海洋測量(水路測量)

沿岸航法と天文航法

沿岸部の航海では山や島を目じるしとし複数の目標を同一線上に重ねて方向をさだめたり、二つ以上の線の交わりをもとめる「山当て」または「山立て」ともいわれる方法により自船の位置や目的地の方向を知りました。このように沿岸部を目視によりながら航海することを沿岸航法といいます。しかし、外洋では見渡すかぎり水平線だけとなり目じるしになるのは太陽と月、星の天体にかぎられます。これらの天体の動きが分かれば位置を知ることが可能になるので天文測量、略して天測、により自船の位置をもとめながら航海をする天文航法が発達しました。北極星は目じるしとしてつかわれることが多く古くから地方によって「ヒトツボシ」、「オヤボシ」、「メアテボシ」などと呼ばれていました。

日本では7世紀の飛鳥時代から8世紀の平安時代の初期にかけて遣唐使がつかう遣唐船があり、ほぼ20年に1回の間隔で数百人もの使節団が派遣されました。4隻の船をつかうため「よつのふね」と呼ばれ、外洋を航海していました。航路は陸地を見ながら朝鮮半島の沿岸を通る北路は比較的安全でしたが南路は危険が多く本国に戻れない人もでてきました。9世紀末には遣唐使は中止になりました。

その後、外洋航海は途絶えていましたが安土桃山時代から江戸時代初期にかけての、朱印船制度ができ外国との交易に大型船が利用されました。この際、天文航法が活用されたと思われます。ところが朱印船以降、三代将軍、徳川家光のころから鎖国になり船舶の建造も沿岸航行が可能な構造で帆柱一本、帆一枚、大きさは千石(積載可能な米の量、計量単位は「石」)を越えないという禁令がありました。大きさ千石は原則であって商業活動が活発になった江戸後期にはこれを越える大きさも黙認されたようです。千石船といわれる船の積載量は150トン程度であったようです。近海での漁船など小型船舶は沿岸の地形を目標とした沿岸航法(地廻り航法とも)により、また海運につかわれた北前船(きたまえぶね)などの大型船舶は沿岸部の高い山や島を目標としたり天体観測や船磁石(ふなじしゃく、船舶用方位磁石)を利用して航行しました。いずれにしても外洋上で経緯度を求めて自船の位置を確認できる手段は不十分でした。北前船は江戸時代初期から大坂、兵庫を始発点として瀬戸内海から日本海沿岸をへて蝦夷地への航路をとりました。一方、太平洋側の航路は日本海側より遅れて、元禄時代に河村瑞賢(かわむら・ずいけん1617〜1699、治水、海運、安治川開削の功労者)によって江戸から奥州への太平洋航路が開かれました。

天文航法はアラビアではじまり欧州で発達しましたが18世紀中頃に天文学、数学、観測機器、技術が一体となって高度な実用の域に達しました。16世紀後半から 17世紀 にかけてポルトガルやスペインからの帆船の来航や漂着が多かった頃、天体を観測して自船の位置を知り、磁針により進行方向を定めたりする航法に驚き航海士に尊敬の念を抱きました。航海士はポルトガル語でピロト(Piloto)とか行師(あんじ)とも按針ともよばれました。方位と航行距離から船の位置をもとめる「推測航法」(Dead-reckoning)や2点の方位から自船の位置を知る「交叉方位法」(Cross-bearing)といわれる航法は日本でも陸上の測量につかわれた導線法や交会法とおなじ手法であり19世紀のはじめに伊能忠敬が陸上での測量に用いています。本格的な天文航法により外洋航海を目指したのは開国前の江戸時代末期からです。

澪標 (みおつくし)

地図:大阪西北部

古くから安全な航路を示すため土砂堆積の多い河口近くの浅瀬には目じるしとして「澪標」(みおつくし)という標識が設置されました。澪標は源氏物語の巻名にもあるように平安時代にはすでにあったようです。

大阪市此花区伝法の澪標住吉神社はもともと浪速津の川口に立てられた澪標に因みますが804年(延暦23)遣唐使の一行が航海の安全を祈願するために住吉四柱神を祀ったといわれています。阪神なんば線伝法の東、徒歩5分のところにあります。門前には金属製の澪標が見られます。澪標は大阪市の市章にもなっています。また岡山県の倉敷川にも澪標がいまも残っているようです。

アダムスとヨーステン

地図:伊東(アダムス)、東京首部(ヨーステン)

1600年(慶長5)、関ヶ原の戦いの半年前に豊後の臼杵湾に辿りついたオランダのデ・リ−フデ号(慈愛号)に航海士として英国人アダムス((William Adams 1564〜1620)とオランダ人ヨーステン(Jan Joosten van Loodensteyn 1556か〜1623)がいました。当時、日本でカトリックの普及活動をしていたイエズス会は新教徒のオランダ船乗組員を処刑するよう幕府に注進しました。しかし徳川家康は乗組員を引見し、害のないことを認めアダムスやヨーステンに俸給を与えて慰留し外交交渉の通訳や助言を求めました。幾何学や数学、航海術などの知識を側近に授けたともいわれています。また経験を買われ伊東で西洋式帆船を建造しました。アダムスはのちに幕府の貿易顧問になり三浦に領地もあたえられ三浦按針(みうら・あんじん)と改名、幕臣になりました。三浦は領地、按針は水先案内人にちなみます。アダムスが日本ではじめての洋式船を建造した伊東市、「なぎさ橋」南詰めの「按針メモリアル公園」にはアダムスの像があります。このほか東京メトロ三越前A1出入口東の日本橋室町1−10、かつて「按針町」とよばれていたところには「史跡三浦按針屋敷跡」の碑が、また横須賀市には按針塚があります。

ヨーステンも幕臣になり、日本名は耶楊子(やようす)とされ、なまって「やよす」、「やえす」と呼ばれたため屋敷地も八重洲となりました。東京駅八重洲南口の階段を降りたところの地下街にはヨーステンの像があります。このほか日本橋三丁目交差点西の中央分離帯にも記念碑があります。[司馬遼太郎: 街道をゆく オランダ紀行 朝日文庫 2009p124]

外国艦船による水路測量

1842年(天保13)、江戸幕府は各藩に海岸の絵地図に水深も含めて記入し提出を命じました。1849年(嘉永2)にはさらに詳しい海岸絵地図を求めました。しかし日本の本格的な沿岸測量は19世紀中頃から英国の艦船により行われています。1845年(弘化2)のサマラン号による長崎、1849年(嘉永2)のマリーナ号による江戸湾、下田港、1855年(安政2)のサラセン号による対馬海峡、五島列島、九州北西海岸、能登半島、津軽海峡や1859年(安政6)のアクティオン号による対馬海峡、新潟、相模湾、伊豆半島、紀伊水道などの測量が行われました。米国も1849年(嘉永2)、日本に保護されていた難破した米国捕鯨船乗組員の返還を求めに来航したプレブル号、1853年(嘉永6)とその翌年のペリー艦隊や1855年(安政2)のロジャーズ艦隊により日本近海の測量が行われています。ようやく1861年(文久1)、正式に幕府は英艦隊に測量を許可しています。この際、幕府の役人が乗り込み早期の作業終了を願い伊能小図3枚をアクティオン号に提示しますが英国側はその図を要望し、英国公使オールコック(Rutherford Alcock 1809〜1897)との交渉により同図を引き渡すことになりました。その結果、英艦隊は沿岸測量を大幅に省略し主に航路上の水深や岩礁を測量して引き揚げました。この地図はいまも英グリニッジ海事博物館に所蔵されています。

米国ペリー艦隊の来航

地図:浦賀(ペリー上陸碑)

1853年(嘉永6)7月、米国の東印度艦隊司令長官ペリー(Matthew Calbraith Perry 1794〜1858)が旗艦サスケハナ号(2450トン、マスト3本、蒸気外輪船)はじめ、蒸気外輪船ミシシッピー号、帆走船プリマス号、サラトガ号の4隻の軍艦を率いて江戸湾に来航、浦賀沖に投錨しました。ペリー艦隊は上海で集結、琉球から小笠原をへて来航しました。幕府はペリー艦隊来航をオランダから送られてくる世界の情報を記述した「別段風説書」により事前に知っていました。江戸時代初期から幕府は鎖国の政策をとっていましたが、オランダとキリスト教に無縁の清国のみ、長崎での交易を許可していました。幕府は海外の動向を知るため、長崎のオランダ商館長(甲比丹、カピタン)に情報の提供を要求し、1641年(寛永18)から「オランダ風説書」(ふうせつがき、阿蘭陀風説書、和蘭風説書とも)として提供されました。オランダ風説書は商館長が作成し通詞が日本語に訳しました。1840年(天保11)からはジャワ島の蘭印政庁(オランダ領東インド、首都バタヴィア、現ジャカルタ)でも風説書が作成され「別段風説書」として日本に伝達されていました。

ペリー艦隊来航の7年前、1846年(弘化3)にも米国の東インド艦隊司令官ビッドル(James Biddle 1733〜1848)が軍艦コロンブス号とヴィンセンス号を率い国交を求め浦賀に来航しましたが幕府の拒絶により退去しています。ペリー艦隊の来航目的は開国の要求であり、米国側は強硬な態度で交渉に臨みました。浦賀奉行とサスケハナ艦長ブキャナン(Franklin Buchanan、1800〜1874)中佐、参謀長アダムス(Henry Allen Adams 1800〜1869)中佐などと会談の後、ペリーは久里浜に上陸、国書(フィルモア大統領の親書)を幕府に渡しました。国書は1.米捕鯨船員に食料、水、薪の補給、難破船員の保護、2.米汽船へ石炭補給、修理可能な港開放、3.通商許可の3条項を要求したもので、翌年に再来航予定と伝達し、これに対して幕府は諭旨書(ゆししょ、国書の受取書)を手渡しました。当時、米国では灯火の燃料となる鯨油を求め捕鯨が盛んに行われ、これまでの大西洋での捕鯨がハワイを基地とした太平洋北部に移ってきました。このため捕鯨船員への補給、また船内での鯨油搾取のため燃料とする薪を必要としました。しかし捕鯨はこの時期をピークに後々衰退してきました。石油の発掘と普及にともない、鯨油の価値が暴落したことが主な理由です。一方、ペリーの要求した通商の方は中国にくらべ日本は市場が小さいため、この時期には重視されなかったようです。横須賀市久里浜のペリー公園にはペリー上陸記念碑が見られます。1901年(明治34)に建立され、碑文は初代内閣総理大臣伊藤博文により「北米合衆國水師提督伯理上陸記念碑」とあります。

ペリー艦隊の第1回目の来航は日本側の鎖国政策のもと国書の受け渡しだけで条約は締結されませんでしたが、この際、艦隊が行った水路測量は米国側にとって測量成果だけでなく幕府への威圧という大きな成果がありました。ミシシッピー号の艦砲による援護のもとで武装した短艇を利用して浦賀湾と投錨地から江戸湾奥へ18キロメートルの小柴沖(現横浜市金沢区の沖)まで水深、沿岸地形の水路測量が行われましたが上陸は控えたようです。国書を浦賀で受け取らなかった場合には艦隊を江戸に進ませるための示威行動でした。日本側では海岸に警備の武士5千人を配備し、また民家では避難騒ぎも起こっていました。

1854年(嘉永7)2月、ペリーはポーハタン号(2415トン、マスト3本、蒸気外輪船)を旗艦として、サスケハナ号、ミシシッピー号(以上蒸気外輪船)、帆走船のサラトガ号、マセドニアン号、ヴァンダリア号、レキシントン号、サザンプトン号、サプライ号(延着)の計9隻を率い再度(2回目)来航しました。この際、艦隊側から幕府側に対して測量の成果を渡すことを約束し、測角のため海岸の要所、要所に目じるしとして測標を立てるため士官の上陸を乞うていますが、結果はどうなったか明らかでありません。横浜村においては林復斎(はやし・ふくさい 1801〜1859)が交渉にあたりました。林復斎は幕府の儒家として代々任じられた林羅山(はやし・らざん 1583〜1657)を始祖とする林家(りんけ)の第十一代当主にあたり、官職の大学頭(だいがくのかみ)をつけ林大学頭ともいわれます。

幕府は開国の要求を受け入れ、ペリーが500人の将兵とともに上陸、横浜村に臨時に設置された応接所で米国側の要求である通商を除き「日米和親条約」(神奈川条約とも)が締結されました。この条約は通商条約ではありません。その結果、箱館と下田が開港されました。同年5月、ペリー艦隊が寄港した箱館と日米和親条約の細部取り決め(下田条約)が締結された下田でも水路測量が行われ岩礁のある危険な所に円柱浮標(ブイ)を設置しています。[猪口孝・三方洋子:猪口孝が読み解く「ペリー提督日本遠征記」NTT出版 1999 p23−28、p60−76、p90、p181、p197]

交渉を円滑にすすめるために通詞の役割は重要で、日米間の交渉では長崎通詞も活躍しています。主席通詞は初回来航時、堀達之助(ほり・たつのすけ 1823〜1894)、第2回目来航時、森山栄之助(もりやま・えいのすけ 1820〜1871、多吉郎とも)でした。森山は1848年(嘉永1)、米国捕鯨船から焼尻島へ偽装漂着したマクドナルド(Ranald MacDonald 1824〜1894、カナダ生まれ、冒険家)の取り調べに当たり本格的に英語を学び、蘭・英2ヶ国語を使いこなせる通詞として活躍しています。吉村昭の歴史小説「黒船」、「海の祭礼」にはそれぞれ堀、森山の両通詞の事績が主題となっています。[吉村昭:黒船 中公文庫 2012]、[吉村昭:海の祭礼 文春文庫 2004]

なお米艦には仙八という日本の漂流民が乗っていたようです。また吉田松陰(よしだ・しょういん 1830〜1859、長州藩士)と金子重之助(かねこ・しげのすけ 1831〜1855、長州藩士)が下田で米艦におもむき米国行きを懇願しましたがペリーにより拒絶されました。ペリー来航により海岸防備の重要性が認識され幕府は第1回目の来航から2ヶ月後、幕府は水戸藩などに命じ戦艦の建造、品川沖に台場(砲台)の築造、湾内と沿岸部の測量を実施させました。江戸湾の測量の成果として「江戸内海浅深測量之圖」が完成されました。また翌1854年(安政1)、浦賀奉行所では与力、中島三郎助(なかじま・さぶろうすけ 1821〜1869)などにより英国船をモデルとした日本初の洋式帆船軍艦「鳳凰丸」が建造されました。中島は1837年(天保8)日本人漂流民の音吉(おときち 1819〜1867、乙吉とも、尾張国出身、のち英国艦隊の長崎来航に通訳として同行)などを載せた米国商船モリソン号に砲撃、第1回目のペリー艦隊の応対には副奉行と偽り、いち早く乗り込み交渉を開始し、その後、長崎海軍伝習所などで活躍、1869年箱館戦争で旧幕府軍として参戦、戦死しました。

1854年(嘉永7)日米和親条約が締結された直後、英国東インド艦隊が司令長官スターリング(James Stirling 1791〜1865)に率いられ長崎に来航し日英和親条約(日英約定とも)を、ついでロシアの使節プチャーチン(Jevfimij Vasil'jevich Putjatin 1803〜1883、ニコライ1世の侍従武官長)が軍艦ディアナ号で下田に来航し日露和親条約を締結しました。翌年にはオランダ、フランスとも和親条約を締結しています。

これまでロシアによる樺太、千島など北方諸島への進出が懸念されていましたがペリー来航を契機として江戸時代末期には幕府や諸藩も海防を強化して幕府の主導により組織的な軍艦操船の教育や海洋測量(水路測量)が行われました。

海軍伝習所 (長崎)

1854年(安政1)、ペリーが再び浦賀に来航し日米和親条約を締結した年、オランダは日本から帆船、蒸気船の建造依頼を引き受けますが、引き渡し時期が提示できず1855年(安政2)蒸気船スンピン号(オランダのフリシンゲンで造船、350トン、マスト3本、外輪船、観光丸と改名)と乗組員を差し向け諸学を伝授しました。日本最初の蒸気船、スンピン号は当時のオランダ商館長クルチウス(Jan Hendrik Donker Curtius 1813〜1879)の尽力によりオランダから幕府に進呈されたものですが後に幕府が艦船を多数、オランダに注文することを前提としたともいわれます。[司馬遼太郎:胡蝶の夢 第一巻 新潮文庫 2004 p404]

スンピン号の艦長はファビウス(Gerhardes Fabius 1806〜1888)で幕府に対して海軍設立の方針書を提出しました。1855年(安政2)、幕府は長崎に海軍伝習所を開設し諸藩から伝習生百数十人を集め当時、幕府の目付であった永井尚志(ながい・なおゆき 1816〜1891)が総監に、勝麟太郎(かつ・りんたろう 1823〜1899、安芳、海舟とも)が生徒監に命ぜられオランダから派遣されたペルス・ライケン(Gerhard Christiaan Coenraad Pels Rijcken 1810〜1889、のち海軍大臣)ら20数人によって操船、兵科とともに数学や測量技術などが教えられました。伝習生のなかには第1期生には勝麟太郎のほか矢田堀景蔵(やたぼり・けいぞう 1829〜1887 幕府最後の海軍総裁)、小野友五郎(おの・ともごろう 1817〜1898、廣胖とも)、中島三郎助(前出)、来原良蔵(くるはら・りょうぞう 1829〜1862 長州藩士、洋式軍制改革の中心)、塚本明毅(つかもと・ あきたけ 1833〜1885、数学者、内務省官僚、桓甫、寧海とも)、第2期生には榎本釜次郎(えのもと・かまじろう 1836〜1908、武揚とも)、松岡盤吉(まつおか・ばんきち 生年不明〜1871)、伴鐵太郎(ばん・てつたろう 1825〜1902)、第3期以降には赤松則良(あかまつ・のりよし 1841〜1920、大三郎とも)、田邊太一(たなべ・たいち 1831〜1915)などが参加し、このほか諸藩派遣の聴講生として佐野常民(さの・つねたみ 1822〜1902 日本赤十字社の前身、博愛社の創立者)、柳楢悦(やなぎ・ならよし 1832〜1891 初代海軍水路部長)、五代友厚(ごだい・ともあつ 1836〜1885、維新後実業家)、川村純義(かわむら・すみよし 1836〜1904、海軍大将)などがいました。のち総監は目付、木村芥舟(きむら・かいしゅう 1830〜1901、摂津守)が永井に替わりました。実務としては長崎港の実測があり、これは「崎港測量圖」として旧鍋島藩に伝わる海図に反映していると考えられます。

オランダの第二次派遣隊は司令官カッテンディーケ(W.J.C.Ridder Huijssen van Kattendijke 1816〜1866のち海軍大臣)で幕府がオランダに発注した新造軍艦ヤパン号(オランダのキンデルダイクで造船、380トン、マスト3本、スクリュー装備のコルベット艦、咸臨丸と改名)とともに来日しペルス・ライケンの後継者として海軍伝習所で指導をしました。またヤパン号には軍医としてポンぺ(Johannes Lijdius Catharinus Pompe van Meerdervoort 1829〜1908)も乗船していました。ポンペは長崎奉行所西役所医学伝習所で医学生を教授し日本の医学発展に大きな影響を与えることになります。カッテンディーケは1858年(安政5)の報告で「幾何、代数、測角、三角法の基礎、航海術、図学を教授した。平板測量にて何人かの伝習生は実習の成果を表した。」としています。航海術はオランダ海軍でつかわれていたピラール(J.C.Pilaar)の航海術書(Handleiding tot de beschouwende en werkdadige Stuurmanskunst)に準拠して経緯度、海図、地磁気、推測航法、天測、羅針盤や六分儀の使用法などが伝授されました。[横山伊徳:幕末維新期の日本沿海測量と海図作成「地図中心」395号 日本地図センター 2005.8 p10−12]

司馬遼太郎の著作にはつぎのような珍談が載っています。

幕末、幕府がはじめて長崎において海軍伝習所をつくり、オランダ人教師によって海軍士官を養成したとき、昼めしどきになると生徒たちは甲板上にめいめい鍋と七輪をもちだし、ばたばたと火をおこして煮たきし、オランダ人を閉口させたという。 [司馬遼太郎:坂の上の雲(一) 岩波文庫 1999 p214、同様の内容は「胡蝶の夢」第二巻 新潮文庫 2004 p56にもあり、底本はカッテンディーケの著作][カッテンディーケ、水田信利訳:長崎海軍伝習所の日々 平凡社(東洋文庫) 1964 p53−54]

軍艦操練所 (江戸)

地図:東京南部

1857年(安政4)4月には長崎の海軍伝習所から軍艦、咸臨丸を江戸へ廻送し築地に軍艦教授所が設けられました。同年7月軍艦操練所と改称され教授方頭取にはカッテンディーケの評価が高かった矢田堀景蔵(1829〜1887 荒井郁之助の叔父にあたる)が就任しました。当時の伝習生は軍艦操練所での学習とともに私塾と仲間同士の自習で洋学の習得に努めました。小野友五郎(前出)、荒井郁之助(あらい・いくのすけ 1836〜1909)、甲賀源吾(1839〜1869)らは江戸湾の実測を行い海図「江戸近海海防圖」を作成してます。岩橋新吾(いわはし・しんご 1832〜1883、教章(のりあき)とも)、福岡金吾(ふくおか・きんご 生没年不明)らは伊勢、尾張、志摩地方の実測をしました。柳楢悦(前出)などが1857年(安政4)頃に作成したと伝えられる海図「西肥五島之内福江島玉之浦の圖」や「東肥天草島之内富岡湊之圖」などが海上保安庁海洋情報部に残されています。水深は漢数字で表され山は鳥瞰図として描かれています。

1860年(安政7)日米修好条約批准のため正使、新見豊前守が搭乗した米軍艦ポーハタン号に随行した咸臨丸では軍艦奉行の木村摂津守が司令官(提督)、勝麟太郎が艦長でしたが小野友五郎(前出)や赤松則良(前出)が測量に従事し、同行した荒井郁之助の伯父、成瀬善四郎(なるせ・ぜんしろう 生没年不明、外国奉行支配組)は米国が作成した「米国海岸測量報告書」を荒井に持ち帰っています。

1861年(文久1)には幕府は外国奉行、水野忠徳(みずの・ただのり 1810〜1868、筑後守)を巡見使とした小笠原諸島へ咸臨丸で派遣し、その際に測量も行われました。咸臨丸には小野、荒井、甲賀、通訳として中浜万次郎(なかはま・まんじろう 1827〜1898、ジョン万次郎とも、土佐国中濱村出身)などが乗り組みました。中浜は1841年(天保12)土佐宇佐浦から出漁、遭難し無人の伊豆諸島鳥島に漂着しました。5ヶ月後、通りかかった米国捕鯨船ジョン・ハウランド号(John Howland)に救出され船長のホイットフィールド(William H. Whitfield 1804〜1886)のもと、米国で英語、数学、測量、航海術などを学び、捕鯨や金鉱採掘に従事しました。その後、日本に向かう船で琉球に上陸し薩摩藩に捕えられましたが、中浜の米国で得た経験と知識が重視され、1852年(嘉永5)、土佐藩士分に取り立てられました。咸臨丸での小笠原諸島の測量成果は「小笠原嶋総圖」としてまとめられています。この時期、米国、英国は小笠原諸島の領有を主張しましたが咸臨丸の測量成果は日本が領有する有力な根拠となりました。

1859年(安政6)、これまで江戸の軍艦操練所と共存していた長崎の海軍伝習所は閉鎖されました。2ヶ所の訓練所をもつ大きな財政負担や大老の井伊直弼(いい・なおすけ 1815〜1860)が西洋軍事技術の導入に消極的であったことが閉鎖の原因となったようです。江戸の軍艦操練所は1864年(元治1)、火災のため施設の大半を失いましたが勘定奉行、小栗忠順(おぐり・ただまさ 1827〜1868)などの尽力により再建されました。軍艦操練所は維新後、海軍兵学寮となりのちの海軍兵学校の前身となります。荒井、岩橋はいずれも維新以降、陸地測量に移り測量技術の指導者になっています。

軍艦操練所跡は中央区築地六丁目隅田川に架かる勝鬨橋(かちどきばし)の手前、晴海通りの西側歩道の車道寄りに中央区教育委員会により説明板が立てられています。[篠原宏:海軍創設史 リブロポート 1986 p53][赤松範一:赤松則良半生談 平凡社 1977 p82−83]

海軍操練所 (神戸)

地図:神戸首部

1864年(元治1)から一時、海軍操練所が兵庫(神戸)に設けられました。勝麟太郎が当時の将軍、徳川家茂(とくがわ・いえもち1846〜1866)に海軍の必要性を説き、坂本竜馬(さかもと・りょうま 1836〜1867、土佐藩浪人)などの協力も得てこの地に建設されました。同年、江戸の軍艦操練所が火災により施設が焼失したことも契機となりました。神戸の海軍操練所は造船所を備えた大規模なもので生徒も全国から募集しました。福田半(ふくだ・はん 1849〜1888か、福田治軒とも)らにより大阪湾の実測が行なわれています。日清戦争当時の初代連合艦隊司令長官であった伊東祐亨(いとう・すけゆき 1843〜1914、薩摩藩士、初代連合艦隊司令長官)もここで学びました。しかし一部の生徒が、この年の7月に起きた蛤御門の変で幕府側と戦い、勝も幕府の嫌疑を受け翌1865年(元治2)に廃止になりました。

神戸市中央区新港町17の京橋交差点南東には海軍操練所の記念碑があります。高さ3メートル程度の碇(いかり)と書籍の形をした石碑で1968年(昭和43)に建てられています。またこの近く、京橋から海岸通りを西へ徒歩5分程度の神戸水上警察署の西にある「みなと公園」という広場には高さ2.5メートル程度の碑があります。これは現在、神戸の諏訪山公園にあり勝海舟の筆になる「海軍営之碑」を模したもので1973年(昭和48)に建てられました。

神戸海軍操練所が開設されるまで短期間(半年間か)、大坂に勝麟太郎は寓居であった専稱寺に私塾として海軍塾を開いていました。現在、跡かたはありませんが大阪市中央区淡路町三丁目のAAホール前には「勝海舟寓居・海軍塾(専稱寺)」の説明板があります。

江戸末期には英米はじめ列国が日本に進出し、またオランダも海上覇権を失うなど国力低下のきざしをみせたこともあり幕府の海軍設立にはオランダにかわり英国が乗り出すこととなりました。とくに1867年(慶應3)、大坂城で将軍、徳川慶喜が英、米、仏、蘭4ヶ国公使と謁見した際、英国公使パークスは慶喜を多大に評価し幕府海軍への協力を約束します。海洋測量は以降、明治維新後も英国の指導によることとなります。

小野友五郎

地図:大堀

小野友五郎(おの・ともごろう 1817〜1898、廣胖とも)は常陸笠間藩出身で、関孝和(せき・たかかず 1642頃〜1708)の流れをくむ同藩の甲斐駒蔵(生没年不明)から和算を学びました。1852年(嘉永5)、甲斐とともに「量地圖説」を著しています。同年、幕府天文方出仕となり勤務のかたわら砲術やオランダ語を学びオランダ人スワルト(Jacob Swart 1796〜1866)の航海術書を部分翻訳し「渡海新編」として幕府に提出しています。1855年( 安政2)、測量や航海術の知識向上のため長崎の海軍伝習所に派遣され一年半の測量術実修を行い江戸に戻り軍艦操練所教授方となりました。[藤井哲博:咸臨丸航海長小野友五郎の生涯 中公新書 1985 p17−32]

1860年(安政7)、日米修好通商条約批准書交換の際、米国のポーハタン号に乗る正使、新見正興(にいみ・まさおき 1822〜1869、外国奉行)とはべつに使節護衛と航海訓練のため軍艦奉行の木村芥舟(きむら・かいしゅう 1830〜1901、摂津守)を提督、勝麟太郎を艦長とする咸臨丸が派遣されることになりました。小野は赤松則良(前出)松岡盤吉(前出)、伴鐵太郎(前出)とともに測量方となって米国へ航海します。このときの航法は既に欧米で用いられていた複数の六分儀やクロノメーターによるほか小野は月距法により経度を測定したといわれています。航海の指導と助言のため同乗した米国海軍大尉、ブルック(John Mercer Brooke 1826〜1906)は中浜(ジョン)万次郎とともに小野の測量術にも感心し以後、親交を結ぶようになりました。

その後、小野は異国船防備のため江戸湾の測量を行い「江戸湾実測図」を作成しました。また軍艦頭取として幕臣となり小笠原諸島調査のため咸臨丸艦長として同諸島の測量を行い小笠原群島実測図を作成しました。1864年(元治1)には幕府の勘定吟味役に昇進、外国通貨と日本通貨の価格差による金貨、銀貨の流失防止に努めました。幕府海軍の軍艦調達の命をうけ1867年(慶応3)には再び渡米しています。同年、帰国後、勘定奉行並に昇進し、名を広胖(ひろとき)と改めます。将軍、徳川慶喜に仕え江戸、京都、大坂を奔走し大政奉還後は江戸に戻りました。幕府は徳川慶喜、勝麟太郎の恭順路線をすすめ1868年(慶応4)、小野はこれに反する主戦派として永預(ながあずけ)の終身刑を受けましたが徳川家の駿府への移封の際、解除されます。1870年(明治3)海軍から出仕要請がありましたが固辞し民部省とひきつづき工部省で鉄道建設の測量に従事します。1877年(明治10)、退官し製塩事業を手がけています。1898年(明治31)、富津で天日製塩の講習中に倒れ死去しました。

小野の墓所はかつて東京本所の成就寺(通称枳殻寺、からたちでら)にありました。同寺は関東大震災後、江戸川区平井に移転されています。もとの成就寺にあった墓碑や遺骨は不明ですが1974年(昭和49)に東京の小野家により広島の法林寺緑井霊園に墓所が再建されたようです。また小野の墓所は富津市大堀の明澄寺(みょうちょうじ)にもありますが墓石は元笠間、現富津の小野家により1986年(昭和61)に設けられたもので親族とともに葬られています。傍らの墓碑には「観月院殿塩翁廣胖居士 明治三十一年十月十九日 俗名小野友五郎 享年八十二歳」と刻まれており同寺には位牌もあります。東京と富津に分骨されたのかもしれません。[鳴海風:怒涛逆巻くも 幕末の数学者小野友五郎 新人物往来社 2003 下p379]、[藤井哲博:咸臨丸航海長小野友五郎の生涯 中公新書 1985 p195]

荒井郁之助

地図:東京西南部、江差

荒井郁之助(1836〜1909)は軍艦操練所頭取、勝麟太郎の後任になりましたが、その後、海軍から陸軍、講武所への配置替えになっています。維新後は榎本武揚(前出)、大鳥圭介(1833〜1911 のち工部大学校校長、学習院院長)、小林一知(こばやし・かずとも 1835〜1906)などとともに1868年(慶応4)1月の鳥羽・伏見の戦いから翌年5月函館五稜郭の戦いまでの旧幕府軍と新政府軍との戊辰(ぼしん)戦争に旧幕府海軍として参戦、敗れ投獄ののち東京に設置された開拓使仮学校に奉職、開拓使による北海道の測量、引きつづき1877年(明治10)小林一知の後任として内務省地理局測量課長に就任しました。荒井は地理局で三角測量に多大の成果をあげ、さらに1890年(明治23)地理局に中央気象台が設置され初代台長に就任しました。[原田朗:荒井郁之助 吉川弘文館 1994 p225]

JR恵比寿から渋谷橋を渡り明治通りを広尾へ10分ほど歩くと北側に祥雲寺の小さな入口があります。ここを通りすこし進むと山門が現れますが山門をくぐったところにある鐘楼の前に徳川家達(とくがわ・いえさと 1863〜1940)篆額の「荒井君碑」が1915年(大正4)に建てられており碑文には「十年再奉職内務省地理局剏全國三角測量尋遷」と全国三角測量をおこなった業績も記されています。この寺院の墓地にある黒田長政はじめ福岡藩黒田家などの墓の北高台に荒井の墓があり墓石には「荒井郁之助 配 松本氏 天保七年四月廿九日生 明治四十二年七月十九日没」と刻まれています。「配」は配偶者である夫人のとみ子、「松本氏」はとみ子が幕府医官、松本良甫の養女であったことによるものと思われます。[司馬遼太郎:胡蝶の夢 新潮文庫 2004 (一)p55]

箱館戦争時に荒井が乗り組んだ開陽丸は北海道江差で座礁沈没しましたが江差町には1974年(昭和49)の頃から遺物が引き揚げられ1990年(平成2)には船が復元され現在、記念館になっています。その展示には海図を前に作戦中の中島三郎助、荒井郁之助、榎本武揚(写真左から順)などの人形があり当時を偲ばれます。

小林一知

地図:興津(おきつ)

小林一知(こばやし・かずとも 1835〜1906 維新後新政府出仕までは小林文次郎)は戊辰戦争のとき旧幕府軍の咸臨丸艦長でした。このとき咸臨丸の蒸気機関は老朽、故障が多くすでに撤去し帆船になっていました。旧幕府軍は蝦夷地に新政権を樹立するため1868年(明治1)8月19日、開陽丸を旗艦とした7隻の旧幕府艦とともに品川沖を出航し北走の際、鹿島灘で台風に遭遇し曳航されていた回天丸からの曳綱も断ち帆柱を切断し漂流しましたが風向きにより伊豆下田港に辿りつきました。さらに、ここで河津港に避難していた蟠龍丸に曳航され9月2日に清水港に入港、修理することになりました。

ところが新政府軍の艦船が追跡し咸臨丸に砲撃を加えました。戦闘能力のない咸臨丸は白布を振ったにかかわらず新政府軍は銃を撃ち抜刀して甲板に進入し咸臨丸乗組員が殺害されました。このとき艦長の小林は駿府藩庁へ出かけたため下船中でした。逆賊として放置されていた屍を地元の侠客、山本長五郎(1820〜1893 清水次郎長)が集めて松の古木の下に葬ったということです。

静岡市興津の国道1号に面した清見寺(せいけんじ)には1887年(明治20年)に建立された咸臨丸乗組員殉難の碑があり表は榎本武揚(えのもと・たけあき 1836〜1908 幕臣)の書になる「食人之食者死人之事」がいまも残されています。「人ノ食(しょく)ヲ食(は)ム者ハ人ノ事ニ死ス」は「主人(徳川)から食禄をもらって生きている者はその人のために死なねばならぬ」の意味で出典は史記、漢の張良の名言です。裏(本堂側)は「骨枯松秀」と彫られた大鳥圭介(前出)による篆額、永井尚志(前出)による碑文です。「骨枯松秀」は山岡鉄舟(1836〜1888 幕臣)の詩、
   砂濶孤松秀 空留壮士名
   水禽何所恨 飛向夕陽鳴
に因み、碑文は刻字が薄く判読困難なところが多いのですが清水次郎長に関するところは
「土人山本長五 郎侠士也夜索港中得七屍竊載至向嶋埋古松樹下建石表之題曰壮士墓」(土人山本長五郎ハ侠士也、夜港中ニ索メテ七屍ヲ得ル、窃ニ載セテ向嶋ニ至リ、古松樹ノ下ニ埋メ、石ヲ建テ之ヲ表スルニ題シテ壮士ノ墓ト曰フ)と彫られているようです。咸臨丸はのち開拓使の輸送船になりました。1871年(明治4)、北海道への移住を目指し仙台藩白石城主、片倉小十郎(1859〜1911、景光)の家臣401名を乗せて仙台の寒風沢を出航した咸臨丸は箱館経由で小樽に向かう途中、現木古内町のサラキ沖で暴風雨により座礁、乗船者は救助されましたが船体は数日後に沈没しました。

小林は荒井郁之助と同様の経歴をもっていますが明治維新後、工部省土木寮で河川測量などを担当しその後、測量司に転任、さらに内務省地理寮で測量に従事しています。明治中期、内務省地理局に中央気象台が設置され初代台長の荒井郁之助についで二代目台長になりました。

甲賀源吾

地図:東京首部

甲賀源吾(1839〜1869)は矢田堀景蔵の塾で航海術を学び荒井郁之助の塾では、ともに蘭書で高等数学を学び軍艦操練所では測量数学の教授もしました。戊辰(ぼしん)戦争(箱館戦争)の際、榎本武揚、荒井郁之助らとともに新政府軍と戦い、1869年(明治2)3月宮古湾の戦いでは官軍の「甲鉄」艦を奪うため総司令官荒井郁之助のもと甲賀自ら操船する「回天」で接舷戦を挑みましたが敵のガットリング砲の弾にあたり戦死しました。このとき土方歳三(1835〜1869 新撰組副長)を総督とした陸兵も乗り込んでいました。荒井、土方はともに生還、「回天」は荒井が操船し箱館に入港し新政府軍と戦いましたが海陸両方から攻められ遂に船内に放火し乗組員は五稜郭に引き上げました。1883年(明治16)、来日中のオランダの造船技師ボーゲル(Nehring Vogel)は函館港海中で回天でつかわれていた木材を見つけました。ボーゲルがダンチヒの造船所で「回天」の造船にかかわっていたことから判明したのです。その木材で椅子をつくり愛用しましたが荒井郁之助はそれを知り残りの木材を譲り受け煙草盆をつくり甲賀の遺族に贈りました。[原田朗:荒井郁之助 吉川弘文館 1994 p241]、[吉村昭:幕府軍艦「回天」始末 文春文庫 1993 p61−155]

1931年(昭和6)に建てられた甲賀の墓碑によると当時新政府軍の三等士官として「春日」に乗り組み「回天」を砲撃した後の連合艦隊司令長官、東郷平八郎(1847〜1934)が「甲賀源吾ハ賊ナカラモ六十年後ノ今日ニ至ルマテ私ノ嘆賞措ク能ハサル勇士ナリ」と賞賛しています。「春日」は日清戦争前に除籍、日露戦争当時に同名の巡洋艦がありますがこれとは別です。東京本郷駒込団子坂通りに駒込大観音と呼ばれる光源寺があります。地下鉄南北線本駒込から東へ徒歩5分のところです。同寺の墓地最奥に甲賀家の墓と入口近くに甲賀源吾の碑がありますが、この碑は第二次大戦末期に米軍の焼夷弾が命中し二つに折れてしまい上半分だけ横にひびの入った状態で残置されています。いまでも地元の人たちの間では甲賀が楯になって助けてもらったと言い伝えられています。[2006.11.8 光源寺談]

甲賀の門下で軍艦操練所で学んだ新島襄(1843〜1890)は異色の存在です。後に同志社を創立する新島は1860年(万延1)軍艦操練所にかよい数学、測量、航海、機関、築城、砲術を学んでいます。新島は安中藩家老職の横井三右衛門の推挙により軍艦操練所に派遣されましたが横井家老の子息から新島と同郷(安中)の根岸橘三郎へあてた書簡では

当時幕府は築地に御軍船練習所を置き、各藩の有志をも紹介して、海軍の修練を講せしめし時に、新島氏も安中藩より練習生に入学し、氏は数学に於て(数学専門を主とせり)大に上達し、測量械を使用する程度に至り候[根岸橘三郎:新島襄 警醒社 1923、p109、p188]

とあり測量に通じていたことを伺わせます。なお根岸文献によれば新島は1857年(安政4)に創立早々第一期生として入学し1860年(安政7)まで満3年間修業したことになっていますが新島襄全集(同志社による新島の正史か)では1860年(万延1)入学、1862年(文久2)退所)と齟齬があります。[新島襄編集委員会:新島襄全集8 年譜編 同朋舎出版 1992 p16]

新島は1862年(文久2)眼病と不眠症のため軍艦教授所を退所し甲賀源吾の塾に入門して洋学を継続しています。同志社に残る新島の数学ノート(同志社社史資料室蔵)に「天下英雄甲賀源吾」と落書きがありますが、この時期のものです。1864年(元治1)米国へ脱出しアーモスト大学などで学び1874年(明治7)帰国後、キリスト教精神にもとづく教育に専念しました。


■Top of this Home Page
■Next Page