っていますが、後に問題になる間宮林蔵(1780〜1844 北方探検家)に会ったことは定かではありません。5月1日には将軍に拝謁し江戸参内の目的を果たし同月18日には江戸を出発しています。江戸滞在中たびたび会った最上徳内(もがみ・とくない 1754〜1836)はシーボルトと別れを惜しむため小田原まで見送っています。同年7月、シーボルトは長崎に戻るとこれまでの収集品の大部分をその年の秋、長崎を出港する蘭船に積み込みバタヴィアに送っています。

シーボルトの江戸参内記録はシーボルトの著作「NIPPON」のなかで 日記として述べられています。「NIPPON」は初版は1832年から第一部から第七部まで順次発刊され1852年に一応完成していますが100部しか印刷されていないようです。ドイツ語で書かれていますが最上に会った1826年(文政9)4月16日は秘密を保持するためかラテン語で(最上は)「秘密を厳守するという約束で、蝦夷の海と樺太島の略図が描いてある二枚の画を貸してくれた。」となっています。また高橋と最後に会った5月15日には「グロビウス(高橋)が来て日本の美しい地図を見せ、これを調達することを約束して、後日その約束を果たした。」とあります。日記の中では天文方高橋のことをHofastronomen Globiusと呼んでいます。[Fr.von Siebold: NIPPON Archiv zur Beschreibung von Japan Erster Band,K.U.K. Hofbuchhandlung von Leo Woerl, Wurzburg und Leipzig 1897 p186、p206(1897年版は初版ではない)]、[斉藤真・金本正之:シーボルト「日本」第三巻 雄松堂書店 1978 p68、p95]

シーボルトと地図の提供を約束した高橋は部下の下川邊林右衛門(しもこうべ・りんえもん)に指示し伊能小図に表された日本と蝦夷地両図の記載内容を省略して新規に制作させ、シーボルトが長崎に戻ってから翌年、二度にわたりこれらの地図を贈り、見返りに書籍「世界周航記」を受け取りました。さらに間宮の「東韃紀行」、「北蝦夷圖説」や九州小倉、下関周辺の絵図などを貸与しました。その後もシーボルトは択捉、得撫(ウルップ)島周辺の地図などを執拗に要望し下川邊の指示により川口源次外4人(吉川克蔵、門谷清次郎、永井甚左衛門、岡田東輔)は制作はしましたが高橋の行動に疑問をもち提供をためらっていました。下川邊、門谷、永井は伊能忠敬とともに測量、地図制作をした一員でした。シーボルトと高橋の手紙では日本地図はKVJ(Kart von Japan)などの暗号がつかわれ作図についてシーボルトから北を上にするとか、2図に分割するとか細かい注文もありました。

シーボルトが高橋に要求した地図は伊能小図相当で三舗(枚)からなり伊能小図を半分に縮小し、北蝦夷(樺太)と間宮海峡が追記されています。また地名はほとんどカタカナで記入されており「カナ地名日本図」とか「特別小図」と呼ばれています。シーボルトは伊能と面識がなく伊能も死去していたので伊能の測量にもとづく地図とは知らなかったようです。この地図は後に長崎で押収されましたが現在、国立国会図書館所蔵になっています。

幕府による発覚

高橋による地図の流出は間宮林蔵の介在により幕府の知ることになりました。1828年(文政11)4月(以降、月は新暦)、シーボルトから通詞の吉雄が取りつぎ高橋宛へ送られた小包に間宮宛の書簡と更紗(花柄模様のある綿布)の贈り物が入っていたので高橋から間宮へそれを転送しましたが間宮は外国人との私的な贈答は国禁に触れると考え上司の勘定奉行、村垣定行(むらがき・さだゆき 1762〜1832、淡路守)に届け出たところ発覚したといわれます。また高橋の部下から勘定方への密告もあったようです。高橋は普段から部下への作業指示が威圧的であったことや部下である下川邊の娘を妾にしていたことなどで不満をもたれていたからです。当初、高橋は「國え忠心を以て彼國の事委しく記せしものを引寄する存心故、御不審のかゝるとも明白に辯明すべし」といい平気でいたそうです。[呉秀三(くれ・ひでぞう):シーボルト先生 其生涯及功業 吐鳳堂書店 1926 p224、p230、乙篇p361(メイランの言)]、[山本秀煌:近世日本基督教史 洛陽堂 1922 p372]

シーボルトは同年9月に長崎から収集品を携え蘭船コルネリス・ハウトマン号(Cornelis de Houtman)で帰国する予定でしたが、同船がたまたま長崎での暴風雨に遭遇し稲佐の海岸で座礁して修理のため出港が延期され滞留を余儀なくされました。この時点ですでに幕府から長崎奉行にたいしてシーボルトの身辺探査指示がでていました。同年10月高橋景保はじめ関係者多数が捕えられました。同年11月、高橋の部下で画工の岡田東輔(おかだ・とうすけ、江戸後期の画家、谷口月窓の門人か)は自宅軟禁中、自決をはかり4日後に死亡しています。同年末には幕府の捜査がシーボルトまでおよび翌1829年(文政12)1月からシーボルトは長崎奉行によって厳しい取調べをうけ関係物品も押収されました。押収品は後に大部分が返却されています。高橋景保は1829年(文政12)3月牢内で死亡(病死)し臓腑は取りだされ塩漬けにされましたが死後の1830年(文政13)、評定所での判決で死罪が確定しました。また高橋の部下、下川邊は中追放(屋敷没収、主要国、街道筋での居住禁止)、シーボルトに禁制品である葵の紋入り衣服を与えた将軍御典医の土生玄碩(はぶ・げんせき 1768〜1853、眼科医、墓所は東京築地本願寺で墓は正門前に移設)も改易(罷免、家禄没収)させられています。シーボルトの指示で富士山の高さを測定した二宮敬作、絵師の川原慶賀、長崎通詞の吉雄忠次郎、長崎屋主人の源右衛門など関係者30数名が処罰されました。なおシーボルトに江戸参内の道中、情報を与えた門弟の高野長英や間宮による「黒龍江中之洲并天度」など地図や資料を提供した最上徳内は追及を免れています。長崎奉行、高橋重賢はもと松前奉行であったことから当時の配下であった最上、間宮をシーボルトに紹介しており、このため最上に対する手加減があったと思われます。

高橋がシーボルトに日本地図を提供したという物的証拠はシーボルトの帰国に際し蘭船に積まれた所持品の中に国外に持ち出すことが禁じられていた日本地図などが幕府官憲により発見されたということが定説になっていました。しかしシーボルトの著作「NIPPON」に長男アレキサンダー(Alexander Freiherrn von Siebold 1846〜1911)によって記されたシーボルトの略伝には長崎のシーボルト宅の捜査があったことは載っていますが積荷の記述はありません。梶輝行は「シーボルト記念館鳴滝紀要」第6号のなかで当時のオランダ商館長メイラン(Germain Felix Meijlan 1785〜1831)の記録にもとづき蘭船積荷発覚説が論拠を欠くものとしています。メイランは間宮の反発行動が高橋景保にたいする妬みから起ったものとしており、またオランダ商館内部でもシーボルトの奔放な行動や派手な金遣いのため前商館長スチュレルとシーボルトの確執もあったようです。さらに蘭船の座礁でシーボルトの帰国が遅れたことなどが複雑に絡み合って事件の発覚に及んだようです。[Fr.von Siebold: NIPPON Archiv zur Beschreibung von Japan Erster Band, K.U.K. Hofbuchhandlung von Leo Woerl, Wurzburg und Leipzig 1897 pXXI]、[梶輝行:蘭船コルネリス・ハウトマン号とシーボルト事件「シーボルト記念館鳴滝紀要」6号 シーボルト記念館 1996 p154−200]、[秦新二:文政十一年のスパイ合戦 双葉社 2007 p60]、[大谷恒彦:シーボルト事件の背景と間宮林蔵(二)「伊能忠敬研究」51号 伊能忠敬研究会 2008 p26−32]

シーボルトは地図の持ち出しが発覚されるとオランダ商館の画工、デ・フィレネーフェ(Carl Hubert de Villeneuve 1800〜1874)とともに夜を徹して複写しひそかに持ち出しました。シーボルトはこれらの伊能小図相当の地図以外に当時、刊行図であった国絵図など200舗(枚)程度の地図を収集していました。

シーボルトは取調べに際し事件に関わって罪を問われた人々をかばうため人名は「知らぬ忘れた」でとおし、すべては自分の責任で、罪を負う決心をしていました。高橋景保の獄中での死後、シーボルトに対する追及も弱まり事件は収束に向かいます。シーボルトについてはバイエルン国王ルードウィヒ一世からオランダ政府への働きかけもありましたが1829年(文政12)10月に国外追放、再渡航禁止になって同年12月末にバタヴィアに向かい日本を去りました。出港後、シーボルトを慕う門人たちが別れを告げに港外まで蘭船を追ってきています。以上がシーボルト事件の結末です。シーボルトは最上徳内との密約をまもり最上の提供した地図類は25年間、公開しなかったようです。シーボルトは1858年(安政5)の日蘭修好通商条約の締結により追放が解除となって翌1859年(安政6)に再来日しています。1861年(文久1)には幕府の外交顧問にも就任しましたが、幕府はオランダ側の抗議を受け同年に解雇しています。時代は変わり門人たちにも再会できず失意のうちに帰国しました。

追放後の地図再編集

シーボルトが持ち帰った地図は伊能図の小図をさらに二分の一に縮小したものでサンソン・フラムスチード図法に類似した図法ですが、この地図は、メルカトル図法に描きあらためられました。最初は1840年、地図として独立して刊行され、表題は"KARTE VOM JAPANISCHEN REICHE. nach Originalkarten und astronomischen Beobachtungen der Japaner."(日本人の原図および天文観測にもとづく日本帝国図)とあり副題として"DIE INSELN KIUSHU,SIKOKU UND NIPPON Dem Kaiserl Russ. Admiral von Krusenstern, aus Hochachtung und Dankbarkeit gewidmet von 1840. VON SIEBOLD."(九州、四国および日本図、ロシア帝国クルーゼンステルン提督に敬意と感謝を捧げて1840年刊 シーボルト)などとあります。大きさは918×679ミリメートルで石版による彩色地図です。[秋岡武次郎:日本地図史 河出書房 1955 p167]

この地図はシーボルト著作「NIPPON」初期の版(1850年頃)の付図になっていますが対馬海峡はクルーゼンシュテルン海峡(Krusenstern Str.)と、また関門海峡はカペルレン海峡(Van d.Kapellen Str. オランダ領東インド総督の名前)と名付けられています。地名はすべてドイツ語表音のローマ字で京都は"MIJAKO"、江戸は"JEDO"、富士山は"Fusijama"などと表記されています。経度は伊能図とおなじく京都を零度としていますがグリニッジを零度とした数値も加えられています。また隠岐島の西にある島にはMatsusima(I.Dagelet 37°25′N.B. 130°56′O.L. de Laperouse."と表記され、さらに西には"Takasima(I.Argonaute 37°52′N.B. 129°50′O.L. Broughton."と表記されています。地図のMatsusima(松島)が現在の竹島で、地図のTakasima(竹島か)が現在の鬱陵島(うつりょうとう)と思われます。それぞれの経緯度はこの地図に納まらないため添書きされたと考えられます。

地図上の"Broughton"は英海軍士官ブロートン(William Robert Broughton 1762〜1821)のことで1797年(寛政9)から1798年(寛政10)にかけ日本近海を航海、寄港しています。余談ですが韓国ソウルのイギリス大使館内のパブは"Broughton's Club"と名付けられているそうです。"Laperouse"は仏海軍士官ラ・ペルーズ(Comte de La Perouse 1741〜1788か、Perouseのはじめのeにはアクサンテギュがつきます)のことで1787年(天明7)、西欧人としてはじめて宗谷海峡を通過しています。このとき樺太が島であることを確認できませんでした。

シーボルト著作「NIPPON」1897年版、第1巻の付図では表題にはドイツ語で「1840年刊 シーボルト作 日本人の原図および天体観測にもとづく日本帝国図の複製」とあり大きさは425×390ミリメートルで縮小され、内容省略も多いようです。[秋岡武次郎:日本地図史 河出書房 1955 p170]

シーボルトより130年以上前、オランダ商館付の医師であったケンペル(Engelbert Kaempfer 1651〜1716、ケンプファーの読みがより近い)は1690年(元禄3)から2年間長崎出島に滞在し、その間江戸参府を経験し徳川綱吉にも謁見しています。ヨーロッパにおいて日本を初めて体系的に記述した「日本誌」の原著者としても知られており実際の出版は死後、英国で出版されました。日本誌には日本地図も載っていますが現状の日本とは大きく異なるものです。日本誌はシーボルトにも大きな影響を与えました。

オランダ ライデン市の遺跡

シーボルトはドイツ出身でありながら当時国交のない日本にはオランダ人と偽り入国しました。また帰国後もオランダのライデンにとどまり日本で収集した文学、民俗学、動植物、地図類など膨大なコレクションを整理しオランダ政府の支援で国立民族学博物館の初代館長となり日本研究をまとめました。これらの成果はライデンのラーベンブルク通り(Rapenburg 19)にあるシーボルトハウスに収蔵されています。ライデンはアムステルダムから南へ列車で30分のところにある大学都市です。この建物は1832年にシーボルト自身によって購入され1837年まで居住しています。その後、オランダ政府の所有となりましたが2005年には「日本博物館シーボルトハウス」(Japan Museum Siebold Huis)として開館しています。わたしは2016年5月に訪問しましたが改装中のこともあり予想外に展示物は少なく地図類はほとんど公開されていませんでした。裏庭には長崎で見られるようなシーボルトの胸像があります。

シーボルトハウスのすぐ南にはライデン大学の本部、ついでライデン大学付属植物園(Hortus Botanicus)があります。シーボルトゆかりの日本庭園は朱色の塀で囲まれており日本の植物が多種類、植えられています。ここにもシーボルトの胸像がありますが、こちらのほうはライデンのシーボルトハウスや長崎の記念館でみられるような威厳のある顔つきではなく若いころの鋭い風貌です。胸像の傍にはシーボルトが日本人の妻、楠本滝(くすもと・たき 1807〜1869)にちなんで名づけた"Otakusa"といわれるアジサイが植えられています。この植物園の最南端は天文台になっています。また入口北側の建物にはライデン大学教授クラブがあり多くの酒類が置かれた重厚なつくりのバーや食堂もあります。とても美味しい本格的なコーヒーを飲んで帰りました。

シーボルトのモニュメント

地図:長崎東北部(記念館)、東京首部(胸像)

日本でのシーボルトのモニュメントは長崎市鳴滝二丁目7番の鳴滝塾跡にシーボルト記念館と胸像があります。JR長崎から路面電車で新中川町下車、徒歩10分のところです。館内にはシーボルト妻子像螺鈿合子(らでんごうす)など重要文化財が展示されており、シーボルトの生涯と功績を紹介しています。1989年(平成1)に開設されました。

また東京築地にある聖路加病院南の公園にも胸像が見られます。築地は江戸蘭学発祥の地であり、かつシーボルトの娘であった楠本イネ(くすもと・いね 1827〜1903)が築地に産院を開業したところです。

シーボルトの切手はシーボルト生誕200年記念として1996年(平成8)日独双方で発行されました。植物にも造詣が深かったシーボルトの肖像と植物「ナツヅタ」が描かれています。シーボルトがオランダへ送った日本の植物のなかから2000年(平成12)日蘭交流400年を記念してライデン大学付属植物園から出島へ里帰りした植物です。

シーボルト関連年表 (月日は新暦)


西暦   和暦   年齢   内容

1796 寛政8    0歳 ドイツ、ウルツブルク(現バイエルン州)に生まれる 1822 文政5   26歳 オランダ外科軍医少佐に任命 1823 文政6   27歳 オランダ領東インド、首都バタヴィアをへて長アに到着 1826 文政9   30歳        2月15日    江戸参内のため長崎出発、商館長スチュレルに随行       4月11日    江戸着5月17日まで滞在       4月16日    最上徳内21日まで頻繁に来訪、蝦夷地、樺太の地図借用       4月17日    最上徳内来訪、間宮林蔵帯同か       4月18日    高橋景保来訪、5月15日まで頻繁に来訪       4月29日    高橋景保に「世界周航記」、蘭印地図と引き換えに日本地図など要求       5月1日     将軍に拝謁       5月4日     二度目の登城、「江戸御城内御住居之圖」入手       5月7日     高橋景保、蝦夷、樺太の地図を見せる       5月15日    高橋景保、日本地図を示し後日贈呈を約束       5月18日    江戸出発       7月7日     長崎出島に戻る 1827 文政10  31歳       6月22日    高橋景保から日本地図を受け取る       6月24日    日本地図をもう一枚要求 1828 文政11  32歳       2月25日    高橋景保宛てに手紙発送、間宮林蔵への手紙と小包(更紗一反)仲介依頼       4月17日    高橋景保、シーボルトからの手紙受け取り、                間宮へ転送、間宮は勘定奉行に届け出       6月       長崎奉行から商館長メイランへ贈答禁止の警告と間宮宛の手紙、更紗返却       9月17日    バタヴィア向け蘭船ハウトマン号出港3日前、長崎稲佐で座礁       11月16日   高橋景保拘留、尋問       12月8日    通詞吉雄忠次郎がシーボルトに日本地図の返却要求       12月9日    地図の模写開始       12月17日   長崎奉行によるシーボルト居宅捜査、日本地図没収 1829 文政12  33歳       2月8日     二度目のシーボルト居宅捜査       3月4日     三度目のシーボルト居宅捜査       3月20日    高橋景保獄中で死亡       10月22日   国外退去、再入国禁止決定       12月30日   長崎出島を出航バタヴィアへ向かう 1830 天保1   34歳 オランダに到着、ライデンに居住 1832 天保3   36歳 「日本」第一分冊出版 1859 安政6   63歳 長男とともに長崎に到着 1862 文久2   66歳 長アを出発、帰国 1866 慶応2   70歳 ミュンヘンで死亡 

シーボルト事件については自身の著作「NIPPON」のほか呉秀三(くれ・ひでぞう 1865〜1932 医学者、精神科医、蘭学者であった箕作阮甫の孫)著「シーボルト先生 其生涯及功業」吐鳳堂書店1926のなかで当時の資料の翻刻とともに詳しく記述されていますが近年、秦新二(はた・しんじ 1948〜 シーボルト研究者)著「文政十一年のスパイ合戦」双葉社2007(初出は文藝春秋1992)にはオランダ、ドイツ、インドネシアであらたに発見された資料にもとづき一層詳しく述べられています。


■Top of this Home Page
■Next Page