民部省・工部省・内務省の測量
民部省の地積測量

明治維新以前は「米」が普遍的な価値であり、幕府の財源は大部分が農民が米で納める租税でした。維新後の政府は土地制度と租税制度の改革にとりくみ、まず田畑売買の禁令を解き租税徴収のため土地の所属を明確にする地籍調査と土地の面積を算出する土地丈量(地押丈量とも、後年の地積測量)をはじめました。江戸時代以前の「検地」と同様ですが、土地丈量では最小区画である筆(ひつ)ごとの土地の位置、形状、地番、面積を記載した「野取図」または「一筆限図」をつくり、これを字単位にまとめた「字限図」(あざきりず)、さらに村単位の「村限図」が作成されました。 1871年(明治4)になって租税を米から金納制に変更布告しました。これにより本格的な貨幣経済がはじまりました。

地籍調査、地籍測量などの事業のため1869年(明治2)に民部省(発足当初は民部官)庶務司戸籍地図掛を設け翌年には民部省地理司が設置されましたが1871年(明治4)には民部省は大蔵省と合併し大蔵省租税寮地理課に民部省地理司の業務が引き継がれました。その後、1873年(明治6)に内務省が設置され翌年には内務省地理寮が継承しています。

土地丈量は後年の陸地測量部による三角点の整備を待たずに着手されたことや、専門の測量技術者が少なかったため正確さを欠きました。現地での実務はは各府県に委託され実際の土地丈量は区戸長や村総代等の手に任せられました。かつての検地のように目測や歩測によったり、十字法といわれ不規則な田畑でも出入が相殺されるよう長方形とみなし十字に荒縄を張って測量する方法や、 三斜法といわれ、すべて三角形に分割して測量する方法などが採用されました。秋田県立博物館に所蔵されている「文明開化地租改正地面測量改之図」は1876年(明治9)に秋田県第七大区(雄勝郡)地租改正総代茂木亀六が土地丈量をしている自身を描かせたものといわれています。上の図は十字法による測量、下の図はアリダードに類似した測量器で目標を視準している平板測量の場面です。本図は秋田県立博物館のご好意により許可を得て掲載します。

字限図は村単位の村限図なども含め「地租改正地引繪圖」の一部となり後年の地籍調査の基礎になりました。1872年(明治5)には課税対象を明確にし地価をさだめ官有地、私有地などの地主にたいして一筆の土地ごとに地券(壬申地券)を発行し土地売買の自由も認められました。

1873年(明治6)には地租改正の条例を公布し地租を地価の3パーセントとして地券所有者から現金で収納しました。これにより政府は全国一律の基準で豊凶にかかわらず一定の収入が確保でき国家の財政が安定しました。しかし小作人は従来の慣例どおりに小作料を収穫の現物で地主に納め高率の小作料のため窮乏化し、その後、1876年(明治9)頃から、西南戦争とほぼ同時期に地租改正反対一揆が熊本、大分、茨城、三重、愛知、岐阜など各地で起こり1877年(明治10)には地租は2.5パーセントに下がりました。地租改正作業は1880年(明治13)頃に山林、原野をのぞき一応、終了しました。1886年(明治19)には登記法の実施により地券は廃止されました。国税総額にしめる地租の割合は1877年(明治10)の82.3パーセントから1882年(明治15)には64.0パーセントに落ちています。

1882年(明治15)、当時の内務省地理局の荒井郁之助(1836〜1909)は東京地学協会での講演で三角測量事業の予算の不足を嘆きつぎのように述べています。

今政府ノ収納ヲ概算スルニ其ノ全額ノ平均三分二ハ地租ノ徴収ニアリ財政上實ニ緊要ノモノト謂フヘシ而シテ之ヲ實驗ニ依リテ徴スルニ地租ノ金額ハ測量ノ精密ナルニ依リテ増加スルヲ以テ例トス [荒井郁之助述:測量術沿革考 東京地學協會報告 四巻五号 東京地學協會 1882 (復刻 ゆまに書房 1990 p241)]

当時、税金を抑えようと土地の面積は実際より狭く計上されていることが多く、精密な測量が税の増収につながることを力説しているようです。

北海道での地籍測量は明治初期から国有未開地を計画的に売払う目的で土地を分割調査した「国有未開地処分図」や入植に適した土地を測量した「殖民地区画図」などをもととし、また明治後期からは道庁による測量で位置、形状、面積を測量し整備された「土地連絡図」などが作成されました。

沖縄県の地籍測量は例外でした。琉球は明治維新後1871年(明治4)に一たん鹿児島県に編入され翌年、琉球王尚泰(しょうたい)を藩主として琉球藩が設置され1879年(明治12)には沖縄県になっています。当面、旧琉球王府の制度が存続しましたが1895年(明治28)に大蔵省主税局長であった目賀田種太郎(めがた・たねたろう 1853〜1926)が沖縄県諸制度改正方案取調委員に任命されると近代的な測量により土地整理事業を進めようとしました。三角測量網の四等三角点に標石を置き地籍測量をすることでしたが、この時点で陸地測量部の三角測量網が沖縄まで延伸されていませんでした。1898年(明治31)になって臨時沖縄県土地整理事務局が設置され翌年から沖縄県独自の三角測量が開始されています。[小林茂:外邦図 中公新書 2011 p164−165]

明治初期からの地籍調査や地積測量で作成された図面は字限図、壬申地券地引絵図、地租改正地引絵図、地押調査更正地図、地籍地図などありますが、総称して「公図」と呼ばれ土地台帳の付属地図とされました。第二次大戦後1951年(昭和26)に制定された国土調査法にもとづく地籍調査によって作成された地図は「地籍図」と呼ばれ現在は市町村や法務局で管理されています。公図は測量技術が乏しかった時代のことでもあり、また当時の土地課税に対する思惑から現況と大きく異なっていることが珍しくありません。とくに山林の図面の精度は悪く、実面積は登記の3倍という意味の「山は三倍」という言葉があるほどです。

工部省・内務省の測量

個々の地籍調査と土地丈量は民部省の事業として行われましたが広範囲の地図測量は1870年(明治3)に民部省から独立した工部省(工部卿後藤象次郎、元土佐藩家老)で行われています。翌1871年(明治4)には工部省の傘下に工学寮工学校(のちの工部大学校)などと、測量司が設けられ山尾庸三(やまお・ようぞう 1837〜1917、元長州藩士)が少輔として寮、司の長を兼ね、河野通信(こうの・みちのぶ 1839〜1899、元長州藩士)は測量正兼五等出仕、村田文夫(1836〜1891、元広島藩士)は六等出仕、室田秀雄は七等出仕などそれぞれ寮、司を兼ね就任しました。仮庁舎は虎ノ門旧内藤邸、技術官制は都検三等官勅任、技監四〜七等、師八〜十等、手十一〜十三等、見習十四〜十五等といった階級がありました。年間予算は工学寮25万円、測量司14万円になっています。

工部省測量司はまず東京府はじめ都市の測量から、お雇い英国人の指導により実施しました。英国から技術者6名が招聘され測量師長としてマクヴィーン(Colin Alexander McVean 1838〜1912、スコットランド出身、マクウェンとも表記)、測量助師にジョイネル(Henry Batson Joyner 1839〜1884)が任命されました。マックヴィーンは1868年(明治1)に灯台建設のためにブラントン(Richard Henry Brunton 1841〜1901)の補助として来日、ジョイネルは1870年(明治3)に京浜間鉄道布設のために来日していました。測量助師の後に気象観測に従事しています。寮、司とも生徒を募集、工学寮工学校の生徒館は赤坂溜池葵町三番地旧大和邸に、べつにお雇い教師のために洋館5棟が設けられました。工学校はダイアー(Henry Dyer 1848〜1918、スコットランド出身)を都検(教頭に相当)としてマクヴィーンなどが担当しました。お雇い技術者の雇用期間は2または3年、俸給(月)は師長400円、助師350円で毎年逓増、俸給はすべて金貨で、支払い当日に三井銀行が出張しました。お雇い外国人の外業には通訳と督役掛をつけ外人の命を伝達、人夫使役、昼食世話などさせました。1972年(明治5)末には、さらにお雇い英国人ウイルソン、クレースン、マカーサー、チースメン、スチュアート、イートン(姓名綴り、生没年不明)など6名が追加されています。その後、お雇い英国人としてシャボー(Henry Scharbou)が加わっています。シャボーは測量のほか気象、天文などについて指導、政府への助言を行っており日本人技術者からも評価されています。お雇い外国人も1975年(明治8)頃が最多数でしたが徐々に解雇されています。当時、新政府はインフラ整備、軍事の充実に膨大な予算を必要としたためです。

お雇い外国人と日本人測量技術者との協同作業はすべて順調であったとはいえません。マクヴィーンに対する排斥意見や京都の測量を担当したマカーサーの技量不足、作業遅延について苦情があったようです。[大川通久:沼津兵学校出身者資料 書簡写し 沼津市明治資料館蔵 1874 頁、丁数表示なし 資料番号J−11−15、16]

1873年(明治6)測量司では数学、絵画に志ある数名に、岸俊雄(1844〜1908、会津藩士、藩校日新館出身、東京で苟新館(こうしんかん)を主宰)が測量法、鈴木重葉が製図の教授をし実地はお雇い英国人の作業を研究させています。この頃、伊能忠敬の曽孫、伊能源六が日本大図を蔵すると聞き三浦省吾が下総佐原に赴き借用しましたが、のちに同図が献納され伊能源六に官金300円を贈っています。同年、測量司は馬場先門内の旧閣老邸に移転しています。

1874年(明治7)1月には工部省測量司をいったん内務省所属に変更、測量正兼五等出仕として村田文夫が就任しました。この頃、工部省土木寮で河川測量などを担当した小林一知(こばやし・かずとも 1835〜1906)など約30名が測量司に転任しています。その後8月に内務省地理寮が設置され、これまでの工部省と大蔵省の業務を引継ぎ地理寮の役職者として地理頭、内務大丞は杉浦讓(1835〜1877 幕臣、郵便事業にも功績)、地籍課長は桜井勉(1843〜1931、但馬国出石出身、のち地理局長)、量地課長は村田文夫が就任しています。この年、量地の尺度は「尺」から「メートル」に改正されています。また地理寮量地課は追手門内務省内に移転しています。この頃から東京についで大都市、港湾都市、鎮台所在地などで測量が実施されています。鎮台は徴兵制をもとにした軍隊組織で1873年(明治6)には東京、仙台、名古屋、大阪、広島、熊本の6ヶ所におかれ、これが後の師団になります。[館潔彦:洋式日本測量野史 三交會誌 第二十號(須磨漁史により掲出) 陸地測量部 1915 p212−215、同 第二十一號 p279−280]

1875年(明治8)には地理寮量地課の人員計148名、うち奏任官4、事務官23、実測者83、製図者38名となり測地課全盛の時代といわれていましたが同年後半から予算減や技員の地方府県への配転も行われました。

1876年(明治9)から関八州大三角測量の事業が開始され基線選定の調査が行われました。東京・塩竃間の水準測量も行われその成果は那須基線に使用されることが決定しました。この年、神奈川県で外国人遊歩規程について異議があり許容行動範囲10里の限界を確かめるため横浜・小田原間の測量が行われました。

この年に制定された「量地條例綱領」ではその前文に測量は国を治める根本であり一大事業であること、伊能忠敬の測量では実用に適さないこともあり各地の境界、高低を測量し諸工事、兵事に役立つ地図を調整することを目的としています。本文では三角測量について一等大三角法、二、三等三角法の定義、水準測量として一、二、三等高低綱紀測量の定義があります。[内務省地理局:例規類纂 量地條例綱領 明治九年五月三日 1884(復刻版 橘書院 1981 p111−116)]

また地理寮施業の測量には全国測量、要地測量と臨時測量の3種類があり全国測量は全国一等三角測量である関八州大三角測量(のち全国三角測量)で国全体の地図を作成する目的があり、要地測量は東京、大阪、京都などの主要都市、主要港の測量、また臨時測量は神奈川県下外国人遊歩規程や府、県間の境界測量などローカルで一時的な測量になっています。[内務省第一回年報 量地ノ功程 1876 p590]

この頃、地図図式の統一をはかるため五百分の一〜五千分の一図譜、一万分の一以上の諸記号を岩橋教章(いわはし・のりあき 1835〜1883、鳥羽藩、画家)に作成させています。岩橋は幕末には軍艦操練所で海図の制作にあたっていましたが1874年(明治7)政府から派遣されウィーン陸軍地理学校で地図学、製版技術を学んでいます。41葉からなる独墺式「測繪圖譜」(そっかいずふ)を作成、1878年(明治11)に完了し地理局は「地圖圖式」として制定し府県に頒布するとともに個人にも奨励しています。[内務省地理局:二万五千分一測繪圖譜 内務省地理局 1881、金沢大学旧四高蔵書]

1877年(明治10)地理寮が改称され地理局(地理局長は内務大書記官、杉浦讓)が発足し地理局測量課が設置され測量課長として内務省一等属の小林一知が就任、またこの年内には内務大書記官の桜井勉が杉浦と交代、内務省御用掛の荒井郁之助(1836〜1909、幕臣)が小林と交代就任しました。測量課は旧地理寮量地課を引き継ぎ主力は「関八州大三角測量」でしたが、ほかに主要都市の測量、国(県)界の測量も行われました。当時の要員は属として30名、ほかに傭員として10名程度でした。

1878年(明治11)には「関八州大三角測量」を「全國三角測量」と改称し、まず那須西原での基線測量から開始されました。翌年、地理局長は内務大書記官品川弥次郎(しながわ・やじろう 1843〜1900)に交代しましたが、翌1880年(明治13)、ふたたび桜井に交代しています。この頃から那須基線をもとにして全国三角測量が本格化し各所に三角点が選定、設置され測量の分担も決められています。

1882年(明治15)、地理局は皇居旧本丸に移転し本丸天守台を本初子午線(経度零度)と定めました。翌年には遠江国(静岡県)三方原に第二の基線を設定しています。1884年(明治17)には地理局の全国三角測量業務は参謀本部測量局に統合吸収され測量技術者も転任になりました。[佐藤p・師橋辰夫:明治初期測量史試論 5 18−2「地図」 日本国際地図学会 1980 p34、p37][館潔彦:洋式日本測量野史 三交會誌 第二十一號(須磨漁史により掲出) 陸地測量部 1915 p280−282、同 第二十二號 p332−336]

都市の測量

都市の測量は工部省測量司によって1871年(明治4)、東京府からはじまります。翌年から測量のほとんどがお雇い外国人の主導で行われ、測量司備え付けの経緯儀は3台しかなかったため測量四等少手の館潔彦(たて・きよひこ 1849〜1927、桑名藩出身)が横浜に派遣され経緯儀など必要機材を購入しました。日本人により測量実施のきざしを見せたのは1873年(明治6)頃からで三浦省吾、館潔彦などが従事しています。

六年一月司ニ備フル所ノ經緯儀ハ僅ニ三個アルノミ、彼外人互ニ交換使用シテ邦入ニ許サス、今ヤ邦人ノ業ニ就クーノ器械ナシ、館潔彦ヲ横濱ニ派シ經緯儀其他必用ノ器械ヲ購入セシム [館潔彦:洋式日本測量野史 三交會誌 第二十號(須磨漁史により掲出) 陸地測量部 1915 p213]

1874年(明治7)、内務省地理寮が設置され工部省の業務を引継ぎ、東京についで当時の大都市、港湾都市、鎮台であった大阪、京都(西京ともよばれていました)、函館、新潟、横浜、神戸、長崎、仙台、名古屋、広島、熊本などで測量が実施されています。しかしこの測量も当初はお雇い外国人の指導によっています。その後、内務省地理寮、地理局による関八州大三角測量さらに全国三角測量となり参謀本部の一等三角測量に発展していきました。内務省の測點については1874年(明治7)の内務省達乙第三十二號(明治7年4月27日)「測量司石製標柱建設」で形状や大きさが例示されています。一辺30センチメートルの角柱で地上30センチメートル、地下90センチメートルとなっていますが、そのとおり、ぴったり当てはまる標石はすでに亡失したものと思われます。

内務省による都市の測量は京都のように測量のみで終了し、その成果である実測図が出版されなかったこともあります。内務省地理局で出版された五千分一実測図はこれまで判明しているところでは東京は1886年(明治19)〜1888年(明治21)、横浜は1881年(明治14)、大阪は1886年(明治19)〜1890年(明治23)、兵庫は1883年(明治16)です。

東京の測量

1871年(明治4)、工部省測量司によりまず皇居とその周辺からはじめられ、ついでお雇い英国人マクヴィーン、ジョイネルなどによって測量技術が指導されました。1872年(明治5)には江戸城富士見櫓、芝愛宕山など東京府下に13ヶ所に三角点を設置し小規模の三角測量が実施されました。

五年三月師長 マクウエン ノ指按ニ由リ東京府下ニ三角測量ヲ施行セシム、仍テ其第一着手トシテ富士見櫓ニ大標旗ヲ建テ府下測量ノ基礎タルヲ示セリ
標旗ハ紅上白下を筋違ニ合セ其白中ニ(工)字ヲ黒記シ地質は大小共總テ△絽ヲ用ヒタリ
(△は糸へんに呉、ゴロか)

(中略)

又府下内外ニ順次三角點十三所ヲ撰ミ高測櫓ヲ起シ一條ノ基線ヲ越中島須崎弁天ノ間ニ撰ミ鋼鉄尺ヲ以テ之ヲ測ル、工部少輔等臨観ス而シテ十三所ノ測點ハ即、富士見櫓、越中島須崎辨天、本所一ツ目、同三ツ目、芝愛宕山 上野下寺町、目白台、宮益町、寺島村、田端村、戸越村、第二臺場等ナリ、此建築費平均一ヶ所金弐百六拾四円三十一銭強トス [館潔彦:洋式日本測量野史 三交會誌 第二十號(須磨漁史により掲出) 陸地測量部 1915 p213]

「マクウエン」は1871年(明治4)から工部省測量司の御雇い英国人です。当時の三角網図は国立公文書館蔵の「三府及横濱三角網素圖」のうち「東京三角網素圖」としてあります。2000フィート=1インチのスケールで「明治八年十二月 御雇英人ヱー、ゼー、クレースン ゼー、アール、チースメン謹測」とあり原点と天測点は赤羽と御殿山に設置されたことがわかります。また13ヶ所の測点は「Castle 城、Ichujima 越中島、Benten 辨天、H'totsumi 一ッ目、Mitsumi 三ッ目、Atagoyama 愛宕山、Uyeno 上野、Mejiro no fudo 目白不動、Aoiyama 青山、Terajima 寺島、Kamitabita 上田畑、Togoemura 戸越村、Fort 臺場」の表記になっています。越中島と洲崎弁天間に基線が設定されています。クレースンとチースメン(Chiesmen)はともに1872年(明治5)から工部省測量司のお雇い(測量助役)英国人です。

1876年(明治9)には内務省地理寮が工部省初期の越中島・洲崎間の基線(現江東区)を本所一ッ目・三ッ目間(現墨田区)に移し改測が行われ三角点の増設とともに館潔彦、阿曽沼次郎が担任しました。基線の改測に使用された基線尺は工部省の測量では鋼鉄尺でしたが今回は開拓使が購入した米国二等基線用ヒルガード式基線尺を用いました。また従来の三角点とも標石を埋設して永久に保存をはかることになりました。

本所一ツ目ノ如キハ丁字形ノ街頭ニ跨カリシヲ以テ、凡三年間車馬ノ通行ヲ絶チ行人ハ終ニ軒下ヲ歩行シ、此近ノ商店ハ殆ト休業ノ體ナリシ報知新聞諷シテ曰ク測量櫓ノ助嗚呼倦勞(クタビレタ)セリト... [館潔彦:洋式日本測量野史 三交會誌 第二十一號(須磨漁史により掲出) 陸地測量部 1915 p279]

三角点は26点増設され初期設置分13点と合わせると計39点になり、「附属豫備點」も74点設置されました。増設した三角点は千田新田、小名木村、柳島、霊嚴寺、吾妻橋、龍泉寺、千住堤、町屋村、車坂町、駿河臺、第一銀行、丸山、巣鴨、富士見町、市ヶ谷、采女橋、赤坂松江邸、芝金杉、麻布龍土、三田綱町、廣尾、宮益、白金、御殿山、上目黒、下目黒以上26ヶ所です。さらに「次三角點」ともいわれる「補助點」が55点、「聯測接合點」が22点設置され再度改測が行われ、1880年(明治13)に東京の三角測量は完成しました。三角點、補助點、聯測接合點の各位置と附属豫備點については当該三角點に対して個数のみが1883年(明治16)内務省地理局測量課から東京府土木課あての文書に明記され、また標石の寸法図が添付されています。上面30センチメートル角、下面60センチメートル角の角錐柱、補助点は上面24センチメートル角、下面45センチメートル角の角錐柱になっています。この時点では三角點、補助點、聯測接合點、附属豫備點の4種類の標石が混在していたことになります。[東京都:東京市史稿市街篇第67号 1975 p6 72]

内務省第二回年報によれば1876年(明治9)7月以降の三角点などの設置点数は「三角測点」13点、補助点12点、細形測点987点になっており東京市史稿の数字と異なります。またこの時点で几号高低標が31ヶ所に附刻され「綱紀高低測量」が行なわれたことになっています。[内務省第二回年報 量地功程ノ事 1877 p438]

附属豫備點は本点に事故があれば復元するために本点を見通す道路上に設置され、聯測接合點は内務省が別途行った小区分の地図測量と接合するため設置されたようです。[佐藤p:内務省地理局の東京地区三角点 「古地図研究」通巻53号 日本地図資料協会 1974.7(百号記念論文復刻 1978 p474)]

当時、設置された三角点標石の一つは戦前には三田綱町の旧福沢邸(のち仁礼邸)に残存しており、当時わが国で最古の三角点とされていましたが現在は不明です。また測標(櫓)は、もともと木製ですから撤去または朽ち果てていますが、当時の外国人が所持し現在、書籍として出版されている風景写真のなかに富士見櫓、愛宕山、須崎などが見られます。[高木菊三郎:三角点の標識と標石の思い出「測量」日本測量協会 1959.3 p16][マリサ・デ・ルッソ・石黒敬章:大日本全国名所一覧 イタリア公使秘蔵の明治写真帖 平凡社 2001 p31、159]

工部省、内務省による東京の三角測量は1886年(明治19)以降の内務省地理局発行の五千分一実測図が直接の成果です。「英式直照式うんおう法」(「うん」は日の下に軍、「おう」は三水偏に公の下に羽)とよばれた方法で描かれています。つづく参謀本部陸軍部測量局の五千分一図もこれにもとづいています。江戸城の富士見櫓は基点となるもので、ここが本初子午線の扱いとなっています。[清水靖夫:内務省地理局「東京実測全図」について 「地図」6巻3号 日本国際地図学会 1968 p1]

渡辺房男著の小説「東京秘図 西南の役 異聞」は初期の東京の測量が描かれています。フィクションですから事実と異なる点も多いと思われますが、あらすじは、つぎのとおりです。

元松江藩士で絵師の福田米太郎は工部省測量司から実測図の清書を依頼されますが当時、測量は陸軍と競合しているという理由で地図の作成は秘密裏に行われます。その後、測量は工部省から内務省に移管されましたが火災により作成済の地図は焼滅します。西南戦役をひかえ薩摩出身の反西郷軍(政府側)スパイが暗躍し福田は鹿児島へ連行され東京実測図の再作成と鹿児島実測図の作成を強要されます。この間、秘密保持のため関係者はつぎつぎ殺害され、真の策略を知った福田もついに追われる身となりますが傷つきながらも逃げ切りました。福田の残した手記の最後は「憤怒、脳天を貫きたり」という一文で終わっています。この小説のなかで基線測量について細かく表現されています。

両国橋の東の橋詰から一直線に延びる相生町の通りの通行が禁止されているらしい。通行人のいない広い通り端に、橋詰からはるか東の方角にわたって一直線に杭が打ち込まれていた。杭は角材で、およそ五寸(十五センチ)四方の太さだ。地面から出ている杭の高さは一尺(約三十センチ)あまり、杭と杭の間隔は一間半(約二・七メートル)弱ではないかと、米太郎は思った。ポリスと並んで、そこかしこに、「工」と染め抜いた旗を持った袴姿の役人たちが立っていた。どうやら、工部省の仕事らしい。(中略)どうやら、およそ一間半の間隔で打ち込まれた杭と杭の間を、長い鉄の物差しで正確に測っているような男たちの動きである。その動きが、両国橋の東詰め近くから延々とここまで続けられているらしい。背の高い赤ら顔の異人は、機敏に動き回って杭の間隔を測っている日本人の役人たちに満足げな眼差しを注いでいた。 [渡辺房男:東京秘図 西南の役 異聞 新人物往来社 2005 p30-31]

江戸城天守台跡の測点

地図:東京首部

1999年(平成11)角田篤彦さんによって発見された皇居東御苑内の江戸城天守台跡の標石は最古の三角点ではないかといわれていますが設置年や目的など裏付ける文献では確認されていません。[山岡光治:日本で最初の三角点標石?を発見 「測量」日本測量協会 2000.4 p33]

皇居東御苑は一般に公開されており入場はできるのですが保護柵がいたるところにあり思うようには探索できません。この標石は江戸城天守台跡展望台の登り口左(西)側の桜の木の下にあり保護柵内で近づけませんが標石表面に対角線×のしるしが彫られているのがわかります。

文献によれば24センチメートル角の錐形で、もともと500メートル南にある富士見櫓に1872年(明治5)に設置された三角点の附属豫備點、3点のうちの1点ではないかといった説があるようです。しかし1902年(明治35)に陸地測量部が東京の三、四等三角測量の際に富士見櫓の三角点を調査したところ三角点の位置は屋根の中心で「探求點」(附属豫備點か)が3ヶ所発見されましたが、それらはこの写真の標石の位置(天守台)ではありません。[いそのかみ:枯木集 思い出 「三交會誌」二十六号 陸地測量部 1916 p26−28]

この測点の素性については富士見櫓に設置された三角点の関係でいろいろ考えられますが、内務省地理局の三角測量では江戸城天守台が原点として選ばれ1882年(明治15)内務卿が本丸天守台の緯度経度の測定結果を各府県に告示したという記録もあるので、そのときの測点の可能性があります。[太政官:地理局測量臺建設地ヲ舊本城内ニ定ム 明治14年6月11日 太政類典 第五編 1881]、[測量・地図百年史編集委員会:測量・地図百年史 日本測量協会 1970 p41]

東京愛宕山の測点跡

地図:東京南部

港区愛宕山には現行の三等三角点「愛宕山」5339−36−9001があり1902年(明治35)設置された初期の点の記を見ると備考欄に

標石埋定ニハ盤石ヲ用ヒス旧内務省測点ヲ代用シ其中心ヲ一致セシメタリ但シ標石ハ切断シタリ [陸地測量部:三等三角點ノ記 1902]

とあり、また現行の点の記では1987年(昭和62)に「旧位置の南東方約9mへ移転」とあります。また移転当時の国土地理院関係者によれば旧盤石は愛宕神社の池中に残置したとのことです。池の畔にある藤棚の下で眼を凝らして水中をみると左手2メートルほど先に加工された台形状の石があり上下二段で上部は30、下部は40センチメートル、厚さは全体で40センチメートル程度に見えます。ちょうど現行三角点から北西9メートルの地点で、これが1872年(明治5)に工部省測量司の設置した三角点の残骸と思われます。

横浜の測量

横浜の測量は東京に引きつづき行なわれました。1874年(明治7)11月、小林一知などが派遣実施され翌年末には終了しています。当時の三角網図は国立公文書館蔵の「三府及横濱三角網素圖」のうち「横浜港三角網素圖」としてあります。一万五千分の一のスケールで「明治八年五月 地理三等大技師小林一知 地理二等大技手 宮崎正謙 地理二等中技手 袖岡正身 謹測」とあります。この三角網図のなかには「A」から「U」までの記号がついた21ヶ所の三角点があり「F」点は「佛陣営標旗」と併記されていることから当時のフランス公使館と思われます。また21ヶ所の三角点のほか「神奈川県廳標旗」、1874年(明治7)金星太陽面通過時のメキシコ隊観測地点であった「メキシコ人觀象点」などが測量地点となっていることがわかります。なお内務省第一回年報では1874年(明治7)12月に16ヶ所の測点が選定されたことになっています。しかし残念ながら、これらの測量標石は現在では行方不明になっています。[内務省第一回年報 量地ノ功程 1876 p596]

この測量の成果は1881年(明治14)に内務省地理局から「五千分一横濱實測圖」が発行されています。この地図には「三角點」と「高低几號」(水準点)が明示され表紙には凡例とともにつぎのように記されています。

本圖ノ實測ハ主任小林一知及ヒ技員數名ノ手ニ成ル明治七年十二月ヲ以テ業ヲ起シ八年十月故アリ中止ス十年十二月再ヒ之ニ従事シ十一年十一月始テ完了ス其區畫ノ内部ノ如キハ神奈川縣丈量圖ニ據テ間々補填スル所アリ 明治十四年二月 [内務省地理局測量課:横濱實測圖 1881]

小林一知(こばやし・かずとも 1835〜1906)は江戸末期の海洋測量のところで説明したように、かつての咸臨丸最後の艦長で後ほど地理局に設置された中央気象台の2代目台長になっています。

京都の測量

内務省による京都の測量は1874年(明治7)にはじめられました。内務省年報にはつぎの記録が残されています。

西京三角測量ヲ起業セシハ明治七年八月ナリ當時御傭英人ヲ主任トシ當寮技員之ニ副ヒ先ツ洛西ニ於テ一條ノ底線ヲ定メ二十三箇所ノ測點ヲ撰ミ測角中八年五月該英人ノ傭期満チ解職セシテ以テ之レニ代ルニ我技員ヲ以テシ大阪測量主任御傭英人ヲシテ之レヲ監視セシメ直チニ前業ヲ繼キ詳ニ諸點ノ角度ヲ測リ精シク毎點ノ距離ヲ算シ加フルニ吉田山ニ於テ眞子午線ヲ實驗シ終ニ一三角網圖ヲ製シテ該業ノ結果ヲ奏セシハ是年十一月ニ在リ [内務省:内務省第一回年報 量地ノ功程 1876 p592]

内務省第一回年報にある「西京」は東京にたいする京都のことで明治維新直後から、このように称せられましたが明治中期にはふたたび「京都」と呼ばれています。平安時代の「西京」は平安京西側の右京のことです。また「御傭英人」は1872年(明治5)に採用された工部省測量司(のち内務省地理寮)のお雇い英国人マカーサー(McArthur、マカトサルとの表記もあり)です。当時の測量成果として国立公文書館蔵の「三府及横濱三角網素圖」のうち「京都三角網素圖」を見る機会を得ました。スケールは一万五千分の一で明治八年十月 地理三等大技手淺野永好 地理二等中技手伊藤鉞五郎 地理二等少技手梨羽時起 謹測、DAIAGRAM OF THE TRIANGULATION OF KIOTO 1875 とあります。

同月(明治7年7月のこと)、マカトサルヲシテ京都府下ニ三角測量ヲ施行セシム、三浦省吾、梨羽時起副タリ、漸次他ノ技員ヲ派出シテ小區測量ヲ施行セシモ三角測量ノ外、故障ノ爲メ終ニ完成ヲ見ズシテ十年四月ヲ以テ中止ス[館潔彦:洋式日本測量野史 三交會誌 第二十號(須磨漁史により掲出) 陸地測量部 1915 p215]

梨羽時起(なしば・ときおき 1850〜1928 山口県萩出身 のち海軍中将)は寺澤正明(生没年不明、開拓使で測量経験、彰義隊で活躍した寺澤と同一人物か)とともに1879年(明治12)わが国の測量史上初めて3千メートル級の高峰である赤石岳に登頂しています。選点の予備調査と思われます。[前澤政雄:赤石荒川其の他に就いて「山岳」第21年3号 日本山岳会 1927 p68(文中の梨羽晴起は梨羽時起の間違い。梨羽登頂の事実が確認できる出典は示されていません。)] [山崎安治:日本登山史 白水社 1969 p152(前澤報文と同様、間違いと出典不明)][梨羽時春:曽祖父、梨羽時起のこと「山」No.761 日本山岳会 2008.10 p11]

梨羽は1880年(明治13)、海軍に転じ日露戦争当時は海軍少将、旅順口封鎖第一戦隊司令官として東郷平八郎司令長官のもとで活躍しています。梨羽の座乗する旗艦「初瀬」(1万5千トン)が旅順港外を哨戒中、ロシア軍が敷設した機雷に触れ浸水、巡洋艦「笠置」が曳航中に再度、触雷し火薬庫に誘爆したため数分で沈没、493名の死者が出ましたが梨羽は救助されました。このことは司馬遼太郎の著書にも詳しく記述されています。[司馬遼太郎:坂の上の雲 文春文庫 1973 第3巻p352、360(二度目の触雷は曳航前とする説があります)][朝日新聞社: 日本歴史人物事典 1994 p1231]



この「京都三角網素圖」は国立公文書館所蔵の資料「公文附属の図・八〇号三府及横浜三角網素図 請求番号:1−2A−030−05・附A−00080−100」を承認を得て掲載したものです。転載はできません。

「京都三角網素圖」によると清水寺や六角堂など27ヶ所に三角点があったことがわかります。ただし当時の三角網図では標石が設けてあるかどうかは図面ではわかりません。しかし内務省第二回年報には、つぎの記述があり少なくとも9点の標石が存在したと解せられます。

是月(明治九年十二月のこと)三角測點ノ所在ヲ後來ニ示サンガ爲メ洛外八箇所洛中一箇所ヘ石標ヲ建設ス [内務省:内務省第二回年報 量地功程ノ事 1877 p435]

清水寺に残る「測點」は刻字されているのも「明治八年」ですからこの三角網図の標石であると思われます。わたしは、この27ヶの三角点設置位置周辺を3年がかりで調査しましたが清水寺以外に標石は見つかりません。吉田山では×印のある標石が見つかりましたが内務省のものかどうか確証はありません。六角堂の古い写真で見られるように東寺や八坂の塔は先端をそのまま三角点として利用され、他の地点では都市化がすすみ埋没または撤去されたものと思われます。また当時、測量官が京都御所に立入る必要があり内務卿から太政大臣をへて京都府へ支障なく取り計らうよう下達がありました。これには標旗の設置については記述がありますが標石のことは触れられていません。「京都三角網素圖」には京都御所にも三角点がありますが標石は設置されなかったのかもしれません。[太政官:京都御所内ヘ測量官員立入伺 公文録 明治7年九月 内務省伺(二) 1874]

当時の内務省年報では「底線」と表現のある基線は約1.8キロメートルあり端点は「中堂寺村」と「西ノ京村」になっています。西ノ京村が現JR二条の駅西に当たるようです。たまたまこの位置に佛教大学の建設計画があり2011年(平成23)、京都市埋蔵文化研究所によって「平安京右京三条一坊」の遺跡として発掘されました。「西ノ京村」の測点標石が期待されましたが、そのようなものは出土されなかったとのことです。[京都市埋蔵文化研究所現地職員談 2011.10.22]

1874年(明治7)にはじめられた内務省による京都の三角測量はお雇い英国人マカーサーの技量不足や帰国などで遅延し、小区測量のため技員も派遣されましたが予算上の問題か、あるいは測量業務が内務省から参謀本部に移行される時期であるためか1877年(明治10)に中止になり、その成果としての地図は発行はされていません。[館潔彦:洋式日本測量野史 三交會誌 第二十號(須磨漁史により掲出) 陸地測量部 1915 p215]

しかし1881年(明治14)琵琶湖疏水の建設測量に際して当時の成果を利用されたことが記録されています。

明治七八年ノ交内務省地理局ニ於テ京都市街ヲ測量セラレシ三角諸點ノ内下京區第八組分木町ト愛宕郡聖護院村トニ在ル三千七百六十二尺九寸一分零八ナル両三角測量點ヲ假用シ之ヲ基線トナシ... [京都市参事會:琵琶湖疎水要誌巻三 1890 p12−13]

また1881年(明治14)から1883年(明治16)に内務省地理局による「補測」があったことが記録されています。[内務省:内務省年報 明治十四、十六年報告書 (復刻版 三一書房 1984 p10、p81)]

内務省の京都三角測量は1876年(明治9)測量中でしたが、堀川下立売ルの測標(測量台)でちょっとした悪戯があり当時の新聞にも載りました。京都の不良4人組が測量台を占拠して納涼宴会をし警察官にも悪態をつくという事件です。当時はこのような些細なことでも全国版の新聞記事になりました。

(前略)此のあひだも西京堀川下立賣下る所に測量臺が有りますが近所の飛びあがりものが四人で瓢箪へ酒をしこみ涼みに其臺の上へあがッて言たい事をいッて騒いで居たのを巡査(おまはり)が見つけ何と心得て測量臺の上へあがッたと咎められると四人の愚者(ばかもの)がナニおます阿房(あほう)ナぽんヽヽいふとこうでおますぞと云いながら臺の上から下に立て居る巡査の頭へ小便をしッかける積りでまくりかけるゆゑ巡査が此方を何と心得ると大声でいふと夫(それ)から四人が驚ろき巡査さんとも心得ずに失禮を申しましたと臺の上で手を合せ詫て居りました(後略)[読賣新聞:標題なし(京都の四人組測量臺占拠)第四百七拾一號 明治9年8月19日 1876 p2]

清水寺の測點

地図:京都東南部

清水寺の入口には仁王門と呼ばれている大きな建造物があります。標石は向かって左下(北側)の基壇前にあります。標石の頭部が20センチメートルほど露出しており「地理寮」の文字も「地理」というところまでは現れていたのですが、わたしも50年間、京都に住んでいながら気づきませんでした。

ところが仁王門の修理工事にともない2000年(平成12)3月、国土地理院近畿地方測量部により、この標石が発掘されました。今回の発掘後、清水寺の談話として地元の新聞につぎのように載っていました。

何の石か分からず「仁王さんのへそ石」とも呼ばれていた。寺ということで開発される可能性も少なく、眺望もいいので、この場所が基準点に選ばれたのだろう。表示標は元の位置に戻して保存したい。 [京都新聞:仁王さんのへそ石 2000年11月7日版]

わたしは清水寺におことわりし工事中の現場で京都府教育委員会文化財保護課のお許しを得て見せていただきました。標石は花崗岩で3個の部分から構成されています。まず地理寮などの名称が刻字された標石が最上部にありました。角柱で頭部は錐形です。西面には「測點」南面には「地理寮」東面には「明治八年」北面には「明治十五年八月建 地理局」と刻字があります。四角柱は横一辺25センチメートルの正方形で高さは38センチメートルあり頂部は高さ3センチメートルの四角錘です。この標石はこの下に本点の地中標があるという標示杭に相当しますが、かりに「表示標」と呼ばれています。

ついで、この標石の下には最下層の標石上部を保護するためと思われる平らな「蓋石」がありました。一辺46センチメートルの正方形、厚さ12センチメートル程度あります。蓋石の下面とその下にある本点標石の上面はいずれも正方形ですが45度ずれて収まるように蓋石の窪みがあります。

最深部は上部平面対角線に×しるしが彫られた截頭方錐形の「本点」標石です。上部平面は一辺15センチメートルの正方形、底面は40×30センチメートルの長方形で高さは50センチメートルあります。文字は何も彫られていません。

標石は全体が地中80センチメートル程度埋まっていましたが、発掘時には底部に深さ50センチメートル、直径7センチメートル程度の穴が4本ありました。発掘の後日、穴がふさがれるのを防ぐため、とりあえず新聞紙がまるめて入れてあります。もし基礎を補強するために木杭が打ち込まれたとすれば、その残骸はあるはずですが空洞になっています。この穴の目的はわかりません。

標石が三段重ねで埋まっていたのは発掘時に立ち会った文化財保護課の人からわたしが直接聞いた話で、はじめて知り後日、復元組み立てをしていただきました。

最上部の表示標には1874年(明治7)に発足した地理寮と1877年(明治10)に改称された地理局の両方の文字が彫られているので1875年(明治8)に設置され、その後改埋されたものか、あるいは標石だけ既製品としてあらかじめ地理寮の名前入りでつくられており地理局になってから設置されたものかいずれかでしょう。

この清水寺の発掘は2000年9月には「国土地理院広報」で公表されました。これによると最下部の×印の本点標石の設置時期と最上部の表示標に地理寮と地理局の両方が刻字されている理由としてつぎのように記載されています。

標石の設置は地理寮が測量時の明治8年(1875)頃に行い、地理寮が地理局に改編された後、明治16年まで実測していたことが記録されていることから表示標の設置は地理局が1882年(明治15)8月に設置し、この時に測量の経緯を記録するために組織名を併記したと推測されます。 [中野博美・徳永和典:清水寺で内務省地理寮の基準点が発見される「国土地理院広報」 387号 2000.9 p7]

この報告のように表示標はその刻字にもあるとおり1882年(明治15)に設置されたことは間違いないでしょうが地中の本体までが同時に設置されたかどうか不明です。当初は見通しのきく清水寺の五重塔が三角測量の偏心点とし観測され、のちに本点の位置に表示標が設置されたのかも知れません。

仁王門の改修工事は2003年(平成15)末までかかりましたが、それまでに発掘された標石は元どおりに埋設されています。ただし後年の破損、分解を防ぐため最上部の表示標と蓋石はボルトで固定され、さらに一辺56センチメートルの正方形、地上高さ6センチメートルの黒い新設基盤の上に載せられました。また埋設地点近くには国土地理院により説明板が設置されました。

国土地理院により設置された説明板には英国の技術を導入して京都市街地図を作成するために設置された基準点であること、標石の上端に刻まれている対角線の中心が基準であること、清水寺からは高瀬七条上ル、六角堂、聖護院村に設置された基準点を視準して測量した、などと解説されています。

茨城県つくば市にある国土地理院「地図と測量の科学館」の「地球ひろば」には内務省の標石や現行の基準点などともに清水寺の標石、最上部の表示標の複製品が展示されています。

京都吉田山の標石

地図:京都東北部

清水寺測点の発掘後、京都市内の測点跡を探索していましたが、7年後の2007年(平成19)12月に市内左京区の吉田山山頂近くで×印のある標石が見つかりました。

現行三等三角点「吉田山」5235−46−2301から北北東120m地点、地上露出4センチメートル程度で落ち葉と土に隠れていました。標石は花崗岩ではなく灰黒色の岩石で一辺9.5センチメートル、上面に対角線が東西、南北の向きに刻印されています。柱石は全体に末広がりですが完全な錐体ではありません。南東面はほぼ垂直になっています。南西面の上辺5センチメートル下、左よりに文字らしいものあり「や」とも「四」とも読めますが荒削り跡のようです。また整形部と荒削り部の境界は不鮮明です。

内務省清水測点との距離は現行の地形図によると3487メートルありますが1875年(明治8)内務省の「京都三角網素圖」からの推定では3424メートルになります。網図のほうは清水寺、吉田山間を直接測量していないことから数値の記載がなく、かつ測角も不明ですから正確なものではありません。しかし網図による位置と見つかった標石の位置はかなり近いことがわかります。

京都市上下水道局には嶋田道生(しまだ・どうせい1849〜1925)の測量による二千分の一の地図「琵琶湖疏水蹴上白川間通水路目論見實測圖」があり吉田山の山頂より南寄りのところに赤い三角の印があります。これは標石の位置と一致すると思われます。琵琶湖疏水の測量では内務省の京都三角測量の成果を利用していますから内務省が設置した吉田山の三角点が載っていることは頷けます。この実測図は2010年(平成22)琵琶湖疏水記念館特別展「疏水分線の移り変わり」で展示されたものです。

当地点はかつて吉田神社と民有地の境界にあたり草深い、踏み跡でしたが1994年(平成6)頃から都市公園法にもとづく「吉田山緑地」の整備のため遊歩道が設けられたところで標石はその歩道の中央で見つかりました。また標石の北東2.4メートルには民有地の塀に使用されている石杭ありそばには一辺15センチメートル角、地上高さ20センチメートル「社地境界」と刻字された石杭があります。「社」とは「吉田神社」と推定されます。

この標石の一辺が9.5センチメートルであり清水寺の標石(地中標)は15センチメートルあることから内務省の「京都三角網素圖」にある測点とは断定できません。また新潟米山の対角線のある小型標石は9センチメートルあることから内務省とは無関係とも言いきれません。今後同種の標石が市内で見つかることを期待します。

淀小橋址(京都の水準測量)

地図:淀

京都の三角測量にともない高低測量(水準測量)も実施されました。三角測量と同様に内務省年報にはつぎの記録が残されています。

同年(明治9)十月三等網紀高低測量ヲ起シ底點ヲ淀小橋淀川量水尺 土木局ニ於テ立ツル所ノモノ ニ要(もと)メ几號ヲ市街ニ施キ同年十二月ニ至ツテ卒業ス [内務省:内務省第二回年報 量地功程ノ事 1877 p434]

ここに記述されている淀小橋はかつて宇治川にかかり淀城下の入口にありましたが1898年(明治31)からの桂川、宇治川、木津川の改修工事でなくなりました。淀小橋の跡を示す碑は1928年(昭和3)に建てられましたが、それも移設され現在は京阪電鉄淀と淀城址に隣接した與杼(よど)神社駐車場にあります。またこの復元碑が1990年(平成2)に北へ250メートルの伏見区納所(のうそ)町八番に地元の団体により設置されています。

また「洛外八箇所洛中一箇所ヘ石標ヲ建設ス」とありますが、この計9ヶ所の三角点標石と「京都三角網素圖」にある27ヶ所の三角点との関係は不明です。「洛中一箇所」は清水寺の測点の可能性が考えられます。

この水準測量にともなう水準点は確実なものは見つかっていませんが京都市伏見区の国道24号に面した御香宮神社東門の燈篭にある几号水準点が、それではないかと推測されます。この水準点はこのホームページのライブラリー「関西の几号水準点」で紹介します。

大阪の測量

大阪の測量は1874年(明治7)に開始され1876年(明治9)に一応完了しています。国立公文書館所蔵の「大坂三角網素圖」を見ましたが、「明治八年五月 御雇英人ロバルト、ウイルソン 謹測」とあり大阪城がCastle 、造幣局がMintなどとと表現されていました。ウイルソン(Wilson)は1872年(明治5)から工部省測量司(のち内務省地理寮)のお雇い(測量助役)英国人です。同氏の指導により吉田秦正(生没年不明)、関野修蔵(1852〜1929)も従事しています。この三角測量の記録としては内務省第一回年報(明治九年)に記載されています。内務省:内務省第一回年報 量地ノ功程 1876 p598]

また1878年(明治11)、1881年(明治14)に内務省地理局による「補測」がされたことが記録されています。[内務省年報 明治十四年報告書、三一書房版 1984 p10]、[館潔彦:洋式日本測量野史 三交會誌 第二十二號(須磨漁史により掲出) 陸地測量部 1915 p333]

測量にもとづく実測図は1886年(明治19)内務省地理局圖藉課から「五千分一(一部二千五百分の一)大阪實測圖」として発行されています。わたしは大阪府立図書館(中之島)で桐箱入りの実物をまた京都大学付属図書館でその複製を見ました。「大阪天守臺測点」の位置が西経四度...で表されており本初子午線がまだ東京であったことを裏付けています。この地図には三角点や水準点の表示はありません。

三角網図には21ヶ所の三角点が明記され、うち6ヶ所は当時の小学校に設置されたことがわかります。この三角網図をたよりに寺院などに設置された三角点も探索しましたが、まったく見当たりません。戦災の影響で消滅したものと思われます。

広島の測量、江波皿山の測點

地図:広島

由緒ははっきりしないのですが広島市内に昔の三角点に相当する測點があるという話を聞き調べてみました。桜の名所江波皿山(標高52メートル)の山頂広場の中心にあり直ぐにわかりました。

一辺30センチメートルの角柱(直方体)で高さは基礎上部55センチメートルあります。上面は×の交線が東西、南北方向にあり、南西面には三角を二重にしたマークと測點の刻字が、北西面には明治十二年一月、北東面には「東經」、南東面には「北緯」という文字が入っています。経緯度の数値は入っていません。基礎は粗雑なコンクリートですが明治時代の工事とは思えません。近年に補修または移設されたのではないでしょうか。「明治十二年」(1879)から推察すると内務省地理局のものとおもわれますが同時代の測點とは形が異なり仕様が一致しません。また三角を二重にしたマークは1878年(明治11)に制定された内務省地理局の「測繪圖譜」では「原三角點」といわれています。

なお標石に経緯度が刻字されている例としては栃木県晃石山にあった内務省の原三角点でのちに一等三角点「晃石山」5439−45−2401に流用されたものです。当時の点の記によれば「東經」、「北緯」とともに経緯度数値が刻字されています。現在は改埋されており当時のものではありません。

この標石に関して記述された設置当時の文献はまだ見つかっていません。内務省が計画した1878年(明治11)の全国三角測量計画の一環で地方の原点として設置されたものであると推定された論文があります。[東海林日出男:中国地方の「原三角点」 「日本測量協会中国支部報」No.11 1994 p4]

広島市の江波皿山は標高52メートルありますが現行の三角点はなく、直ぐ東にある江波山(皿がつかない)のほうには標高37.9メートルの三等三角点「江波」5132−43−3501があります。いずれの山も見晴らしはよく山頂近くまで車で上がることができ広島市民の憩いの場所となっています。

長崎の測量

1876年(明治9)に発行された内務省第一回年報、1877年(明治10)の同第二回年報にはつぎの記述があります。

長崎三角測量ヲ起業セシハ明治九年四月ナリ本地及全港両岸ヨリ香焼島神ノ島等ノ地ニ於テ測點ヲ二十九箇所ニ撰定シ其新大工町ト片瀕郷ニアル二點間ヲ底線地ト定メ尋テ之レカ造工ヲナシ二十四ノ測点石ヲ埋置シ十二箇所ノ測標ヲ建設スル等六月三十日ニ至リ全ク成ル叉底線地の高低ヲ測定シ及ヒ其ノ長サヲ測量スルノ業ヲ施行ス其經費総計金千七百五拾三圓九拾壹銭八厘ニシテ第二十六號表ノ如シ(表略)[内務省:内務省第一回年報 量地ノ功程 1876 p595−596]

長崎三等三角測量ハ明治九年四月起業九年六月マテノ事業は前周年ノ報告書ニ詳カナリ同年七月底線測量トシテ其長サヲ算定ス夫ヨリ測点石埋設測標臺建築及測角等ノ事業漸次施行シテ十月ニ至リ卒業ス次テ三角諸邊ノ長サヲ算籌シ一万分一比例線三角網圖ヲ製シ十一月極星ヲ測リテ真子午線ヲ定メ十二月補助點ヲ測定シテ三角測量全ク卒業セリ且ツ細形測量ハ該地ヲ區分シテ八部ト爲シ其一部及三部ハ九年九月起業漸次施行中本年一月廃寮置局ノ改革アルヲ以テ各技員歸京僅ニ二員ヲ以テ残業を継續シ方向測量ヲ施行ス然ルニ同年六月ニ至リ實際支障アリ故ニ此二員モ亦歸京セシメ以テ半途休業セリ其經費(中略)前周年(中略)ト合算スレハ七千貳百八拾五圓五拾五銭トナル(以下略)[内務省:内務省第二回年報 量地功程ノ事 1877 p428]

この内務省年報にある「技員歸京」については1877年(明治10年)に西郷隆盛(1828〜1877)をはじめとした反乱、西南の役が勃発したことと関係があるように思われます。司馬遼太郎の小説「翔ぶが如く」では地理寮官員の不穏な動きが察せられます。

林友幸は熊本から長崎に移っていた。そこで落ちあい、十二月二十六日、便船で長崎を出発した。林とは別目的で鹿児島へゆく地理寮の官員三名が同船していたが、林自身はその任務においては単身にひとしい。 [司馬遼太郎:翔ぶが如く 三 文藝春秋 1983(司馬遼太郎全集 第37巻)p246]

1876年(明治9)12月、内務少輔(しょうゆう)、林友幸(1823〜1907、長州出身)が内務卿、大久保利通の命により西南の役直前に鹿児島の状況探索のため東京から熊本に到着していました。一方、鹿児島県令の大山綱良(1825〜1877)は内務卿の命により同年7月から12月まで東京に召喚されていましたが、鹿児島の情勢から林単身で鹿児島に入るには危険なため大久保の指示により長崎から鹿児島まで林に同行することになり長崎で落ち合い鹿児島へ入ろうとしていました。「地理寮の官員」が文中に唐突に現れるのはなぜかわかりません。前後の文、小説全体を通じて地理寮はこれだけのようです。なお長崎の三角測量はこのとき終了したところですがこの「地理寮の官員」が長崎に従事したかは不明です。あるいは大久保の密偵であったかもしれません。大山県令は西南の役で官金を西郷軍に提供した罪を問われて長崎で斬首されました。司馬は大山県令のつぎの供述を引用したようです。

二十六日少輔ならびに自分、且地理寮の官員三名同船二七日鹿児島に着す。 [徳富猪一郎:近世日本國民史95 西南役緒篇 近世日本國民史刊行會(時事通信社) 1962 p146]

現在、この測量の遺跡として2ヶ所の測点が残存しています。女神大橋をはさみ西の天門峰と東の大久保山中腹です。当時の長崎縣庶務課地理掛の事務簿(長崎歴史文化博物館蔵)によれば内務省出仕、小林一知(こばやし・かずとも 1835 〜1906)による大三角測量敷地買上にする文書に測点位置について図面を含めた記録があります。これによればつぎの33ヶ所が記載されていますが現在地との照合が困難なところが多いようです。アバ山と魚見岳はそれぞれ天門峰と大久保山(中腹)のことです。

新大工町、大平山(米国金星測量臺跡)、城ヶ島、萬屋町、出島居留地、大浦居留地、鉄炮石、高鉾島、辻、勝山町、今町、鼡島、アバ山、蜷逍{、梅ヶ嵜、南町、舩津、竹ノ山、古川辻、小島正覚寺、辻、釜 竹ノ久保、上笠頭、前田、石原久保、御臺場跡、魚見岳、△石(△不明)、影野尾、中番所、原田、嶋ヶ崎、中之間[長崎縣庶務課地理掛:自明治十年至仝十三年事務簿全 大三角測量敷地買上 内務省地理局気象観測臺用地買上測点敷地圖面 長崎縣庶務課 1877 頁なし(長崎歴史文化博物館蔵 整理番号14 721−3)] 

地図については1881年(明治14)内務省地理局が「大日本國全圖」の分轄図として発行した「長崎福岡大分三縣圖」がありますが86万4千分の1と小縮尺で「測點」は載っていません。 [地図資料編纂会編:明治前期内務省地理局作成地図集成 第2巻 日本図編 柏書房 1999]

明治十七年測圖同二十七年製版、陸地測量部の一万分一図、長崎近傍ノ五「福田村」には天門峰の測点位置に三角点記号と標高165,35が、また同長崎近傍ノ六「深堀村」にも大久保山の測点位置に三角点記号と標高158,38、さらにその上に意味不明の「(13)」の記載があります。これらの地図にある三角点記号は地理局の測点そのものと考えられます。明治三十四年測圖同三十六年製版、陸地測量部の二万分一地形圖長崎要塞近傍六號「深堀」では天門峰の測点位置には三角点記号はなくなり標高164,7鰯見(イワセン)嶽と記載があります。また同図幅で大久保山の測点位置にはなにもありません。

天門峰の測点

地図:長崎西南部

2006年(平成18)2月に長崎で内務省地理局の標石が2ヶ所に残存していることが分かり現場を探訪しました。その位置は長崎港の港口に新しく架橋された女神大橋をはさみ西の天門峰と東の大久保山中腹にある魚見岳です。

天門峰は標高160メートルの山で神崎(こうざき)神社からの登山道を女神大橋西端から入り20分程度の急登で達することができます。山頂にある大岩が測点になっています。岩の大きさは幅1.4、奥行0.8、地上高さ1.0メートル、上部中央(「地理局」刻字の真上)には一辺20センチメートルの正方形で深さ2センチメートルのくぼみがあり、さらにその中央には一辺9センチメートルの四角い凸部があり東西、南北方向に対角線が彫られています。やや斜めになった岩盤上の刻字は縦書きで左が「地理局測點」(幅6、全長40センチメートル)右が「明治九年第四月」(「第四」の文字は推定、幅4、全長34センチメートル)と読めます。内務省地理寮が改称され地理局が発足したのは1877年(明治10)ですから実際の観測は1876年(明治9)の地理寮時代に行われ標石の刻字は後年にされたとも考えられます。京都清水寺に残存する内務省の「測點」は地理寮と地理局の両方が彫られています。この標石はかなり以前から知られているようで現地のガイドブックにも載っていました。

山頂の岩に「明治九年第四月地理局測点」と刻んだ三角点があり、10年前までは何とか判読できましたが、現在「地理局」だけがかろうじて確認できます。この岩の上に立って展望する人の登山靴に踏まれて磨耗したのでしょうか。 [林正康:長崎県の山歩き 葦書房 2000 p73]同様の記述は[長崎市教育委員会:長崎市周辺ハイキングコース 1975 p29]

このガイドブックにあるほど磨耗はしてませんが、かなり判読し難い字もあり写真を撮るのに苦労しました。なお山頂には近年設置されたと思われる直径5センチメートルで「+」と「基準点」のみ彫られた金属標が載った地上高さ10センチメートルのコンクリート杭がありました。女神大橋架橋関係の測量に使用されたものかもしれません。

大久保山の測点

地図:長崎西南部

この測点は大久保山の中腹にある魚見岳というピークの近くにあります。女神大橋東端の下水処理場から大久保山への尾根筋を登ると史跡、長崎(魚見岳)台場跡がありその先ピークの手前、登山道の左、雑木林にあり、およそ標高170メートルの地点です。台場の最上部、一ノ増台場から徒歩15分で到達できます。標石はかなり傾斜しており一辺15センチメートル、地上高さ45センチメートル(のちほど全長75センチメートルと判明)、上面は低い角錐形になり、東面に「地理局測點」北面に「明治九年第五月」の縦書きの刻字がはっきり読めます。他の面には刻字はありません。以下、説明の都合上この標石を「表示標」とします。

わたしがこの標石を探訪した2006年(平成18)2月の直後、この表示標近傍の木立のなかで標石の基盤石のようなものが発見されたという情報を得ました。これは後ほど表示標を支持する石枠であることがわかりました。ここでは「支持枠」とします。

初探訪から6年後の2012年(平成24)4月に再訪し支持枠を確かめました。表示標から登山道を挟んで南西3メートルの地点で半分、落葉に隠れていました。一辺40〜42、厚さ10センチメートルの立方体で中心部に一辺16、深さ5センチメートルの角穴が、さらに一辺6〜8センチメートルの角穴がくり抜かれて標柱の底部がぴったりと入る大きさになっています。一隅が少し欠損していました。少し掘ってみると支持枠の真下に一辺46、厚さ15センチメートルのコンクリートのような盤石が現れました。上面は平らに整形されています。盤石は大きく下を確かめることは無理でしたが地上の標石が表示標であり、別に本点として地中標があるならばこの盤石の下にあると考えられ地元の方に機会があれば確かめていただくようお願いしました。この盤石は後ほど本点地中標の「蓋石」であることがわかりました。

再探訪から7ヶ月後、地元のHさんから蓋石の下に標石があるとの連絡があり3度目の現地探訪をし底部まで掘削し全容を確かめました。地元のHさんとNさんにたいへんなご尽力をいただきました。

掘削の結果、この大久保山測點は上から地上に表示標、支持枠、地中に蓋石、本点の順に4段構成になっていることがわかりました。写真上段左からこの順、同下が本点です。材質はすべて安山岩と思われますが支持枠だけはその表面がコンクリートのように整形され材質は不明です。それぞれの諸元は上から順につぎのとおりです。

表示標は一辺15センチメートル、全長75センチメートル、底部は一辺3〜5、長さ4センチメートルの突起があります。支持枠は一辺40〜42、厚さ10センチメートルの立方体で中心部に表示標が収まります。蓋石は一辺46、厚さ15センチメートルの立方体です。支持枠がこの上に載りますが固定はできません。裏面(底)には一辺28、深さ5センチメートルの窪みがあり本点の頭部に被さるようになっています。また北東側面と南西側面には蓋を持ち上げるとき手の入る窪みがあります。本点は上面が一辺25、底面が一辺48、高さ40センチメートルの截頭方錘形で上面には南北方向と東西方向に細い対角線が刻されています。また底から21センチメートルまでは荒削りで、それ以上は整形されていました。

今回の掘削は道具と労力の可能な限り、また標石が傾いたり移動しないよう南東面は底まで他面は一部を掘削しましたが側面には直径20センチメートル大の石が5〜6個入っていました。掘削調査後は標石を復元し安全のために埋め戻しをしました。表示標と支持枠はもともと放置されていたので設置当初の向きは不明ですが収まりのいいように組み立てています。

表示標、支持枠、蓋石、本点の四段構成は京都の清水寺の表示標、蓋石、本点の三段構成と類似していますが本点の大きさは長崎の方がやや大きく、また蓋石と本点の重なり具合は長崎の場合は正方形両面が重なり合っているのにたいして清水寺の場合は蓋石下面と本点上面が45度ずれて収まるように蓋石の窪みがあります。いずれにしても両者とも表示標や蓋石のあること、また対角線の刻み、截頭方錘形など内務省設置の標石の特徴をよく表しています。

そのほか都市の測量

そのほか当時、内務省による都市の測量は新潟と兵庫神戸があり、それぞれ内務省年報に記録されています。新潟は22ヶ所の測点が設置され、神戸は14ヶ所の測点と2ヶ所の補点、17ヶ所の几号水準点が設置されています。[内務省:内務省第一回年報 量地ノ功程 1876 p594−595][内務省:内務省第二回年報 量地功程ノ事 1877 p429、p433]

館潔彦の「洋式日本測量野史」によると1876(明治9)には神戸港と新潟港の三角測量も行なわれ、前者は小林一知が、後者は宮崎正謙、荒川重豊が担任し、いずれも三角点には永遠不朽の標石が埋設されたことになっていますが、まだ発見された情報は聞きません。[館潔彦:洋式日本測量野史 「三交會誌」 二十一號(須磨漁史により掲出) 陸地測量部 1915 p282]


■Top of this Home Page
■Next Page