測量技術者・地理学者

江戸時代には多数の測量技術者・地理学者・数学者が輩出しています。天文、数学、物理学、土木の方面で活躍した人たちや伊能の影響を受けた人たちもいます。またこの時代、鎖国にもかかわらず西洋の知識を取り入れることに、たいへん努力された人も多いようです。江戸時代の測量技術者や地理学者でも明治時代にまたがったり河川測量、海洋測量(水路測量)の関係者はもっとも関係の深い項で説明します。


岡崎三蔵 (おかざき・さんぞう)

地図:徳島

伊能忠敬が活躍したと同時期に徳島藩でも岡崎三蔵(おかざき・さんぞう 1742〜1822)を中心に規矩術(三角法)を用いて「分間絵圖」(ぶんげんえず)が作成されました。岡崎家初代の岡崎治兵衛(1617〜1700)は紀州(和歌山)の出身で長崎で樋口権右衛門(1601〜1683、オランダ人カスパルにより規矩術を伝授)に数学、天文学を師事し1645年(正保2)に徳島藩に迎えられました。

岡崎三蔵は四代目に当たり1797年(寛政9)に徳島藩蜂須賀家の測量方になり1799年(寛政11)には「南阿量地法國圖附録」(南阿測地法)を著しました。岡崎家の測地法は「紅毛流規矩元法」といい「見盤術」(けんばんじゅつ)、「元器術」、「一本術」、「応変術」、「印可術」(いんかじゅつ)、「圖法之伝」からなっています。元器術は方位を測り、一本術は距離や高さを測る方法です。岡崎は1802年(享和2)、徳島藩から「阿波國圖」の作成を命じられ紅毛流規矩元法により絵図が作成されました。まず一町の長さを絵図面上の二寸に縮尺(約千八百分の一)して村図を作成し、ついで郡単位にまとめた郡図、最終的に国図(約四万五千分の一)を編集しました。絵図事業の進行中1808年(文化5)に伊能忠敬がこの地を回りましたが岡崎は身内を手伝いに出し伊能の測量方法を見届けたといわれています。しかし伊能の測量方法は在来の岡崎の方法と同様で新規性はなかったと藩主に報告しています。絵図や著作の一部は個人蔵で残存しており徳島市立徳島城博物館に寄託されています。[平井松午:精密な阿波国実測図を作製した岡崎三蔵「人づくり風土記」36 徳島 農村漁村文化協会 1996 p193−197]、[平井松午・根津寿夫:阿波・淡路国絵図の世界 絵図図録第三集 徳島市立徳島城博物館 2007 p56−57]、「徳島新聞社調査事業局:徳島県百科事典 徳島新聞社 1981 p214」

石黒信由 (いしくろ・のぶよし)

地図:伏木

石黒信由(いしくろ・のぶよし 1760〜1836)は現在の射水市高木に生まれ和算、測量術、天文暦法を学び地方の測量を行なっていましたが1803年(享和3)伊能忠敬の富山での測量に同行し測量技術の向上をはかりました。そのご加賀藩の測量を命じられ、みずから測量機器の改良を行い「加越能三州郡分略繪圖」(ぐんわけりゃくえず)など数々の地図作成、測量台帳ともいえる「三州測量圖籍」の作成に業績を残しました。石黒が考案した機器のなかには「強盗式(がんどうしき)磁石台」といい容易に磁石の水平を保てるものやバーニア目盛りのある磁石盤もあります。[新湊市博物館:越中の偉人 石黒信由 改訂版 2001 p70−82、p97−99][渡辺誠:石黒信由考案の磁石盤の特徴とバーニア目盛について 「富山史壇」140号 越中史壇会 2003 p1−19]

石黒の顕彰碑は射水市(旧新湊市)の国道8号と同472号の交差付近にある農村公園にあり、そばに「高樹文庫」という展示室がありましたが現在は新湊博物館で保存展示されています。展示室の写真は同博物館、機器は2007年(平成19)10月に富山であった国土地理院主催の地図展で許可を得て撮ったものです。

石黒の著作には「測遠用器之巻」、「測遠要術」、「八線表製法捷術」、「地理測量」など多数あります。

なお石黒家は末裔まで加賀藩の測量にかかわり石黒信由の孫、北本栗(1832〜1886)と曽孫、石黒信基(1836〜1869)はともに1867年(慶應3)に加賀藩の事業として敦賀・琵琶湖間の運河開削計画の測量に従事しています。[新湊市博物館:越中の偉人 石黒信由 改訂版 2001 p138−146]

西村太沖 (にしむら・たちゅう )

地図:城端(じょうはな)

西村太沖(にしむら・たちゅう 1767〜1835、蓑谷篤行とも)は江戸時代後期の暦学者です。越中城端出身で京都の西村遠里(にしむら・とおさと 1718〜1787、歴学者、宝暦の改暦事業に参加)、大坂の麻田剛立に学び、のち加賀金沢藩の藩校明倫堂で天文学を教えました。その後、城端で医師として生計を立てていましたが、1803年(享和3)に伊能忠敬が加賀藩の領地を測量することになり手伝いを志願し、伊能も承諾し加賀藩に依頼しましたが当時、伊能の測量にたいして消極的であった加賀藩は西村を病気であるとして依頼を拒否しました。1821年(文政4)には加賀藩にふたたび登用され遠藤高m(えんどう・たかのり 1784〜1864、暦学者、加賀金沢藩士)のもとで金沢の測量と時刻制度の改正を行いました。これらの事業では三角関数や弧三角(球面三角)を使っています。編著には「実符暦」、「符天暦」などがあります。[河崎倫代:加賀藩天文歴学者 西村太沖「伊能忠敬研究」第28号 2002 p28−31、第29号 2002 p14]

南砺市城端、JR城端の南1キロメートルにある城端神明宮には1934年(昭和9)に建立された西村の碑があります。本殿正面の参道が直角に曲がっている場所にある鳥居の奥です。木村榮(きむら・ひさし 1870〜1943、天文学者、測地学者)による書で表には「贈正五位西村太沖先生碑」左側面には「緯度観測所長理学博士木村榮書」と刻まれています。また南砺市城端499の「きよべ呉服店」裏には西村の住居跡の表示があります。

久米通賢

地図:丸亀(立像など)、引田(ひけた、墓所)

久米通賢(くめ・みちかた 1780〜1841、榮左衛門とも)は現在の東かがわ市引田町馬宿に生まれ、19歳で大阪の間重富(はざましげとみ)の蘭学塾に入門し天文と測量を学び間の後継者として嘱望されていましたが父の死後、家業を継ぐために故郷に戻りました。その後高松藩主、松平頼恕(まつだいら・よりひろ 1798〜1842)に取り立てられ三角測量によるとおもわれる領内の地図を作成し、また伊能忠敬の讃岐測量の際には案内役をつとめました。塩田開発をはじめ河川、港の改修、兵器の開発などに功績があります。

坂出市の西丘陵、常盤公園中腹の塩竃神社境内には1934年(昭和9)地元により建立された坂出神社とともに久米通賢の像が駐車場傍にあり、JR坂出駅前には久米を称える説明板が坂出商工会議所によって2007年(平成19)に建てられています。また坂出市本町一丁目の鎌田共済会郷土博物館は醤油製造業「鎌田」によって1925年(大正14)に設立され久米の作成した高度角を測定する「象限儀」や八分儀「ヲクタントフ」などの測量機器や天文観測の望遠鏡、兵器などが展示されています。

写真は「地平儀」といわれ1806年(文化3)の作品で目標点の方位角を測定する機器です。全体が真ちゅう製で円周部は直径55センチメートルの目盛り盤になっています。中心には高さ30センチメートルの棒があり、これに副尺目盛りのついた栓抜き状のレバーが回転し角度を測定します。副尺は10:9のバーニアになっています。望遠鏡はついていないので、どのように目標を視準したかは博物館の学芸員も不明でした。中心の棒の先端部分には細い溝が彫ってあり、これに糸をとおして視準に利用したことも考えられ、中国の清朝で南懐仁が編修した「霊台儀象志」にある地平経儀に似ているとの指摘もあります。[中村士、澤田平、長谷川桂子:久米通賢製作の天文・測量器具 「国立天文台報」第5巻1号 2000 p6−8]

この地平儀による方位測定の精度は伊能忠敬の測量と比較されています。

忠敬の測定値は大部分が角度5分の精度であるのに対して、通賢の地平儀による精度は、現存する地平儀の目盛りと測量野帳をしらべると2分であるから、両者の方位測定値を比べる限りは、通賢の方が2倍精度の高い測定を行ったと言ってよい。 [中村士:江戸時代の天文・測量儀器 「科学史研究」第44巻 No.234 岩波書店 2005 p105]

久米通賢の墓所は東かがわ市引田(ひけた)町馬宿の生家跡にあります。JR高徳線引田(ひけた、現東かがわ市)から国道11号を東へ馬宿川にかかる大川橋を越え、馬宿三差路を南へ50メートル入った地点です。墓石は一部、近年に改修されたのか新しく見えます。墓所の南端には1951年(昭和26)に久米通賢翁偉績顕彰會が設置した「紀功碑」があり久米の業績が刻まれています。また久米の生家は1975年(昭和50)に香川県屋島の四国民家博物館に移築されています。

伊能忠敬は1808年(文化5)11月5日に引田村近傍を測量していますが久米が案内しています。[佐久間達夫:伊能忠敬測量日記 第二巻 大空社 1998(第六次)p115]

有馬喜惣太

有馬喜惣太(ありま・きそうた 1708〜1769)は江戸中期、萩藩の地図制作者です。萩藩では江戸時代中期に防長二ヶ国(山口県)におよぶ領内全村の詳細な「一村限明細絵圖」(いっそんきりめいさいえず)とか「地下上申絵圖」(じげじょうしんえず)と呼ばれる村絵図がありました。縮尺は三千六百分の一(一里を一寸)の詳細な地図です。萩藩の地図事業は1726年(享保11)から1754年(宝暦4)に行われ実務上の功労者は有馬喜惣太でした。有馬は阿武郡三谷村(現山口県阿東町)の出身で絵師でしたが29歳のとき、地図事業のため萩藩に臨時に雇用され村絵図作成に従事しました。20年近く防長の町や村々、山野を巡り地図作成の技量を伸ばしました。晩年、1767年(明和4)には巨大な立体模型地図「防長土圖」(ぼうちょうどず)を作成しています。一里を五寸ほどの縮尺ですが垂直倍率は4、5倍程度に誇張され表面は彩色されています。模型全体の大きさは南北3、東西5メートル程度で長持三棹に入れて保管され現在でも山口県文書館に重要文化財として所蔵されています。[川村博忠:萩藩の村絵図づくりに尽くした有馬喜惣太「人づくり風土記」35 山口 農村漁村文化協会 1996 p201−206]

小野光右衛門

小野光右衛門(1785〜1858、小野以正)は現岡山県浅口市の出身で大庄屋をつとめ地方行政に貢献しました。浅口市にある金光教図書館には小野光右衛門が使用したとされる測量機器と製図用具が保管されています。小野は大江村(現井原市)の谷東平(たに・とうへい)について本格的に和算を学びました。谷東平は大坂の麻田剛立の塾で学び高橋至時や間重富とは麻田塾の同門といわれています。また、伊能忠敬が「谷東平と申我等天文ノ弟子」と記していることから谷は伊能忠敬の影響を受けていると思われます。[岡山県総合文化センター:おかやま人物往来 41 小野光右衛門 「岡山県総合文化センターニュース」No.407 1998 p3]

東福寺泰作

東福寺泰作(とうふくじ・たいさく1831〜1901)は松代藩八代藩主、真田幸貫の命を受け1850年(嘉永3)から領地内を踏査、測量をし一時中断しましたが郡奉行支持により再開し1855年(安政2)に地図を完成し藩に献上しました。「松代府内測量図」全11図は縮尺六千分の一の彩色地図で当時の測量機器とともに長野市の信濃教育博物館にあります。のち東福寺は松代藩士、佐久間象山(1811〜1864)のもとで沿海の測量にもあたったといわれています。明治維新後の地租改正にともなう測量にも活躍しました。[山岡光治:「松代府内測量図」と東福寺泰作 「測量」日本測量協会 2004.10 p22−23]、[安城市歴史博物館:江戸時代の測量術(企画展図録)2000 p57]

江戸時代の測量技術者・地理学者は以上のほかにも多数ありますが記録が十分ではありません。たとえば岩瀬政秀(いわせ・まさひで 生没年不明、17世紀中期、米沢藩の絵図方)、椎名道三(しいな・どうさん 1790〜1858、加賀藩の新田開発)などです。

西洋技術の伝来・測量技術書の刊行

江戸時代になってからヨーロッパからの技術伝来が盛んになりポルトガル人により天文測量術、オランダ人により三角術を応用した「規矩術」(きくじゅつ)が伝えられています。中国ではイタリア人マテオ・リッチ(Mateo Ricci 利瑪竇 1552〜1610)口訳、徐光啓筆受(筆記)による「測量法義」が17世紀はじめに刊行されました。三角形の相似を利用する古来の測量法に証明をつけたもので、この書は18世紀はじめには日本にあったようです。また内容も1593年、明(中国)の程大位(てい・だいい 1533〜1606、数学者)の著作「算法統宗」と同程度といわれています。

日本への西洋測量術渡来のはじめはオランダからです。17世紀半ばに南部藩の山田湾(三陸海岸北部)に漂着したオランダ船ブレスケンス号(Breskens)の乗組員カスパル(Caspal Schambergen 加須波留、オランダの医師)から「規矩術」が樋口権右衛門(ひぐち・ごんえもん 1601〜1683、謙貞、小林義信とも、長崎の与力)へ伝授されたようです。カスパルとともに漂着したスヘーデル(Juriaan Schaedel、スエーデン出身、砲術士官)とする説もあります。当時はスペイン、ポルトガルなどの「南蛮人」にたいしてオランダ、英国の人たちを「紅毛人」と指していたことから三角法を応用した測量術である「規矩術」は「紅毛流」の測量術ともいわれました。「紅毛流」に対して、ポルトガルなどから導入された航海測量(ナビゲーション)を「南蛮流」とも呼ばれています。[堀口俊二:樋口権右衛門(小林謙貞)の南蛮流測量術と紅毛流測量術「新潟産業大学経済学部紀要」第40号 2012 p111−118]

樋口が伝授された規矩術は平板(測板)に載せた簡易なアリダード(Alidade、測斜照準儀とも)のような測量器で目標を視準し図上に点を落として縮尺、図化する方法で現在の平板測量と同等と考えられています。この時期にはオランダの数学者、天文学者スネリウス(Willebrord Snellius 1580〜1626、スネルSnellとも呼称)がオランダで最初の三角測量を1615年に行なっているのですが技術が成熟過程にあり普及していなかったからです。しかし近年あらたな考察があり伝授された規矩術は現在の三角測量そのものではないにしても、三角法を計算過程で用いた測量のようです。シェドラー(詳細不明)というオランダ人が江戸幕府要人に三角関数表を示したことが裏付けになります。[小曽根淳:紅毛流として伝来した測量術について 京都大学数理解析研究所講究録 第1787巻 2012 p127−137]、[レイニア.H.ヘスリング、鈴木邦子訳:オランダ人捕縛から探る近世史 山田町教育委員会 1998 p290]

「規矩術」は当初、幻術とされ当時の幕府は一時、使用禁止としたようですが樋口から弟子である金沢刑部左衛門(生没年不明)、金沢清左衛門(1625〜1684)、金沢勘右衛門(生年不明〜1691)などの一家へ口伝され、さらに清水貞徳(1645〜1717)により体系化され「清水流測量術」ともいわれます。「規矩術」は秘伝として伝書や免許状の形で伝授されるため書籍として刊行されることは、きわめて少なかったようですが清水の弟子による「秘傳規矩元法別傳 八事繪巻」(清水貞徳述、石田景如記の写、国立国会図書館デジタルコレクション、制作年不明)があります。その後、公表されたものとして有沢武貞による「町見便蒙鈔」が1711年(宝永8)に、松宮俊仍による「分度餘術」が1728年(享保13)に、清野信興による「清野流打量秘訣」が1779年(安永8)に出版または稿本として作成されています。[日蘭学会:洋學史事典 雄松堂出版 1984 p410][瀬戸島政博:図版でみる江戸時代の測量術 その一 「測量」 日本測量協会 2009.6 p25]、[鈴木一義・田辺義一:技術的内容からみた江戸初期清水流測量術形成について 国立科学博物館研究報告E類34 国立科学博物館 2011 p51−60]、[川村博忠:近世絵図と測量術 古今書院 1992 p62] 

1657年(明暦3)、江戸時代最大の火事といわれる「振袖火事」(ふりそでかじ、明暦の大火、火もとは本郷丸山の本妙寺)の復興に際し幕府は数学者で測量家でもあった大目付の北条氏長(ほうじょう・うじなが 1609〜1670、軍学者、北条安房守)に実測図「江戸大繪圖」の作成を命じ、金澤清左衛門が起用されました。これまで禁止されていた三角術を応用した規矩術がつかわれ、その効果が認められてきました。江戸の復興では防火のため区画整理や、道路拡幅が行われ火除地(ひよけち)も設けられました。この江戸大繪圖は1670年(寛文10)に「新板江戸大繪圖」として刊行されています。北条もスヘーデルから砲術に応用された測量術を学んだともいわれています。その後、規矩術は国絵図作成にもつかわれました。

17世紀半ば以前は、測量の知識は秘伝とされてきましたが、1720年(享保5)には将軍、徳川吉宗(1684〜1751)がそれまで禁止されていた洋書(漢訳書)を解禁したこともあり、測量全般については徐々に公開され元禄時代からは手書き本として、また刊行書としては享保年代からになります。これらの表題には「町見」(ちょうけん、高低や遠近の距離を測定すること)、「規矩法」、「量地」(りょうち)、「測量」が入っているものが多いようです。

その後、村井昌弘(むらい・まさひろ1693〜1759、兵法家、測量家)による「量地指南」前編・後編、島田道桓(しまだ・みちたけ 生没年不明)による「規矩元法町見弁疑」など本格的な測量術書が刊行されています。村井の「量地指南」後編は伊能忠敬によっても写本が作成され実際の測量の教本としたようです。この写本は伊能忠敬記念館で所蔵されています。また村井や島田の測量術書では「規矩元器」といい方位磁石と糸を張った視準棒(桁)を組み合わせ目標方向を読みとる機器も紹介されています。このほか石黒信由による「測遠要術」、「測量法實用」、岡崎三蔵による「圖解阿南量地法國圖付録」、渡辺慎による「量地伝習録」などの稿本があります。しかし村絵図の作成や水路工事のためには厳密な測量を必要としなかったため実務者には用いられることがなく、実務者向けには三角法によらない測量書として秋田義一による「算法地方大成」や甲斐駒蔵による「量地圖説」が19世紀中頃に刊行されています。

1856年(安政3)には福田理軒(ふくだ・りけん 1849〜1889)などによる「測量集成」が刊行され三角関数の測量への応用も解説されています。江戸時代末期になっても欧米の測量技術書は漢訳本として導入されたようです。その頃、清国の上海では江南製造所の西洋書籍翻訳局や京師同文館が設立され欧米の書籍の漢訳をかなりやっていました。漢訳本はさらに和訳され利用されています。

細井廣澤

地図:東京西南部(墓所)

細井廣澤(ほそい・こうたく 1658〜1735、細井知慎(ともちか)とも)は遠州掛川藩出身で儒学者として有名です。測量に関する業績な少ないようですが天皇陵墓の調査測量や修復にも携わっています。1717年(享保2)には細井によりオランダ流の測量術を述べた「秘傳地域圖法大全書」が刊行、測量技術が公開されています。この著作のなかに日本ではじめて「測量」という字句が使用されたといわれますが、わたしが国立国会図書館所蔵(写本、同館HP)と京都府立総合資料館所蔵(写本、寛政6、足立尚静写本、乾巻と坤巻あり)の同書でしらべたところ「量地」(返り点あり)、「懸測」(「ケンシキ」と振り仮名あり)はありますが「測量」は見当たりませんでした。写本ですから別の版に載っているのかもしれません。

1727年(享保12)に刊行された細井の「測量秘言」によると「長崎の天文は小林謙貞に始まり根本は西洋按針役から受けた」(按針は磁石による水先案内)、「小林謙貞は樋口謙貞ともいう」などとあり小林も樋口権右衛門、樋口謙貞も同一人と考えられています。細井は「清水流測量術」で知られる規矩術の継承者、清水貞徳(1645〜1717)とも交流があったともいわれます。[小島宗治:測天量地 清和出版社 1997 p387−393]、[堀口俊二・下斗米哲明:秘伝規矩元法別伝・八事絵巻と規矩元法別伝目録秘八目録図解の比較「新潟産業大学経済学部紀要」第48号 新潟産業大学経済学部 2017 p68−77]

細井の墓所は世田谷区等々力の満願寺、東急等々力の北東300メートルのところです。同寺墓地の東端一画が細井家墓所になっており入口には「細井廣澤先生墓所」の標柱、入口左に墓があります。表面には「廣澤先生細井君墓」、左側面には「豪徳院不孤有隣大居士」と刻されています。

高き所を量る圖

「高き所を量る圖」は葛飾北齋の弟子であった葛飾爲齋によって描かれたものです。常陸笠間の藩士、甲斐駒蔵(廣永)(生没年不明)による1852年(嘉永5)の著作「量地圖説」の挿図です。この著作は三角法によらない測量書ですが、このような図は同書に多数見られます。甲斐は長谷川善左衛門(1782〜1838、長谷川寛とも)、長谷川弘(1810〜1887)から数学を伝授されています。[大矢真一:(甲斐駒蔵著量地圖説)解説 江戸科学古典叢書10 恒和出版 1978 解説p10]

またこの著作の校者は著者とおなじ常陸笠間の藩士、小野友五郎(1817〜1898 小野廣胖とも)があたっていますが、小野はのち軍艦操練所の伝習生として江戸末期の水路測量で活躍します。

蕃書調所

地図:東京首部

幕府によって設けられた西洋技術取得の養成機関として1855年(安政2)一ツ橋に発足した「洋学所」があり翌年には「蕃書調所」(ばんしょしらべしょ)に改称されました。当時の教授職には箕作阮甫(みつくり・げんぽ 1799〜1863、津山藩、蘭学者)、杉田成卿(すぎた・せいけい 1817〜1859、小浜藩、蘭学者)があたり、また教授手伝として松木弘安(まつき・こうあん 1832〜1893、薩摩藩、蘭学者、明治維新後、寺島宗則と改名)などがあたりました。1862年(文久2)には洋書調所、さらに翌年、開成所(維新後は開成学校)と改称されました。ちなみに湯島にある昌平黌(しょうへいこう)は幕府の漢学の学問所でした。そのご開成学校は大学校、大学南校、帝国大学となりましたが明治初期の「大学」は教育行政の最高の役所という意味がありました。 初代陸地測量部長となった小菅智淵(こすげ・ともひろ 1832〜1888、幕臣関定考の次男)も開成所で学びました。これより古い幕府の機関としては天文方があり測量、地図作成を行うほか蛮書和解御用(ばんしょわげごよう、「蛮書」は「蕃書」とも書かれました)という西洋の書籍を翻訳、研究する機関も附属していました。さらに1856年(安政3)には諸術調所が箱舘奉行所内に武田斐三郎(成章、たけだ・あやさぶろう 1827〜1880)の主宰で開かれています。これらの諸機関は新技術として測量についても伝習、実務を行っています。蕃書調所跡は千代田区九段南一丁目交番西の植込みに説明板が立てられていますが文字が消えかかっています。そのほか幕府の養成機関として1856年(安政3)に発足した軍事訓練を目的とした講武所がありましたが1866年(慶應2)には砲術訓練所になっています。[斉藤敏夫、佐藤p、師橋辰夫:明治初期測量史試論 「地図」15巻3号 日本国際地図学会 1977、p3−4]


■Top of this Home Page
■Next Page