外国人遊歩規程の測量

この「外国人遊歩規程の測量」に関する記述は「地理学評論」で発表した論文の内容が含まれています。[上西勝也:明治初期の神奈川県における外国人遊歩規程測量 「地理学評論」81巻8号 2008年11月 日本地理学会 p660]

米国の遣日特使に任じられた提督ペリー(Matthew Calbraith Perry 1794〜1858)の二度にわたる来航により1854年(嘉永7)、横浜村において日米和親条約(神奈川条約)が締結されました。ペリーの威嚇による強硬な要求にもかかわらず日本側全権は林復斎(はやし・ふくさい 1801〜1859、官職は大学頭だいがくのかみ、儒学者)が交渉にあたりました。不平等条約といわれますが幕府の軍事的劣勢の状態で巧みな外交であったと評価されている面もあります。[内閣記録局:法規分類大全 第一編 外交門(條約)1890 p5]

日米和親条約の第5条では開港された下田から米国人の通行できる範囲を下田湾の中央の島(犬走島)を中心として半径7里と定めています。当初米国は10里を主張しましたが一日で往来できる距離ということで日米合意によりまとまったものです。日米和親条約の締結2ヶ月後、ペリーが下田に寄港中に日米和親条約の細部取り決め(下田条約)が締結され下田と同時に開港された箱館(1869年(明治2)から函館と文字変更)は5里とされました。いずれにしても外国人の行動範囲を狭めることによって外国人の国内市場進出を規制し国内市場を保護しようとする日本側の主張が通ったわけです。ペリーが通商問題で譲歩したのは日本市場よりも、はるかに広大は中国市場を重視したという背景があります。[米国議会公文書、オフィス宮崎訳:ペリー艦隊日本遠征記 第1巻 栄光教育文化研究所 1997 p385、p480]

1856年(安政3)には米国総領事としてハリス(Townsend Harris 1804〜1878)が下田に着任します。1857年(安政4)の日米条約(下田追加条約)第6条では「日本政府は合衆国の総領事に7里の限界を越えて通行する権利を認めるが、その権利の行使は延期せよとの日本政府の要求に対して総領事は同意を与えた」旨、明記されています。[タウンゼント・ハリス、坂田精一訳:日本滞在記 岩波文庫 1954 中p266][青木枝朗訳:ヒュースケン日本日記 岩波文庫 1989 p155]

1858年(安政5)、勅許がないまま大老、井伊直弼(1815〜1860)の決断により神奈川沖の米艦ポーハタン号上において日米修好通商条約が締結され米国人の行動範囲は10里以内になり、さらに日本での居留地以外での商行為を禁止されましたが、この条約の前に締結された中国の天津条約では外国人の中国内での自由通商権が認められており、このことと比較すると日本側にとってはるかに有利といえます。国家の独立を護り自立的な通商を維持していく、ひとつの条件が整ったのです。[井上勝生:幕末・維新 シリーズ日本近現代史1 岩波新書 2006 p21、p47]

日米修好通商条約についで露、英、蘭、仏などの各国との修好通商条約でも米国と同様に国交、開港開市、船舶支援、貨幣、裁判などの不平等な取り決めでした。ただし1855年(安政2)の日露和親条約では領事裁判権は双方同等に適用されました。これらの条約にもとづく外国人の行動規制は「外國人遊歩規程」といわれており条約締結後の公文書では、この用語が用いられています。神奈川県の場合、横浜の外国人居留地から東は川崎、品川間の六郷川(多摩川下流部)、そのほかの方向は10里にかぎり自由に旅行できるとなっていました。これは日米修好通商条約では第7条に記載されています。東の限界は外国人を幕府の拠点に近づけさせないという幕府の意図があり、また西の限界は、ほぼ10里に位置する小田原の東、酒匂川東岸となっていました。

日米修好通商条約の原文は日米双方とも理解できるオランダ語で作成されており標題はつぎのとおりです。

TRKTAAT VAN VREDE, VRIENDSCHAP EN HANDEL TUSSCHEN DE VEREENIGDE STATEN VAN AMERIKA EN JAPAN.

和文訳、英文訳では神奈川に関してはつぎの抜粋のとおりです。

米利堅合衆國修好通商條約節録 安政五年六月十九日
 第七條 日本開港ノ場所ニ於テ亜米利加人遊歩ノ規程左ノ如シ
 神奈川 六郷川筋ヲ限トシテ其他ハ各方へ凡十里
 都テ里數ハ各港ノ奉行所又ハ御用所ヨリ陸路ノ程度ナリ(一里ハ亜米利加ノ四千二百七十五ヤルド日本ノ凡三十三町四十八間一尺二寸五分ニ當ル) (以下略)

TREATY OF AMITY AND COMMERCE BETWEEN THE UNITED STATES OF AMERICA AND EMPIRE OF JAPAN.
 ARTICLE Z. In the opened harbors of Japan, Americans shall be free to go where they please, within the following limits:
 At Kanagawa, the river Lokugo (which empties into the bay Yedo, between Kawasaki and Sinagawa) and (10) ten ri in any other direction.
 The distances shall be measured inland from the goyoso or town-hall of each of foregoing harbors, the ri being equal to (4275) four thousand two hundred and seventy-five yards, American measure.....
[内閣記録局:法規分類大全 第一編 外交門(開港開市)1891 p509、同(條約)1890 p34]

ここで和文訳では「遊歩」という語をつかい「散歩」のイメージをあたえますが英文訳では「散歩」に限定した意味には受け取れず暗に経済活動も意図していたことがうかがえます。米国以外の各国とも,条項は統一されていませんが、ほぼ同じ内容になっています。この規制は1899年(明治32)年の各国との改正条約(いわゆる陸奥条約、米国との場合、日米通商航海条約)実施まで継続しましたが以降、片務的に束縛を受けていた法権、税権を回復し、同時に横浜の外国人居留地も廃止になっています。[大山梓、稲生典太郎編:条約改正調書集成 原書房 1991 上p5]

条約の締結後,遊歩限界を示す表示や関門が各地要所にはありましたが数量、設置場所など適切なものではなかったようです。しかし維新後は徐々に整備され当時、範囲内の村には「從是(東西南北)神奈川在留外國人遊歩場十里境内」、酒匂村には英仏両文で「TREATY−LIMIT. TRAITE−LIMITE.」という標示杭がありました。現在の地形図によると神奈川県庁から二宮町山西まで直線で約40キロメートル、国道1号沿いでは41キロメートル、酒匂川東岸まで48.5、早川東岸まで52.5キロメートルあり当時、酒匂川村に標示杭を設けたのは多少の余裕をとったことと、酒匂川という大きい河川が外国人にとっても、わかりやすい境界であるとの判断によったものと考えられます。しかしながら立て札表示だけでは外国人がこの規程を犯し越境する事例が多く、また日本側の官憲にも規程の趣旨が徹底不十分なため誤解があり事件の都度、政府を悩ます外交問題にまでなることが多かったようです。

1862年(文久2)、薩摩藩主の父であり最高権力者である島津久光(1817〜1887)が江戸からの薩摩への帰途、生麦村で藩士の一人が遊歩中の英国人男3人、女1人に非礼行為とみて斬りつけ商人リチャードソン(C.L.Richerdson)を斬殺したという生麦事件がありました。生麦村は遊歩規程内でもあり忌まわしい外交問題となり薩英戦争に発展しました。

マーシャルは、義妹を慰めようと思い、馬による遠出を企てた。条約によって外国人に許される江戸方向への遊歩区域は六郷川までとされていたので、その手前の川崎大師を見物しようと考えた。 [吉村昭:生麦事件 新潮文庫 2002 上巻p37]

(フランス公使ベルクールは) 条約によって定められた遊歩区域内で、外国人が自由に行動することは認められている。それにもかかわらず、今回のような事件が起ったのは警備が全くなされていないからで、再発防止のため神奈川宿を中心に十里ほどの東海道に多くの番所を設け、番兵を配置することが絶対に必要である、と主張した。 [吉村昭:生麦事件 新潮文庫 2002 上巻p126]

遊歩規程の範囲図

外国人遊歩規程の範囲を示す絵地図については作成されているものの外国人に対して十分に周知されたものではなかったようです。現在、国立公文書館で残存が確認できた3種類の絵地図については境界の位置は大差ないのですが概要はつぎのとおりです。

まず「神奈川外國人遊歩規程圖」として保存されているものは神奈川県庁を中心として10里を円で描いていますが「明治八年十一月 外務省權少録 河野雪嚴 外國人遊歩規程甲乙圖附言」として注記があります。この地図は昔年伊能忠敬の大日本實測圖をもとに内務省が選定したものであり、外務中録 室田義文がこの図を利用して遊歩規程調査の任にあたったこと、また遊歩規程の範囲に異論あり確定した図はない、などが記述されています。この図には「ジヱームスイマレーエンドソン 日本南部圖」の模写図が添付されています。「Japan[South Part]日本 南部 London 龍動 Published by James Imray and Son 89 Mirories and Tower hill ジヱームスイマレーエンドソン出 1873年」の注記がありますが「Imray」は「J.Murray」の転記誤りの可能性が考えられます。[神奈川外國人遊歩規程圖 1875 外務省旧蔵 国立公文書館蔵 内閣文庫 請求番号177−0114]

ついで「神奈川外國人遊歩規程圖」(前出同名)がもう一種類保存されています。六郷川から酒匂川までの間で津久井郡の一部は折れ線になっており範囲は前出同名の地図とかわりません。国立公文書館の記録では明治とあるだけで、いつ作成されたものか不明です。虫食いによる穴が多くあります。[神奈川外國人遊歩規程圖 年代不明 外務省旧蔵 国立公文書館蔵 内閣文庫 請求番号177−0137]

さらに「神奈川在留外國人遊歩規程圖」として保存されているものがあります。「辰九月 明治元年御一新後神奈川縣ヨリ在留外國人拾里内遊歩規程ニ付會計官ヘ申議如左」とあり範囲が明確にされています。六郷川を遡り日野、高月、をへて南へ戸吹、上一分方、本八王子、小佛、西之原、横川、金手から酒匂までの地名が記載されています。[神奈川在留外國人遊歩規程圖 1868 外務省旧蔵 国立公文書館蔵 内閣文庫 請求番号177−0138]

このほか「横濱居留外國人遊歩期程繪圖」が外務省外交史料館で所蔵されています。1866年(慶應2)神奈川奉行が外国奉行に上申したものです。[矢澤湊:神奈川「十里四方」の地図 「地図中心」日本地図センター 2011.12 p36−37 ]

外国でもこの範囲図は作成されています。英国の大尉ホーズ(Albert George Sidney Hawes)によって規制範囲を明示する地図 DESCRIPTIVE MAP SHEWING THE TREATY LIMITS ROUND YOKOHAMA 1865−1867 が作成されています。ホーズは新政府が英海軍より雇い入れ砲術指導を行っています。[篠原宏:海軍創設史 リブロポート1986 p220]、[アーネスト・サトウ、坂田精一訳:一外交官の見た明治維新 岩波文庫 1960 上p177]、[司馬遼太郎:坂の上の雲(一)岩波文庫 1999 p214]

この地図の注釈によればホーズ自身の旅行体験と日本政府または旧幕府からの情報にもとづき作成され外国人遊歩境界も日本側の公式提示されたものではないようです。境界は六郷川と酒匂川の間、北西は折れ線で10里よりも少し多めになっています。また三浦半島は、その中間が境界になっています。(三浦半島については日本側の地図には境界はありません)地図にはホーズ大尉はじめ5パーティーの旅行コースが色別で記入されており、そのなかには「大山登頂に際しては日本兵士に登頂を妨げられたが強行突破し5000フィート地点で捕まった」との記述もあります。

原図の寸法は縦51、横70センチメートルで出版社はJames WYLD, London(横浜開港資料館調べ)となっています。わたしは横浜開港資料館所蔵の地図「請求番号Bb2−01−90」を承認を得て複写掲載しますので転載はできません。この地図はベアト幕末写真集(内容同一で4種の出版物あり)にも掲載されています。ベアト(Felice Beato 1832〜1909)はイタリア出身、英国の写真家で1863年から21年間、横浜に滞在しました。[横浜開港資料館編:F.ベアト幕末日本写真集 横浜開港資料普及協会 1987 p29(ほかに類例の写真集あり)]

遊歩規程の範囲測量

1875年(明治8)の公文録によると外務卿寺島宗則(旧名、松木弘安)から太政大臣三條實美あて10里というのが厳密な定義と精密な測量によるものでなく外国公使などからも苦情があり酒匂川でなく、さらに西の早川を境界にすべきではないかとの申し立てがありました。当時は政府が外国を怖れ、列国の公使も政府を侮り政府の高官を公使館に呼びつけることが多い実態でした。太政大臣から内務卿大久保利通への下問があり、これにたいして内務卿は伊能忠敬の実測図や英国の出版図面(公文書には英人ジヱームスイマレーエンドソンと記述、ロンドンのJ.Murray社のことか)などにより定めたもので神奈川県庁から直線10里の酒匂川を境とするのが正しいとしました。

内務卿が反論に提示した地図はホーズ大尉の地図と出版社が異なることから別物と考えられます。当時J.Murray社は駐日英国公使サトウとホーズ大尉の共著で日本旅行案内を出版しており、この添付図ではないかとも思われますが同書の1884年版には載っていません。それより以前の版は原本が見当たらず未調査です。[Ernest Mason Satow, Albert George Sidney Hawes:A Handbook for Travellers in Central & Northern Japan, John Murray, London 1884 p16 同志社大学蔵]

しかし外務卿は内務卿に反発、当時の参議のりん議書には「甲 規程標改立、乙 至急測量、丙 従前通据置」の3ヶ所にそれぞれ捺印することになっていますが大隈重信(佐賀)、寺島宗則(薩摩)、伊藤博文(長州)は乙の至急測量へ、大木喬任(おおき・たかとう、佐賀)は丙の従前通据置へ捺印しています(甲欄は捺印なし)。原文の印鑑が不鮮明で見誤っているかもしれません。また上記以外の当時の参議、木戸孝允(長州)、大久保利通(薩摩)、板垣退助(土佐)、山縣有朋(長州)、黒田清隆(薩摩)などの意思表示もありません。参議は太政官(最高位は太政大臣)に設けられた官職で卿(きょう、けい)よりも上位です。卿の下位は大輔(だゆう、たいふ)になります。ともあれ1874年(明治7)に発足したばかりの内務省地理寮が三角測量により確かめることになりました。[太政官:神奈川縣下外国人遊歩規程ノ儀ニ付上申 1875 国立公文書館蔵 請求番号1−2A−009−00、公ー01412−100ほか]

実測量については1875年(明治8)年12月に地理寮は測量の指令をうけ横浜港から小田原駅にいたる地域の施業を申請して、まず馬入川(相模川下流部)以東の地を翌年3月に起業しています。この際、地理寮の横浜実測既設4点を利用し大田村(現横浜市南区清水ヶ丘)と保土ヶ谷帷子町(現横浜市保土ヶ谷区宮田町)にある二点間の距離を基線とし25箇所に測点を選定しています。基線は内務省年報では「試験底線」と表現されていますが二点間の地形が平地ではないので基線尺による実測を行わず横浜実測にもとづく計算値を採用した可能性も考えられます。その後、測点を増設し測点間の測角を行い途中、検査のための基線を設定し測量成果の確認をしつつ同年6月には馬入川以西を着手し最終、小田原西部の早川村までの測点で測量を実施しています。また山西村、酒匂村、早川村近傍の細測を行い山西村字吾妻の10里地点を確認し全測量区間の三角網図と要所の細部地形図を作成し1877年(明治10)1月に終業しています。内務省第一回年報(明治九年)、同第二回(明治十年)につぎのように記載されています。

明治八年十二月正院ヨリ神奈川縣下外國人遊歩規程測量ノ令アリ便宜ヲ以テ先ツ横濱港ヨリ小田原驛ニ至ル地部ヲ施業ス可キヲ申請シ馬入川以東ノ地ヲ第一部ト定メ九年三月業ヲ起シ横濱測量 曽テ施業セシ三角測量ナリ ノ測點四箇所ヲ襲用シ且ツ其大田村ト程ケ谷帷子町ニアル二點間ノ距離ヲ底線トナシ夫ヨリ二十五箇所ニ測點ヲ撰ミ... [内務省:内務省第一回年報 1876 p601]

舊規程標 外國人遊歩規程標 ノ距離ヲ定メ山西村字吾妻下ヘ十里點ヲ 神奈川縣廳ヨリ 測定シ各測點ノ距離ヲ算籌シ三角網圖及細形測原圖ヲ製シ十年一月ニ至リ全ク卒業セリ... [内務省:内務省第二回年報 1877 p436]

三角測量網図

この測量では73測点(内訳は本点60、補助点9、地理寮の横浜実測既設点4)が点間距離2〜3キロメートル間隔で設けられ三角網(あるいは三角鎖ともいわれるます)が構成されました。その範囲は横浜から小田原まで東海道に沿い湘南の丘陵地帯に東西50、南北5キロメートルの帯状になっています。測量は内務省地理寮の地理三等大技手 袖岡正身以下6名の測量技術者が従事しました。

内務省地理寮が行った遊歩規程の測量に使われた三角網図が国立公文書館に2種類保存されているのを確認しました。まず表題が「神奈川縣下外國人遊歩規程三角網圖」(「測量」という文字はありません)になっている網図です。国立公文書館の承認を得てここに掲載しますが転載はできません。この図はポジフイルムで閲覧をしましたが原本の寸法は994×2640ミリメートル(国立公文書館の複写記録)あります。英文表題は「DIAGRAM OF THE TRIGONOMETRICAL SURVEY FROM YOKOHAMA TO ODAWARA for the determination of the Treaty Limit. 1876」、網図は縮尺は二万五千分の一、距離表示の単位はメートルで網図の下には73測点(本点60、補助点9、既設点4)の所在地が記載されておりC’点は「久良岐郡神奈川縣廰内舊旗檣點」、No.60は「足柄下郡酒匂村外國人遊歩規程標札跡」、P点は「淘綾郡山西村従神奈川縣廰直径十里」となっています。C’点(神奈川縣廰)からP点(山西村)まで赤色で直線とともに「39272.72727 metre or 10 ri」とあり、またC’点からNo.60(酒匂村)までは墨で直線が引かれ「46167.31863 metre or 11 ri 27 chyo 12 ken 0.15 shiaku」の記載があります。また網図左端には「明治九季第十二月、地理三等大技手 袖岡正身、地理一等中技手 木村世徳、地理一等中技手 永井義方、地理一等小技手 河原政登、地理三等小技手 真田義啓、地理一等大技生 内藤定静 謹測」とあり測量者個人(袖岡、永井、真田のみ)の押印があります。この網図とともに酒匂川近傍、早川近傍、山西近傍の彩色絵図が作成されています。網図記載の測量者のうち木村世徳と真田義啓は1884年(明治17)に参謀本部測量局三角測量課に移籍し一等三角点の選点などを行っています。[内務省地理寮:公文附属の図・一〇一号外国人遊歩規程測量図 1876 国立公文書館蔵 請求番号1−2A−030−05・附A−00101−100]

国立公文書館には別にもうひとつ、ごく僅か異なった三角網図があります。同館の内閣文庫として保存されているもので、こちらの方は現物を閲覧することができます。表題は「神奈川縣下外國人遊歩規程測量三角網圖」(「測量」の文字が入っています)寸法は1050×2700ミリメートル(わたしが実測しました)の巨大なもので特別閲覧室の大机からはみ出してしまいました。丈夫な布で裏打ちされており年数を経ているものの傷みはありません。網図は「公文附属の図」とほとんど、かわりはありませんがC’点(神奈川縣廰)からP点(山西村)までは赤色の直線、C’点からNo.60(酒匂村)までは青線が引かれているのが明瞭です。また測量者個人の押印は袖岡、永井の2名のみです。「公文附属の図」とともに後年複製された写図ではなく、いずれも当時作成されたものと思われます。[内務省地理寮:神奈川県下外国人遊歩規程測量三角網図 1876 国立公文書館蔵 内閣文庫 請求番号ヨ291−0434]

ところが国土地理院広報によれば、さらにもう一種類、国立公文書館にあるようです。わたしはまだ確認していません。これは内閣文庫の方の原図を四分の一に縮小したもので外務省で調整したようです。寸法は300×1150ミリメートル「原図ハ内務省地理局ニテ製スル所ノ者ニシテ大サ方丈餘ニ過キシモノナレハ展観頗ル便ナラサルニ属セリ因テ今本省ノ命ヲ奉シ縮テ小図トス乃チ原図四分ノ一ヲ取ル耳、明治十年七月、外務八等属、河野雪嚴」とあり英文表題の「YOKOHAMA」は「YAKOHAMA」と転記誤りがあるそうです。[紙魚漁史:幻の測点標石 国土地理院広報 第174〜178号 1982〜83][久保尚雄:忘れられた測点標石 「わが住む里」三十五号 藤沢市中央図書館 1984 p25]

測量の成果

測量の結果、神奈川県庁旗竿から酒匂川東岸まで11里27町あり10里の地点は手前の山西村梅沢(現二宮町山西)であることが明らかになりました。神奈川県庁旗竿は三角網図ではC´点で現在の神奈川県庁の位置になります。また山西村は三角網図ではP点になっており現在の国道1号74キロメートル地点(キロポストあり)の路上と思われますが遺跡はありません。なおこの測量に要した費用は6034円(現在価値で数千万円か)とのことです。[太政官:神奈川縣下外国人遊歩規程ノ儀ニ付上申 1875 国立公文書館蔵 請求番号1−2A−009−00、公ー01412−100ほか]

ところでこの測量の結果は当然、外務省から各外国公館に伝えられたはずです。わたしは横浜開港資料館で1877年(明治10)に寺島外務卿から英国公使パークス(Harry Smith Parkes 1828〜1885)に伝えられた意外な文書をみつけました。誤読のある部分があるかもしれません。この文書は「明治十年五月十四日於本省寺島外務卿英国公使パークス応接記」となっており口頭伝達の記録と思われますが測量の成果にかかわらず箱根を事実上認めたことになっています。寺島外務卿は以前から外国人の内地旅行は治外法権の撤廃なくして認められないとしていました。[犬塚孝明:寺島宗則 吉川弘文館 1990 p196]

地理によれハ酒匂川ニ而相当既ニ是迄之規程なり 一 酒匂川ニ者不限山ノ手も遊歩いたし候 今日者鉄道等其他便利ニ相成候ニ付元之十里者今日之銃猟規程ニ相当 箱根も遊歩規程内ニいたし可然候 [横浜居留外国人遊歩規程一件 明治10年5月14日 1877 横浜開港資料館蔵 請求番号3−09−004−007(外務省記録) 原本は外務省外交史料館蔵]

この測量による10里の確認は在日外交官からの箱根温泉旅行の希望が、きっかけであると当時の測量技術者である館潔彦は述べています。近年これを引用、孫引きした論文が多く「外国人」「温泉」のキーワードの面白さがあいまって、この裏話が定着してしまったようです。わたしが国立公文書館や横浜開港資料館で調べた範囲では箱根希望説を裏付ける公文書は見つかっていません。しかし在日外交官の要望の背景には経済活動の範囲を拡大するため切り崩しを意図したことも考えられます。また外国人がたびたび越境し現地の官憲と摩擦が起きその都度、外務省と外国公館との面倒な折衝になるため外務省は範囲を拡大してトラブルをなくしたい意向があったことが当時の公文書からうかがえます。一方、横浜・箱根間は直線で約50キロメートルあり10里とはかけ離れており、あらためて測量する必要性は乏しいと思われます。また遊歩規程外への旅行の希望は当初からあって療養や学術研究のための出願があれば「鑑札」を与えて許可することは「従来の習慣」であり神奈川県でも箱根・熱海温泉行きを許可していた例があります。箱根療養の免状で富士登山をし問題になったことも多かったようです。かりに違反があっても黙認されたり摘発されても実際の裁判権は外国公館(領事裁判権)にあったわけで遊歩規程の実効がありません。1874年(明治7)には外国人内地旅行允準(いんじゅん)條例が制定され遊歩規程外への許可基準が明文化、さらに翌年には外国人内地旅行免状の改訂が実施され10里を越える旅行は旅行免状の交付を受けることにより病気療養,学術調査に限り緩和されることとなりました。[館潔彦:洋式日本測量野史 「三交會誌」二十一號(須磨漁史により掲出) 陸地測量部 1915 p281]、[伊藤久子:明治時代の外国人内地旅行問題 「横浜開港資料館紀要」19号 横浜開港資料館 2001 p37]、[萩原延壽:遠い崖 アーネスト・サトウ日記抄 11 朝日新聞社 2001 p161−171]

外国人内地旅行允準條例には外国人の国内旅行に関する規制が細かく定められています。遊歩規程測量とは関係はありませんがその第四項には外国人が日本各地で天文測量を行う場合はつぎのとおりになっています。

星象の纒度により時月を期し日本内地に於て其運行を測量するを便誼とする時か或は全世界の地理を調査する學士等は其請求する次第によりて日本政府詮議の上是を許可す 附本文の如きは時月を限り許可すへし [外務省:日本外交文書 明治第七巻 厳南堂 p591 初版1939年]

当時、横浜には1874年(明治7)から1875年(明治8)までの横浜港周域の三角測量に使用した測点がありましたが、さらに西には三角点もなかったことからこの際、測点を設け地図作成に役立てようとしたことも考えられます。多角測量や量程車(ウォーキングメジャー、ローラーメジャーなどとも呼ばれます)によらず後続測量を前提とし手のこんだ標石を埋設して三角測量を行ったことは、この説の裏づけの一つにもなります。内務省地理寮とはべつに1876年(明治9)には参謀局測量課により東京防衛のため横浜から箱根にいたる地理を検分する目的で「東京近地実測」が行われています。また1884年(明治17)からはじめられた参謀本部による二、三等測量でも外国人遊歩規程測量による標石と同位置に別途、三角点標石を埋設しているところも見られます。しかしこれらが外国人遊歩規程測量の成果を利用したかは不明です。[佐藤p:陸軍参謀本部地図課・測量課の事蹟 3 「地図」Vol.29 No.4 日本国際地図学会 1991 p15]

外国人から見た当時の状況

当時の外国人遊歩については数々の文献で知ることができます。明治維新以前の状況が描かれている英国公使オールコック(Rutherford Alcock 1809〜1897)と英国外交官サトウ(Ernest Mason Satow 1843〜1929)の著作があります。オールコックは初代駐日総領事として1859年(安政6)江戸に英国総領事館を開き同年、駐日特命全権公使に昇格しています。サトウは1862年(文久2)駐日英国公使館通訳官として来日しています。この年、米国公使ハリスは帰国しています。サトウは1865年(慶応1)に着任した公使パークス(Harry Smith Parkes 1828〜1885)の補佐として活躍しパークスとともに1883年(明治16)離任、1895年(明治28)日本に戻り駐日特命全権公使として1900年(明治33)まで就任しました。「サトウ」という姓はスウェーデン人だった父の姓であり普通にある名前です。

神奈川を出た旅行者が湾のふちにそった道路を七マイルほど馬にのってすすんでゆくと、六郷川にさしかかる。この川が、外国人が旅券なしに慰安のため旅行したり散歩したりできる範囲の境界線をなしている。ここ(東海道二次の宿駅川崎)には警吏の詰め所(ポリス・ステーション)があって、そこの渡し舟にのろうとする外国人はだれでも旅券を厳重に調査される。 [ラザフオード・オールコック、山口光明訳:大君の都 岩波文庫 1962 中p232]

条約の制限区域を越えて八王子や箱根などまで行く者は、大胆な、命知らずの人間だと言われた。横浜を去ること二十五マイル以上の旅行をする特権は、諸外国の外交代表だけに限られていたので、公使の許可証を持ってどこかの公使館員に成りすまさなければ江戸へいくこともできなかった。周囲の事情でそれのできない人々は、そうした恩典を極端な嫉妬の目で眺めていた。 [アーネスト・サトウ、坂田精一訳:一外交官の見た明治維新 岩波文庫 1960 上p27 原著はSir Ernest Mason Satow: A Diplomat in Japan  Seeley Service, London 1921]同書には六郷川の渡し場、高尾山、蓮光寺について同様の記述があります。[同前 p73、p198]

外国人でも外交官は特権をもっており幕府が難色を示したにかかわらず維新前に数組の外国人が富士登山をしています。

幕府は一般外国人の旅行を居留地の十里四方に制限して先進諸国の急激な侵蝕を防ぎながらも、外国人外交官に富士登山を許可した。一見これは矛盾した政策に見えるがこれによって外国人に日本を理解せしめたという点でオールコックの富士登山は特に意義深いものであった。 [新田次郎:富士、異邦人登頂 新田次郎全集 第六巻 新潮社 1982 p344]

また1868年(慶応4)2月、サトウから西郷隆盛(1828〜1877、薩摩藩士)への談話として注目される記述があります。

私は改革してほしい三点をあげた。第一は、外国公使の居館が江戸に限られているのを改めること。(中略)第二は、条約港の周囲十里(二十四、五マイル)以内に外国人を閉じ込めているのを改めること。第三は、外国貨幣を全国に通用するようにすることであった。この十里の制限撤廃は、撤廃と同時に、日本国内を旅行する外国人には必ず公使か領事の署名と出発地である条約港の奉行の連署のある旅券を携帯させるようにする、というのであるが、この最後の提案は、実は彼ら日本人の方から出されたものだった。 [アーネスト・サトウ、坂田精一訳:一外交官の見た明治維新 岩波文庫 1960 下p154]

1884年(明治17)ロンドンで発行された日本旅行案内には「小田原は事実上その範囲に含まれている」とされています。

2.TREATY LIMITS.
Foreigners may go where they please within certain limits at the open ports and cities as follows:
At Yokohama: As far as the Tama-gawa, and 10 ri or 24・29 miles[1] measured in a straight line by land in any other direction from the Ken-cho(Prefecture), but the rule has been practically relaxed, as far as the town of Odawara, which lies just outside the limit, is concerned.
[1]This calculation is according to the English Treaty of 1858, where the ri is given as equal to 4,275 yards, but the real value is a little over 2・44 miles.
[Ernest Mason Satow, Albert George Sidney Hawes:A Handbook for Travellers in Central & Northern Japan, John Murray, London 1884 p16 同志社大学蔵]

明治中期以降でも外国人遊歩規程に違反した模様が新聞に掲載されています。

外人遊歩規則を犯す 去る十九日の事なるが神奈川縣足柄上郡南足柄村關本を外國人三名通行し同村の最乘寺へ宿泊したると同郡警察署第九管區駐在所の巡査が見認め同所は遊歩規程外に付き旅行免状の有無を訊問したるに右三名の内英人二名は免状を所持せしも横濱居留地百七十九番館端西(スイス)人ヘンリーソハーデル氏は無免状にて鳥尾子爵より得たる左の添書を所持せり (中略 鳥尾小彌太の書いたスイス人の寺院への紹介状) 斯る(かかる)次第なる故巡査は旅行免状を得ずして此邊を徘徊するは不都合なりとて説諭したるに氏は其諭示に服して歸宅する旨申立たるに付其儘にして置きたりと云ふ [読賣新聞:外人遊歩規則を犯す 明治23年1月25日 1890 p2]

明治維新前は外国人の旅行は外交官が主でしたが維新後は民間人も多く広範囲に旅行しています。バード(Isabella Lucy Bird 1831〜1904 英国女性旅行家)は1878年(明治11)、来日し各地を旅行し「日本奥地紀行」を著しています。明治中期以降の外国人遊歩の様子としてフランス海軍将校ロティ(Pierre Loti 1850〜1923)の1885年(明治18)の紀行文ではのどかな日本の風景がうかがえます。

道のとある曲り角、旅の單調さと俥(くるま)の震動とのために、すこしうとうととしてゐた私たちは、突然大きな憤りを感じる(無論、理解する餘裕がつくまでの、最初のびっくりした瞬間だけであるが)。ある一軒家の前で、爺さんと婆さんが、てっきり食べるためだらう小さな二人の女の子を煮てゐるのだ!(中略)なァんだ、彼女たちは入浴してゐるまでだ、・・・・風邪を引かないやうにと、それを下から適當に温めているのだ。 [ピエール・ロティ、村上菊一郎訳:秋の日本 青磁社 1942 p85]

日本近代登山史上きわめて重要な存在となっている英国人牧師ウエストン(Walter Weston 1861〜1940)の作品でも当時の様子をうかがうことができます。

条約改正以前で、田舎を旅行するにはまだパスポートが必要だった頃のことである。あるとき、筆者はイギリス人の友人二人と一緒に、中山道にそびえる秀峰、恵那山に登るために、東海道線の駅を出発しようとしていた。そのとき、例によって、どこからともなく警察官が現れ、われわれが旅行していいかどうか調べるから、書類を見せるようにといった。 [ウォルター・ウェストン著、水野勉訳:日本アルプス再訪 平凡社 1996 p398]

遊歩規程関連年表

	
西暦 月日 和暦                 内容	

1853 嘉永6 ペリー浦賀へ来航、米大統領書翰受取り(クリミア戦争1856まで) 1854 0213 安政1 ペリー江戸湾へ再来航、横浜村に応接所設置 0330 日米和親条約神奈川条約)締結、下田開港、遊歩は7里以内 日英協約、日露和親条約締結 0525 ペリー下田了仙寺で和親条約の付帯協定(下田条約) 移動可能範囲は下田から7里、函館から5里 ペリー琉球王国と通商条約 1855 安政2 箱館開港 1856 安政3 米国総領事ハリス、通訳官ヒュースケン下田に着任   蕃書調所設置、               1857 0617 安政4 開港の細則(下田追加条約)遊歩は外交官特権含む    下田奉行井上清直、海防掛目付岩瀬忠震(ただなり)ハリス調印    1207   ハリス江戸城登城、通商貿易の必要性説く 1858 0729 安政5 日米修好通商条約神奈川沖ポーハタン号上で          井上信濃守、岩瀬肥後守、ハリス調印  ついで蘭、露、英、仏と条約締結、遊歩は10里以内     安政の大獄はじまる 1859 0704 安政6 初代英国総領事オールコック着任(すぐ公使に昇格) 神奈川・長崎開港、下田閉鎖 1860 安政7 日米修好通商条約批准に使節団渡米、正使(新見、村垣)は          ポーハタン号に乗船、 咸臨丸随行(随員は勝海舟、福沢諭吉など)     井伊直弼、桜田門外で暗殺 0101 新潟開港     オールコック富士登山 1861   万延2 ヒュースケン殺害、          (米国南北戦争1865まで)     八王子事件、英国領事館付通訳官数人が乗馬で八王子を通過し 高尾山に登山 1862 0101 文久2 江戸居留地開設 0508   ハリス帰国の途につく 0908   英国通訳官サトウ横浜着 0914   生麦事件、薩摩藩士英国商人リチャードソンを斬殺 1863 0101 文久3 兵庫開港、大坂居留地 0815   薩英戦争 1864     長州藩英米仏蘭と交戦 1865   慶応1 英国公使パークス着任、   1866 慶応2 米、英、蘭、仏と改税約書締結、孝明天皇崩御 1867 慶応3 将軍徳川慶喜、列国公使謁見   徳川慶喜、大政奉還
1868   明治1 江戸、東京と仮称     戊辰戦争開始       五箇条の御誓文 1869 明治2 戊辰戦争終結 1870   明治3                    (普仏戦争) 1871   明治4 日清修好条規調印、廃藩置県      (ドイツ帝国成立) 1872   明治5 太陽暦採用 1873 明治6 内務省設置 1874 明治7 内地旅行允準条例、十里を越える旅行は免状発行、病気療養、 学術調査に限る     内務省地理寮、関八州大三角測量開始 1875   明治8 内務省地理寮、東京、横浜の三角測量  (フランス第三共和政)         遊歩規程範囲の問題提起、測量の開始     樺太・千島交換条約     米英国人3名を八王子駅で拘引、日本官憲の誤認 1876 明治9 日朝修好条規締結 1877   明治10 寺島、パークス遊歩規程測量成果会談      西南戦争 1878 明治11 地理局、全国の三角測量開始 1888   明治21 陸地測量部発足 1889   明治22 大日本帝国憲法公布 1890   明治23 英国宣教師ウエストン富士登山 1894 明治27 日英通商航海条約締結、領事裁判権は撤廃(日清戦争1895まで) 1899   明治32 条約改正、外国人の居住、営業、旅行の自由 1904   明治37                    (日露戦争1912まで) 1911 明治44 日米新通商航海条約調印、関税自主権回復

残存する標石

外國人遊歩規程にかかわる測量につかわれた標石のおおよその位置は「神奈川縣下外國人遊歩規程三角網圖」を現行地形図に重ね合わせることによって知ることができますが古い絵図などにも記載されている例があります。たとえば藤沢市獺郷(おそごう)にあった第19号は1877年(明治10)頃の地租改正にともなう絵図「獺郷村字切圖」(あざきりず)に「測」のしるしで載っています。この位置は1958年(昭和33)の公図にも範囲が明示されていますが第19号標石はこの位置にはなく移設されています。また別の例としては小田原市小八幡にあった第52号も現地役場にある古い字切図に測点敷地として載っています。これは近くの神社に移設され現存しています。「獺郷村字切圖」は藤沢市文書館所蔵の原図で承認を得て複写掲載したものです。転載はできません。既存の文献などから現存している標石の位置はある程度わかりますが、埼玉県在住の飯島さんは三角網図、字切図、地元の聞き込みなど大変な作業から現在地の推定をされました。

標石は本体と蓋石で構成されています。典型的な標石の寸法は、本体の上面は一辺30.5センチメートル、整形部厚さ3センチメートルで、その下の荒削り部は一辺44センチメートル角、高さ63センチメートルの立方体になっており蓋石は一辺34〜38センチメートル、厚さ15〜19センチメートルの立方体で内側に23センチメートル角の窪みがあり本体と蓋が密着せず本体上面の刻印、刻字部分を保護する仕組みになっています。本体、蓋石とも安山岩を加工し作製されています。標石上面には対角線が刻まれ「第○○號 測点 地理寮」(○○は漢数字)の刻字が見られます。残存状態の良好な場合は刻字に紅色の顔料が充填されていることが認められます。

これらの標石が測量の終了後、再使用されることなく現在にいたるまで130年間、残存しているものがあるのは地中埋設と蓋石による保護が機能していたためです。しかし反面、近年の道路、住宅、ゴルフ場などの開発行為により移動、破壊され、あるいは人知れず放置されていたり小田原市の第54号測点のように礎石や、また大磯町の第36号測点のように庭石などに転用されている例も見受けられました。一方、横浜市の第2号測点のように「山の神」として畏敬をもって祀られている例もありました。

現在、損傷のある標石、蓋石のみの標石を含めなんらかの形で残存する標石は全73点のうち29点です。ただし山西村近傍と早川村近傍のm1〜m8点は現時点では発見されておらず標石であるか、あるいは木杭などの一時的な標識が混在していたかは確認できていません。内務省地理寮による横浜実測量やそれ以前の東京実測量で使用された標石が残存していない現状では遊歩規程測量の標石が内務省による他所の測量に使用された典型的な標石を類推するに値するものと考えられます。

神奈川県外国人遊歩規程測量標石一覧


番号 測点名(三角網図記載の表記)   現地名          残存 備考

   C' 久良岐郡神奈川縣廰内舊旗檣點    横浜市中区日本大通       注1 K  久良岐(くらき)郡根岸村      横浜市中区根岸台        注1 M  久良岐郡大田村           横浜市南区清水ヶ丘       注1 R  橘樹(たちばな)郡保土ヶ谷驛    横浜市保土ヶ谷区宮田町     注1 1  橘樹郡保土ヶ谷驛          横浜市保土ヶ谷区初音ヶ丘 ○  注2 2  久良岐郡永田村           横浜市南区永田山王台   △ 3  久良岐郡岡村            横浜市磯子区岡村二丁目 4  都築(つづき)郡今井村       横浜市保土ヶ谷区今井町 5  鎌倉郡上柏尾村           横浜市戸塚区上柏尾町 6  鎌倉郡永谷村            横浜市港南区上永谷 7  鎌倉郡岡津村            横浜市泉区中田北三丁目  ○ 8  鎌倉郡汲澤村            横浜市戸塚区汲沢二丁目 9  鎌倉郡上倉田村           横浜市戸塚区上倉田町 10 鎌倉郡飯田村            横浜市泉区上飯田町 11 高座郡西俣野村           藤沢市西俣野 12 鎌倉郡小雀村            横浜市戸塚区小雀字山谷  ○  注4 13 高座郡圓行村            藤沢市円行 14 高座郡石川村            藤沢市鍛冶山       ○  注3 15 高座郡藤澤驛            藤沢市立石三丁目     ○ 16 高座郡遠藤村            藤沢市遠藤 17 高座郡堤村             茅ヶ崎市堤        移 18 高座郡大庭村            藤沢市大庭 19 高座郡獺郷村            藤沢市獺郷521     移 20 高座郡寺尾村            茅ヶ崎市下寺尾      ○  注2 21 高座郡赤羽根村           茅ヶ崎市赤羽根      ○  注2 22 高座郡宮山村            高座郡寒川町宮山字植松 23 高座郡一之宮村           高座郡寒川町一之宮 24 高座郡濱之郷村           茅ヶ崎市浜之郷      ○ 25 大住郡田村             平塚市横内字樋口     ○ 26 大住郡小峯村            平塚市東豊田 27 大住郡馬入村            平塚市馬入 28 大住郡城所村            平塚市城所 29 大住郡纏村             平塚市纒 30 大住郡平塚驛            平塚市平塚五丁目 31 大住郡北金目村           平塚市北金目 32 大住郡上吉澤村           平塚市上吉沢       △ 33 淘綾(ゆるぎ)郡萬田村       平塚市万田        △ 34 大住郡土屋村            平塚市土屋        ○ 35 足柄上郡井之口村          足柄上郡中井町井之口 36 淘綾郡黒岩村            中郡大磯町黒岩字黒岩   移 37 淘綾郡国府本郷村          中郡大磯町国府本郷    ○ 38 足柄上郡藤澤村           足柄上郡中井町藤沢 39 足柄下郡小竹村           小田原市小竹字大台    ○  注4 40 淘綾郡山西村            中郡二宮町山西字吾妻山 41 足柄上郡田中村           足柄上郡中井町田中字堀米 ○ 42 足柄下郡小竹村           小田原市小竹字長作    ○ 43 淘綾郡川匂村            中郡二宮町川匂 44 足柄下郡曽我原村          小田原市曽我谷津字大山久保○  注4 45 足柄下郡曽我別所村         小田原市曽我別所     ○ 46 足柄下郡前川村           小田原市前川字大塚    ○ 47 足柄下郡千代村           小田原市千代字仲之町   移 48 足柄下郡高田村           小田原市高田 49 足柄下郡田島村           小田原市田島 50 足柄下郡曽我谷津村         小田原市曽我岸 51 足柄下郡鴨之宮村          小田原市鴨宮字一ノ坪 52 足柄下郡小八幡村          小田原市小八幡三丁目   移 53 足柄下郡中曽根村          小田原市中曽根      ○ 54 足柄下郡多古村           小田原市扇町五丁目    移 55 足柄下郡酒匂村           小田原市西酒匂 56 足柄下郡府川村           小田原市府川字諏訪ノ原  ○ 57 足柄下郡久野村           小田原市久野       ○ 58 足柄下郡小田原驛          小田原市浜町一丁目 59 足柄下郡早川村           小田原市早川          注4 60 足柄下郡酒匂村外國人遊歩規程標札跡 小田原市酒匂三丁目 M1 淘綾郡中里村            中郡二宮町中里 M2 淘綾郡二之宮村           中郡二宮町二宮 M3 淘綾郡山西村            中郡二宮町二宮字首塚 M4 淘綾郡山西村            中郡二宮町山西 M5 淘綾郡山西村            中郡二宮町山西 M6 足柄下郡小田原驛          小田原市城山四丁目 M7 足柄下郡板橋村           小田原市板橋 M8 足柄下郡早川村           小田原市早川一丁目 P  淘綾郡山西村從神奈川縣廰直徑十里  中郡二宮町山西

注1:地理寮横浜実測三角点
注2:撤去され国土地理院で保管
注3:藤沢市教育委員会で保管
注4:現行国土地理院三角点に隣接
残存の欄:○本体あり、△蓋石のみ、「移」他所に移設残存

探索した現存例を以下に説明しますが「旧所在地」は「神奈川縣下外國人遊歩規程三角網圖」に載っている測点の位置、「地図」は現在の国土地理院二万五千分の一地形図の図名です。

横浜市保土ヶ谷区藤塚町 第1号測点 (国土地理院保管)

旧所在地:橘樹郡(たちばなぐん)保土ヶ谷驛
地図(元位置):横浜西部

はじめて見たのは2000年(平成12)で国土地理院構内駐車場裏にありました。道路工事のため撤去され国土地理院で保管されたようです。大きさは30センチメートル角、高さ60センチメートル程度です。上面の刻字は「第壹号 測点 地理寮」とあり対角線に刻みがあります。蓋石は近くに置いてありましたが標石との寸法が不釣合いでほかの標石の蓋石かもしれません。

横浜市南区永田山王台 第2号測点

旧所在地:久良岐郡(くらきぐん)永田村
地図:横浜西部

京浜急行弘明寺(ぐみょうじ)の北西、直線距離で1キロメートルの位置に山王台といわれる小高い丘があり無線鉄塔が目標になります。山頂の無線施設がフェンスで囲まれた内部には二等三角点「永田村」5339−14−1701がありますが立ち入り禁止になっています。この北の尾根で第2号測点の蓋石が見つかったと近くにお住まいのAさんから連絡があり確認をしました。

山王台のゴルフ練習場の北西端階段の前方左斜面上に蓋石があり、外寸は一辺40センチメートルで内部に16〜17センチメートルのくぼみがあります。山王台は当時の三角網図から第2号測点の位置であることと蓋石の大きさ、形状から遊歩規程標石であることがあきらかです。山頂から60メートルほど下に位置し、またそばの樹木にしめ飾りがあることから後年この位置に移設されたことが推定できます。

運よく土地所有者である81歳のおばあさんにお会いし当時の様子を聞くことができました。もともと船からの目印にもなった山頂のクスノキの大木の下に標石があり40年ほど前に警察の無線施設を設置した時点でクスノキは伐られ標石は撤去されたそうです。蓋石は元位置に「山の神」として祀っているが本体はどうなったか覚えていないとのことでした。本体はまだ山頂の地中にあるか、どこかで保管されているかもしれません。

横浜市泉区中田 第7号測点

旧所在地:鎌倉郡岡津村
地図:横浜西部

相模鉄道弥生台の南東1キロメートルに「泉の森ふれあい樹林」という小公園があります。この公園は地形図には載っていませんが、泉スポーツセンターの西にあたります。公園北東角にある西恩寺の裏には「けやき坂」という遊歩道があり北西にすすむと行き止まりに東屋が建っています。この東屋の北西角にある杉の木の下、ツツジの植え込み前の地下10センチメートルに標石が見られます。上面は一辺30.5センチメートル角、上面は対角線に×が入り刻字は南方向を上にして「第七号 測点 地理寮」でした。蓋石は行方不明です。この標石は横浜の土地家屋調査士、田村佳章さんが掘削して見つけられ、お知らせをいただきました。[神奈川県土地家屋調査士会:神奈川縣下外國人遊歩規程測量の研究その2「神調報」No.428 2017 p4−9]

横浜市小雀町 第12号測点

旧所在地:鎌倉郡小雀村
地図:戸塚

JR大船駅の北西3キロメートルの地点に横浜市水道局の巨大な調圧水槽があり遠くからでも見えますが、そのすぐそばにあります。周りは住宅地と植木畑になっており小高い丘のうえに二等三角点「小雀村」5339−04−4101と地理寮の第12号測点があるのですが、わたしの訪れた時は測点の上が近所のゴミ捨て場になっていました。ゴミを取り除くと測点の「ふた」が現れます。「ふた」は38センチメートル角で何の表示もありませんから、これだけでは捨て石と思われても仕方がありません。重い「ふた」を開けると「ふた」の内側は18センチメートル角の窪みがあります。これは測点本体と密着を避け保護するためと思われます。測点本体は30センチメートル角で表面には縦書きで「第十二号 測点 地理寮」と刻字されておりさらに対角線に×の印があります。どの程度深く埋設してあるのかわかりませんが国土地理院の展示物から推測すると60センチメートル程度と思われます。

重そうな「ふた」は難なく開けることができましたが中に大きなムカデが入り込んでいたので驚きました。この測点が実際に使用されたのは1875年(明治8)かその翌年のことですから「ふた」のおかげで、ほぼ130年間もの長期間、完全に保護されたのでしょう。

藤沢市石川 第14号測点 (藤沢市教育委員会保管)

旧所在地:高座郡石川村
地図(元位置):藤沢

この標石は1983年(昭和58)藤沢市のKさんによって藤沢市石川字南鍛冶山で埋没しているのを見つけられました。標石は同地の土地区画整理にともない発掘され藤沢市教育委員会で保存されています。現在は、ほかの収蔵品とともに展示準備中でまだ公開されていません。[久保尚雄:忘れられた測点標石 わが住む里 第三十五号 藤沢市中央図書館 1984 p34]

収蔵庫では横倒しの状態ですが本体は比較的良好に保たれています。しかし蓋石はありません。上面一辺30センチメートル、外回り45センチメートル角、高さ67センチメートルの標石で上面には対角線に×刻印があり刻字は右から左へ縦書きで「第十四号 測点 地理寮」が読み取れます。

藤沢市善行 第15号測点

旧所在地:高座郡藤澤驛
地図:藤沢

正確な所在地は藤沢市立石三丁目3224なのですが小田急江ノ島線の善行(ぜんぎょう)駅の東1.5キロメートルの地点です。立石神社の西200メートルと聞いていましたが地形が複雑でなかなか見つかりません。近くにお住まいの人や農作業の人にもお聞きし運よく7人目の方に案内してもらいました。真っ黒な肥沃した土の畑のなかを通過し林にはいったところですが雑草と土に覆われ案内の方にスコップで掘り出していただきました。とても、わたしひとりでは発見できなかったでしょう。

小雀町の第十二号測点と同じ仕様です。「第十五号 測点 地理寮」と刻字されておりさらに対角線に×の印があります。測点本体は30.5センチメートル角「ふた」は39センチメートル角で厚さは15センチメートルあります。「ふた」の内側は18センチメートル角の窪みがあります。

この測点は藤沢市のホームページのハイキングガイドにも出ているのですが、すべて畑など私有地を通るので関係者にお断りすることが必要でしょう。小雀町の第十二号測点とともに今や残存の数少ない標石ですから、いつまでも大切にしたいものです。

茅ヶ崎市堤 浄見寺前 第17号測点

旧所在地:高座郡堤村
地図:藤沢

JR茅ケ崎駅から国道1号、県道44号を北へ2.5キロメートルに堤坂下の交差点があり、これを西へ1キロメートルのところに浄見寺という大岡越前守の菩提所があります、お寺の門前東には1855年(安政2)に建てられたという茅ヶ崎市指定重要文化財の旧和田家が民俗資料館になっていますが、その庭に標石全体が露出して置いてあります。堤坂下北方の大洞谷から移設されたようです。

標石全体の大きさは一辺ほぼ46センチメートルの立方体で本体部分の上面は一辺30.5センチメートル角、上面は対角線に×が入り刻字は北東方向を上にして「第十七号 測点 地理寮」でした。蓋石は行方不明です。

藤沢市獺郷 第19号測点

旧所在地:高座郡獺郷村(おそごうむら)
地図:藤沢

元位置は藤沢市獺郷521で、この位置は藤沢市文書館蔵の「獺郷村字切圖第三號」に「イ号」左の四角のなかに「測」として記載されています。現在地は休耕地のようで養豚場が隣接しています。標石は西250メートルの民家玄関先に保存されているのを横浜の土地家屋調査士、田村佳章さんが見つけられました。JR相模線寒川の北東3キロメートルの地点で藤沢御所見病院のすぐ南になります。現在の民家には2度目の移設になるそうです。

標石全体の大きさは一辺ほぼ47センチメートル、地上高さ33センチメートルで上面は一辺31センチメートル角、上面は対角線に×が入り刻字は北の住宅玄関を上にして「第十九号 測点 地理寮」でした。蓋石は行方不明です。

茅ヶ崎市下寺尾 第20号測点 (国土地理院保管)

旧所在地:高座郡寺尾村
地図(元位置):藤沢

2000年(平成12)つくば市の国土地理院構内駐車場裏で見ました。撤去されたものです。大きさは30センチメートル角、高さ60センチメートル程度です。上面の刻字は「第二十号 測点 地理寮」とあり対角線に刻みがあります。蓋石はありません。

茅ヶ崎市赤羽根 第21号測点 (国土地理院保管)

旧所在地:高座郡赤羽根村
地図(元位置):藤沢

2000年(平成12)つくば市の国土地理院構内駐車場裏で見ました。撤去されたものです。大きさは30センチメートル角、高さ60センチメートル程度です。上面の刻字は「第廿一号 測点 地理寮」とあり対角線に刻みがあります。蓋石はありません。

茅ヶ崎市浜之郷 第24号測点

旧所在地:高座郡濱之郷村
地図:藤沢

JR茅ケ崎から北西5キロメートル鶴嶺中学校の北、宅地と農地の混在したなかの畑にあり北は老人施設、東は民家になっています。民家境界からは2メートルの地点です。

標石は蓋石がわずか地面に露出しており本体の上面は一辺30.5センチメートル角、蓋石は一辺45、厚さ20センチメートル程度の立方体で内側に17センチメートル角の窪みがあり本体上面を保護しています。上面は対角線に×が入り刻字は北西を上にして「第廿四号」「測点 地理寮」で土地所有者により朱が嵌入されていました。蓋内側には土地所有者の名前が朱書きされていました。1952年(昭和31)頃、見つけ出されたそうです。

平塚市横内 第25号測点

旧所在地:大住郡田村
地図:伊勢原

JR平塚の北14キロメートル、新幹線を越えた北側、横内字樋口の水田に囲まれた畑地にあり北には送電線があり北西にはYUWAの標示がある工場が見えます。送電鉄塔(JR)西−平112号の南東80メートルにあたります。

標石は蓋石の表面が地表面になっており非常にわかりにくい状態です。上面は一辺30.5センチメートル角、蓋石は一辺37、厚さ16センチメートル程度の立方体で内側に窪みがあり本体上面を保護しています。上面は対角線に×が入り刻字は北東を上にして「第廿五号」「測点 地理寮」になっていました。

この標石の位置は平塚市博物館が所蔵される明治中期の「相模國大住郡田村全圖乙」の字樋口のところに載っています。同博物館に「博物館資料特別利用承認」を得て複写を提供いただきました。「三百七十五イ号 測点賣買土地明治十三年」の文字が読めます。

平塚市上吉沢 第32号測点

旧所在地:大住郡上吉澤村
地図:伊勢原

上吉沢(かみきさわ)、山の神集落から農道を奥へ入り終点から南へ畑を横切るとハイキング道にでられます。快適な道が日之宮山といわれるう山頂までつづいており日之宮神社の小さな祠があります。山頂の周囲は樹木が茂り展望は得られません。

その祠の前に蓋石のみ見られます。大きさは39センチメートル角、高さ15センチメートルあり、内側に23センチメートル角の窪みがあります。案内板によるとこの祠は1819年(文政2)にすでに存在していたのですが、明治後期以降に台石の一部を取替え再建されたようです。その際標石本体は祠の礎石としてつかわれた可能性も考えられます。

平塚市湘南平 第33号測点

旧所在地:淘綾郡(ゆるぎぐん)萬田村
地図:平塚

JR大磯の北1.5キロメートルのところに「湘南平」という遊園地があります。二万五千分の一地形図には「千畳敷」の表示があります。その一角の高麗山公園(子供の森)にあるスベリ台の下に蓋石のみ見られます。一帯は造成されており地盤も硬くなっていますが本体がちかくに埋没している可能性がないとは言えません。公共用地ですから掘削には役所の許可がいるでしょう。

湘南平最高地点の広場には「日本アルプス」の名付け親ウエストンと親交のあった岡野金次郎の碑があります。

平塚市土屋 第34号測点

旧所在地:大住郡土屋村
地図:伊勢原

平塚市と秦野市の境界にちかい平塚市土屋にある神奈川県動物保護センターのすぐ南を通る道路の南西にあります。地元で「山王塚」または「三ノ塚」といわれる古墳のような小さな盛土の上に標石がみられます。本体は比較的良好な状態で保たれていますが蓋石はありません。

一辺31センチメートルの四角い標石上面は右上が北、左下が南、左上が西、右下が東として対角線に×刻印があり地面上にすこし盛り上がっています。刻字は右から左へ縦書きで「第卅四号 測点 地理寮」が読み取れます。

この標石は地元の土地家屋調査士により1993年(平成5)に見つけられました。[米原義雄:栗山保会員120年前の標石発見ロマン 神調報253 1993年5月号 神奈川県土地家屋調査士会 1993]

大磯町黒岩 第36号測点

旧所在地:淘綾郡黒岩村
地図:平塚

平塚市土屋の34号地点から約3キロメートル南の地点で、ちょうどレークウッドゴルフ場の南にあたる黒岩という集落の民家庭先に保存されています。元位置はこの民家から南へ直線距離200メートルの高台にあるミカン畑にあり1930年(昭和5)頃に現位置に移設されたそうです。

一辺31センチメートルの四角い標石上面は×刻印と「第卅六号 測点 地理寮」が読めます。この標石上面の厚さは3センチメートルあり、さらに一辺50センチメートル角の台石(上面と一体)になっています。台石の地上高さは40センチメートルありましたが地中に潜っている分もあり80センチメートル以上あるのではと思われます。

この民家の庭先には、いま花盛りのウメの木があり標石が古い石臼などとともに庭石としておかれていました。蓋石は以前、漬物石としても使ったそうです。

大磯町国府本郷 第37号測点

旧所在地:淘綾郡国府本郷村          
地図:平塚

JR大磯の西2.5キロメートルの小高い丘で三等三角点「万台」(よろずだい)5239−72−7201(新)のあるところです。国府本郷の馬場集落にある真勝寺のすぐ北になります。寺院のさらに北に3、4軒の住宅があり、その北から西へ狭い車道がついています。車道を登りきったところにKDDIのアンテナがあり右へ曲がれば三角点へ向いますが、直進してアンテナ施設のフェンス中ほどから南に笹薮を20メートル入ると高さ10メートル程度の樹木の下、地中10〜20センチメートルに標石が見られます。一辺30.5センチメートル角の標石上面は×刻印と南方向を上にして「第卅七号 測点 地理寮」が読めます。蓋石は行方不明です。この標石は横浜の土地家屋調査士、田村佳章さんが掘削して見つけられ、お知らせをいただきました。[神奈川県土地家屋調査士会:神奈川縣下外國人遊歩規程測量の研究その2「神調報」No.428 2017 p4−9]

小田原市台山 第39号測点

旧所在地:足柄下郡小竹村
地図:小田原北部

点名:小竹 小田原市の東で同市と中井町、二宮町、3市町の境界にあたり百合が丘の住宅地から北へなだらかな、みかん畑の尾根を徒歩20分程度で到達できます。見晴らしのよい、ひろびろした山頂のマウンド状のところに三等三角点「小竹」5239−71−7801がありますが近年、取替えられたらしく古い標石も放置されていました。そのすぐ東側に巨大な石塊が置かれています。

最近この石が外国人遊歩規程標石であることは埼玉のIさんによって確認されました。標石の上下面が転倒した状態になっており、蓋石も内側の窪みを上にして本体の刻字面に被さっています。そこで4人がかりで上下面を正常な配置に戻し寸法計測と刻字の確認をしました。

本体の上面は一辺31センチメートル、厚さ3センチメートルで、その下は一辺44センチメートル角、高さ63センチメートルの立方体になっており蓋石は一辺38、厚さ19センチメートルの立方体で内側に23センチメートル角の窪みがあり本体上面を保護するようになっています。本体、蓋石とも安山岩を加工しています。

上面は対角線に×が入り刻字は「第三拾九號」(號の文字はつくりが乕になっています)「測点 地理寮」になっていますが対角線、刻字とも春霞をほの紅く染めたような紅色の顔料が充填されてます。外国人遊歩規程標石の上面刻印にうっすら紅色が部分的に残っていることは、ほかの標石でも気づいていましたが、これだけ鮮やかなのは初めてです。

中井町田中 第41号測点

旧所在地:足柄上郡田中村
地図:小田原北部

中井町田中の周辺はミカン畑がおおいのですが、その一角に残存している蓋石を2004年(平成16)2月に埼玉のIさんが見つけられました。当時、蓋石の下を調査されたのですが本体の標石は見つかりませんでした。今回、Iさんはじめ埼玉のTさん、町田のMさん、横浜のOさんとわたしを含め計5人で探索を試みました。中井町北田にお住まいの地主さんや、地元の教育委員会にも、あらかじめIさんからおことわりしました。

現場は1923年(大正12)作成原図にもとづく公図によると中井町大字田中字堀米で「やまゆりライン」という車道のすぐそば、テレビ共聴アンテナから東へ100メートルの地点です。あらかじめIさんが役場でしらべられたところ、この位置は「官有地」になっており、土地台帳には「外國人遊歩規程測點敷地」の記載があったそうです。蓋石の周囲はウメやミカンの果樹園ですが樹木がある小高い丘はなにも栽培されていません。蓋石は前年Iさんがみつけられた位置に残置していました。この位置は最高地点ではありません。蓋石の大きさは38センチメートル角、厚さ14センチメートルです。

まず公図にある位置を現場で確かめ埋没可能性のある範囲を特定しました。ついで5人が横一列にならび約30センチメートル間隔で長さ60センチメートルの鉄棒で地面をつつき手ごたえを確かめることにしました。もともと畑になっていたのと前日の雨のおかげで土が軟らかく作業がはかどりました。

雪崩で埋没した人をゾンデで探索するようにかなり根気がいりましたが、はやくも15分後にカチンという音、確かに手ごたえがありました。早速、用意したスコップで発掘すると「点」という刻字がある標石上面が現れました。丘の最高地点から東へ2.3メートル、放置されていた蓋石から北西4.4メートル、地表から18センチメートルの地中に位置しています。周囲を掘り広げると31センチメートル角の標石本体上面が姿をあらわしました。おおよそ130年前の姿でしょう。水で泥を洗い除けるとはっきり刻字も読めました。

標石四隅の角が左上から南、西、北、東を向いており南北と東西方向の対角線が刻印されています。対角線の左下部分がほんのり紅色になっているのが気になるところです。刻字は「第四拾壱號(つくりは逓とおなじ)測点 地理寮」になっており文字ははっきり判読できます。これで間違いなく41号は確認できました。表面確認のあとは蓋石をかぶせ周囲の土をもとどおりにしておきました。

当日は天候にも恵まれ、この丘陵地から丹沢大山が望め快適でした。このあと参加者全員で大磯、平塚方面へ新たな探索に出かけました。

小田原市小竹 第42号測点

旧所在地:足柄下郡小竹村
地図:小田原北部

JR国府津の北東3キロメートルの地点、小竹(おたけ)の集落で中村川の西、小田原厚木高速道路のすぐ北の丘陵地にあります。Kさん宅北西の裏山でみかん畑の上部、桧林の西端とさらにその上の竹薮が接するあたりですが、標石は地表面から4〜5センチメートル埋没しておりKさんに案内していただき、ようやく見つけることができました。薄暗い林のなかで、現在はこの位置から展望は得られません。

本体の上面は一辺31センチメートル角、上面は対角線に×が入り刻字は東方向を上にして「第四拾貳號」(號の文字はつくりが乕になっています)「測点 地理寮」でした。蓋石は行方不明であることから移設されたことも考えられます。

この標石は1991年(平成3)11月16日川崎市のS測量会社が県から現地周辺の測量を請け負った際、公図に「官有地」と書かれた一坪の土地があり、それをきっかけに半分土に埋まっている標石が発見され新聞に報道されました。その後、注目されることもなく林の中で腐葉土に埋もれたまま残存していました。[朝日新聞:明治初期の「三角点」見つかる 平成4年2月22日 朝日新聞 1992]

小田原市不動山 第44号測点

旧所在地:足柄下郡曽我原村
地図:小田原北部

小田原市の東、曽我の丘陵地帯にある山で曽我から昔の街道跡である六本松を経て山頂近くまで車道があります。この標石は三等三角点「長尾山」5239−71−7601に隣接しています。現行の三角点の南東に隣接して地下30センチメートル程度のところに埋没していましたが古い三角点の標石も北東に隣接して横倒し状態で埋没しているのが見つかりました。したがってこの位置には現行三角点標石、古い三角点標石、外国人遊歩規程標石の3基が寄りあっていることになります。周囲は高さ20メートル程度の桧、5、6本に囲まれ展望は得られません。

本体の上面は一辺31センチメートル角、蓋石は一辺37、厚さ23センチメートル程度の立方体で内側に窪みがあり本体上面を保護しています。上面は対角線に×が入り刻字は「第四拾四號」(號の文字はつくりが乕になっています)「測点 地理寮」で鮮やかな朱が嵌入されていました。

現行の三角点「長尾山」の初期の点の記によると、まず「明治十七年九月十九日選定」とあります。1883年(明治16)に参謀本部大地測量部が一等三角測量を開始、翌年には参謀本部測量局が発足しましたが、武相地方(武蔵、相模)の一部では二等以下の三角測量もすでに施行されていました。[陸地測量部:陸地測量部沿革史 1922 p64]

ついで「標石」欄には

伊豆國産小松石ニシテ構造方ハ尋常○内務地理寮ノ測点ニシテ錐体中心ニハ同省ノ標石埋填シアルヲ以テ不得止中心ノ西方ニ同省標ニ併植セリ地理寮測点標石ハ地中ニアリ [陸地測量部:三等三角點之記 長尾山 1925頃か]

ここで記述されている「錐体」は標石の形状ではなく測標(覘標)のことと思われます。さらに「標石欠損(三十年縣ヨリ通知)大正十四年度改測白井測量師補修」とあります。現行の三角点は四隅が補修されていますが、点の記ではこのことを表しているのか、もしそうであれば横倒しで埋没されている三角点標石はなにかという疑問が残ります。

小田原市曽我 第45号測点

旧所在地:足柄下郡曽我別所村
地図:小田原北部

JR国府津の北4キロメートルの地点、高山の山頂から西寄りのキウイ畑の北東端、樫の木の下南西へ3メートルにあります。標石は地表面から10〜20センチメートル埋没しています。現在はこの位置から畑の防獣ネットなどあり展望は得られません。

本体の上面は一辺31センチメートル角、上面は対角線に×が入り刻字は東方向を上にして「第四拾五號」(號の文字はつくりが乕になっています)「測点 地理寮」でした。蓋石は行方不明です。

この標石は最近、埼玉のIさんと東京のMさんによって発掘されました。標石の位置は山頂、尾根筋といえ起伏の少ない畑地です。Iさんの話によれば先ず当時三角網図に記載された数値と既発見の測点位置をもとに小田原市の一万分の一図上に見当をつけ、ついで現地の地番図「土地宝典」には当該官有地の明示がないことから何度かの現地踏査によって筆界を推定され発掘範囲を限定されました。わたしは、Iさんから、かなりの情報をお聞きしたうえ、現地を探しましたが畑のネットなどあり発見に難渋しました。Iさん、Mさんのご努力と論理的な推定方法に脱帽です。

小田原市前川 第46号測点

旧所在地:足柄下郡前川村
地図:小田原北部

JR国府津の北、直線距離で900メートル地点の丘陵山頂にありますが、付近はみかん畑が多く、作業用の車道が縦横にあり、わかり難いところです。四等三角点「藤原台」5239−71−4701の250メートル西南のピークで、それより西の車道にある「西山団体営農建設記念碑」というところ(155の標高点付近)から、東にほぼ尾根伝いに入り、三角点「藤原台」への途中から南の支尾根を歩きます。踏み跡程度の道はついていますが夏は雑草と笹薮で困難でしょう。標石は蓋石が露出しています。周囲は少し開けていますが地面は蔦で覆われ、また10メートル以上の桧と潅木が茂り展望はありません。

本体の上面は一辺31センチメートル角、蓋石は一辺38角、厚さ23センチメートル程度の立方体で内側に窪みがあり本体上面を保護するようになっています。上面は対角線に×が入り刻字は「第四拾六號」(號の文字はつくりが乕になっています)「測点 地理寮」になっています。

この標石は近年、埼玉のIさんの推測をもとにして栃木のIさん、横浜のAさんなどの探索によって見つけられたもので、わたしも案内していただきました。

小田原市千代 第47号測点

旧所在地:足柄下郡千代村
地図:小田原北部

小田原市千代、三島神社南交差点信号近くのSさん宅庭で保存されています。戦後まもなく現在地の南約50メートルのところから移設されたそうです。標石は一辺31、高さ60センチメートルで完全に地上に露出しています。上面は磨耗していため刻字の判読は困難ですが、かろうじて「測」の字や「地理寮」らしい字を読むことができます。蓋石はありません。

小田原市小八幡 第52号測点

旧所在地:足柄下郡小八幡村
地図:小田原北部

JR国府津(こうづ)から西のJR鴨宮(かものみや)方面へ国道1号を1.5キロメートルすすみ北へ約300メートル入ったところにある小八幡八幡神社(こやわたはちまんじんじゃ)の境内にあります。入り口の鳥居をくぐり左側にあり所在地は小田原市小八幡三丁目1−1になります。三角網図から推定すると神社の北西500m地点あたりから移設したようです。

標石、蓋石とも完全な状態で地上に露出しています。標石は30.5センチメートル角、上面までの地上高さ30センチメートル、蓋は34〜36センチメートル角、厚さ15センチメートルのもので、標石上面には対角線が刻まれ「第五拾貮號(つくりは逓とおなじ) 測点 地理寮」の刻字が見られます。市が設置した説明板には「小八幡村の道路元標 (明治政府地理寮設置)」とありましたが道路元標は明らかに間違いです。

小田原市中曽根 第53号測点

旧所在地:足柄下郡中曽根村
地図:小田原北部

酒匂川(さかわがわ)の河口から約5キロメートル地点に富士道橋が架かっています。その南西、小田原市中曽根の民家の庭先に測点標石が残置されています。本体は一辺31センチメートル角、高さ50センチメートルあり地上に露出、蓋石はありません。民家の人の話では1930年(昭和5)頃には、すでにこの位置に現在の状態であったようです。1975年(昭和50)頃に民家の火災がありその影響で本体上面が焼損していますが刻字は「第」、「測点」、「地理寮」の一部がかろうじて読めます。

三角網図から推定すると現位置よりも数百メートル北が元位置であったようで、かなり以前に移設されたのかもしれません。

小田原市玉宝寺 第54号測点

旧所在地:足柄下郡多古村
地図:小田原北部

伊豆箱根鉄道大雄山線の五百羅漢の西200メートルの玉宝寺の境内にあります。本堂裏の墓地の一隅に本体が全部露出して残置されています。蓋石は行方不明です。

上面は38〜39センチメートル角の石を削り一辺31センチメートル角の平面に仕上げてあります。上面部分の厚さは3センチメートル、標石全体の高さは60センチメートルです。

上面には対角線が入り刻字は「第五拾四號」(號の文字はつくりが乕になっています)「測点 地理寮」になっていますが対角線の中央に10センチメートル角の穴が彫り込んであります。これはかつて、お寺の建物の柱の基礎として利用したようです。いずれにしても、この標石の位置は元位置ではありません。

小田原市諏訪神社東 第56号測点

旧所在地:足柄下郡府川村
地図:小田原北部

小田原市府川にあるゴミ焼却場の500メートル西に諏訪神社があります。二万五千分の一地形図には神社の記号はありますが名前は載っていません。神社の正面からさらに120メートルの地点にある畑の中に標石が見られますが近くにNTTドコモの無線鉄塔があり目標になります。

標石は一辺31センチメートル角の上面だけが露出しています。蓋石はありません。上面には南北方向と東西方向の対角線が彫られ、刻字は北東方向を上にして「拾六號」(第という文字は磨耗して読めず、號の文字はつくりが乕になっています)「測点 地理寮」とあります。

この位置は三角網図では北西端点にあたりますが丘陵地帯で樹木がなければ東南方面の見通しはよいと思われます。この標石の位置は埼玉のIさんにご教示いただきました。

小田原市久野 第57号測点

旧所在地:足柄下郡久野村
地図:小田原北部

小田原市役所の向かいにある交番のすぐ南から西へ入ります。高速道路を高架で渡り、高架から500メートル先に無線鉄塔が見え道は3方向に分かれますが真ん中の細い道を進むと徒歩10分程度で右手にトタン屋根の小屋があり左手には茶畑があります。このあたりはミカンとブドウ畑ばかりですから茶畑はすぐにわかります。所在地は小田原市久野星山台になります。茶畑の東南角に測点が見られます。

測点標石は上面を北にして横倒しで少し埋まっていますが刻字は「第五拾七號 測点 地理寮」がはっきり読めます。寸法は一辺31、長さ(高さ)60センチメートルです。この7メートル北の斜面に蓋石が放置されています。一辺36〜38、厚さ14〜15センチメートルあります。さらに本体標石から1.8メートル北には小田原市の2級公共基準点の金属標が設置されています。この位置は小高い丘陵地帯で小田原市内や海が望めます。

そのほかの外国人遊歩規程標石

神奈川の外国人遊歩規程標石はすべて調べつくしたわけではありません。道路工事や土地造成で失われる可能性はおおいのですが現行の三角点標石と異なり、かなり大型の標石であることや上面の刻字などが蓋石によって保護されていることなどから今後も再発見されることが予想されます。

標石の位置は国有地もありますが住宅地や果樹園、神社、寺院などの私有地が多く探索で立入る場合は所有者や地元の人たちにお断わりしましょう。


■Top of this Home Page
■Next Page