測量技術の習得
明治維新を契機としてインフラの整備、西洋化がはかられ、このため測量技術者の確保がさしせまって必要になってきました。旧幕府で経験のある測量技術者もいましたが政府、民間とも学校を整備し御雇外国人を起用し教育を行いました。北海道の測量に関しては開拓使仮学校、都市の整備に関しては工部省工学寮はこれらの例です。また将来有望な人材は先進国へ留学させ、新技術の習得に当たらせました。

測量技術者養成の民間の学校としては1871年(明治4)、福田一家により開設された「順天求合社」のほか1876年(明治9)に近藤眞琴(こんどう・まこと 1831〜1886、鳥羽藩出身、教育家、海軍軍人)による「攻玉社」(現攻玉社中学校・高等学校)の設立、1887年(明治20)には渡辺洪基(わたなべ・ひろもと 1848〜1901、福井藩出身、初代帝国大学総長)などによる「工手学校」(現工学院大学)の設立があり陸地測量部へも人材を送りだしました。1894年(明治27)からの日清戦争、1904年(明治37)からの日露戦争の際は陸地測量部臨時測図手として順天求合社から採用されました。これらはすべて私立学校でしたが陸軍の養成機関としては「修技所」(現国土交通大学校)が1887年(明治20)、参謀本部測量局内で非公式に開設され翌年、陸地測量部内に正式に設置されています。

沼津兵学校

地図:沼津

明治維新後、徳川家が移封され成立した駿府藩(のち静岡藩と改称)は1868年(明治1)に陸軍士官の養成学校として沼津に中学校が設立されました。翌年、この中学校は兵学校と改称されたため沼津兵学校と呼ばれています。設立には旧幕臣の江原素六(えばら・そろく 1842〜1922)、矢田堀景蔵(やたぼり・けいぞう 1829〜1887)などが尽力しました。頭取(校長)は西周(にし・あまね 1829〜1897 津和野藩出身 思想家)で教授陣のなかには一等教授方として長崎の海軍伝習所出身の伴鐵太郎(ばん・てつたろう 1825〜1902)、赤松則良(あかまつ・のりよし 1840〜1920)、絵図方として蕃書調所出身の川上冬崖(かわかみ・とうがい 1827〜1871)、田邊太一(たなべ・たいち 1831〜1915、のち外務少丞(しょうじょう)、岩倉遣欧使節に随行)など40人程度で生徒は「資業生」と呼ばれ同校消滅までに第1期生から第9期生まで200人以上が在籍していました。

授業は語学、歴史、図学などのほか数学の一教科として実地測量もあり測量技術者集団が育ち、後に陸軍、内務省、農商務省、開拓使などで活躍しています。測量技術者としては大川通久(おおかわ・みちひさ 1852〜1903、2期資業生)、早川省義(はやかわ・あきよし 1852〜1903、4期)、奈佐栄(なさ・さかえ、5期)、水野秋尾(みずの・あきお 1851〜1890、7期)、関大之(せき・だいし 1845〜没年不明 兵学校附属小学校教授方)などが挙げられます。また兵学校入学のための予備教育機関である附属小学校の出身者としては後に陸地測量部で活躍する杉山正治(すぎやま・まさはる 1853〜1923)や琵琶湖疏水の土木技師として有名な田邊朔郎(たなべ・さくろう 1861〜1944 田邊太一の甥)もいます。沼津兵学校は1871年(明治4)、新政府に移管され沼津出張兵学寮と改称されましたが翌年、東京へ移転し職員は兵部省出仕、最後まで残った資業生63名は兵学寮教導団の工兵生徒に編入されました。[樋口雄彦:測量技師になった沼津兵学校出身者 沼津市明治史料館通信 通巻第76号 2004 p2][藤井陽一郎:沼津兵学校とその日本近代測地事業への影響について 「科学史研究」51 日本科学史学会 岩波書店 1959 p1]

資業生であった大川通久は内務省地理局の測量技手として東京・塩竃間の水準測量にも従事しています。大川が出張の際、護身用に所持した拳銃(ベルギー、マングロー社製カメロット・レボルバー 使用認可番号「九年一六四六東京府」の刻字あり)が沼津市西能堂の沼津市明治史料館で展示されています。またJR沼津の駅前、さんさん通りの東にある城岡神社境内の沼津兵学校記念碑は1895年(明治28)に立てられたものを1991年(平成3)復刻されましたが篆額は徳川家達(とくがわ・いえさと 1863〜1940 徳川宗家16代当主)、兵学校由来の説明文は中根香亭(なかね・こうてい 1839〜1913 元兵学校三等教授)、書は大川によるものです。

順天堂・順天求合社

地図:大阪東南部(福田泉の算額)

福田金塘(ふくだ・きんとう 1806〜1858、福田復(ふく)とも)、福田理軒(ふくだ・りけん 1815〜1889、福田泉(せん)とも、金塘の弟)とその子、福田治軒(ふくだ・ちけん 1849〜1888、福田半とも)、の三者は江戸末期から大坂で和算一家をなしていました。福田金塘、理軒の兄弟は麻田剛立(あさだ・ ごうりゅう 1734〜1799)の流れをくむ、武田真元(たけだ・しんげん 生年不明〜1846、畳表商)が開設した「真空館」に入門し和算を学び、また福田金塘は土御門家の塾である齋政館(せいせいかん)で天文暦学を学んでいます。

1834年(天保5)、福田理軒は大坂の旧麻田剛流宅に私塾「順天堂」を開設しました。1856年(安政3)に「測量集成」の初版を、翌年に「西算速知」(西洋数学)を著し、これらは順天堂で教科書としてつかわれました。順天堂が刊行した「測量集成」は全10巻からなり後半には福田治軒も校閲者としてかかわっています。福田理軒は自序につぎのように述べています。

測天量地は経世の要務たること、もとより言うを待たず。軍務の用、またこれをもって急となす。しかりしこうして測天の術、その理薀奥にして、法またはなはだ難し。もし量地の術を先にすれば、その法けだし易し。(大矢真一翻刻)[福田理軒:測量集成 1856 順天堂(復刻、江戸科学古典叢書37、大矢真一解説「測量集成」恒和出版 1982 解説p4)]

福田理軒、福田治軒は東京で1871年(明治4)「順天求合社」を開設し和算、天文、究理、陰陽道などを教授しました。順天求合社は「天の道にしたがい互いに真理を探求」という意味をもち現在、東京都北区王子本町にある順天学園の前身になります。熟生の多くはのちに参謀本部などの測量に従事しています。福田理軒は明治維新後、大学天文暦道御用掛や星学局御用掛になり1877年(明治10)には東京数学会社設立の一員になっています。東京数学会社は日本で初めての学会で、現在の日本数学会、日本物理学会のルーツになります。設立当初は和算と洋算が混在していました。[桜井進:夢中になる江戸の数学 集英社文庫 2012 p137]

福田理軒の奉納した算額が大阪天王寺区伶人町5の清水寺(きよみずでら)にありました。大阪地下鉄四天王寺夕陽丘の南西にある大阪星光学院のさらに南西にあたります。もとの算額は1861年(文久1)に奉納されましたが1945年(昭和20)の空襲で焼失し、現在のものは2005年(平成17)に数学史研究家、小寺裕(こてら・ひろし 1948〜)によって復元奉納されたものです。算額には幾何学の問題とその答え、門下生の名前が記されています。現在本堂は老朽化し、寺務所2階の仮本堂への階段踊り場に算額が掲げられています。

福田治軒は私塾での教授のかたわら治河使(ちがし)、民部省、工部省鉄道寮などで測量実務に従事、鉄道寮ではお雇い英国人イングランド(John England 生年不明〜1877)から測量知識を習得し、これにもとづき1872年(明治5)には三角測量の教科書である「測量新式」を著しています。福田治軒は測量分野では福田半として知られることが多いようです。1873年(明治6)に測量技術者として陸軍省参謀局に出仕し陸軍大尉に昇進、1877年(明治10)の西南戦争では戦地の測量を行っていますが翌年には退官しています。晩年のことは知られていません。墓地も不明です。[渡辺孝蔵編:順天百五十五年史 順天学園 1989 p46]、[福田半編・花井静訂:測量新式 万青堂 1872 本文と数表の計2冊(国立国会図書館蔵)]

開拓使仮学校

1872年(明治5)、開拓使仮学校は北海道開拓の人材を養成することを目的として東京芝増上寺に開設されました。前年、開拓使顧問として来日した米国のケプロン(Horace Capron 1804〜1885)は開拓事業の計画とあわせ開拓使仮学校の準備のため米国人指導者の人選を行い、さらにインフラ整備のため地質調査と測量を最重要課題として位置づけ地質調査についてはライマン(Benjamin Smith Lyman 1835〜1920)を、また測量についてはワーフィールド(A.G.Warfield)、ワッソン(James R. Wasson 1845〜没年不明)などが招聘され開拓使御雇いとして採用されました。初代の校長(格)は荒井郁之助(あらい・いくのすけ 1836〜1909、軍艦操練所頭取、勝麟太郎の後任)でした。仮学校での学科は普通学と専門学があり普通学のなかで測量学が教えられました。1875年(明治8)、札幌学校と改称し札幌に移転し翌年には札幌農学校となり北海道大学の基礎を築くことになります。[北海道大学:北大百年史 通説 ぎょうせい 1980 p1−28]

工学寮工学校

維新直後の工学教育構想は1870年(明治3)、鉄道建設の指導をしたお雇い英国人モレル(Edmund Morell 1841〜1871)による政府への提案によります。1871年(明治4)には工部省の傘下に工学寮工学校などと、測量司が設けられ英国留学の経験がある山尾庸三(やまお・ようぞう 1837〜1917、元長州藩士)が少輔として寮、司の長を兼ね、河野通信(こうの・みちのぶ 1839〜1899、元長州藩士)は測量正兼五等出仕、村田文夫(1836〜1891、元広島藩士)は六等出仕、室田秀雄は七等出仕などそれぞれ寮、司を兼ね就任しました。

工学校はダイアー(Henry Dyer 1848〜1918、スコットランド出身)を都検(教頭に相当)としてマクヴィーン(Colin Alexander McVean 1838〜1912、スコットランド出身、マクウェンとも表記)などが担当しました。教育の目的は実社会で活躍できる技術者を育成することで、その内容には測量技術も含まれていました。1877年(明治10)には工部大学校と改称され、後の帝国大学の基礎となります。[泉田英雄:工学寮工学校再考 日本建築学会計画系論文集 81巻720号 日本機械学会 2016 p477−487]


■Top of this Home Page
■Next Page