土木測量

明治の河川測量

明治維新後、重要な河川については国直轄で治水管理を行うようになり、ファン・ドールン(Cornelis Johannes van Doorn1837〜1906)をはじめリンド(Isaac Anne Lindo 1848〜1941)、エッセル(George Arnold Escher1843〜1939)、デレーケ(Johannis de Rijke1842〜1913)、ムルデル(Anthonie Thomas Lubertus Rouwenhorst Mulder1848〜1901)などのお雇いオランダ人の指導により測量、施工が行われました。政府は1872年(明治5)に来日したドールンを「長工師」リンドを「二等工師」に任命しました。ドールンは土木技師であっても治水事業の経験はほとんどなかったのですが利根川、淀川の量水標の設置から業務を開始し1873年(明治6)にはオランダからドールンの推薦したエッセル、チッセン、デ・レイケなど来日し野蒜築港、淀川、木曽川、大阪港、三国港の改修、安積疏水などを実施しました。[上林好之:日本の川を甦らせた技師デ・レイケ 草思社 1999 p73]

当時河川の所管は治河使(ちがし)、民部省土木司、工部省土木司、内務省土木寮、内務省土木局と目まぐるしく変わりました。また内務省直轄工事や府県の工事を監督するため1886年(明治19)、各地に土木監督署が置かれ、1905年(明治38)には土木監督署が廃止され府県の監督権をもたず直轄工事を実施する土木出張所が設置されました。1896年(明治29)、河川の維持、改修について定めた河川法が制定され河川の管理は原則として府県が行い大規模の工事は国が施行できるものとしました。明治末期には警察権によって河川の監視を行うため「河川監督巡査」が配置された地域もあります。[建設省近畿地方建設局:淀川百年史 1974 p217、221、340、469]

河川測量は河川の災害を防ぐための治水工事をはじめ水資源利用、河川の維持管理に用いられる測量であり距離標設置のための平面測量、水準基標設置、縦断面図、横断面図作成のための高低測量、深浅測量、流量測定などです。測量標識としては三角点、距離標、水準基標(水準点)、量水標(水位標)などがあり、これらの標識の位置、記番号などは河川台帳の平面図に明示されることになっています。1896年(明治29)の内務省令細則では「地方行政廳ハ河川ノ両岸市町村ノ大字毎ニ少クトモ一箇所位置及高低ノ基標ヲ設置・・・」とあり、また1921年(大正10)の内務省令細則では「府県知事ハ河川ノ両岸凡ソ五千メートル毎ニ少クモ一箇所成ルヘク安全ノ地点ニ水準基標ヲ設置・・・」と改正され、三角標(三角点)や水準基標の設置についても規定され、丁杭(距離標)については「河口ヲ起点トシ百メートル毎ニ本丁杭ヲ設置シ・・・」と設置基準が明らかにされています。[明治二十九年十月十四日 勅令第三百三十一號「河川臺帳ニ関スル件」1896]、[明治二十九年十二月八日 内務省令第十三號「河川臺帳ニ関スル細則」1896]、[大正十年十二月二十四日 内務省令第二十九號 「河川臺帳ニ關スル細則」1921]

距離標は河口または合流点からの距離を標示する標杭で河川の中心線に沿って100〜500メートル間隔で左右岸の堤防法肩に設置され標高が正確に求められており河川の改修や管理に利用されます。距離標はかつては川の中心部を測って一丁(約109メートル)ごとに、その両岸の堤防の上に丈夫な杭を設置したので「丁杭」(ちょうぐい)と呼ばれていました。後年、里、丁単位の表示はキロメートル単位に替わり現在は国土交通省公共測量作業規程で間隔は200メートルに定められています。水準基標は河川水系全体の標高の基準となる標識で既設の水準点から水準測量を行い5〜20キロメートルの間隔で量水標の近傍に設置します。既設の水準点は国土地理院の基本測量または公共測量により設置したものです。量水標は河川の岸にあり水位を測る設備で水位標ともいいます。垂直に立てられた柱に目盛りが刻まれており目視または自動で読み取ります。洪水や増水の際に報告される水位はこの量水標の読取値です。現在、水位観測は自記観測かテレメーターによって行われ目視による「普通観測」は洪水時などの補助的な手段となっています。自記水位計は観測井戸に浮子を浮かべ、その昇降を記録するフロート式が多いようですが水圧や超音波の反射を利用する方法もあります。

銚子 飯沼水準原標石

地図:銚子

日本の治水事業のため1872年(明治5)に来日したオランダ人リンドは江戸川河口の堀江を起点として北に遡り関宿の北にある利根川合流点から南下して銚子に達し一部折り返すルートの水準測量を実施しました。利根川や江戸川の下流に計10ヶ所の測水標(量水標ともいわれます)設置し利根川河口にあたる銚子の飯沼観音境内に設置した標石を水準原点に定めました。リンドの報告書、1873年(明治6)の「日本治水の説」では「飯沼に立つる測水表石の上にに贅出する小盤」とあります。水準原点の近くに量水標も設置されたようです。当時の「日本水位尺(J.P)」の原点となるものです。その後、銚子、浦安間の水準測量を行ない利根川と江戸川の水位を調査しました。銚子飯沼の利根川の水位にたいして浦安堀江の江戸川の水位は1.11エル高かったようです。エルはオランダの長さの単位で「ひじ」の意味があり地方によって異なりますがアムステルダムでは1エル(El略して「L」)は約69センチメートルです。日本で用いたエルは日本の「尺」ではないかと思われます。水準測量では各所にファステポウント(Vaste punten、オランダ語で三角点、丁杭などの基準点)といわれる基準点を設けました。これらは独立した標石はすくなく住宅に打ちつけた釘などを利用しました。[内務省東京土木出張所:利根川改修沿革考(明治年間)1928 p6−7、p80]、[小泉袈裟勝:単位の辞典 改訂4版 ラティス 1981 p32][淀川近代改修の曙研究会:淀川オランダ技師文書 建設省近畿地方建設局淀川工事事務所 1997 p298]

飯沼水準原標石は飯沼観音本堂の石段下にある二十三夜満願堂の裏にフェンスに囲まれています。市当局で設置された説明板もあります。標石本体は地表面上の見える部分で14センチメートル角の石(地中本体は70センチメートル角といわれています)で表面は磨耗しており刻印などは見当たりません。さらに本体は65センチメートル角の石枠で保護されています。[中村六郎:水準原点事始 「測量」1981.3 p43]

この水準原標石は1937年(昭和12)に内務省東京土木出張所の栗原良輔技師により確認されたもので、この機会に保護のため石枠が設置されました。内務省の技師が設置位置以外になにを根拠として同定確認されたかは不明です。また当時の新聞には「この水準原標は仙台石で二尺三寸四方の中央に四寸四方、高さ八寸の突起點があり・・・」とありますが現在、突起は消失しています。その後、戦災もあり忘れ去られていましたが1999年(平成11)現在の形に整備されました。[東京朝日新聞:日本に一つ 水準原標 東京朝日新聞 1937年(昭和12)6月23日 20面 千葉版5−7段]、[島崎武雄:堀江と銚子の水準標石 「地図中心」2008年11月号 日本地図センター p6]

浦安 清瀧神社の江戸川測水標

地図:浦安

オランダ人土木技師リンドの「堀江の水準原標」といわれる標石が浦安市にあります。地下鉄東西線浦安駅の南500メートル、堀江四丁目に清瀧神社(せいりゅうじんじゃ)があり本殿の西に龍神社と額がかかっている水神社の鳥居の内側、祭壇の西側に残っています。標石は46センチメートル角平板中央に13センチメートル角の突起あり刻字はありません。リンドが1873年(明治6)に内務省に報告した「日本治水考」や「利根川改修沿革考」にペトルメルクステトンとして記載され江戸川、利根川、渡良瀬川、鬼怒川などの水位の基準点(Y.P=Yedogawa Peil)となっている堀江水位観測所の元祖になります。Y.Pは荒川河口の霊岸島水位A.Pより0.2942メートル高く東京湾平均(中等)海面T.Pより0.8402メートル低い位置になります。[内務省東京土木出張所:霊岸島量水標零位と東京湾中等潮位並に堀江量水標零位との関係 1927 p1−9]

2004年(平成16)9月に開かれた浦安市文化財審議会ではこの標石についてつぎのように扱っています。このように慎重に審議されることが望ましいと思われます。

問題は、この清瀧神社の石が本当にリンドの設置したものなのかどうか、というところである。リンドが堀江に水準標石をつくったという事実はハッキリしている。また、神社にそれらしき石がある、というのも事実。しかし、その二つが直接結びつくような史料がまだでてこないということである。この石が、本当に記録上言われているリンドの水準原標である、ということはまったくわからない。それを示すような資料がほしい。考えられるのは、リンドが当時学んだと思われる当時の測量技術についての書籍などを調べれば、図面などでこの石と同じような形のものがでてくれば、リンドのつくった石であることを裏付けることができると思われる。 [浦安市文化財審議会:平成16年度第3回浦安市文化財審議会議事要旨 2004]

2007年(平成19)12月には浦安市観光協会の応募により土木学会によって「土木学会推奨土木遺産」に認定されました。このことは平成19年第5回度浦安市文化財審議会でも話題になりましたが「文化財として扱うには、もっと事実関係を調べる必要がある」とされています。土木学会ではリンドの故郷、オランダでの調査もしましたが「堀江の水準原標」についての決定的な裏付けはなく、リンドの報告書、1873年(明治6)の「日本治水の説」にある「黒龍社の側に立つる測水表石但し此の石上にに贅する小盤」というような特異な形はほかに例がないことから、この報告を根拠としているようです。[内務省東京土木出張所:利根川改修沿革考(明治年間)1928 p79]

日本の水準測量は明治初期にリンドなどがはじめたオランダ式の測量から几号水準点で代表されるイギリス式測量へ替わっていきました。しかし治水工事には御雇いオランダ人が明治後期まで活躍しています。リンドはファン・ドールンとともに1872年(明治5)に来日しましたが日本人のすることに批判的で1875(明治8)に帰国してしまいました。[上林好之:日本の川を甦らせた技師デ・レイケ 草思社 1999 p94]

清瀧神社は1196年に創建され大海津見神(おおわたづみのみこと)が祭神なのですが本殿の西隣には浅間神社という岩山(富士講か)があり、さらにその西隣が水神社になっています。神社のすぐ北には境川という江戸川の支流があり東京湾に注いでいます。

福井県三国港測標

地図:三国

福井県の三国港(旧坂井港)突堤は九頭竜川の土砂が河口に堆積し北前船などの航行に支障をきたすため1878年(明治11)地元の要請と資金によって当時、内務省土木寮のお雇い外国人であったオランダ人のエッセル(G.A.Escher1843〜1939)が設計、デ・レイケ(Johannis de Rijke1842〜1913)の監督により着工され1880年(明治13)に一部を残し竣工しました。突堤はエッセル堤ともいわれていますが粗朶(そだ、伐りとった樹の枝)を組み岩石を載せ沈床する工法で築かれています。宮城県の野蒜港、熊本県の三角西港とともに明治三大築港の一つです。

511メートルある突堤は重要文化財で当時の測量標石は附(つけたり)指定になっており三国町緑ヶ丘の郷土博物館「みくに龍翔館」で保存されています。その素性はあまり調べられていません。かつて土中に埋没していたのを発掘し、えちぜん鉄道三国港のすぐ東にある民家(元喫茶店か)の屋外で保管されていたものを同博物館に移設したようです。展示解説では番戸哲司氏蔵になっています。博物館の学芸員のお話では発掘された位置は最初に設置された場所ではないようで当時の海岸線(水涯線)も埋め立てられ元位置は不明です。

標石は全長111.5センチメートル(この数値は博物館の台帳によるもので展示は上面から61センチメートル)、一辺13.6センチメートルの角柱で上面には十字が刻まれ正面は「H 測標 明治十一年起工」の刻字があります。他の面に刻字はありません。また上面から31センチメートルは平に磨かれていますが下部は刻字のある面以外の3面が荒削りです。また側面の角は上下方向に面取りがされています。岩質は展示説明によると笏谷(しゃくだに)石とあり、足羽(あすわ)山で採取された凝灰岩と思われます。

この標石は表示杭で本体は地中標になっているのでは思われ、たまたま地元測量会社のKさんが民家から移設時の写真をお持ちで見せていただきましたが、確認はできませんでした。文献、記録がなく、とくに刻字の「H」がなにを意味するのか問題です。上面の十字刻印は位置を表し、「H」は高さ8、横棒5センチメートルありますがHの横棒を基準として高さを表したとも考えられます。オランダ語で高さ、標高はHoogte、水平線はHorizon(Cassell's蘭英辞書)で、関係があるようですが、さらに調査の必要があります。なお標石の写真は博物館の許可を得て撮影しましたが転載などはご注意ください。

初代御料局測量課長神足勝記(こうたり・かつき1854〜1937)の伝記に三国港(坂井港)の経緯度標というのが載っています。1882年(明治15)の記事です。

福井県坂井港にある経緯度標の既定点から測量を起こすため、海路金石より坂井港(三国港)に赴く予定であった。 [上條武:孤高の道しるべ 銀河書房 1983 p466]

神足が御料局赴任以前の地質調査所時代の日記からの記述で1882年(明治15)、鑷力観測(地磁気観測のことか)のため三国港に寄ったようです。この経緯度標と「H 測標」とが同じものかどうかはわかりません。当時内務省地理局により全国各地の経緯度測量が行われましたが三国港に関しての記録は見つかっていません。

「みくに龍翔館」はエッセルが設計した龍翔小学校を1981年(昭和56)に再現したものです。標石については学芸員のTさんに懇切なご案内、説明をいただきました。同館には1878年(明治11)、当時の伊藤博文内務卿からエッセルに贈られた感謝状と江戸蒔絵の硯箱、文箱が展示されています。また同館にはエッセルの子息五男のM.C.エッセル(M.C.Escher1898〜、英語式にエッシャーと表記される)の紹介もありました。同氏は有名なトリックアートの画家で視覚の魔術師ともいわれています。わたしもかつて展覧会を見ましたが迷路のような水の流れを辿っていくと、いつの間にか元へ戻ってしまう不思議な絵がありました。

この標石とは関係ありませんが三国港突堤のなかほど、灯台のきわに国土地理院の現行、四等三角点「エッセル」5436−21−6001の金属標があります。わたしの探訪したときは日本海からの風波が強く波が堤防を越すほど危険な状態で見るのをあきらめ後日再訪しました。それにしても「エッセル」とはいい点名がつけられたものです。

福島県 安積疏水水量基点 (上戸)

地図:山潟

安積疏水(あさかそすい)は福島県の猪苗代湖から取水し郡山市と周辺地域の安積原野に農工業用水や飲用水を供給しており水力発電にも利用されています。1879年(明治12)国家事業としてオランダ人技師ヨハンネス・ファン・ドールンの指導により着工し1882年(明治15)には試験通水を行っています。翌年には疏水による灌漑を開始し荒涼とした原野を一大穀倉地帯に変えました。1899年(明治32)には疏水に水力発電所が設置され、その電力を利用した製糸業が起こり、また1908年(明治41)からは水道用水を郡山市に給水しています。

猪苗代湖の取水口は上戸浜(じょうこはま)にありますが開設当初は現在の取水口の東400メートルあたりで国道49号から県道9号が分岐する地点の湖岸になります。現在は埋め立てられていますがここから水路跡がJR上戸(じょうこ)に向かって残存しています。旧取水口から350メートル地点に「水量基点」と刻字のある標石が見られます。このあたりは桜の木など植えられ公園のようですが草むらで荒れています。国道49号がJR磐越西線を越える陸橋の南側歩道から下を眺めるとコンクリート柵で囲まれた標石がすぐに目につきます。

標石は一辺26.5センチメートルの角柱で頭部が丸みを帯び中央に一辺7センチメートル角の突起があります。地上高さは全高67センチメートルですが上面から30センチメートルまでの南面に「水量基点」の刻字があり、それより下部はすこし膨らみ基礎面で一辺34センチメートルになっています。南面下部の刻字は一部、基礎に埋まっていますが読める範囲ではつぎのとおりです。「安積疏水猪苗代湖水量@ 是ヨリ百二十四度ニ当リ二十一間A 分ノ掘割南側ニシテ本標頭ヨリB 下四尺三寸二分ヲ以テ三尺八寸ノC 水位トス 此基点ハ農商務省建D ノ水量ノ変動スルヲ恐レE ヲ建者也 明治二十七年十一F」と刻字があります。○数字は行の終りで基礎に埋もれて読めない字もありましたが近年地震の影響か少し露出したようで地元のNさんが@「標ハ」、A「四」、B「低」、C「定」、D「設」、E「之」、F「月十日」と確認されました。この「水量基点」から猪苗代湖の水位の測定位置と水位基準を定めたもので1894年(明治27)に設置されたことがわかります。この標石自体は元位置から移動された可能性もあります。

福島県 安積疏水水量基点 (十六橋)

地図:猪苗代

安積疏水に関連ある標石は猪苗代湖畔の十六橋(じゅうろっきょう)にも見られます。十六橋は福島県耶麻郡猪苗代町と会津若松市の間にある橋で猪苗代湖に流れ込む日橋川にかかっています。1880年(明治13)安積疏水の水量調整のためファン・ドールンの指導により建設されましたが現在のものは1914年(大正3)に再建されています。

この十六橋西端の広場にある高さ約10メートルの「長工師ファンドールン君」像から東に15メートル、「有栖川熾仁親王殿下親植松」碑の裏に標石が見られます。

標石はほとんど地中に埋もれており一辺27、地上高さ5センチメートル、上面中央の円い突起は直径7センチメートルあります。上戸にある水量基点標石 と似ていますが中央の突起は四角でなく円形になっています。少し地面を掘ってみると東面に「水量基点」の刻字が見られました。他の面は識別不能で、なにも彫られてないかもしれません。

パナマ運河の測量に従事した青山 士 (あおやま・あきら)

青山士(あおやま・あきら 1878〜1963)は静岡県磐田市出身で1903年(明治36)東京帝国大学土木工学科を卒業、当時主任教授であった広井勇(ひろい・いさみ1862〜1928)の紹介で渡米、1904年(明治37)から米国が再開したパナマ運河工事に日本人としてただひとり参加しました。はじめは末端の測量員として採用されましたが、のちクリストバル工区(大西洋側の港湾建設現場)で測量技師に昇進、1906年(明治39)にはガトゥン・ダムの設計技師になりましたが1911年(明治44)同工事のほぼ完成の段階で帰国しました。青山のパナマ時代の写真は土木学会の許可を得て青山士写真集パナマ編から転載(部分拡大)しました。

帰国後、内務省に奉職し荒川放水路工事を、また新潟土木出張所長として信濃川大河津分水工事を完成させ1936年(昭和11)内務技監として退官しました。大河津分水路の大堰のそばにある竣工記念碑には「萬象二天意ヲ覚ル者ハ幸ナリ」「人類ノ爲メ、國ノ爲メ」という青山の名文が刻まれています。

青山は第一高等学校在学時に内村鑑三(うちむら・かんぞう 1861〜1930)の講演を聞き感激して内村門下の無教会主義クリスチャンとなります。大学の恩師、広井勇も内村と札幌農学校と同期でクリスチャンでした。青山は清廉で自己に厳しい土木技術者として生涯をまっとうしました。[高橋哲郎:山河の変奏曲 内務技師 青山士 鬼怒川の流れに挑む 山海堂 2001 p167][高橋哲郎:評伝 技師・青山士の生涯 講談社 1994 p101]

測量史からみた青山の先輩にあたる人物として中原貞三郎(なかはら・ていさぶろう 1859〜1927)が挙げられます。1882年(明治15)東京大学を卒業後、陸軍省陸地測量部で陸軍五等技師として奉職しました。「陸地測量部三角点利用法」という著作もあります。その後、内務省に転じ1924年(大正13)に退官するまで各地の土木出張事務所で河川改修などに尽力しました。[中原貞三郎:陸地測量部三角点利用法 中原貞三郎 1922、国立国会図書館蔵]


■Top of this Home Page
■Next Page